『タヌキがゆく』狸穴ジャーナル

運輸族・地方議会議員が鉄道新線を"建設したがる訳!"とは...

前書き(要約) 公共投資・景気回復論派・政治屋(運輸族)の噓!をあばく...

過日、某時事Youtuberの 公共投資の在り方を説いたコンテンツに、土木関係者?を装った正体不明の投稿者から、

「公共投棄」土木事業の必然性を説く、"恫喝"コメント!が寄せられたそうです!

いわく、公共土木事業(鉄道建設)を「一度途絶えさせる」と、「技術継承が難しく」なり、日本の未来は無くなる!???...

旨のコンテンツ削除を求めた!「無いよう(内容)」だったそうです...

参※)当サイト内関連記事 羽振りが悪くなった 運輸族 の先生方 はこちら。

運輸族 が 鉄道 新線を "建設したがる訳!" とは... の目次

※リンクについて

(参※xx) は当サイト内の参照関連記事リンクです。
但し、その他の直接 hyper-link は当事者・関連団体の公式サイト若しくはオリジナル各国語版Wikipediaへ直接リンクしています。

※本ファンタジーについて

本レビュー記事は、出来る限りの"記録(時系列)に下ずいた史実に、地政学的!・工学的 検証"を行ってるセミドキュメンタリー!ですが...

筆者の億測を交えたファンタジー?でもあります。

後述する各団体とは直接関連はありません。

また各団体では"答え難い大人の事情、あまり触れられたくない内容!"も含まれています。

本件に関してのお問い合わせはご無用に願います。 

★プロローグ スーパー・ゼネコンは危機感を持っていない!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

スーパー・ゼネコンと呼ばれるメジャー建設土木会社は、さほど危機感を持っていません!

何故なら、ここまで読み進められた方は既にお気付きのように、

鉄道建設に拘らなくても、高度な土木技術を要するビッグプロジェクトまだまだある!からです。

例えば、高規格幹線道路地域高規格道路はまだ事業の途についたばかりです!

但し、JR東日本グループに属するの鉄道関連土建工事専門の子会社は...

第1項 己の金権慾の為に巧妙な手口で新線建設を煽る運輸族!

最近「組織化」した動画Content政策プロダクション(※01)を使い、個人製作(フリーターYoutuber)を装い、プロ放送作家による脚本、プロの編集、で新線建設プロパガンダContentが目立つようになってきています。

組織化されたプロダクションの"作品"だけあり、よく練られたContentは「生きることで精いっぱいの私たち一般庶民」の"心の隙間"に食い入り、"世論誘導"に絶大な効果を発揮しているようですが...

参※01)当サイト内関連記事 今どきの 鉄道系Youtuber 鉄オタ・フリーター , ゴーストライター , 鉄道コラムニストとは?... はこちら。

※最近巧妙さを増したYouTubeの新線建設プロパガンダcontentの例。

第2項 地下鉄・整備新幹線などの"鉄道建設工事"に拘らなくても...

つまり、運輸族が主張する、鉄道建設工事が無くなっても、技術継承は行えます。

鉄道工事に特化した土木技術、スラブ軌道、通常のバラスト軌道敷設、工事などは、新線を建設しなくても、通常の設備維持管理、更新事業で受け継がれています!

※技術継承が難しいのは「通常時では問題とならないレベルでの、資材・工数省略(手抜き工法)技術?の継承ぐらい...

第1目 旧建設省関連の道路建設でも

基本的には、鉄道建設も、道路建設も同じ土木事業です!

橋梁建設、連続高架橋建設、トンネル工事、盛り土工事、全て基本的には同じです!

第2目 河川改修護岸工事は基本築堤工事

更に、河川改修築堤工事、護岸工事にも通じます。

更には港湾工事、沖合埋め立て事業、空港建設などなど...

更に、地球温暖化による高師を被害対策の海岸線の護岸工事!が...

★第1節 緊急を要するのは地球温暖化による海面上昇が引きおこす高潮対策事業!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

整備新幹線より大事な、地球温暖化による、海面上昇が引き起こす高潮対策防潮堤嵩上げ事業には数100兆から千兆円!規模の巨額投資が...

第1項 沿岸都市の盲点は地盤沈下と地球温暖化による海面上昇!

Megalopolis(広域都市圏)首都圏の中心Metropolis(大都市)を形成している東京都の特別区(23区)を筆頭に、「沿岸部にあるMetropolisは地球温暖化による海面上昇・高潮被害の脅威にさらされています。」(※50)

東京23区だけではなくMetropolisを目指している、中核都市は(一部の都市を除き)いずれも海に面した沿岸部にあります!

これらの痴呆都市を悩ましているのが、地球温暖化による「海面上昇と、巨大台風」がもたらす高潮被害・洪水対策です!

参※50)当サイト内関連記事 東京都心部 は砂上の楼閣! はこちら。

第1目 安全を確保するには海抜10m以上は必要な標高

一度、自然災害が発生すると、最低でも標高10m以上は必要とされており、河口部の堆積で生れた、3角洲が主体の東京都やこれらの都市では、その後の埋め立てで出来た"夢の島?"エリアも含めて、地下水のくみ上げによる地盤沈下の影響もあり、標高0m地帯どころか「海抜マイナス数m」エリアを相当抱え込んでいて危険な現状です!

※詳しくは、東京都が公開しているハザードマップをご参照ください!

