『タヌキがゆく』狸穴ジャーナル

ヨーロッパの都市で普及した3種類の異なった LTR・トラム網の取り組み方とは...

前書き(要約) 21世紀のトレンドはTram Carを用いたMetro(Metropolitan Transit)都市圏公共交通の時代に

「路面電車の郊外鉄道路線直通」と「鉄道車両の市内併用軌道直通」の2つの違い!?とは...

今、全国区各地の中核都市とその都市圏では、広域鉄道網・整備への新たな動きが始まっています!

地方都市での地下鉄建設・新都市交通建設はもはや過去のものとなっています!

国交省が推進している"LRT &トラム 化"こそが日本の地方都市を取り囲む広域交通網に最適なのではないでしょうか!

名鉄岐阜市内線・美濃町線・揖斐線廃止の失敗例?(※0)は、その後の地方都市交通網再整備の教訓となり、国交省誕生後10年後に生まれた「LRTの整備等に対する総合的な支援スキーム 」体制が中核都市の交通事情を変えようとしています!

♥日本一整備された併用軌道を軽快にトラムカーが駆け抜ける、まるでヨーロッパの街並みのような!鹿児島市

参※0)当サイト関連記事 尾張とは異なる" 美濃 の気風"が生んだ 名鉄岐阜市内線 の廃止とその後?はこちら。

ヨーロッパの都市で普及した3種類の異なった トラム システムとは の目次

※リンクについて

(参※xx) は当サイト内の参照関連記事リンクです。
但し、その他の直接 hyper-link は当事者・関連団体の公式サイト若しくはオリジナル各国語版Wikipediaへ直接リンクしています。

プロローグ 都市圏広域交通網にはHubとなる存在が必須!

※ここをクリックするとこのページの"目次Top"に戻れます!

(※注、以下鉄道関連専門用語についてはWikipedia該当項目に直接リンクしています)

第0項 "都市圏広域トラム網には地域経済を担う中心市街地が必須!

日本のマスコミCommentatorやcolumnist、Expert(有識者)、researcher(研究者)と呼ばれる人たちは、都市交通に欠かせない地域経済を背負うHubの必要性を無視!(隠す!)しています。

中核都市の"中心市街地"をHubとして四方に鉄道網を構築する"都市圏広域交通トラム網(※01)は、地域経済を牽引するMetropolis(大都市・中核都市)が無いと成立し無い!わけです。

都市圏広域交通網(※00)には「地域経済の中核となるHub(中心市街地)」が必須条件となるわけです。

Megalopolis(広域都市圏)の単なる一員"衛星都市"では、独自の広域Tram網は成立しません!

参※00)当サイト内関連記事 都市圏 広域交通事業体 Metropolitan Transportation Authority の必要性! と実現への途とは... はこちら。

第1項 チンチン電車の郊外鉄道路線乗り入れと、鉄道車両の市内併用軌道乗り入れの違い!?とは...

現在の日本では市内線⇔郊外鉄道線相互直通は「チンチン電車」の「専用軌道郊外延伸」程度にしか見られていないようで、"2つの性格の異なったトランスポーター"「トラムトレイン」と「トラムカー」が混同されてしまっているようです。

どこが違うのかと言うと、使用する車両が鉄道車両と路面電車の違いです!???

また日本では軌道法鉄道事業法との違いともいえます。

第1目 技術的には主に輪軸のデザイン(設計)が異なる

技術的には、主に輪軸の外径と、フランジ形状、踏面形状の違いが大きいとされています。

トラムトレインは円錐踏面

つまり鉄道路線では直進安定性を重視して1/20程度傾斜の円錐踏面で、

路面電車用輪軸の特徴
  • ●円弧形状の踏み面
  • ●多少大きいフランジ角度
  • ●低いフランジ高さ
  • ●小さな車輪径

路面電車は踏み面が円弧形状で曲線通過性能を上げて、さらにフランジ角度も脱線に強くするために多少大きくとっています、しかもフランジ高さが低く車輪径自体も小径、などの違いがあります。

超低床トラムカーでは
  • ●左右独立車輪!

更に最近の超低床トラムカーでは、車軸の無い"左右独立駆動"が用いられていて急カーブに強い!

