タヌキがゆく《狸穴総研機関誌・狸穴ジャーナル》

多摩都市モノレール!は"三多摩エリア?"の住人を守る最後の砦?

孤軍奮闘する多摩都市モノレール!

近藤勇の生れ育った"独自の気風をもつ三多摩エリア?"にあって、孤軍奮闘している多摩都市モノレール!とは...

東京都に延伸を迫る前に、最新型連接バスで先ずは社会化実験を!

最新鋭18m級120人乗り国産連接バストラム

《 Metropolitan unfinished line Ⅰ》首都圏未成線編 第5回

バブル経済の予感とともに東京都と沿線鉄道事業者、金融機関、沿線自治体などの出資で設立されて、バブル期間中に着工してバブル終了後に開業して、お決まりの経営危機に直面しながらも、東京都のテコ入れで何とか持ちこたえたお荷物路線?ですが...

バブル景気崩壊後の後始末金融ビッグバンで、東京一極集中が加速されて、東京都民リストラ、都民汲み出し策に転じた東京都と、政府が...将来の多摩都市モノレール!に暗い影を...

※ここをクリックするとページの"Top index"にジャンプ出来ます!

《 Metropolitan unfinished lineⅠ》の総合目次

※以下のタイトルをクリックするとシリーズ記事全てにジャンプできます!

プロローグ 交通政策審議会 は 利権集団・与党運輸族 の宣伝塔!?

国交省の外郭諮問機関「交通政策審議会」「地方交通審議会」とその「答申」が、金科玉条「錦の御旗?」のごとく都合の良いように使いまわされていますが?...

第1回 JR羽田空港アクセス線 は東京都に突き付けられた"パラドックス" !

少し古いNews ですが本年(2021年)1月20日に『羽田空港アクセス線(仮称)の鉄道事業許可について』と題して「羽田空港アクセス線(仮称)」構想がプレスリリースされました!

第2回 つくばエクスプレス は 東京駅 までたどり着けるか?

利根川以南の千葉県北部を、在京企業に勤めるサラリーマンの「マイホームの夢」をかなえる"人気エリア"に大躍進させたドリームライン"つくばエクスプレス"

第3回 最大混雑率187%の 日暮里・舎人ライナー は大成功?それとも大失敗?

1日の想定利用者101,000人として計画されて、着工時には59,000人と下方修正されたものの、開業3年後には早々と59000人の予想?を超えて...

第4回 豊住線 vs 越中島貨物線 旅客化はどちらが 区民・都民にとって役立つか?

日和見主義のマスコミや、"体制派"のジャーナリスト達が、金科玉条、錦の御旗に掲げる、交通審議会答申に盛り込まれた東京メトロ豊住線に関する"提言"ですが...

第6回 203X年茅ヶ崎 から 小田急ロマンスカー が湘南ボーイを乗せて新宿 に...

2027年のリニア中央新幹線橋本駅開業で、湘南エリア・アクセス路線JR相模線が複線化されて、小田急多摩線・上溝延伸が実現し茅ヶ崎→小田急新宿間の直通運行も開始されることに...

エピローグ 鉄道事業者 同士が覇権を争うライバル 関係の ご時世 では無くなっている!

首都圏では、お気楽な「鉄オタ」が囃し立てるような、鉄道各社間のライバル関係はありません!「出来るだけ無駄な過剰投資(車両増備)」を押さえて、仲良く「都民汲み出し作戦」に参戦している「戦友」同士なのです!

Annex1 西武新宿線 と沿線住人はアーバンネットワーク から見放された ?

沿線住人の少子高齢化?が進んでいるとは言え思ったほどには利用者は減らない?増発したくても余裕がない!"元義父の中央線"に振り替えを企んでも、中央線にも余裕がない! 複々線化事業計画はポシャル!

Annex2 新木場駅 で 京葉線 と 有楽町線 が 直通 できるようになれば...

京葉線と有楽町線が直通運行できるようになれば、連鎖反応を起こして首都圏東部の鉄道ネットワーク再構築のトリガー...

Annex3 東急 は 羽田空港 直通を 大井町線 と りんかい線 直通の将来にかけた!

限界に差し掛かっている、田園都市線のバイパスルートなら大岡山で"転線"して目黒から都営三田線に乗りさせてもらってもかまわなかったはずですが...

Annex4 埼玉高速鉄道 が利用客を獲得するには...

埼玉拘束鉄道!を蘇生するには、座して死を待つ?より、積極策に転じたほうが良策でしょう!