  • ブルーのエリアは海抜5m以下の水没地区!
  • ●都心ビルマークは新宿宮殿!
  • 鉄砲マークは市ヶ谷の自衛隊
  • 水没マーク国会議事堂!
  • グリーンマークは移転候補地?

第2項 全国にある沿岸部に面した危険な地方都市... 

※ここをクリックすると本節をスキップして次節にワープ出来ます!

以下は和製英語コンパクトシティ(Metropolis)を目指している地方都市の一例です。

参※)詳しくは当サイト内関連記事 コンパクトシティー 構想は"痛み"と"都市災害"が内在する大博打! をご参照願います。

※以下国土地理院データサイトより

第1目 大阪の場合だと

今まで100年に一度の大水害と言われてきた、昨今の巨大台風(雨量)に備えるには大和川、寝屋川、大川、木津川、土佐堀川、などの堰堤嵩上げ事業、と遊水地の確保、分流の尻無川、安治川、淀川、中島川(神崎川)の河口部の防潮堤嵩上げ工事、水門改修、地下遊水施設の建設などを今後進めていくためには、数兆円規模の公共投資が必要とされています!

大阪市の場合だと大阪府庁がある大阪城前の上町台地の一部が標高17.5mでかろうじて水害を免れる程度で、大阪市役所(標高3.4m)の有る中ノ島も含めて、地上3階までは、巨大台風の高波で水没するといわれています!

しかも、南海地震による津波被害となると...

つまり、淀川を挟み、大和川で南を遮られた大阪市全域を水害から守るのは困難な状況になってきたわけです!

第2目 稚内市

住民基本台帳人口 32,627人 (2021年4月30日現在)

1975年の55464人をピークに年々人口が減少して過疎化に悩まされている日本国内最北の町稚内市ですが、残念ながら嘗ての連絡線の町であり稚内港に面している市街地の標高は、稚内駅に近い市役所や金融街の有る中央町や旧市街地一帯は標高5m!程度しかなく、高潮被害を防ぎきるのは難しいでしょう!今後は栄町・緑町・こまどり町当たりの新興住宅地に、ほど近い辺りに南稚内駅を移して、地球温暖化・海面上昇に備えたほうが安全でしょう!

第3目 青森市

推計人口 270,902人 (2021年5月1日現在)

青森県最大の、県都、青函連絡線で栄えた青森市ですが...

2000年の318732人をピークに年々人口減少傾向に悩まされて、過疎化!の道を歩んでいる都市です!

稚内同様に連絡線で栄えた町なので、青森駅周辺は海抜2m!程度、県庁前では1.6m!

町はずれに当たる青森中央ICの入にほど近い問屋町の中央卸売市場でやっと海抜9.1m!

新青森駅東口で海抜約9m、南口が海抜約11m、最低でもこの辺りに、県庁(防災本部)、市役所、県立中央病院(海抜3.4m)は移転して、防災に努めるべきでしょう!

仮に数千億円規模の公共投資で、海岸沿いの防潮堤、堤川、沖舘川、新城川の堤防嵩上げ事業を行ったとしても、今や恒常化している巨大台風による、高潮・洪水被害を避けることは難しくなっている状況です!

青森県知事は、空港アクセスモノレール(※11)などの、"妄想"ばかりに耽り、お気楽なことばかり考えないで、真剣に市民の生命財産を守る手立てを考えるべきです!

参※11)当サイト関連記事 青森空港 シャトルライン は BRT なら安上がりに実現できる!がそもそも必要ない! はこちら。

第4目 仙台市???

推計人口 1,092,090人(、2021年5月1日現在)

広域合併で、政令指定都市の体面(人口百万人)をかろうじて保ってはいますが...

青葉山の麓、旧市街地に当たる中央区の仙台駅から続く青葉通り・広瀬通りの標高は35m以上あり、高波・津波被害にも合わなかったのは前回の東北関東大震災で実証されていますが...

海岸線沿いにある仙台東IC・地下鉄新井駅周辺の若林区は、海抜3m!しかないエリアで、今後はE6仙台東部道路(県道23号)か東部沿岸道路(県道223号)の築堤化(防潮堤)!と居住禁止エリアを設ける手法で万が一に備える事が必要でしょう。

また"居住禁止エリア"(干渉帯)を設ける手法は、江戸時代から高波・津波対策に有効な手法とされています!いずれにせよ、七北田川、名取川の築堤嵩上げ護岸工事も含め、数千億円規模の公共投資が必要となってきます!

そういう意味では、コンパクトシティー化は防災上も有効な手段かもしれません?

第5目 富山市

推計人口 412,533人(2021年5月1日現在)

コンパクトシティーのパイオニア!富山市の場合も、常願寺川・神通川の分流地帯(3角洲)に出来た富山平野上の都市であり、富山駅南口で海抜7m、北口で6.6m、県庁前で7m+ときわどい標高の"低地"にあります、近年は市街地に近い大工場の移転・縮小で地下水くみ上げが無くなり一応地盤沈下は収まっているようですが、地球温暖化による海面上昇が進めば...

特に海岸沿いの岩瀬では海抜2.6m前後と危険な状態です!

富山県は、数千億円規模の、富山港沿岸部の防潮堤嵩上げ護岸工事と常願寺川・神通川・庄川・小矢部川の堰堤嵩上げ護岸事業を進める必要があるでしょう!

さらに、富山市も防災拠点として、富山市科学博物館(標高12m)の有る西中の町"以南"の太郎丸本町辺りに、新市庁舎を移転して備えるべきではないでしょうか?