反面一体型輪軸の持つ「セルフセンタリング」機能が働かず、高速運転すると激しいヨーイング(蛇行)が生じやすい欠点もあります。

第3目 アメリカのInterurbanが市内併用軌道⇔郊外線直通の起源

鉄道線⇔市内併用軌道相互乗り入れを論じるうえで忘れてならないのは、アメリカで隆盛を極めていたInterurban(都市圏近郊電車)の存在です。

特にシカゴ周辺に都市圏交通網を構築していた、サウスショア鉄道(South Shore Line)、ノースショア鉄道(Chicago North Shore and Milwaukee Railroad)の存在がヨーロッパ諸国の都市圏交通網見直しに大きな影響を与えました。

国交省も推奨している併用軌道・Tram !

相も変わらず「地下鉄建設」や「新都市交通システム建設」に血道をあげている痴呆都市の地下鉄・新都市交通建設推進派からは「安上がりゆえに軽視されている?」ライトレール」ですが、最近ここ十年の日本の都市交通の流れとしては「広域トラム網・ライトレール網」(※1)が見直されてきています!

※参1-1)2011年国土交通省編街路交通施設課作成 LRT等の都市交通整備のまちづくりへの効果 公式ガイダンス資料はこちら

※参1-2)LRTの整備等に対する総合的な支援スキーム に関するページはこちら。

※国交省の支援で見違えるようになった豊橋市内

※ここをクリックするとこのページの"目次Top"に戻れます!

★第1節 トラムトレイン方式(カールスルーエタイプ)とは?

トラムトレイン(鉄道車両使用ライトレール)方式とは前途したように独カールスルーエや北米に多いライトレールタイプで鉄道車両がそのまま市街地の併用軌道に乗り入れるタイプです。

日本では(学識経験者?から)トラム型車両の鉄道乗り入れ方式の代名詞のように言われていますが、

元々日本の都市近郊私鉄が軌道法による軌道特許で起業・発達した例が多い為でしょう?

第1項 "日本の国情には合わない!"高床・高速鉄道車両の市内併用軌道線乗り入れ...

高床式鉄道車両で高速化を図ったStadtbahn Stuttgartの例

ご覧の通りこの方式では「ユニバーサルデザイン対応」と「転落防止対策」が問題となります!

第1目 ホーム転落事故防止・ユニバーサルデザインが叫ばれるようになった日本では?

ヨーロッパ以上に(ユニバーサルデザイン)バリアフリーと「ホームからの転落事故防止」が煩くなってきた日本の現況では(東急世田谷線、京阪京津線などの大手私鉄以外の)地方都市にある(経営基盤の貧弱な)公営交通事業者や中小私鉄にとっては、ハードルが高くなってきています。(※10)

近江鉄道も、今のままでは西武鉄道が手(資本)を引けば...(※11)

参※10)当サイト内関連記事自 地方都市近郊の私鉄をホームドア 設置 "政治圧力!"から守るには超低床トラムカーによるLRT化しか... はこちら。

参※11)当サイト内関連記事 近江鉄道沿線地域公共交通再生協議会の詭弁!上下分離路線存続案に沿線住民が便乗してもいずれは廃線に... はこちら。

※このホームドア20億円!もしていますいったい"誰(口利きの政治屋?)が"儲けたのでしょうか?...

第2目 都市交通の研究者・専門家・有識者?が称賛する訳は?

日本の都市交通の"研究者"や"専門家・有識者"を自称?しておられる先生方は、元々が社会学畑、つまりマルクス主義に傾倒した方たちが多いので...

資本主義の権化のようなUSAで育まれたTraffic (Transportation system)(※12)は余り好まれなく、社会民主主義を実践?しているドイツのTraffic を称賛される先生方?が多いようですが...

実際にはUSAでは、Metro(LRT;Light rail transit 公共交通機関)が、トラムトレインを用いて鉄道路線(私鉄網)にOperating(※13)(第二種鉄道事業)で直通運行を行っている事例のほうが圧倒的に多いわけです!

しかし、日本のでは、運行システムはRTDをお手本にしても、前途したユニバーサルデザイン(バリアフリー)対策を考慮に入れると、トラムトレイン方式は採用するメリットが無い!と言えるでしょう。

参※12)当サイト内関連記事 USA での Transportation の変遷・発達史から学ぶべき点とは 《 持続可能な 鉄道事業 》 はこちら。

参※13)当サイト内関連記事 英語 圏のYoutube鉄道動画や出版物で用いられる単語・用語・慣用句・記述について はこちら。

デンバー都市圏広域交通事業団 RTD(Regional Transportation District,

先生方が推すもう一つの大事な理由?とは...

