タヌキがゆく《狸穴総研機関誌・狸穴ジャーナル》

埼玉高速鉄道 が利用客を獲得して表舞台に躍り出るには...

東京都交通局に掛け合って 三田線直通 を果たす以外には...

埼玉拘束鉄道!を蘇生するには、座して死を待つ?より、積極策に転じたほうが良策でしょう!東京都と協力しあって新たなバイパス"神線"を建設して三田線に直通させていただいたほうが賢明ではないでしょうか?

《 Metropolitan unfinished line Ⅰ》首都圏未成線編 Annex4

東京都が推し進めている「痛禁5方面都民汲み出し作戦」にもピッタシカンカンで、「つくばエキスプレス東京駅侵攻作戦」同様に、惜しみない協力・支援が得られる事業となること請け合いです!

※ここをクリックするとページの"Top index"にジャンプ出来ます!

《 Metropolitan unfinished lineⅠ》の総合目次

※以下のタイトルをクリックするとシリーズ記事全てにジャンプできます!

プロローグ 交通政策審議会 は 利権集団・与党運輸族 の宣伝塔!?

国交省の外郭諮問機関「交通政策審議会」「地方交通審議会」とその「答申」が、金科玉条「錦の御旗?」のごとく都合の良いように使いまわされていますが?...

第1回 JR羽田空港アクセス線 は東京都に突き付けられた"パラドックス" !

少し古いNews ですが本年(2021年)1月20日に『羽田空港アクセス線(仮称)の鉄道事業許可について』と題して「羽田空港アクセス線(仮称)」構想がプレスリリースされました!

第2回 つくばエクスプレス は 東京駅 までたどり着けるか?

利根川以南の千葉県北部を、在京企業に勤めるサラリーマンの「マイホームの夢」をかなえる"人気エリア"に大躍進させたドリームライン"つくばエクスプレス"

第3回 最大混雑率187%の 日暮里・舎人ライナー は大成功?それとも大失敗?

1日の想定利用者101,000人として計画されて、着工時には59,000人と下方修正されたものの、開業3年後には早々と59000人の予想?を超えて...

第4回 豊住線 vs 越中島貨物線 旅客化はどちらが 区民・都民にとって役立つか?

日和見主義のマスコミや、"体制派"のジャーナリスト達が、金科玉条、錦の御旗に掲げる、交通審議会答申に盛り込まれた東京メトロ豊住線に関する"提言"ですが...

第5回 多摩都市モノレール!は"三多摩エリア?"の住人を守る最後の砦?

近藤勇の生れ育った独自の気風をもつ三多摩エリア?にあって、孤軍奮闘している多摩都市モノレール!とは...都に延伸を迫る前に、最新型連接バスで先ずは社会化実験を!

第6回 203X年茅ヶ崎 から 小田急ロマンスカー が湘南ボーイを乗せて新宿 に...

2027年のリニア中央新幹線橋本駅開業で、湘南エリア・アクセス路線JR相模線が複線化されて、小田急多摩線・上溝延伸が実現し茅ヶ崎→小田急新宿間の直通運行も開始されることに...

エピローグ 鉄道事業者 同士が覇権を争うライバル 関係の ご時世 では無くなっている!

首都圏では、お気楽な「鉄オタ」が囃し立てるような、鉄道各社間のライバル関係はありません!「出来るだけ無駄な過剰投資(車両増備)」を押さえて、仲良く「都民汲み出し作戦」に参戦している「戦友」同士なのです!

Annex1 西武新宿線 と沿線住人はアーバンネットワーク から見放された ?

沿線住人の少子高齢化?が進んでいるとは言え思ったほどには利用者は減らない?増発したくても余裕がない!"元義父の中央線"に振り替えを企んでも、中央線にも余裕がない! 複々線化事業計画はポシャル!

Annex2 新木場駅 で 京葉線 と 有楽町線 が 直通 できるようになれば...

京葉線と有楽町線が直通運行できるようになれば、連鎖反応を起こして首都圏東部の鉄道ネットワーク再構築のトリガー...

Annex3 東急 は 羽田空港 直通を 大井町線 と りんかい線 直通の将来にかけた!

限界に差し掛かっている、田園都市線のバイパスルートなら大岡山で"転線"して目黒から都営三田線に乗りさせてもらってもかまわなかったはずですが...

Annex5 千代田線 延伸で 野田市 と 吉川市 の東京都心直結の夢が叶う!

江戸川と中川に挟まれた吉川市の中心市街地は鉄道不在地帯となっていますが、東京メトロ完全民営化が達成できれば 千代田線が延伸出来て希望の光が差し込むでしょう!