城北大通りに地鉄の新線を延伸するか都市型BRT路線の解説が望まれるでしょう!

※ 拡幅道路を走る都市型BRT!

  • ♥ 都市型BRT網
  • ●地鉄LRT延伸案

第6目 豊橋市

推計人口 370,174人 (2021年4月1日)

豊橋鉄道の有効利用など、全国の中核都市のお手本となっている豊橋市です!

高度成長期に中京経済と共に大躍進して戦後の復興経済期の1955年に人口20万人を超えて、2010年の376861人とピークに達して以来多少縮小傾向にはありますが"高止まり"を示しています!

防災上は、南部に伊古部海岸、西部に三河湾沿岸エリアがあり、市内を豊川と豊川放水路が流れていて、沿岸部の護岸嵩上げ・豊川の堰堤嵩上げ工事が当面の課題でしょう!

豊橋市役所のある一帯は海抜10mは確保されているの、高潮、津波の被害は受けなくて済みそうですが...

問題点は豊橋市民病院を標高2.9m!の、3角洲に建設してしまったことでしょう。

出来れば、向山緑地(標高18,4m)への再移転が望まれるところでもあります。

第7目 神戸市

推計人口 1,523,022人(2021年5月1日現在)

人口150万人を誇る大都市ですが...

東京都・大阪市・名古屋市同様に長い海岸線を抱えた典型的な"沿岸都市"でもあります。

更に神戸市ご自慢の沖合3島、ポートアイランド・六甲アイランド・神戸空港島はいずれも海抜4m前後で、地盤沈下が進めば、地球温暖化による海面上昇で「アトランティス"状態となってしまうのは目に見えています!

更に近年の阪神淡路大震災で、液状化問題も露呈してしまいました!

沿岸部を、高潮・津波被害からも盛ろうとすると数千億円規模の公共投資が必要となってしまいます!

神戸市役所(海抜5.8m)も安全とは言えません!

但し、長崎同様に、背後に六甲山が迫った、斜面の多い地形なので、三宮以北の山手通り沿道を見直せば海抜20m!の高所が確保できて、南海大地震の津波被害にも合わない防災拠点つくりが可能となるでしょう。

今後は、新神戸駅から続く・異人館通・山手通の公共アクセス網整備(※12)が望まれます!

参※12)当サイト関連記事 異人館の街並み" 神戸 北野通り "にはサフェージュ式モノレールが良く似合う! はこちら。

第8目 北九州市

推計人口 935,084人(2020年9月1日現在)

嘗て鉄鋼の町として、九州最大の規模を誇った北九州市ですが...

地場産業鉄鋼産業の縮小と共に、1980年当時の1065078人をピークに年々減少傾向となり、2005年に政令指定都市の証である人口100万人を切って終い、現在に至るわけです!

臨海工業地帯をもとに発展した興行都市であり、必然的に、門司港に面した海岸線は長く、公道成長期の頃の地下水くみ上げによる地盤沈下の影響をもろに受けて、沿岸部は軒並み3.5m以下の低地になっています!

防災拠点のはずの市役所も海抜3.8mの低地にあり、北九州総合病院がかろうじて標高9mを確保している状況です!北九州中央病院に至っては海抜2.8m!

っ今後は気長に沿岸部の防潮堤の嵩上げ工事、紫川、堀川分流(若松・戸畑港湾エリア)の護岸事業を進めながら、災害時の防災拠点となる、市役所、消防本部、病院を夜宮公園(海抜19m以上)か国道3号線沿いの岩ケ鼻公園(海抜29m)あたりに移転する必要があるでしょう!

現在、国道3号線バイパスには西鉄BRTが走っており、更に望むなら日本製鉄専用線を旅客化(LRT化)するなりすれば公共アクセスも確保できるでしょう!

苦渋に満ちた決断となるでしょうが、市民の生命・財産を守るには戸畑区・若松区の沿岸部、八幡西区の黒崎駅周辺の低地(海抜1.8m!)から市民を遠ざける以外に、防災 コンパクトシティー実現の道はないでしょう!

第9目 運よく?内陸にある札幌市の場合は

住民基本台帳人口 1,963,959人 (2021年4月30日現在)

石狩平野に出来た札幌市は、官庁街の大通り公園で標高20mあり、kitara(※11)の有る中島公園では標高30mある"内陸部"にあります、つまり豊平川の防水対策さえしっかり行えば、海面上昇(&地盤沈下)が続いても21世紀中は安全な大都市といえるでしょう!

参※11)当サイト関連記事 札幌コンサートホール Kitara 《ホール 音響 ナビ》北の大地に燦然と輝く音楽の巨星はこちら。

★第2節 彼ら運輸族は現場に関与したことが無い!ド素人集団

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

一部(現国交大臣など)土木工学を齧った?ことがあるとしても、

現場に出てスコップ、ツルハシを振るった経験がないどころか...

"現場監督"すら経験のないド素人の人たちばかりです!

現在日本の土木工事従事者の殆どは派遣労働者!で占められている

現状、孫請けに至るまで、季節労働者"準社員"(臨時雇い)を含む正規従業員は50%を切っているでしょう!

つまり現場の土工は殆どが「ドヤ」か「派遣業」から集められた"日雇い作業員"と言っても過言ではありません!

(2005年当時ですら、"小生の建設現場経験"で殆ど正規社員を見かけたことがありません!)

嘗て100年以上も昔の19世紀末のアメリカでも金融恐慌の引き金の一つに...

