タヌキがゆく《狸穴総研機関誌・狸穴ジャーナル》

千代田線 延伸で 野田市 と 吉川市 の東京都心直結の夢が叶う!

都心直結鉄道は長年の夢!

スカイツリーラインとアーバンパークラインに挟まれたエリア、特に江戸川と中川に挟まれた吉川市の中心市街地は鉄道不在地帯となっていますが...

《 Future Metropolitan transportation conception Ⅱ》首都圏公共交通に関する"未来展望"関東広域編 第16回

東京メトロ完全民営化が達成でるまで気長に待てば...千代田線延伸が可能となり希望の光が差し込むでしょう!

※ここをクリックするとページの"Top index"にジャンプ出来ます!

《 Future Metropolitan transportation conception Ⅱ》の総合目次

※以下のタイトルをクリックするとシリーズ記事全てにジャンプできます!

プロローグ 鉄道事業者 同士が覇権を争うライバル 関係の ご時世 では無くなっている!

首都圏では、お気楽な「鉄オタ」が囃し立てるような、鉄道各社間のライバル関係はありません!「出来るだけ無駄な過剰投資(車両増備)」を押さえて、仲良く「都民汲み出し作戦」に参戦している「戦友」同士なのです!

第1回 2022年東急新横浜線 開業で" 相鉄 ライン "が表舞台に!

長らく、神奈川県下・横浜都市圏のキャットウォーク(犬走り)を走り回ってきた?そうにゃんが、2019年11月に垣根を越えて相鉄新横浜線を "切り開いて"、東京まで"お散歩"できるようになったわけですが...

第2回 りんかい線 JR移籍で 京葉線 りんかい線 埼京線 直通が実現すれば...

2006年以降、東京都とJR東日本とで協議中の東京臨海高速鉄道㈱のリファイナンス(再投融資)話がまとまれば...遅くとも起動施設の40年リースが満了する2041年には「京葉新宿ライン」がほぼ間違いなしに誕生するでしょう!

第3回 京葉線 ⇔ りんかい線 の直通開始と リニア中央新幹線 開業で大きく変わる首都圏鉄道網!

202X年"りんかいせ線"がJR東日本の路線となり"京葉新宿ライン"誕生して、2027年のリニア中央新幹線開業がターニングポイントとなるでしょう!

第4回  蔵野線 ・成田線 が高速化できれば ...

東北新幹線の高速化で北海道・東北の玄関口?となろうとしている大宮駅。"中央官庁街化"と大手有力企業の本社誘致の決め手!は武蔵野線・成田線を改修して成田空港を近寄せるしかない!

第5回 埼玉高速鉄道 が利用客を獲得するには...

埼玉拘束鉄道!を蘇生するには、座して死を待つ?より、積極策に転じたほうが良策でしょう!

第6回 東武アーバンパークライン が 千代田線 に直通!できれば

アーバンパークライン創始者一人醤油醸造会社描いた夢の一つ、野田⇔船橋間の直通運行の為に南北に分断された路線が短絡線で一本に繋がれば...

第7回 関東鉄道 常総線 が21世紀を駆け抜けるには...

戦前2度の合併で関東鉄道となった歴史、常磐線電化完成でたった1年間の夢とついえた直通運転...

第8回 未来にはばたく流鉄ライン! 

遅くとも2041年の「りんかい線」の40年リースが満了して、JR東日本に譲渡されれば、京葉・新宿ラインが開業出来て現状の東京孤立地下ホーム発着に拘らなくてよくなります!そうなれば...

第9回 新京成、京成千葉線・千原線が21世紀を走り抜けるためには発想転換が...

新京成ラインは21世紀の大都市近郊ラインのお手本になるかも?戦前の日本陸軍鉄道部隊はなんと「素晴らしい先見の明がおありだったのでしょうか!」

第10回 つくばエクスプレス 東京駅延伸計画は2021年のJR 羽田空港連絡線 事業認可で夢と潰えた!