先生型の研究?は「鉄道関連事業」とも「深~い(不可解?)」繋がりがあり、

鉄道関連付帯設備(エレベーター、エスカレーター、ホームドア、自動改札機、自動券売機、空調設備)の必要ない超低床車両による LRT システムでは、

(関連メーカーからの研究費助成、や寄付金が期待できなくなる?ので)お嫌い!なのでしょう。

なので...都合の悪い事には一切触れずにカールスルーエタイプ・トラムトレイン方式の「高速性」「走行安定性」などの利点だけを強調なさっているわけです!

カールスルーエでも♥超低床TramCarが走っている!

しかし本家?でも、市内併用軌道区間専用車両としてナチュラルバリアフリーの「超低床トラムカー」も運行されています!

第3目 激動の世紀20世紀を生き抜いたUSAのサウスショア鉄道

前途したアメリカの現サウスショア鉄道は元祖カールスルーエ方式で「鉄道車両の市街地併用軌道直通方式の草分けと言える鉄道でした。

ミレニアム駅 (シカゴ)から終点 サウスベンド空港駅 (サウスベンド)までの約140㎞!を結ぶ鉄道です。

1903年にChicago Lake Shore and South Bend Railroad (CLS&SB)が開業しその後1976年にCSS&SBが破産し1990年にインディアナ州北部通勤輸送公団に売却されて、貨物運輸と旅客部門を分離し、1992年10月21日にはそれまで終着駅となっていたアムトラックのサウスベンド駅にかわってサウスベンド空港(South Bend International Airport)まで延伸開業されて現在に至っています。

開通時から現北東イリノイ地域鉄道公社(メトラ鉄道線)と途中駅までを共有し、自社線区間の途中にある(嘗ての終点)ミシガンシティ町中の併用軌道を長大列車がstreet running しています!

この路線は日本車輌㈱製の通勤電車が走っていたことでも知られています。

前途のCSS&SBが破産する際に、「サウスショアー線には競合する通勤鉄道会社が存在しなかった」等の理由により廃止を免れて、1990年にインディアナ州北部通勤輸送公団が買い取って存続しています。

第2項 日本での元祖・トラムトレインの歴史は...

第1目 旧・新潟交通電車線

1999年4月5日 に全線廃止された新潟交通電車線(1929年創業ー1933年4月1日鉄道線開業)は元祖トラムトレインでした!

白山前(旧県庁前)⇔燕駅 間36.1㎞!軌間1067㎜ 鉄道線全線 !国内5例目、信越初の直流1,500 V 電化(※4)
1933年 7月28日 に延伸開業され1992年3月19日に廃止された白山前(旧県庁前)⇔東関屋間にある2.2㎞!の併用軌道区間を2両連結の本線鉄道用車両が乗り入れて新潟の町中をstreet running していました!

国内初の直流1500V電化チンチン電車?

県庁前 ⇔東関屋間の併用軌道区間は当初600v電化でしたが、終戦直前の1945年8月1日 に昇圧されて1500V電化となり、国内初の併用軌道での採用例でした!(※5)

参※5)当サイト内関連記事 日本定番直流1500V電化とインターアーバン・民鉄の歴史は近畿で始まった! をご参照願います。

第2目 現存する鉄道会社ではトラムトレインを採用した国内最古の福井鉄道

福井鉄道・武福線

1912年創業(1924年2月開業)1913年旧・福井市駅(現・赤十字前)まで鉄道線18.1㎞全通。全線600v電化、

1933年10月15日に福井駅前市内軌道線延伸開通以来 商工会議所(鉄軌分界点)⇔福井駅前間の自社軌道線に「鉄道線の電車」が乗り入れていた!

福井鉄道武福線急行運行(武生⇔福井駅前)は日本におけるカールスルーエタイプの先駆けともいえる。

更に敗戦後の1950年11月27日 福井鉄道福武線・市内線を田原町までの延伸開業して、本格的なstreet running(後述)が開始された。

第3目 日本語ウィキペディアで代表格に祭り上げられた?『地下鉄線内直通』もする元チンデンの"おけいはん"

京阪京津線・石山線

京阪電車京津線上栄町⇔びわ湖浜大津駅、(制限速度40㎞/h)・石山線三井寺ー浜大津間(制限速度40㎞/h)最急勾配61パーミル!