例えば日本における北海道開拓における鉄道の栄枯盛衰は...

広大な国土を持つアメリカにおける西部開拓史"大陸横断鉄道"と鉄道網の変遷のリフレイン・ミニ版だったのかもしれません!

嘗て広大な国土をもつアメリカでは、19世紀末の鉄道への行き過ぎた過剰投資が、1893年のニューヨーク・ウォール街に端を発した世界大恐慌の一因ともなったともいわれています!

隣国C国が高速鉄道網の"付け"で経済破綻しかけている?のは、100年以上も昔の「USAの犯した過ちを」再現しているだけです!

実は日本も経済破綻しかけている!

韓国・中共政府・ロシアのデフォルト(経済破綻・借金踏み倒し!)が懸念されていますが、日本とて事情は同じです!

現在、政府は借金(国債)の利子を払うために!毎年更なる国債発行(借金)を重ねています!

個人だったら、借金まみれでとっくに"自己破産"しなければならない状態です!

つまり、小泉内閣2001年4月→2006年9月当時、国会で再三取り上げられた"プライマリーバランス"問題がいつの間にやら、話題(質疑)に上がらなくなったわけですが...

『お金は天から降ってきません!』

今のまま借金(国債・地方債)に依存した、整備新幹線建設Scheme(企て!)を続けていると...

近未来には日銀券(¥)の価値(信用)が無くなり、日本経済を支えている輸出企業の海外貿易が成立し無くなり、当然膨大な預入残高を持つ市中銀行に及び、銀行からの借入金で回っている企業の連鎖倒産!を招き、

日本は"経済破綻"つまり"大恐慌"に襲われることに...

デフォルトを免れているのは

日本国民が¥を信じて(日常的に)流通(tradeに使用)させて、日銀が日銀券(お札)発行額に見合った外貨準備($)額を保有しており(為替レートが安定していて)輸出企業も円建て決済が可能なからですが、2022年7月現在の様に「急激な円安」が進行するとそれも...

そして、国債が敗戦後同様に"紙くず"になったら、その国債を全額背負い込んいる日銀が破綻すれば、日銀券¥は暴落(無価値!)となり、敗戦直後のように一気に240倍以上もの超インフレ!となり、

日本経済は敗戦直後のような壊滅的な状態となります!

※参)韓国・中共・ロシアなどの海外に渡航された経験のある方なら、よくご存じのはずですが...

日本以外では、市中の一般商店のtrade(売買)で国内通貨(ウォン、元、ルーブル、ペソ?など)よりも"米ドル"での支払いを求められる場合!が往々にしてあります。

つまり、自国通貨より国際通貨としての$に通貨価値を認めているわけです!

なので、韓国のように、経済破綻(※02)が起こりIMFの要求で自由化政策をとらざるを得なくなったような「名誉ある?過去」を経験する羽目になるわけです。

参※02)1997年12月3日:韓国が通貨危機(国家破綻の危機)に陥り、国際通貨基金(IMF) 資金支援合意書に署名IMFによる韓国救済でIMFの管理下(わかりやすく言えば倒産企業と同じ管財人の手に!)に...

★第3節 土木建設工事の重要ポイントとは...

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第1項 施工技術では

第1目 コンクリート建造物では

コンクリート建造物の場合は、ジャンカー防止の為に打ち込み時に、バイブレーターで十分に突き固めて、"隈なく充填"することが必要!となってきますが...

さほどの熟練は要しません、監督さんの"適切な指示"通りにバイブレーターを使用して、充填していれば、問題は生じません!

第2目 鉄筋コンクリートの場合

鉄筋コンクリートの場合は、"被り厚さ"と言って鉄筋と構造物表面との間には最低20㎜以上の感覚が必要とされていますが、

これも型枠設置時にスキーストックの先についている、輪っかのような、スペーサーを嚙ませれば、適切な被り厚さが確保できます!

後は前途したように、"型枠"に隈なくいきわたるように、バイブレーターで"突き固めれば、空洞"ジャンカー"などの欠陥部分は生じません!

第3目 打ち継ぎ不良問題

打ち継ぎとは、橋脚工事でよく見かけるように、高層物を上部に伸ばす場合に、数mずつ継ぎ足してゆくことで、継ぎ足す面を打ち継ぎ面と言います。

前途した隙間の出来た橋脚はこの部分の行程処理がまずかったために生じた欠陥で打ち継ぎ不良と呼ばれる現象です!

これは作業(施工)手順書に示された、打ち継ぎ面処理実施しなかった結果生じた欠陥です!

コンクリートが固まる際に、原材料位の骨材(土砂)に含まれている、"土"は軽いので、上部に集まり、表面に層状となります!

継ぎ足す場合には

打ち継ぐ場合には、ショットブラストで表面の層を撤去して高圧水で洗浄してから、打ち継ぐ(打設)ことになっています!

つまりこの時点で現場を監督している管理者が目視で確認をしないといけない事になっているわけです!が...

第4目 養生不良による強度不足!

一般人が、勘違いしやすいのは(中学校の理科で習ったハズ!の)化学反応で硬化する事実です!

コンクリートは、セメント(モルタル)と水とが化学反応を起こして硬化するので、化学反応が終わるまでの十分な時間が経過しないと、強度が出ません!

更に、水が無いと固まらないので、乾燥しないように、嘗てのコンクリート舗装工事ではムシロなどで表面を覆い保護していました。

更に発熱するので、鉄筋が言っていないブロック構造物では、冷却水用の通水パイプを埋設して、水を循環させて内部から冷却を行います!