利根川以南の千葉県北部を、在京企業に勤めるサラリーマンの「マイホームの夢」をかなえる"人気エリア"に大躍進させたドリームライン"つくばエクスプレス"

第11回 東葉高速鉄道 利用客を 高額運賃 から開放するには...

東京メトロが完全民営化できて、東葉高速鉄道を100%子会社にして第2種鉄道事業を引き継げば、初乗り運賃2重取り・割増運賃の"2重苦"から脱却できて、赤字経営の原因、高額運賃が解消!できる...

第12回 JR相模線 は2027年リニア中央新幹線橋本駅開業に合わせ 複線化 される?...

JR羽田空港アクセス線の開業で、成田国際空港が今までの"首都圏空港"の地位を、羽田空港に明け渡すことになるでしょう!

第13回 203X年茅ヶ崎 から 小田急ロマンスカー が湘南ボーイを乗せて新宿 に...

2027年のリニア中央新幹線橋本駅開業で、湘南エリア・アクセス路線JR相模線が複線化されて、小田急多摩線・上溝延伸が実現し茅ヶ崎→小田急新宿間の直通運行も開始されることに...

第14回 リニア中央新幹線 とJR 羽田空港連絡線 で大きく変わる首都圏の政令指定都市

JR羽田空港アクセス線の開業で、成田国際空港が今までの"首都圏空港"の地位を、羽田空港に明け渡すことになるでしょう!

第15回 南武線 と 川崎市 を大躍進に導くJR 羽田空港連絡線

羽田空港連絡線が開業すると、ビジネスゾーンとしても脚光を浴びて、中小企業の首都圏進出の前哨基地として三度脚光を浴びることとなり...

Ammex1 東京都の野望!世界の中心を目指す "リング・ ハブ・コンセプト"メガロシティー構想とは...

最早政府はティアラ(冠)同然のお飾りにになり果て、東京都の下僕(しもべ)として、国防・外交(渉外・公報)を担当するだけの存在と成り果てようとしています!

プロローグ 吉川市・野田市市民の願いは都心直結路線

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

三郷市は武蔵野線で東京駅と直結していますが、八潮市も、野田市も乗り換えが必要となっています。

スカイツリーラインとアーバンパークラインに挟まれたエリア特に江戸川と中川に挟まれた吉川市の中心市街地は鉄道不在地帯となっています。

そこでこのエリアを『(将来的には)カバーできます?...』

妄想を搔き立てているのが、3セク 豊住鉄道 設立推進一派ですが...

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第1節 3セク 豊住線 事業計画では...

江東区(区長)、沿線自治体(自治体長)の描く東葉高速鉄道(※21)のような3セクでは、後々"補助金捻出"で四苦八苦するか、高額運賃で利用者を苦しめるのが目に見えています。
ビジネスとしての鉄道事業を考えるべきです!
参※21)当サイト関連記事 東葉高速鉄道 利用客を 高額運賃 から開放するには... はこちら。。

3セク東葉高速鉄道㈱誕生逸話

設立 1981年(昭和56年)9月1日

1985年9月20日 - 着工。

1996年3月16日 - 営業運転開始。
同年4月27日 - 東葉高速線開業、営団東西線と相互直通運転開始。

株式非公開 非上場 株式会社

主要株主 (2016年4月1日現在)

千葉県 33.5%(千葉県が株式会社なら連結決算分法子会社相当の出資率!)
船橋市 24.9%
八千代市 22.1%
東京地下鉄株式会社 12.6%
京成電鉄株式会社 2.0%
東武鉄道株式会社 0.7%
新京成電鉄株式会社 0.7%
株式会社みずほ銀行 0.4%

1970年代の石油ショック後に計画されて、バブル景気中を通じて建設が続けられて、その後の暗黒の10年間に開がしました!