※但しいずれも軌道法に基ずく「軌道線!」で京津線本線上は制限最高速度75㎞/h、石山線は専用軌道上は70㎞/hの高速軌道で!)、現在地下鉄路線となり廃止された併用軌道区間(京阪三条⇔御陵前)では碓氷峠と並ぶ67パーミル!の急勾配箇所も存在した知られざる登山電車?

京阪京津線 は(全長60!mにも及ぶ)トラムトレインが併用軌道上を走行するカールスルーエタイプであり、国内初の「トラムの地下鉄直通」(※5)として日本語ウィキペディアで取り上げられていますが...

法律上は軌道法準拠でも実際には鉄道そのものです。(※6)

つまり日本語ウィキペディアの編集者には明らかに"業界の意図(プロパガンダ)"が表れているといってよいでしょう!

※参5)当サイト内関連記事 京都市 と 京阪 だからなしえた日本初の『 郊外ライトレールの市内地下軌道乗り入れ!』! はこちら。

参※6)当サイト内関連記事 日本の大手私鉄はトラム・路面電車が走る"LRT "ではじまった! はこちら。

京阪京津線(1910年創業)の生い立ち

1912年(大正元年)8月15日:、三条大橋 ⇔上関寺仮乗降場間と上関寺 ⇔札ノ辻、上栄町 ⇔浜大津間、間がそれぞれ個別に開業。
同年12月14日上関寺仮乗降場⇔上関寺間約100mが開業し、三条大橋 ⇔札ノ辻間10.0kmが一体化し、直通運転を開始。

1934年4月2日:日本初の3連接車60型3編成「びわこ号」が竣工。
三条駅・三条大橋駅経由の京阪本線・京津線 天満橋 ⇔浜大津間にの直通 特急「びわこ号」の運転を開始して最速72分で結ぶ。本線鉄道用高速車両が、市内併用軌道(京阪三条⇔蹴上間、日ノ岡駅⇔ 御陵駅、札ノ辻駅 ⇔浜大津間の3区間)にカールスルーエ方式で乗り入れた!

1997年(平成9年)10月12日:京都市内併用軌道京津三条 ⇔御陵間3.9km廃止。架線電圧を600Vから1500Vに昇圧。
京都市営地下鉄東西線京都市役所前(当初の地下鉄終点)まで片方直通運転開始、これ以降現在の鉄道型車両4両60mによる日本最長のトラムトレインが走り出した!

※ここをクリックするとこのページの"目次Top"に戻れます!

★第2節 チューリッヒ方式(市内併用軌道用トラム車両の近郊鐡道路線への乗り入れ方式)とは?

軌道法に基づくチンチン電車(軌道走行車両)が専用軌道の延長路線として「郊外鉄道線」に乗り入れる方式で、前途した通り日本でもこの方法が主流となりつつあります。

第1項 ハードルが低く日本の地方鉄道事業者にとって導入メリットが最も大きい方式です!

後述する、ブリュッセル方式も含めて日本の地方中小私鉄にとっては、

「スピードアップ」を狙うカールスルーエタイプよりは、「超低床トラム車両」の郊外線・鉄道線直通方式の方がハードル(ホーム)が低くて実用化しやすいシステムです!

「超低床トラム」&低いプラットホームで「転落事故」の危険をなくして駅設備を簡素化することの方が、

トータルでの設備投資額とそれに伴う原価償却の負担が小さくなり「メリット」が大きいといえます!

第1目 費用を賭けずにナチュラルバリアフリー化

つまり前途した、高床トラムトレインでは、ユニバーサルデザイン(バリアフリー)を達成するためには、通常の近郊電車同様に橋上駅舎、エレベーターエスカレーターなどのバリアフリー化設備や転落防止のための"ホームドア"、自動券売機・自動改札機&空調設備、Toilet?などの大げさな駅付帯施設が必要となります!が、

超低床車両を用いた方式ではこれら一切が必要無くお手軽に駅の"親切"も可能となるわけです!

つまり、京阪京津線では、地下鉄線区内同様に、地上区間でもゆくゆくは...

同じく、床を持ち上げた都営荒川線も全駅橋上駅舎・ホームドア完備!のありふれたInterurban(都市圏近郊電車)とならざるを...

そして、JRグループ?となった静鉄(※21)も...