三峡ダムが欠陥ダムなのは...

基礎工事不良に加えて、前途したコンクリート打設時の"打ち固め・打ち継ぎ面処理"冷却パイプ工事の手抜き!などが重なった結果の必然です!

第2項 建設・土木工事で熟練工!が必要なのは

1)鉄筋工

写真にあるように、異形鉄筋同士を番線で結束します。

この作業にはある程度の熟練を要し、熟練工とそうでない人との間では作業時間(結束箇所処理スピード)に差が現れます。

2)鳶職(トビ)

大別して、足場専門(架設屋専属)鳶、と鉄骨組み立て鳶、いわゆる皆さんが建築現場でよく見かける鳶職の皆さん!

何れも通常3人で1チームを組んで綿密に連携しながら、作業をこなしています。

これは、相当の練達が無いと、事故に繋がり直接生命に影響しますので、熟練を要する職業となります!

3)クレーン操縦者

これは、正真正銘の技術職で、低層階を受け持つ移動式クレーン、高層建築現場のタワークレーン操縦者共に、細心の注意力と、高度な操縦術を身に着けておく必要があります。

4)建設機械運転者

道交法上は特殊車両免許となりますが、いわゆる、油圧ショベル、ブルドーザー...などの大型建設機械の操縦者です。

これ等の人は、道交法上の免許だけではなく、建機メーカーでの操作講習を修了した特殊技能の持ち主です。

派遣労働者が増えている傾向に

前途した、派遣専門建設会社?に「社員登録している労働者」の殆どは、大型特殊・中型(大型)免許を所持していて、

俗にいうユンボ(バックホー)、ローダー(バケット社)、中型ダンプ、は操縦できる人達です。

そして、道路工事、上下水道工事、河川改修工事、機動建設工事などなどは、この人たち(派遣労働者)のおかげで成立しています。

一方では全自動化の方向にも

ダム工事現場などでは、GPSを用いた重機の自動運転(自動操縦)が、普及しだしており、ブルドーザー操縦などで"熟練操縦者"並みの自動操縦が可能となってきました。

5)特殊車両のオペレーター

例えば、トンネル工事で使用するシールドマシンなどは特殊な操縦(管理)技術が必要なので、ゼネコンが自前(正社員)で養成しています。

この人たちは、土工と言うよりは"土木技術者"に含められる人たちでしょう!

★第4節 建築・土木工事で肝要なのは"手抜き監視!"

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

小生が関与した(2005年当時)建設工事でも、某元受け建設会社(地方の中規模ゼネコン)では、最盛期100人近くいた現場従事者(土工・とび・鉄筋工...)の内正規社員は現場を任された"所長"一人!

監督さんは派遣会社から派遣された"派遣社員"で正社員ではありませんでした!

この監督さんは私と同い年で、同じ建設現場で働く数少ない"ゼネコン"直雇いでもありました。

つまり、ゼネコン直雇の人間は小生も含めてたった3人!

第1項 土木工事で重要なのは施工管理者!

ここまで読み進めていただけばお分かりのように、適切な工程(作業手順書)に下ずいて、しっかりとした工程管理責任者が、厳格に"(工事)作業手順書"通りに工事を監督していれば、作業員があまり熟練していなくても、建設事業が遂行できるようなご姿勢となっています!

これは、東京のあちこちに穴を掘りまくって地下鉄建設を行っていた高度成長期以来変わっていません!

つまり、土工は、当時から出稼ぎ(農民)が作業していたわけです!

土木建設全般にわたって、韓国で不祥事が多発するのは、この施工管理がなってない!からです。

土木建設作業員は知っている"手抜きの施工"の実態!

この監督さんは大変器用な方で、大工(木工)、鉄筋工(番線結束)、足場組立(足場トビ)、上下水配管工、重機運転、と一人で何役もこなせる人でした!(だから監督が出来るのでしょうが...)

勿論全体の行程を見て、自然(降雨)状況に応じた"臨機応変?"な対処で、必要にしてかつ十分な?工期短縮指示を出されていました!(※10)

参※10)一時"旭化成"系列の「基礎杭打ち専門企業」が、大幅な工期短縮工法?を行った結果、重大 Incident に繋がり、欠陥マンション問題に発展した事件がありましたが...

30年程度の"リース物件"の場合、老巧化(外見上の古臭さ)と共に客足も遠のき、リース終了後には、更地に戻して地権者に返還されるのが通常なので、耐用年数30年の範囲内で?"行程省略"が行われるわけです。

具体的には

1)基礎杭の短縮!

2)地中梁の鉄筋数省略!

3)コンクリート打設時の"工数"省略

  • ●グレード改竄!
  • ●突き固め不良(省略!)
  • ●コンクリート養生期間の短縮!
  • ●打ち継ぎ不良(手抜き施工!)

4)外装の一部変更!などなど...

しかし通常は、原材料(鉄骨・生コン・鉄筋etc....)はゼネコン直手配なので、余程悪質な現場所長でもない限りは、全て、設計図面通りの数量で発注(現場納品)されています!

