『タヌキがゆく』狸穴ジャーナル

地政学・geopoliticsの"概念"とは...

前書き Logistics(兵站学)とも関係の深いGeopolitics(地政学)とは...

マスコミが話題に取り上げるようになったGeopolitics

"きな臭い世界状況"となり、逆プロパガンダの"ネタ"としてgeopolitics・地政学についてWebやレガシーマスコミ媒体でも"話題"に上がるようになってきましたが...

一部"工作員"による"学説"本質論は、中共のプロパガンダにすぎません!

地理学会でも取り上げる"研究テーマ"の一つですが、独立した学門分野ではありません!

当サイトでは学説に縛られない真のGeopoliticsの具現化を

当SiteではLogistics(兵站)とGeopolitics(地政学)に関する"話題"を取り上げていますが...

同時に現状の"垢にまみれた人達"が推し進めている、自由な発想(興味)を根絶やしにする「型に嵌まった」"ロボット人間造りの為の"初等・中等教育に対して異論を唱え、"自由な発想"を持ち合わせた人材を育てたいと願っています。

disrespectに終始してsolutionが提示できていないWeb contentが繫茂している現状

動画配信サイトYoutubeが、レガシー・マスメディアTV局を"駆逐"する勢いを見せている現況ですが...

Youtuberと呼ばれている「社会に出たことも無い!」世間知らずの"お子ちゃま"Youtuber共は、お小遣いに釣られて?体制派べったりの新線建設プロパガンダを、乱造しているようですが...

彼ら、お利口さん?は、長年ホームルーム狂育で培われた、disrespect(誹謗中傷)は出来てもsolution(解決策)が提示できていないのが特徴です。

つまり最近目立つようになった、disrespect(誹謗中傷)は出来ても、solution(解決策)を提案できない、体制(有識者懇親会?)べったりの"お利口さん?"「鉄道系Youtube」の繫茂にも強い危惧を抱いているわけです。

参※)当サイト内関連記事 地上げ屋・鉄道新線建設派の御用達提灯持ち!要注意サイト はこちら。

本サイトでは必ずsolution(解決策)を提案して

本サイトでは、criticism(批評・批判)を行うだけではなく、"考えるネタ"として独自のsolution(解決策)を提案することを心がけています!

読者の皆様も、「身近な社会問題」に対して、"若者らしい"自由な発想で、「逃げでは無いsolution(解決策)」を見出せる人材に育って欲しいと願って愚案?を承知で公開しています。

今の日狂祖が、行っている"画一的"なロボット人間狂育からは、犯罪者は生み出されても、発明家は生まれなくなってきています!

色々な"異論"と接して、そこからインスピレーションを得て、万民が受け入れられるsolution(解決策)を求める姿勢が大事なのではないでしょうか。

地政学・geopoliticsの"概念"とは... の目次

※リンクについて

(参※xx) は当サイト内の参照関連記事リンクです。
但し、その他の直接 hyper-link は当事者・関連団体の公式サイト若しくはオリジナル各国語版Wikipediaへ直接リンクしています。

プロローグ ポイント切り替えを誤った"狂育路線"がまかり通っている現況...

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

つまり、現行の大学入試を目指した「記憶力」に頼る"年表重視"の、歴史書・歴史教育では、「歴史的事実」が個別事柄として語られている場合が殆どです。

1番大事な「なぜそうなったのか?」と言う「相互間の因果関係・相関関係」が語られれいない場合が殆どで、「年号記憶」に終始しているわけです。

これでは、義務教育・高校教育を含めた一貫教育課程の「地理・歴史」が面白く無くて当然です!

初等数学・初等科学教育(理科)においても

与えられた課題解決には幾通りもの"論理過程"があり、更に条件付け次第では"いくつもの解"も存在!します。

特に現状の初等教育における"算数教育"では、日凶素患部が干渉した検定教科書?に記載された「1つの論理過程、一つの解」である模範解答を金科玉条のごとく押し付けて!います。

これでは日常の問題に即応した「臨機応変な思考力」身に着けることはできません!

本節 地政学・geopoliticsの"概念"と取り上げるthemeとは

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第1項 地政学は"実用的な研究テーマ"であり単独の学会はない!

地政学とは、日本では地理学会で扱っている、"研究テーマ"の一つであり、日本語ウィキペディアに示されているような"単なる学説"で縛られた、研究分野ではありません!なので"地政学"のみを扱う学会などは存在しません!

どちらかと言えば、"実用的"な研究テーマであり、主に海外進出に取り組んでいる民間のシンクタンク(〇X総合研究所)や、国防を研究している防衛大学などで取り扱っている"研究テーマ"です。

なので世界的に統一された学会・協会(特殊法人)も存在しません!