参※21)当サイト内関連記事 静岡鉄道 が 東急 から離れて JR東日本 グループ入りで生き残り?... はこちら。

第2目 ヨーロッパではトランジットモール(ホコ天)とのセットで

日本の場合は、(ホコ天)歩行者天国と公共交通は別々に受け取られていますが、日本同様に城塞都市(城下町)から発展して市街地中心部の道路拡張・市街地改造が難しいヨーロッパの中核都市では、公共交通(路面電車・バス)以外の一般車両を締め出した「トランジットモール」が、都市活性化の1手法として用いられるようになってきています。

第2項 トラム型車両の郊外線乗り入れの歴史

第1目 先駆者USAのノースショア鉄道

前途したようにアメリカの(現CTAの始祖)ノースショア鉄道(Chicago North Shore and Milwaukee Railroad)が元祖チューリッヒ方式の路面電車の郊外線乗り入れタイプでした。

1891年に設立されてイリノイ州ウォキーガンで路面電車を運営していたウォキーガン・アンド・ノースショアー・ラピット・トランジット社が起源で、その後1919年にノースウェスタン・高架鉄道(現ループ線)の線路使用権を獲得して、シカゴ都心部の路面電車網(現在のシカゴループLラインの起源)から北部のミルウォーキーに路線を伸ばしたシカゴ・ノースショアー・アンド・ミルウォーキー鉄道が起源です。

こちらは、市内併用軌道線を走るチンチン電車が郊外の専用軌道?に遠征して、隣町ミルウォーキーに達した例です、4連接の高速路面電車?エレクトロライナーElectroliner(※3)で有名でした。

但し、途中の町々の市街地に併用軌道部分が存在していて、しかも市街地を高速運行(最高運転速度140㎞/H!)で突っ走っていたために、フリーウェイの整備とともに1963年1月20日に廃止となりました。

※参3)小生も、嘗て試乗して食堂車でランチを頂いたことがあります!(但し鉄道博物館所有の動態保存車両の構内線公開運転で)

第2目 日本でも数多い実用例が

いわばチンチン電車の専用軌道走行と同じで東京で言えば一部区間((山手線)大塚駅前⇔(京浜東北線)王子駅前間)のみ路面電車の都電荒川線(全長12.2㎞・制限速度全線40㎞/h)の走行している姿を想像していただければよいでしょう。

また大阪ではあべのハルカス前と堺市大道通りの併用軌道を走行している阪堺電気軌道(併用軌道部制限速度40㎞/h)の大半が専用軌道(制限速度50㎞/h)を走行しているのと同じです。

日本における元祖チューリッヒ方式の江ノ島電鉄(1910年11月4日開業)

江ノ電江ノ島電鉄線(営業距離10.0㎞) 江ノ島駅⇔腰越駅間約980m 制限速度40㎞/h(本線上45㎞/h)の併用軌道区間を 2両固定編成 全長25.4mx全幅2.45mx全高3.9mx重量41.8ton/1501編成の鉄道用車両が通常2編成連結全長50m超で運行!していますが...

もともと戦時中までは「軌道法」に下ずくチンチン電車でした!

元は軌道法で開業したチンチン電車だった

1910年11月4日に有名な江ノ島⇔腰越区間の併用軌道を含む小町(現在廃止)までが"軌道法"により開業しました。

※1933年10月の福井鉄道市内軌道線乗り入れに先立つ23年も前ですが、当時は軌道特許によるチンチン電車の時代でした!

※東海道線が敵の空襲で不通になった場合の代替え輸送路として、戦時中の1944年(昭和19年)11月 軍部の要請により軌道法から地方鉄道事業に免許変更されました。

日本最古のチューリッヒ方式鉄道路線乗り入れを行っていた名古屋電気鉄道・枇杷島線!