しかし、通常、スーパー・モール・家電量販店・ホームセンターなどの商業施設工事の場合、銀行融資の"金利"圧迫を抑えるために工期3ケ月が基本となっていて、着工が梅雨期にかかる場合、"問題の無い範囲?"で、省略施工が行われています。

例えば、地中梁の場合、"無理な工程"がたたり、殆どの建設現場で、3割程度の鉄筋は省略!されて!余分な?鉄筋は駐車場などの用地の地中に埋め!られてしまいます。

元々、設計事務所が、阪神大震災クラスの地震が来ても壊れないような、必要耐震強度を上回る十分な設計強度で設計して、建築許可を得ているので、余程運が悪くない限り?省略施工が発覚することは無い!わけです。

ついでに知人の話では...

工期10年程度かかった、東京の某鉄道会社の連続高架立体交差事業でも、大量の余剰鉄筋?が生して、事業用地内に埋めたそうです!

参考までに、関東・東北大震災を無事に躱して、びくともしていないようですが...

★第5節 某新幹線の橋脚耐震補強工事では...

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

これも小生が現場で直接関与した工事ですが...

第1項 耐震補強を行う前は"積み重ねたダルマさん"状態!

この工区では、耐震補強施工前は、コンクリートの打ち継ぎ施工不良(手抜き)により、親幹線の高架橋が雨水の浸透で錆錆状態でやせ細った(見かけは太って)たった"4本の鉄筋"で支えられた状態になっていて、(※41)いつ倒壊しても不思議でない状況!でした。

(※41)富士山の反対側に回ると、橋脚の隙間(約10㎜!)越に富士山を眺望!出来ました。

第2項 納入業者ぐるみの不正が...

同じように、余剰鉄筋が"埋葬!"されて、(耐震補強鋼材・鉄筋はJR持ち!)

更に、使用生コンの"不正"も目撃しています!(コンクリートは業者持ち)

耐震補強工事においては通常基礎部分には、高強度コンクリートを使用するのですが...

工事報告提出用写真には1台目のミキサー車から抜き取った生コンの適切な"スランプ"を持っている報告写真を添付するのですが...

2台目からの生コンミキサー車には通常?(以下)の生コンが...

勿論この場合は、韓国同様に、生コン納入業者と現場事務所との間で伝票偽装

...

★エピローグ 与党運輸族国会議員・地方議会議員が鉄道新線を建設したがる真の狙いは

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

もうすでにお判りでしょうが...

道路整備事業では、鉄道建設に比べて地上げへのインパクトに欠けます!

更に、護岸工事では、土建業界は潤っても、地上げ(不動産屋)には関係なく!地上げ効果が期待できません!

更に、港湾施設整備事業、地方空港整備事業、にも言えることで、地上げには殆ど貢献しません!

つまり彼ら運輸族の利権(政治献金・選挙協力)の柱!となっている地元地上げ屋(周旋屋・不動産屋)の儲けに繋がらない!ので、なんやかんやと難癖!をつけるわけです。

第1項 運輸族"政治屋"が真っ当なジャーナリストをディスルのは"地上げと政治献金"が狙い

第1目 自民党本部への関連業界からの政治献金

結論的には、国民(沿線利用者)の為でも何でもありません!

産業界との強い絆を"意地"するためです。

そして、党本部へのJRグループ各社(特に鉄道建設専門子会社)と、大手企業からの政治献金を集めるためです!

第2目 地方議会議員にとっては地元地上げ屋から後援会へ

東北の某県では、政府与党(自公)推薦候補が弱い選挙区もあるようですが...

嫌疑会、私擬会偽員いわゆる痴呆議会議員の存在を見落とすわけにはいきません!

公明党地方議会議員は

公明党は、地元の孫請け土建屋、等の小規模土建屋に絶大な支持を得ています。

自民党地方議会議員(後援会)は

更に自民党地方議会議員(後援会)は、地元の地上げ屋(不動産屋)から小口献金・選挙協力(得票工作)を受けています。

鉄道(新駅)建設には絶大な地上げ効果!が...

鉄道(駅)新設の地上げ効果は、他の土木事業(河川改修・港湾施設・道路建設etc.)等とは比較にならない程の"地上げ効果"?が期待できるわけです。

つまり、〇X新幹線期成同盟会のメンバー(地方議会議員)共は、自らの安康を願って、整備新幹線建設推進プロジェクトに精進?しているわけです。

第3目 過日、某TV局のNews報道にコメントを書き込んだところ...

東北新幹線脱Incident(※91)報道のコメント欄に、自民党国会議員団と土建業界とのつながりを指摘したところ...

『新感線誘致に熱心な県ほどよとう(夜盗)推薦の大偽師補者が破れているのだけれども...』との書き込みがありましたが、

参※91)当サイト内関連記事 東北新幹線 人災!仮修復・仮復旧が示す中共・韓国に通じる東洋的 隠蔽体質 とは... はこちら。

痴呆の夜盗は国会には議席が無くても...

嫌疑がかかるのは地元土建業組合と"強い絆"で結ばれた賭偽(とぎ)?・不義(ふぎ)?・嫌疑(けんぎ)?、と、地元周旋屋と深いつながり(経営?)のある、私擬(しぎ)?、徴偽(ちょうぎ)?です。

各地にある〇X新幹線期成同盟会のメンバーは殆どが地元自治体関係者!です。

つまり「地上げ効果」が一番響く人たち!です。

彼らは、直接国政には関与していませんが"よとう運輸族大偽師"を通じて国交省に陳情を繰り返しています!