Annex5 千代田線 延伸で 野田市 と 吉川市 の東京都心直結の夢が叶う!

江戸川と中川に挟まれた吉川市の中心市街地は鉄道不在地帯となっていますが、東京メトロ完全民営化が達成できれば 千代田線が延伸出来て希望の光が差し込むでしょう!

Top Index

プロローグ 軌道特許で建設された特殊街路!

軌道(特殊街路)設備は東京都が道路特定財源(ガソリン税)で建設して、運行だけを担当する第3セクターですが、軌道法で建設・運行されているので鉄道事業者ではありません!

多摩地域南北方向の公共交通網の充実、業務核都市間相互の連携強化を目的として導入されたモノレールである。《Wikipediaより引用》

第1項 路線の生い立ちと歩み

バブル経済と同時にほぼ同時期の1986年4月8日 - 会社設立。

バブル期に建設開始!

バブル景気消泡後!の1998年11月27日に 上北台 - 立川北間 5.4 kmが部分開業。

2000年1月10日 - 立川北 - 多摩センター間 10.6 kmが行きがかり上、全線開業。

2006年9月 東京都議会財政委員会で、多摩都市モノレールが東京都の「負の遺産」の1つとして指摘される。

2008年4月 「多摩都市モノレール経営安定化計画」が策定され、210億円の追加出資、

沿線5市(立川、東大和、八王子、日野、多摩)による、固定資産税減免の継続
東京都、沿線5市、金融機関による借入金の返済期間の延長などの財務改善策を実施してテコ入れ!され翌年(2009年3月期)2008年度決算で 路線開業後初めて当期純損益・黒字達成。

2012年6月27日 - 開業13年7か月目で乗客が5億人突破。

この路線については、都心部からの通勤客汲み出し?には直接結びつきませんが、お上の肝いり(後述する立川市の業務核都市指定)もあり?東京都も仕方なく付き合っている...?

現在、現終点の上北台 ⇔八高線・箱根ヶ崎(西多摩郡瑞穂町)間の延伸計画(本体建設費800億円)に絡み東京都が該当区間の道路拡張整備事業を行っていますが...一部の鉄オタが期待しているように路線計画が具体化しているわけではありません!

上記以外にも、バブル期に計画された路線らしくまるで明治初期の地方鉄道を思い起こさせる「遠大な路線計画」もあったようですが、立川市が更に発展でもしない限り、現状では建設主体である都が路線拡張には慎重な姿勢を崩していません!

第1節 バブル景気崩壊!で強気になった東京都!が...

現在残念ながら、財政基盤(税収)が脆弱な沿線自治体の出資比率がかなり低く、強気になった東京都の方針転換で、新規路線計画凍結・全線廃止・バス転換の方向に向かっています!

第1項 嘗て政府の顔色を窺ってばかりいた東京都

東京都にお金が無いのではありません!

それどころか今や国家財政に迫る、セレブ財政です!

嘗て、バブル以前は、東京都には自由になるお金(財源・税収)が今ほどにはありませんでした!

バブル期を通じて、含み資産(地価)は暴騰しましたが...

何かにつけて「政府」のご厄介にならないと、何事(公共投資)が行えない状態でした!

ブルジョア趣味の「キョーサントウ」美濃部政権?が、新宿副都心事業を推進して、まるで北XXのような破廉恥極まりない"身の丈を弁えない豪華な「宮殿」都庁舎"を"造営"して、借り手(イベント)も無い「東京フォーラム」も完成させましたが、財政状態は悪化する一方でした!

第2項 バブル崩壊で"焼け太り!した火事場泥棒?東京都"

隣の火事で焼け太りとは正にこのことでしょう!

バブル崩壊でとその後に続く不良債権露呈問題の処理の為に"金融ビッグバン"が起こりました!

結果、都市銀行が統廃合して、ほとんどの都市銀行本店が"田舎から上京"しました!

さらに、、大手証券会社も大阪から東京に移転して、大証と東証が合併して日本証券取引所が東京に設立されて、民間の投融資を行う機関が東京に一極集中してしまいました!

更に、ほとんどが大阪に拠点を置いていた"大手商社"も東京に移転!

当然日本経済をけん引している大手企業の本社も東京に集結!

ここまでお読みになれば"読み取れるこ"とは...

そうですバブル崩壊で、東京は政府をもしのぐ?力(財源)を得たのです!

第3項 財源と同時に"うざい住人"達も大挙して...