名古屋電気鉄道→旧・名古屋鉄道(&名古屋市交通局)→旧・名岐鉄道と合併し現・名古屋鉄道誕生

1898年5月6日 : 栄町線 笹島(後の名古屋駅前) - 県庁前(後の久屋町)間 (2.2km) 開業。
1901年(明治34年)2月19日 : 押切線 柳橋 - 押切町間 (2.3km) が開業。
1903年(明治36年)1月31日 : 栄町線 久屋町 - 千種(後の西裏)間 (1.8km) が開業。
1908年(明治41年)5月3日 : 熱田線 栄町 - 熱田駅前間 (4.6km) が開業

1910年5月6日 名古屋電気鉄道枇杷島線として押切町⇔ 枇杷島間全線専用軌道で開業。日本初のチューリッヒ方式トラムカー郊外線乗り入れ開始。

1921年7月1日 に名古屋電気鉄道が郊外5路線 54.9kmを(旧名岐鉄道とは別の)旧・名古屋鉄道に譲渡し、市内線は名古屋市交通局に明け渡して解散した。

名鉄揖斐線を快走する在りし日のチンチン電車(その後一部の車両は福井鉄道にも譲渡されている)の雄姿!

1935年4月29日 : 名鉄・木曽川橋梁の完成により名岐線(現名古屋本線)の新一宮(現・名鉄一宮) ⇔ 笠松間が開通し、押切町⇔新岐阜(現・名鉄岐阜)間が全通。同区間を34分で結ぶ。

1941年(昭和16年)8月12日 : 新名古屋地下トンネルが竣工。東枇杷島駅(移設) ⇔ 新名古屋(現、名鉄名古屋)駅間が開業。

犬山線系統の小型郊外電車による名古屋市電「柳橋」駅までのstreet runningの歴史を終えました。

第3目 現存する日本最古のチューリッヒ方式の鉄道路線乗り入れ♥広島電鉄宮島線

市内線(軌道法による併用軌道線)⇔宮島線(鉄道事業法による鉄道線)直通!

1910年創業の広島電鉄は、広電宮島線(制限速度60㎞/hの鉄道線!)として1922年8月22日 に己斐町(現在の広電西広島) - 草津間が開業して1931年2月1日 に新宮島 ⇔ 電車宮島の区間を延伸開業させました。

敗戦後の1958年4月1日 に臨時運行の市内線(軌道法に基づく併用軌道線)のトラム車両(チンチン電車)を使った鉄道線(宮島線)への郊外線乗り入れが始まりました。

そして1963年5月6日 からは市内線・宮島線広電宮島までの定期運行を開始して1991年8月7日 にはそれまで運行していた宮島線専用車(高床車)を廃止して、市内併用軌道走行用トラム車両による鉄道線乗り入れ(制限最高速度60㎞/H)方式のチューリッヒ方式に完全シフトしました!

えちぜん鉄道に後からトラム乗り入れ用の低いホームが追加されたのと似ている駅低いホームと背の高いホームが残っている駅があるのは、1991年8月7日 迄 宮島線専用車(高床車)が走っていた名残です。

第4目 日本初のトラムトレイン方式福井鉄道もチューリッヒ方式へ路線転換!

福井の福井鉄道武福線⇔福井鉄道市内線⇔えちぜん鉄道三国粟原線相互乗り入れ時に...

長年鉄道車両による「市内併用軌道」への乗り入れを行ってきた福井電鉄だが2006年から後述の名鉄岐阜市内線廃止により大量に発生した高速路面電車を譲り受けて、福井市内併用軌道線の近代化!を図り、好評をもって市民に受け入れられました!

そこで2016年3月27日の 「えちぜん鉄道(2003年2月1日営業開始(※6)」三国芦原線相互乗り入れ開始を機会に新型超低床車両「フクラム」&えちぜん鉄道「ki-bo(キーボ)」によるチューリッヒ方式に路線を転線!しました。

※参6)旧京福電鉄・三国粟原線

1928年12月30日 福井口⇔芦原(現在のあわら湯のまち)間が三国芦原電鉄により開業。

1929年10月1日 京都電燈越前電気鉄道線の福井 ⇔ 福井口間に乗り入れ開始。

1942年8月1日 三国芦原電鉄が京福電気鉄道に合併・三国芦原線となる。

2001年6月25日 越前本線での事故のため、全線休止!

2003年2月1日 京福電気鉄道からえちぜん鉄道へ事業譲渡。

2003年7月20日 福井口 ⇔西長田間が運行再開!

2016年3月27日 鷲塚針原⇔越前武生間相互乗り入れ開始!

第3項 超低床車両のウィークポイント高速安定性?

日本で超低床車両が鉄道線直通で高速走行している例(福井鉄道・広電・筑豊電車)では、メカ音痴の「鉄オタ」達の標的にされているように猛烈なヨーイング(水平方向の回転振れ)を引き起こしている例が多いわけですが...