前途した東北新幹線 震災(人災!)時に尻尾を出した地方議会議員も

痴呆自治体の"長老大物?"政治屋の爺さん連中には"金権慾"しか

つまり、痴呆自治体の"長老大物?"政治屋の爺さん連中は、ノスタルジー(※92)だけではない"実利"にも未練があるわけです。

『おらが地元からは自民党の大偽師は当選していない...』と胸を張っておられた地元商工会・観光協会・旅行業の皆さんが、

選挙協力なさった「おらが町の地元議会議員」の存在をどう釈明なさるのですか???

参※92)当サイト内関連記事 地元の大物政治屋? 地上げ屋 と世捨て人?御隠居達の 鉄道 神話 への執着とは... はこちら。

第2項 大事なのは共産思想(補助金政策)に依存しない"持続可能な交通事業体系"

地方自治体補助金=住民税!

国庫=事業税、ガソリン税、固定資産税...つまり私たち国民(企業)が「血と汗と涙」でかせいだ利益から出た血税です。

国庫の財源は、国内だけではなく海外現地企業からの配当受益も含まれているので、国民の血税ではない???等と言う大噓を並べる経済学者・よとう(夜盗)運輸族の大偽師もいますが、これは大噓!です。

海外からの送金(貿易収支)も、私たち日本人(が働いている企業)が海外で「血と汗と涙で、築き上げた企業努力の賜物!」であり、結局は全て日本国民の血税!です。

お金は天から降ってきません!

一部?の社会主義経済学者やCommunistと結託した運輸族の"虚言"について

整備新幹線(※93)もそうですが、痴呆赤字ローカル線の存続問題については、『全額国庫補助・地方自治体の公金(税金)で賄うべきだ...』と言う Communism 発言をよく耳にしますが、これは大変危険な思想!です。

国民の大部分の賛同を得られないような"不要不急路線"は建設すべきではありません!

但し現状のスキーム仕来りでは、過疎県!には未来永劫共に、高速鉄道が引けなくなってしまうのは事実です。

「機会均等」の観点からは確かに不平等でもあるのですが...

今後は、国民の納得のいく形で「新たな 高速鉄道整備法 」を制定すべきかもしれません...(※94)

参※93-1)当サイト内関連記事 全国新幹線鉄道整備法 は国民の 誇り ? ...それとも 埃 まみれの 負の遺産 !? はこちら。

参※93-2)当サイト内関連記事 今どきの 鉄道系Youtuber 鉄道タレント 鉄道シナリオライター 鉄道コラムニストとは?... はこちら。

参※94)当サイト内関連記事 新たな 高速鉄道整備法 の提案 はこちら。

第3項 交通政策審議会は利権集団運輸族の回し者

"提言"(希望)は出来ても、一切の権限(決定権)は無い!

一般人が、マスメディアによって"勘違い"させられている最大の"誤解"は、「碁会所?に暇つぶしに集まったお年寄りたち」には何ら権限がない!どころか、"提言"(希望)は出来ても、一切の権限(決定権)は無い!と言う事実です。

地上げ屋傾「紛い物鉄道Youtyuber」共(※01)が、交通政策審議会答申に示された「提言」(※02)を"錦の御旗に振りかざし"「非現実的な新線建設Delusion!」を、さも尤もらしく吹聴していますが...

神線を神(お上)から授かっていたのは、遠い昔の「神話時代?」のお話です!

お上(政府)が"国民の僕(しもべ;公務員)"と"市民の代理人(国会議員)"で構成されている現在、

charter(許認可)申請は、民間企業(営利企業)となった鉄道事業者が"自らの大人の事情"で計画して、申請を行うものとなっています!

railroadprojectflow.png

参※)当サイト内関連記事 運輸族(旧運輸省派)の天下は終わった、今や国土交通省(旧建設省派)が国土軸を模索する時代に... はこちら。

参※01)当サイト内関連記事 今どきの交通系!Youtuber...鉄道タレント、鉄道シナリオライター、鉄道 コラムニストとは?... はこちら。

参※02)当サイト内関連記事 交通政策審議会 の"提言"は 与党運輸族 のアドバルーン? はこちら。

彼らの妄想は過去に何度も覆されている!

もっとも有名なのは、埼京線開業後も"東北通勤新線"構想に固執!していた事実であり、

北陸震撼線ルートが2転3転している事実でしょう。

つまり、彼らは単に運輸ゴロ共の手先にすぎない訳です。

※横浜市営地下鉄関内駅の例

第1目 新規路線の素案(議題)を作成しているのは地上げ屋の回し者・運輸ゴロ!

更に新規路線の素案(議題)を作成した連中は、交通専門家(地政学者)では無く!

「一儲けを企む鉄道事業者 つまり商人(あきんど)」と言う事実でもあります。(※公営交通事業の場合は、地上げ屋と結託した視界偽員!ども)

例えば各政令指定都市の地下鉄建設などでは...

全国の公営鉄道の延伸妄想!の数々について、"日本語ウィキペディア"などに投稿した"その筋の関係者!"どもは、

未練がましく地上げ路線妄想!を書き連ねていますが...

何れも地元市民(住人)の意向を反映した構想ではなく、タダの地上げ妄想!にしかすぎません。

第2目 鉄道新線は市民の Consensus が無ければ...

都市計画・鉄道新線計画は♥人の営み、暮らし向きと切り離しては成立しません!