東京都にとっては、千載一遇のチャンス到来でしたが、反面"余計なお荷物"、「地方に見切りをつけた?住人」も転入してきて、上下水道、道路、教育環境、医療体制、そして都市交通網整備などの公共インフラ整備費も瞬く間に膨れ上がってしまいました!

そこで、東京都が打ち出した方針が「武蔵野・三多摩エリアの東京都民リストラ策」(※11)です!

バブル景気以前から、高度成長期を通じて東京都への一極集中は進んでいて、「通勤5方面作戦」と称して、主要幹線・大手私鉄に対する設備増強策・つくばエクスプレスなどの新線建設に積極的?な投資は行われていましたが...

正に、大義名分・錦の御旗としては「痛禁5方面作戦?」はうってつけの口実でした!

参※11)当サイト関連記事 武蔵野 エリア住人の" リストラ 策"が東京都と政府で密かに...はこちら。

第4項 手の裏を返して多摩モノレール延伸に難色を

更に、バブル景気の最中に何とか民間金融機関からの投融資(借金)を得て、事業に臨んだ多摩モノレールでしたが、...

前途した「都民汲み出し作戦」とは矛盾する「ローカルエリア交通網整備事業」となっているために、急速に興味が無くなったわけです。

更に、立川周辺の中央線・青梅線沿線の大企業?が規模縮小・移転などを行い、うまい汁(税収)が減少したのも原因です!

それで、八高線までの延伸計画を見直して、BRT導入やLRTへの計画変更も視野に入れた"再検討"を行いだしたわけです!

つまり決して、このエリアの住人が減少したわけでも無く、むしろ年々増加傾向にあり、便利良くしてこれ以上都民を増やしたくない訳です!

第2節 サフェージュ式モノレールで建設されていたら...

跨座式(こざしき)モノレールではなく、サフェージュ式モノレール(※21)で建設されていたら...難癖もつけにくく延伸問題もすんなり進展していたかもしれません

参※21)当サイト関連記事 サフェージュ式モノレール は21世紀の 地方公共交通 の救世主?はこちら。

第1項 会社概要

東京都立川市の運営基地敷地内に立派な本社を構える第3セクター多摩都市モノレール株式会社が運営する路線。

主要株主(2018年3月31日時点)

主要株主 東京都 79.9%
西武鉄道 4.7%
みずほ銀行 3.1%
京王電鉄 2.6%

その他の自治体出資比率

八王子市 6,612株 0.66%
立川市 6,612株 0.66%
日野市 6,612株 0.66%
東大和市 6,612株 0.66%
多摩市 6,612株 0.66%

第2項 東京都の難癖!?

東京都は、お金持ちなのに!膨大な建設費・事業費を最大理由に挙げています!

それならバブル期にどうしてわざわざ「金食い虫の跨座式(こざしき)モノレール」等をおごったのでしょうか?...

開業当初から、ユニバーサルデザインを纏いデジタルATCATO、「ホームドア(※21)」「エレベーター・エスカレータ」「自動改札機」などフル装備すれば、整備新幹線以上の事業費がかかることはわかっていたはずです!

参※21)当サイト関連記事 大都市圏の" ローカル線 "を ホームドア 設置圧力!から守り" 廃線 "の危機を回避するには...はこちら。

第3項 都営荒川線は橋上駅舎・ホームドア設置の方向に!...

難癖の一方で、都営荒川線では、超低床トラムカーでも無く高速トラムトレイン(※22)でもない「低速高床車両!」に保有している全車両を改装して、踏切廃止、バリアフリー、ホーム転落事故防止を錦の御旗に!業界奉仕?の為に、橋上駅舎化、エレベーター・エスカレーター設置、ホームドア設置などを画策しています!

※都電荒川線の前時代的高床車両!

ホームが低くて交通弱者に優しい堺トラムの低床ホーム

参※22)当サイト関連記事  トラムトレイン方式(カールスルーエタイプ)とは?はこちら。

エピローグ 難癖を封じ込める妥協案は 都市型BRTかも...

トラムカー型超低床連接バス

延伸を計画している都道は沿道は、そんなに市街地化していなく「地価」目をむくほどではないので...

この際道路拡幅事業で防災道路化すれば、現状のモノレール並みの快適性(輸送力)を保って、定時運行(定刻発着)が可能になるのではないでしょうか?

一気にモノレール延伸を画策しないで、先ずは社会化実験を行うべきでしょう」!