(※NPO法人 国際地政学研究所?はあるようですが)

第2項 logistics(兵站学)国防と関連の深い"研究テーマ"

geopoliticsはborder(国境)territory(実効支配地)のlife lineであるtraffic networkつまりはlogistics(兵站学)とも密接に結びついていて、国防と密接な関係!にもあるわけです。

なので、USAでさえ時代(政権)によっては、研究者が"迫害"を受けてきた"テーマ"でもあるわけです。

更に、その成り立ちから、戦後の日本では「垢にまみれた狂育者たちに毛嫌いされてきた"研究テーマ"」でもありますが...

なので、海外経済"侵略"手法の一つとして、中共が力を入れている応用・研究分野であるわけです。

第3項 日本では地理学会に属する分科会で取り扱われている

つまり前途したように、"研究分野(Theme)"ではありますが、日本語ウィキペディアで紹介されている、一部の"職者?(思想家)"が唱えている様な狭義のなる学説に縛られた"学問分野"ではありません!

地政学の"概念"は多枝に渡る学問分野の"応用研究テーマ"

地理学、経済論(経済学)、文明論(文化人類学・歴史研究・言語研究・政治学・社会学)、思想論(哲学・宗教)、心理学!(群集心理)にまで跨る、

「民の営み・暮らし向き」に関する文化圏・生活圏・経済圏どうしの"相関関係"を、為政者(国家権力)間の力関係(軍事力)ではなく、communityどうしの相関関係で解き明かそうとする"実践論"の研究Theme"なのす。

つまり、小生が属していた"非破壊検査協会"のような多方面の学問分野に跨る"応用研究分野・実践論"なのです。

つまり、"タブーの無い♥自由な発想"を展開できる研究分野!"なのです。

エピローグ  日本国内の"地政学"を「枠にはめよう」!と"工作"する動きが...

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

最近、地政学アナリストを装った"正体不明の人物(団体?)"が、「判りやすい地政学入門シリーズ」と称して、Youtubeに"静止画投稿"を始めましたが...

彼らは「日本における「地政学」(独: Geopolitik)の学説を盾に地政学を狭い範囲に押し込んで、「広い意味での地政学geopolitics」から関心をそらそうとプロパガンダ!しているにすぎません。

第1項 地政学に関心が集まることを恐れているのは中共!

中共でもっとも進んでいる!研究Themeでもあり、彼らの戦術が世界に通じなくなるのを恐れているわけです。

"彼ら"中国人民政治協商会議中国共産党中央統一戦線工作部)にとって日本の地理学会の活動は、脅威でもあり・目障り!でもあるわけです。

つまり、単なる"学説"をネタに地理学会を分裂させて、このThemeに対する"日本の研究"をカオス(混沌)に導いて自らの優位性を維持しようとしているわけです!

第2項 明日を担う未成年層が「世界を知る」ことで日本のトラフィック問題と真剣に取り組む大人に育つように...

当シリーズでは、日本の鉄道網を中心に、日本国内事情だけではなく「人類皆兄弟!」が営む「地球規模での国家間の力関係(軍事力)、相互干渉(外交関係)」から考察して、21世紀の日本のLogistics、transportation(運輸)、Transport network のあるべき姿を探っています。

同時に未成年の「鉄オタ」や、(某国のプロパガンダに乗せられた)一部のお気楽な運輸族代議士が"ぶち上げた馬鹿げた整備新幹線建設推進プロジェクト妄想"に踊らされないで済むように、

「大きな視野・世界観」に下ずいて、鉄道事業を冷静に"俯瞰"出来る「常識を兼ね備えた、ビジョンに下ずいた」solution(解決策)を見いだせる(提案できる)"大人"に育つことを願って寄稿しています。

後書き 勿論小生は右翼ではありませんが...

赤(垢)にまみれた日凶祖?の教職員や、彼らを先導(煽動)している研究者・大学教官・教育アナリスト?たちのような"頭空っぽの理想酒義?者"でもありません!

次世代を担ってくれるはず?の"脳天気な若者たち"と、金権慾"にまみれた"お気楽な運輸族"の発言・政治活動と、その手先にされている「鉄道傾YouTuber」のコンテンツを眺めていて、日本の行く末を案じているだけです!

狸穴総研 地政学研究班 出自多留狸

 

公開:2022年10月 4日
更新:2022年10月 4日

投稿者:デジタヌ

鞭だけでは猛獣アムール虎は"手懐けられない"!TOP


 

 



▲地理学・地政学・歴史研究班へ戻る

 

ページ先頭に戻る