当初は、営団地下鉄東西線の延伸区間として検討されたましたが...

当時の営団地下鉄が「テリトリー外(縄張り外)」を主張して、新会社が設立された経緯があります!

旧営団地下鉄に、半額を出資していた東京都が元凶に反対に回ったわけです!

つまり計画当初は、バブル景気以前であり、東京都の懐具合はまだ良くなくて!膨大な借入金(公債)を払える見込みがなかったわけです!

財政が豊かになった今なら、文句なしに「メトロ東西線延伸」で決着がついていたでしょう!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第2節 東京メトロが完全民営化される日は必ずやってくる!

但し現在東京メトロは、政府と・東京都が出資する、株式非公開の"国策企業"のままです。

しかも、政府と・東京都は激しく対立していて、お互いに泣き別れという事で...

『新線計画はすべて白紙撤回、無期延期する!』

と公式発表されています。

第1項 東京メトロ

2004年4月1日設立

東京地下鉄株式会社法に基づく特殊会社

株式非公開 非上場 非公開

主要株式  

財務省(財務大臣財務省) 53.42%
東京都 46.58%

つまり執行役員もほぼ1:1の構成で、必ずしも政府(国交省&与党運輸族)の意見(審議会答申に示された"提言"が通らなくなっています。

東京メトロは嘗てのような"国策事業慈善団体?"では無い!

つまり「需要追従型」(※21)の"慈善団体"では無いわけです!

東証1部上場・完全民営化を目指している「東京メトロ」では、"投資に見合ったリターン"が無いと、お気楽に「資本投棄!」出来る状況ではなくなっています!

つまり、JR東日本(※22)同様にエキナカビジネスや駅ビル事業で収益を上げているわけです。

東京都が深川車庫(赤色ビルマーク)の開発(都市型高層マンション)を、許可でもしてくれない限りは、夜盗運輸族が期待するような「無駄な資本投棄!豊住線事業」にはおいそれとは...

参※21)当サイト関連記事 鉄道事業者 に課せられた『 旅客需要追従 』と『 旅客創出・利益誘導型 』の2つの命題 はこちら。

参※22)当サイト関連記事 1鉄道事業者から 総合都市開発デベロッパー に成長したJR各社 はこちら。

第2項 東京都は東京メトロの株式上場・完全民営化を目指している

但し、ほぼ半額を出資している東京都は、東京メトロの完全民営化と都営交通事業の事業統合(※23)に積極的です!

参※23)当サイト関連記事 東京メトロは株式上場・完全民営化を目指している はこちら。

第3項 3セク構想の裏側は...

運輸族(と土建屋)に尻を叩かれた交通政策審議会(※24)のお偉い先生方?が、「地下鉄建設推進シンジケート」(※24)に属する土建屋系の調査会社(シンクタンク)が、"捏造"した絵空事データに下ずいて、40年償還(ローン)が完済できる?と太鼓判を押してでも政府案を無理やり通そうと画策しているわけですが...

参※24)当サイト関連記事 交通政策審議会 は 運輸族 のご意向を窺う お抱え蘭学者? はこちら。

参※25)当サイト関連記事 整備 新幹線 都市交通網 等の 交通インフラ整備事業 に進路を転線?した 土建業界 はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第3節 野田市と吉川市は豊住線妄想の山車(ダシ)に担がれただけ!

手回し良く準備工事まで行われた、豊洲⇔住吉間の豊洲線構想(※30)は、バブル景気の負の遺産そのものといえるでしょうでしょう...

参※30)当サイト関連記事 豊住線 妄想は虻蜂取らず!実現できない理由とは... はこちら。

手回し"欲"?準備工事が出来ていても...

過去にも、北陸新幹線の早期着工区間と称して、1989年(平成元年)6月に難工事推進事業として、富山・石川県境にまたがる加越トンネルの着工が認可されて1992年、暫定整備計画が認可され、着工されていましたが...その後のルート変更で未完成のまま放棄されています!