プロローグ 埼玉高速鉄道は開発鉄道!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

埼玉高速鉄道は、嘗て武州鉄道が走っていたこのエリアの期待を背負って、埼玉県の鉄道不毛地帯を埋めるべく、2001年3月にさっそうと登場?したわけですが...

当初の目的地さいたまし岩槻区までは、今後ともにたどり着けそうにない状況となっているのは鉄オタの皆様がよくご存じの通り!

何故期待外れに終わった?のでしょうか...

答えは簡単で、以下の路線図をご覧いただければ一目瞭然!

パートナーに選んだ東京メトロが、ものの見事に、都心のオフィスエリアを避けて通っているからです!

これでは、通勤需要を(沿線宅地開発)掘り起こせるわけがありません!

  • ♥赤ライン(動脈色) 都営鵜三田線
  • ●濃紺(静脈色)ライン 東京メトロ難?北線
  • ♥ピンク色 埼玉高速鉄道救済神線?

埼玉高速鉄道とは

株式非公開(非上場)第3セクター 第一種鉄道事業
本社所在地 埼玉県さいたま市緑区美園四丁目12番地。
設立 1992年(平成4年)3月25日

2001年3月 - 全線開業!

起点 赤羽岩淵駅⇔終点? 浦和美園駅

路線距離 14.6 km 駅数 8駅
軌間 1,067 mm 線路数 複線

電化方式 架空電車線方式 直流1,500 V,


主要株主

埼玉県 49.30%
川口市 20.28%
東京メトロ  15.60%
さいたま市 7.00%
埼玉りそな銀行 0.99%

元々が開発鉄道だった生い立ちの"埼玉拘束鉄道!"

需要の無いところに造った「需要創出型」(※01)の開発鉄道で、「都市計画」に盛り込める公共交通としては認められなかったので、「前途した3セク鉄道会社」を設立して「40年ローン」で建設したわけです!

2001年3月に全線開業して、同年10月に中核施設? 埼玉スタジアム2002がオープン。

同年11月に周辺の 区画整理事業が起工式を迎えて、

同線開通後の2007年12月 に 657戸の大型分譲マンション「センターフィールド浦和美園(売主:東急不動産・オリックス不動産・阪急不動産)」が竣工して、ニュータウンの体裁を整えてきましたが...

前途した理由で、その後は思ったほどには沿線開発が進んでいません!

参※01)当サイト関連記事 鉄道事業者 に課せられた『 旅客需要追従 』と『 旅客需要創出 』の2つの命題 はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第1節 三田線連絡線"神線"(しんせん)建設案

出資もしてくれて、直結運行までしてくれている"東京メトロ"さんには不躾な?お話ですが...

東京都さんにお願いして、三田線乗り入れを実現させるべきでしょう!

現行の起点駅赤羽岩淵駅の手前の荒川渡河手前から、旧河川跡を利用して、国立スポーツ科学センターの側をかすめて、清水町付近で三田線に合流して板橋本町駅に至る全長約3.8㎞の板橋"神"線を"自力"で建設なさってはいかがでしょうか?

事業概要

全長 約3.8㎞ 複線

全線シールド工法

途中2駅程度? 新駅&板橋本町新ホーム(地下4階?)

総事業費 

(※11)435億円X3.8㎞≒1,650億円!

参※11)京阪中之島新線建設実績より算出。

本事業のメリット

言うまでも無く、利便性が向上して、埼玉高速鉄道線が見直されて、路線価値が上がり、現終点周辺の宅地開発に弾みが付き、更に岩槻駅までの延伸計画も進展するでしょう!

首都圏一極集中で増え続ける通勤利用者にとっては「つくばエキスプレス」沿線同様に魅力ある住宅地に変貌するはずです!

東京都(交通局)ももろ手を挙げて

東京都(交通局)ももろ手を挙げて賛同していただけるはずです!

何となれば、「5方面 都民追い出し作戦!」(※12)に符合するからです。

参※12)当サイト関連記事 武蔵野 エリア住人の" リストラ 策"が東京都と政府で密かに...はこちら。

今や政府をも脅かす存在に

バブル景気崩と共に露呈した不良債権処理問題の決めてとして、当時の橋本内閣が行った"金融ビッグバン政策"で、東京は火事場泥棒?のように"焼け太り"しました。

全国の地方都市から、大手都市銀行の本店、や証券会社が統廃合で無くなり東京に移転してして、合わせてそれまで地方で地道?に頑張っていた"地場企業"の本社まで東京に移転してしまいました。

つまり"富(財源)"が転がり込んできたわけです!

なので、昔の東京都とは違い"政府に媚びる必要が無くなりました"

但し、余計なお荷物「転入者」まで背負込む羽目になりました!

そこで露骨な都民リストラ「5方面追い出し作戦」を展開するようになりました!