つまり、地上げ屋共が、好き勝手に引いた「地上げ路線!」では地勢までも変える力は無い!わけです。

さらに今や、巨大設備事業!である鉄道建設Scheme(企て!)には、自治体(市民)の血税投入が無ければ実現できない世の中になってしまっています。(※03)

地下鉄延伸などの鉄道新線建設は「良し悪し(※04)」は別にして、

"♥市民の Consensus(総意・協心)に下ずく、自治体(市民)の "が得られ無ければ建設Scheme(企て)が実現できない!ご時世なのです。

参※03)当サイト内関連記事 鉄道建設に必ず登場する事業費・自治体分担の"仕来り" Schemeの由来は "企み!"で " 言い得て妙 ... はこちら。

参※04)当サイト内関連記事 欧米 から学ぶ 持続性のある 旅客鉄道事業 再建 に関する2つの取り組み はこちら。

第3目 ルート設定には♥"民主主義の原点回帰"が...

  • 新線建設ありきの(一方的Power harassment!)施政捨て!
  • 民間企業!(鉄道事業者)の"エゴ"と、視界偽員の野望取り払い!
  • ♥地域住人の望む「真(誠)の鉄道"神"線」を目指す姿勢!

つまりCompliance(追認・承服)を強要?する施政ではなく、♥Consent(同意)を大前提とすべきではないのでしょうか!

その為には
  • ●Power harassment!Scheme(企て!)の Compliance(追認)を求める地元釈明会必要無いでしょう。
  • ♥求められるのはパネルディスカッションなどによる事前の♥"公聴会"なのではないでしょうか

つまり建設予定エリアの

  • ♥住民の要望に耳を傾けて
  • ♥民意をくみ上げる

姿勢が大事!なのではないでしょうか...

自治体(利権集団)の"猿芝居!"(地元釈明会)では「中共のパワハラ圧政!独裁体制」と何ら変わりません。

狸穴総研 経済研究所 公共投資効果研究室 出自多留狸

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

《鉄道建設は誰の為?》関連記事のご案内 

※以下の♥タイトルをクリックするとシリーズ記事全てにジャンプ!できます。

後書き《 交通政策とは》シリーズについて

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

嘗て日本の大幹線は"民鉄"だった!

鉄道黎明期において日本各地で幹線鉄道を敷設していったのは、民間資本による"民鉄"でした。

幹線の多くはその後お上に召し上げられて!、官営鉄道になり国鉄を経て現在のJR各社となりました。

現在の大手私鉄の殆どはこの時運よく買収を逃れたましたが、第2次大戦中の戦時統合で合併を余儀なくされて、敗戦後に再度独立して現在に至っています。

1964年の東海道新幹線開業を経て1986年12月4日に諸外国に倣って、鉄道事業法が制定されて、軌道事業以外は第一種、第二種、第三種の鉄道事業に統合されて、翌年に国鉄分割民営化によってJR各社が誕生して現在に至るわけです。

JR3島は国営企業!?

分割民営化?と言ってもJR3島(JR北海道、JR四国、JR貨物)は株式会社の形態はとっていますが...

独立行政法人JRTTが100%株式を所有する"国営企業!"であり、"親方日の丸"体質は」変わっていません!!

更に、成り行き任せで適当に決めた?JR各社のbusiness district(営業範囲)が今になって多くの問題を生んでもいます...

2001年に中央省庁再編が実施されて鉄道事業を都市仕切ってきた運輸省と道路行政を取り仕切ってきた建設省が統合されて、国土交通省が誕生しましたが...

合体しただけで、旧省庁の「真の統合」根本的な重複部署再編成には至っていないのが現状で、旧体制下の派閥同士の内部対立?が国土計画全体の一本化を阻んでいることは事実です。

鉄道局に関しては、JR各社再度の"big bang"でreconstructionを押し進めないと、先に上げたJR3島の赤字問題は解決できない!でしょう。

JRグループの再度の Reconstruction と道路整備・港湾整備・ 空港整備を統合的に推し進める必要が...

国鉄分割民営化の際に"適当"に決めた、各社間の営業エリア(境界駅)も整備新幹線ルート!などいろいろな問題を引き起こしています。

22世紀の将来に向かい鉄道事業のreconstruction(統廃合)、道路整備、港湾整備、空港整備すべてに渡る交通政策を統合的に推し進める必要があります。

更には、地方の期待を背負う観光行政も、国交省配下の観光庁と環境省管轄の国立公園の2重行政では...

縦割り行政・既得権益の弊害をなくすためには再度の省庁Reconstructionが...

責任のなすりつけ合い!になりがちな縦割行政に依存しない、新たなる行政(体制)の構築が望まれているわけです。

過去の統廃合は、頭数を減らしただけで、「真の省庁改革」で無かったことは、先頃の北海道斜里町の知床観光船"海難事件"で露呈しました。

各省庁にまたがり!無数にある重複部署こそが利権・既得権益の温床"行政の歪"を如術に表しているわけです。

狸穴総研 公共交通網調査室 出自多留狸

参※)当サイト内関連記事 北海道 斜里町知床観光船海難事故に見る 無秩序な観光振興策 はこちら。

※ここをクリックするとページの"Top index"に戻れます!

※脚注 関連団体♥ 問い合わせ先リンク集

※ここをクリックするとこのページの"Top index"に戻れます!

関連団体リンクテーブル 

 

公開:2022年2月15日
更新:2022年8月13日

投稿者:デジタヌ

運輸族(旧運輸省派)の天下は終わった、今や国土交通省(旧建設省派)が国土軸を模索する時代に...TOP《 新たな 高速鉄道整備法 の提案 》英国方式"上下分離・運行事業者入札制度の全面採用が必要では...


 

 



▲交通政策 研究所へ戻る

 

ページ先頭に戻る