『タヌキがゆく』狸穴ジャーナル

マスメディア・防共・教育問題研究班

御訪問ありがとうございます。《概要》欄上のタイトルをクリックしていただくと "コラム本文”にジャンプできます。

新聞・雑誌、テレビ・ラジオなどのレガシー媒体、WEBサイトなどあらゆるメディアについて、極左翼・過激派のプロパガンダ活動。兵器産業の「使い走り」極右翼政治結社との資金的繋がりなど、全国紙、大衆紙、一般マニア向け雑誌などの出版業界や系列放送局では絶対に取り上げない(取り上げられない!)コアーな話題を取り上げた、共産主義者立ち入りお断り!のコーナーのTopカテゴリーページです。

スポンサード リンク

 

【レビュー記事】2017 日本の政党機関紙
国政政党(2017年現在)の政党機関誌のリンク集
【レビュー記事】2017 デジタヌの必聴番組、時事ネタ編。
デジタヌの必聴番組、長距離トラックヤローの時代から愛聴番組となっている、大好きな朝のNHKラジオ番組の紹介。NHKの「マイあさラジオ」と「日曜討論」の紹介記事。
小・中学校ホームルームでの"教師ぐるみの陰湿な吊るし上げ・集団虐め"が放置され続ければ泉南市は崩壊!する
《概要》泉南市の「ホームルーム狂育・集団虐め問題」は、「被害者の支援団体」へのインタビューでも明らかな様に、残念ながら怪異決(かいけつ)しないでしょう。
ウクライナ で 平和 に暮らしていた民が教えてくれた郷土愛・ 愛国心 と 国防 意識とは...
Слава Україні! 愛国心とはスポーツの国際イベントで『頑張れ、ニッポン!』と言う声援を送り、応援し自らも選手と同じ"日本人"で有ることに酔いしれて「一喜一憂す」ることだけでしょうか?...コロナ災害真っただ中に、感染拡大の危険まで冒して「2021年 東京オリンピック?」が強硬された2021年について「オリンピックとは何ぞや???」を考えてみるべき重大な転機ではないでしょうか...
今どきの 鉄道系Youtuber・鉄オタ・フリーター , ゴーストライター , 鉄道コラムニスト,マスコミとは?...
鉄道"傾"タレント達は、実は地上げを目論んでいる地元地上げ屋や地元中小土建業組合の回し者として、"新規鉄道路線を匂わせる"ミュージックホーン"を吹聴して...さらに最近ではXX音響興行?XX計画のお知らせ"等など発行部数が激減!している地上げ屋業界専門誌も"凌ぎ!"を削っているようで...
日本のマスメディアは"垢にまみれている"と共産思想プロパガンダサイトのURL一挙公開!
Communist共が社交場、情報交換の場としている(#)ハッシュタグを芋ずる式に調査しました。以下に示す(#)は、一般人を洗脳!しようと彼らが好んで投稿する「プロパガンダの場」とな...
貴方の町に忍び寄る共産主義の罠 「町おこし・地域振興・環境保護活動と赤字ローカル線存続!運動」
《概要》町おこしは、環境保護活動と共にCommunist!が最も、煽動(潜入)しやすい分野!です。彼ら"町おこし煽動家!"が用いている手法は、博進堂から出版されている、Comintern作りの"マニュアル本"に忠実に従い、垢にまみれた町起こしをプロパガンダ(煽動)!して、そして一般起業家!を食い物に...
維新の会は中国共産党中央統一戦線工作部の手先だった!...時系列から読み取れる相関関係とは
きな臭い世界情勢で、今までイデオロギー的"中立"を装ってきた人たちの「極端な言動」がマスコミを賑わすようになりましたが...君子豹変せず!で、この時期過激な発言をする人たちは最初から...
亡くなってからもプロパガンダに利用されている"地球人!"山口淑子さん
《概要》最近YouTubeに登場される?ことが多くなりました。皆さんはその訳を考えられたことがおありでしょうか?...正体不明の何者かによってYouTubeに不法(著作権侵害)にuploadされているcontentの多くは、嘗て日中友好ブーム最中の"蜜月"時代に、日中共同で制作されたcontentが殆どですが、近ごろ反中共・反韓世論を抑え込む目的で意図的に不法uploadされているようです...
YouTube ヘイトコンテンツを排除する新たな規制を求む!
総会屋の新たなる「強請り(ゆすり)・集り(たかり)」のツール「Youtyube 」静止画コンテンツに対しても、「公共広告倫理機構」が行っているような新たな審査規定を設けるべきではないでしょうか...
日本語ウィキペディア が 鉄道系Youtuber から"こけ"にされる訳とは...
"仲間内の鉄オタ"が記述している?にもかかわらず...鉄道傾Youtuberからは、散々虚仮(こけ)にされている日本語版ウィキペディアですが...「枝葉末節に拘り本質を見落とす鉄オタの本質(自分自身)」を承知しているからかもしれません!?


 



▲社会問題調査室へ戻る

 

ページ先頭に戻る