その表れが、西武新宿線の複々線化工事の都市計画破棄(※12)となったり、

つくばエキスプレス「東京駅延伸事業への財政補助!」という形で表れているわけです!

つまり、都下に住む住人の「通勤地獄からの"救済"には知らん振り」をして、「都民汲み出しに利用できる事業」へは惜しみなく協力(財政援助・出資)するという事です!

参※12)当サイト関連記事 武蔵野 エリア住人の" リストラ 策"が東京都と政府で密かに...はこちら。

制度適用は拡大解釈で"異化!"様にでも

現在、一部の鉄オタと「土建屋」が期待している中央線三鷹⇔立川間の複々線化事業に対する対応もそうです!

この区間を複々線化しても「中央線」の輸送力は改善しませんが(※13)...

そのことはさておいても、「銘文」は「連続高架立体交差事業」は都市計画として成立するが増線(複々線化)事業は輸送力改善=利益誘導事業なので、都市計画には含められない!という建前論です!

まあその通りですが、じゃあ「小田急の複々線化事業は...」過去の東武鉄道の複々線化事業は...、西武池袋線の複々線化事業は...、それに昨年中止になった西武新宿線の複々線化事業計画は...、

まあその都度都合の良い理由を付けて...

参※13)当サイト関連記事 リニア中央新幹線開業で"あずさ"ちゃんは家出する!?はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第2節 さいたま副都心線の路線変更!

現状のさいたま市内線延伸構想は、現経営陣(社長)の一儲けを企む?我田引水"欲望"で、将来の需要予測や首都圏構想とは無縁の存在です!

東京都が行っている「通勤5方面都民汲み出し作戦」

更に政府が目指す、首都機能の分散策から考えても、京浜東北線・湘南新宿ライン・上野東京ライン・埼京線と重複していて、メリットがありません!

  • "他県へ繋がっている路線"への再投資には積極的ですが、
  • 東京23区内も含めて"東京都下で完結する路線"への公共投資には消極的になってきています!。

つまり本年5月の東京都の都市計画変更表明は、路線図中の青いのラインは将来的に再投資の対象から外され、今後は赤色のラインの拡充整備に重点を置くという意思表示でもあります。

更には、末っ黄色のラインは都内完結路線でもあり、今後の成り行次第では、廃止・バス路線転換の可能性も考えられます!

  • 赤いラインは重要幹線(動脈)
  • 紺色ラインは幹線を繋ぐローカル線(静脈)
  • 赤い電車マークは動脈結節点
  • 青い電車マークは静脈結節点
  • ●紫ラインは 羽田空港アクセス線
  • ●ピンクラインは リニア中央新幹線関連と新設線

新ルート

無理やり感のある現浦和美園⇔さいたま新都心の支線計画を破棄して、本線岩槻(東武アーバンパークライン)⇔大宮駅⇔荒川手前JCまでの新線計画に変更します、途中駅として新指扇、三橋総合公園、大宮、大宮第2公園、蓮沼、七里支所前などに途中駅を設けます。

このルート上の大宮⇔指扇間は、嘗て埼玉県内初のインターアーバン(都市間電気軌道)として川越鉄道西武大宮線)が走っていたルートでもあります。

つまりは、大宮⇔川越間を結ぶのに最適なルートなのです。

運行は、東武鉄道さん、とJR東日本さんにお願いします!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第3節 国交省の了解・認可も受けやすい!

これまで交通審議会(※91)で審議されたこともない"議案"ですが、東京都と東京メトロが後ろ盾になってくれれば、すんなりと「答申案の上位ランク」に乗り、事業申請もすんなり通るでしょう!

何故なら、需要予測が明確に示せて、40年ローンも問題なくクリアできるだけのネタ!が簡単にそろうからです!

鉄オタや一般人の方が「金科玉条」のごとく思われている「答申案」ですが...

実際には、そこに示されたランク(プライオリティー)通りに、建設された例はありません!

つまり「答申」で示された「コメント」には何ら拘束力は無いわけです。

更にさらに、答申はあくまでも「審議対象」に対するランク付けであり、最初審議対象となる、各鉄道事業者からの「審議案」に乗っていない路線は審議対象外なわけです!

この、仕組みをついたのが、「なにわ筋線」復活劇で、前回の答申でランクイン!(示された)した「路線は」全て、除外されて適当な当て馬?路線と共に「審議会」に提出されたわけです、なので「箸にも棒にも」ならないような愚案なにわ筋線」が、勝算あり?と判定されたわけです。

参※91)当サイト関連記事 インフラ整備の大義名分?『 審議会 』と『答申』 なる代物の有効性は?はこちら。

参※92)当サイト関連記事 なにわ筋線 復活劇の裏側を推理する...はこちら。

キーを握るのは東京メトロの完全民営化!