このほかにも、線路を敷設する一歩手前で捨てられた未成線は全国各地に山とあります!

高度成長期、に計画されて、バブル景気中に具体化して、建設された「負の遺産」準備工事に拘って、莫大な資金負担が必要な、3セク「豊住鉄道」建設妄想に憑りつかれたのでは...将来に禍根(払いきれない公債=借金)を残すだけになります!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

エピローグ 東京メトロ 千代田線 延伸案なら現実的!

  • ♥ピンクのラインは 千代田線延伸構想
  • ●グリーンラインが千代田線
  • ●紫ラインは北千住乗り換え日比谷線
  • ●ブルーラインは、東武・半蔵門江線ライン
  • ●赤いラインは常磐快速線(上野東京ライン)
  • ●赤い役所マーク は各自治体のお役所
  • ●青いビルマークは URの都市型ニュータウン
  • ●茶色ラインは自治体境

吉川市、野田市の市民の夢実現には...

野田方面への延伸自体は、東京メトロが完全民営化できれば問題無いでしょう!

東京メトロとしては、千代田線(綾瀬支線)の野田市方面延伸と車両基地移転を計り、
更にはURとの共同事業で、綾瀬車両基地跡地の都市型住宅転換を計ったほうが、"投資効果"つまりリターンが期待できるわけです!
前途した豊住線(の延伸)妄想では、民営化した「東京メトロの旨み」が全く無いわけです。
なので『3セク豊住鉄道を設立してでも...』となるのでしょうが...
前途したように、莫大な借金(市債)を背負ってまで、出資金を強要されて豊住線を建設出来たところで、東葉高速鉄道の2の舞いになるのは目に見えています。
やはりココは 東京メトロさんに一肌脱いでいただくのが順当な方策でしょう!

先を急いて禍根を残すより東京メトロの完全民営化を待ったほうが...

東京メトロが完全民営化できれば、(与党運輸族の)横やりも無くなり、JR東日本同様に自立した営利企業として、独自裁量で新規投資を行えるようになり、前途した千代田線延伸メリットを、東京メトロさんが"評価"していただければ、このエリアへの千代田線延伸も可能となり、市民長年の夢が叶うことになるでしょう!

※ここをクリックすると総合目次に戻れます!

後書き《 Future Metropolitan transportation conception 》シリーズについて

敗戦後の「民主国家」成立後に、民意を汲み上げるために設けられた旧運輸省当時の諮問機関「都市交通審議会」が掲げた崇高な理念「既存鉄道網の有効活用と有機的な結合による首都圏交通網の再構築」は何処に行ったのでしょうか?...

帝都東京に張り巡らされた首都圏鉄道網について、現在計画中の路線も含めて、もう一度原点に立ち返り、鉄道路線・沿線ごとの状況(発展or衰退)、旅客需要(輸送密度)、将来展望などのシチュエーション"でとらえて、22世紀に向けた「首都圏鉄道網」のあり方を考えてみました。

狸穴総研 地域交通問題研究室 出自多留狸

最新関連記事 

今どきの 鉄道系Youtuber、鉄道ライターとは?... のご案内

2021年4月7日更新版・公開

要約

いわば社会順応性のないヒッキーで、生活支援を買って出た?地元の魏妖怪(ギョウカイ)から"広告収入"を得て生活している"自営業"です、魏妖怪の回し者として、"鉄道新線建設推進プロパガンダ路線"を吹聴して、一般市民・鉄道利用者、お気楽な"撮り鉄"の妄想を...

続きはこちらから...

 

公開:2021年5月13日
更新:2021年6月27日

投稿者:デジタヌ

東京メトロ と 都営地下鉄 の経営統合が近未来の首都圏交通網のキーを握る!TOP


 

 



▲公営交通事業 追跡班へ戻る

 

ページ先頭に戻る