低床車両の猛烈な?ヨーイングは台車構造の違い、左右独立懸架方式の問題が大きいとされています、つまりタルゴで有名になった左右独立懸架方式は路面電車のように急カーブを通過する最には適していますが、直進安定性(センタリング)にはかえって悪影響を与えて、線路の摩耗も早めているわけです!

実はsolutionはすでにある!

そこで直線部分では左右両輪を個別に駆動しているモーターを、電子制御によって左右両輪の"回転同調システム"や付随台車の左右両輪をアクスルシャフトでつなぎ電磁クラッチで断続するシステムを開発するなどして、高速直進性を確保すれば「超低床車両」も「トラムトレイン」として立派に高速走行が可能となるでしょう!

更に、両システムともにすでに2000年以前から、鉄道総研では基本技術の開発が終わっており、台上試験では好結果が確認されています!(※7)

参※7)東京都民であった頃に、鉄道総研の一般公開日で台上試験の模様を見学しました!

※但し...保線状況によるところ大!(デジタヌの体験談)

福井鉄道、えちぜん鉄道ともに、現在は40㎏N型レールを使用した最高運転速度65㎞/hの昔で言うところの地方鉄道線ですが、

昔から保線状況(軌道の保守・整備状況)が極めて悪く!

嘗て(1980年頃)北陸出張の帰路に、福井駅前→越前武生間で"乗車体験"したことがありましたが、当時の軌道(おそらくは戦前から使用され続けていた30kgASCEレール = 60ポンドASCEレール!)と急行車両(コイルバネ台車200型)では、今にも脱線しそうなくらいに?盛大に揺れていました!

つまり「鉄道系Youtuber(※31)」達が揶揄している物凄い揺れは、新潟トランシス製「超低床トラム車両」だけのせいでは無い?ことも事実です。

事実、車軸レスの左右独立車輪方式のTARGO車両は本国・輸出先いずれでも、240km/hの高速走行でも不快な揺れは生じていません!

参※31)当サイト内関連記事 今どきの 鉄道系Youtuber・鉄オタ・フリーター , ゴーストライター , 鉄道コラムニストとは?... はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次Top"に戻れます!

★第3節 ブリュッセル方式(老朽地下鉄線・地上鉄道休止線のトラム路線再利用)

3つ目のパターンとして、EUの首都ブリュッセルやアメリカ東部などの大都市で採用されている方式がこれです。

ブリュッセルでは経路変更で使用されなくなった国鉄の市内路線や、利用者が少なくなった古い地下鉄路線を「ライトレール」に改修して、新たに広がった市街地に併用軌道路線を新設・延伸して前節同様に「トラム型超低床車両」を運行して拡大した都市近郊の市街化区域のアクセス路線として蘇生・活用する手法!を用いてます。

日本でも、今後「闇雲(やみくも)に拡大した地下鉄網」の殆どが不採算路線!となり果てた「大阪メトロ」のような公狭?交通網の不採算路線の整理・蘇生・再活用法として注目を集めるのではないかと「思いたい?...」手法です。(※7)

※7)、当サイト内関連記事 大阪メトロお荷物路線はトラム化したら...?《 鉄タヌコラム2017 》千日前線・今里筋線・長堀鶴見緑地線の蘇生?案 はこちら。

日本における 初のブリュッセル方式『富山ライトレール』!

旧JR富山港線(元地鉄線!)を「ライトレール化」して「超低床トラム車両」に転換し、富山駅前に併用軌道区間を新設し2006年4月29日より運行を開始しています。

また2020年2月の富山駅高架工事完了による地鉄市内線との直通乗り入れが開始されて富山ライトレールも発展的解消をして富山地方鉄道に里帰りしました!

日本全国でLRT化による"地方交通線蘇生"の動きが

岡山県では

近年目覚ましい発展を遂げている岡山市の近郊路線吉備線をLRT化して、岡山駅と総社駅を結ぶ"超低床トラムカーで結ぶ計画が"軌道"に乗り出しています。

前途した富山市も

「地鉄不二越線・上滝線」のトラム化計画(※8)を発表して実現に向かっています!

参※8)当サイト関連記事 第3節第1項 富山都市圏広域公共交通の一元化の効果はこちら。

葛飾区も

新小岩と金町を結ぶ新金貨物線をLRTで旅客化する計画を立てています。(※31)

参※31)当サイト関連記事 新金貨物線 旅客化は" LRT " なら50億円程度で実現できる!はこちら。

全国各地でLRT化への期待が

当サイトの関心度調査(閲覧頻度)では...