いずれにしても東京メトロの完全民営化と、都営交通事業との経営統合が実現して、埼玉拘束鉄道?が、完全子会社化されないと実現は難しいでしょうが...

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

エピローグ 赤羽バイパス支線で埼玉高速鉄が表舞台に!

赤羽連絡線なら、埼玉高速鉄道のリファイナンス(再投融資)で実現できます!

第1項 埼玉高速鉄道のリファイナンスで事業に当たる

現行の主要株主は前途したように

主要株主
埼玉県 49.30%
川口市 20.28%
東京メトロ  15.60%
さいたま市 7.00%
埼玉りそな銀行 0.99%

ですが、リファイナンス(再投融資)で、東京都さん、川口市、JR東日本、東武鉄道、※日本政策投資銀行 、東急不動産、オリックス不動産、阪急不動産、その他の地場企業にも新たに加わっていただいて、埼玉りそな銀行 、日本政策投資銀行から新たな追加融資をいただいて改組!します。

こうすれば、お国(国交省)の顔色を窺わなくても新線建設が可能となります!

元々埼玉高速鉄道は"利益誘導鉄道"として、通常の地下鉄のように国庫補助(都市計画補助)が受けられない民喝?で起こした第3セクターなので、組織改編するのは一向に差し支えありません!

更に現在残っているJRTTさんへのローン支払いもそのまま引き継げます!

また新規路線の建設もいつも通り?JRTT(※12)に任せれば問題ないでしょう!

参※12)当サイト関連記事 独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備機構(旧・鉄建公団)が組織改編できれば...はこちら。

第2項 東京都さんに礼を尽くしてお願いすれば

東京都さんに土下座?してでもお願いすれば、前途した理由で必ず参加していただけるでしょう!

最早政府(国交省)に"日参する時代"ではありません!

富は"東京都"に一極集中しています!

東京都さんと仲良くすることが、"ダサイタマ"が21世紀を生き抜くうえで重要なキーワードとなるでしょう!

JR東日本も必ず協力してくれる!

何となれば、2021年春のダイヤ改正から東北新幹線埼玉県内走行速度規制を、つくばエキスプレス並みの130㎞/hに引き上げることを了承したわけで...

JR東日本としては"借り"が出来たわけです!

軌道法」の抜け道も!

つまり両区間共に鉄道事業法に拘らず三田線と同じ軌道法で路線申請すれば道路特定財源(ガソリン税)の流用が可能です!

第3項 完成後の運行は

板橋本町から赤羽岩淵駅構内!信号所までの三田線連絡新線区間は、埼玉高速鉄道が、

大宮新線が鉄道新線であれば、埼玉高速鉄道は第3種鉄道事業として第2種鉄道事業を東武鉄道、JR東日本さんにお願いして...

軌道法であれば、岩槻⇔大宮間は東武鉄道さん、大宮以西はJR東日本さんに"業務委託"の形をとれば、上下分離が成立して、3社ともに「やりくり」がしやすくなるでしょう!

座して死を待つ?より、積極策に転じたほうが良策だと思いますが...

※ここをクリックすると総合目次に戻れます!

後書き《 Metropolitan unfinished line 》シリーズについて

首都圏には、成田新幹線妄想を筆頭に現「交通政策審議会」の答申に振り回された、東北通勤新線構想、横浜市営地下鉄3号線計画など多くのunfinished lineが存在していて、現在も豊住線妄想や「つくばエクスプレス東京駅延伸妄想」など実現性に乏しいunfinished line妄想が数多く存在しています!

これらは、すべて与党運輸族の"欲望"から生まれた利用者無視の、思いつき妄想を「交通政策審議会」等の有識者?諮問機関が、屁理屈を付けて"大義明文"化した"答申"に記された"提言"に端を発する"不要不急路線"が大半です!

現在燻っている"unfinished line"について考察をして、「誠の都市圏交通網」のあるべき姿を探ってみました。

狸穴総研 公共交通網調査室 出自多留狸

最新関連記事 

鉄道系Youtuber、鉄道ライターとは?... のご案内

2021年4月7日更新版・公開

要約

いわば社会順応性のないヒッキーで、生活支援を買って出た?地元の「ギョ~怪」から「広告収入」を得て生活している"自営業"であり、「ギョ~怪」の回し者として、日夜"新線建設プロパガン"に邁進して、一般市民・鉄道利用者、お気楽な"撮り鉄"の妄想を...

続きはこちらから...

 

公開:2021年3月 3日
更新:2021年8月24日

投稿者:デジタヌ

多摩都市モノレール!は"三多摩エリア?"の住人を守る最後の砦?TOP豊住線 vs 越中島貨物線 旅客化はどちらが 区民・都民にとって役立つか?


 

 



▲首都圏 3セク交通事業 調査班へ戻る

 

ページ先頭に戻る