参考データ

立川市の人口推移

推計人口、180,880人/2019年10月1日

多極分散型国土形成促進法(1988年制定)において業務核都市とされ、旧文部省、旧自治省の5つの研究・研修機関の立川への移転が行われたほか、東京地裁立川支部なども八王子から移転しており、多数の国の機関が所在する多摩地区の中核都市となっている...

2005年に夜間人口(居住者)は172,563人であるが、市外からの通勤者と通学生および居住者のうちの市内に昼間残留する人口の合計である昼間人口は193,465人で昼は夜の1.121倍の人口になる。《Wikipediaより引用》

2010年当時18万人に届いた人口が早くも少子高齢化の影響を受け17万人台まで下降しています。

東大和市の人口推移

推計人口、84,223人2019年10月1日

2018年の夜間人口(居住者)は85,157人で、...市内に昼間残留する人口の合計である昼間人口は68,474人である。昼夜間人口比率は約0.8で、...東京都特別区部への通勤・通学者は7,679人で約9%である...《Wikipediaより引用

他の都下自治体同様に2000年以降も人口増加傾向にはあります。

日野市の人口推移

推計人口、189,945人/2019年10月1日

2005年に...市外からの通勤者と通学生および居住者のうちの市内に昼間残留する人口の合計である昼間人口は154,114人で、昼は夜の0.873倍の人口となり、夜間に比べて昼の人口は2万2千人ほど減る...《Wikipediaより引用》

他の都下自治体同様に2000年以降も人口増加傾向にはあります。

八王子市の人口推移

推計人口、577,560人 2019年10月1日

2010年時点の夜間人口(居住者)は580,053人であるが、...昼間人口は578,039人...昼夜間人口はほぼ1:1である。通勤者・通学者で見ると...市内から市外へ出る通勤者が多い。一方、学生では...市外から市内へ入る通学生が圧倒的に多い。 八王子市は区部への通勤者が多いベッドタウンという人口流出の面と...人口流入の面の両面があり、... 八王子市役所によると、11万人の学生と5千人の教員が八王子市に通っている...《Wikipediaより引用》

多摩エリア最大の人口を誇り2019年現在、東京都で唯一の中核市に指定されています。

2010年に58万人に手の届くところまで行きましたが、その後は少子高齢化による就学年齢層の低下で、横ばい状態が続いています!

多摩市の人口推移

推計人口、147,832人2019年10月1日

2011年の多摩市の人口想定では、人口のピークとなる2026年まで横ばいから微増し、それ以降人口の減少が始まるとされている。...《Wikipediaより引用

多摩ニュータウンの人口推移

多摩ニュータウンは、多摩市南部から稲城市、八王子市、町田市にまたがって開発された東西約15km、南北約5km、区域面積約2,884ヘクタールの日本最大規模のニュータウンである...。京王相模原線では若葉台駅 - 多摩境駅間、小田急多摩線では小田急永山駅 - 唐木田駅間に広がる...

2000年代以降、多摩市内では多摩センター地区や幹線道路沿いを中心に民間のマンションが次々と建設され、多摩ニュータウンの人口増加を牽引している。...2010年に多摩ニュータウンの人口は21万人に達した。...

2010年現在の多摩ニュータウンの高齢化率は全域で16.0%に達し、住民の世代交代が課題となっている...《Wikipediaより引用》

後書き《 Metropolitan unfinished line 》シリーズについて

首都圏には、成田新幹線妄想を筆頭に現「交通政策審議会」の答申に振り回された、東北通勤新線構想、横浜市営地下鉄3号線計画など多くのunfinished lineが存在していて、現在も豊住線妄想や「つくばエクスプレス東京駅延伸妄想」など実現性に乏しいunfinished line妄想が数多く存在しています!

これらは、すべて与党運輸族の"欲望"から生まれた利用者無視の、思いつき妄想を「交通政策審議会」等の有識者?諮問機関が、屁理屈を付けて"大義明文"化した"答申"に記された"提言"に端を発する"不要不急路線"が大半です!

現在燻っている"unfinished line"について考察をして、「誠の都市圏交通網」のあるべき姿を探ってみました。

狸穴総研 公共交通網調査室 出自多留狸

 

公開:2021年2月28日
更新:2021年8月14日

投稿者:デジタヌ

TOP埼玉高速鉄道 が 埼玉拘束鉄道 を脱却して利用者を獲得するには...


 

 



▲首都圏 3セク交通事業 調査班へ戻る

 

ページ先頭に戻る