大阪市では旧阪和貨物線(関西本線化貨物支線)(※32)、奈良県では近鉄田原本・生駒両線のLRT(※33)が常に閲覧されて強い関心を示しているようです。

参※32)当サイト関連記事 JR杉本町⇔JR久宝寺間 の 旧 阪和貨物線 跡地を LRT 化できれば はこちら。

参※33)当サイト関連記事 近鉄 生駒線 と 田原本線 をLRT にして...こちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

《21世紀の地方都市 交通システム 》関連記事のご案内 

※以下の♥タイトルをクリックするとシリーズ記事全てにジャンプ!できます。

後書き《LRT と Omnibus で築く21世紀の地方都市》シリーズについて

※ここをクリックするとこのページの"目次Top"に戻れます!

世界のMetropolis・地方都市ではナチュラルバイアフリーTramに脚光が...

※路面あり、地下あり、高架あり! ハーグの HTM RandstadRail の例

世界のMetropolis(大都市・地方都市)では都市圏交通システムの"trend"は、地下鉄やモノレール、新都市交通、等のMetroに拘らずに...

エコロジー・エコノミー・ユニバーサルデザイン(バリアフリー)・コンビニエンス(利便性)の4拍子がそろったUltra-low floorのTram Carの走る"LRT"(Light Rail Transit)路面交通が見直されています。

更に♥軌道レス交通システム・バストラムも普及!

更に"軌道"に拘らずに一般公道(専用レーン)を走る超低床バストラムを用いた"都市型BRT(Bus rapid transit)基幹バスとomnibus(乗り合いバス)システムで構築されたOmnibus Town も着実に増えています

21世紀を都市圏赤字ローカル線が生き抜く為に...

急成長している"バイアフリー関連の鉄道施設産業!"すが...

"橋上駅舎・エレベーター・エスカレーター・ホームドア"等と言った大掛かりな"道具立て"は、生活路線であるMetropolisのローカル線や、地方都市のInterurban(都市圏近郊電車)では資金面で設備不可能!です。

小規模な公共交通事業者や地方都市の公営鉄道について、"利用者"であり出資者(納税者)でもある一般市民の立場に立って、コストパフォーマンス(費用 対 効果 )などの総合的な検討を加えた上で、(現在計画中の路線も含めて)交通事業者が(分相応な背伸びしない)"身の丈に合った都市交通システム"としての路面交通の優位性を考察してみました。

狸穴総合研究所 地域交通問題研究室 出自多留狸

※hyper-linkについて

ハイパーリンクは事業者の Official Websiteを基本に、♥各国語版Wikipedia該当contentにリンクしてあります。

地名は言語表記を基本Google 地図カナ振り

更に、Google地図検索を容易にするために、地名に関しても、言語表記を基本に、(カナ表記)についてもGoogle 地図で使用されている「カナ使い」を使用しています。

又、引用句に関しては《〇X語版》を明確にしています。

海外事情は各国言語版 Wikipediaを優先!

但し海外事情についての日本語版ウィキペディアは、英語版contentの"直訳"が多く更に編集者(与党関係者?)に都合よいようにかなり"歪曲!"されたcontent(電子情報)が多いので、公正を期するために各国言語版 Wikipedia に直接リンクしてあります!

また、日本語版ウィキペディアは中学(教師)並み?の"直訳"が多いので、"意訳し直して"あります。

参)当サイト内関連記事 海外版Youtube 鉄道動画 と 各国語版ウィキペディアの勧め はこちら。

参)当サイト内関連記事 海外鉄道・ 空港関連 ご当地Wikipedia リンク集 はこちら。

※hyper-link先は
  • ●日本語(カタカナ)表記は(日本語版)ウィキペディア
  • ●英語表記は(英語版)Wikipedia
  • ●オランダ表記は(欄語版)Wikipedia、ドイツ語表記は(独語版)Wikipedia、スペイン語は(西班牙語版)Wikipedia 、イタリア語表記は(伊語版)Wikipedia
  • ●スランス語表記は(仏語版)Wikipédia、ポルトガル語表記は(葡語版)Wikipédia
  • ●ロシア語表記は(露語版)Википедия、
  • ●ラテン語表記は(裸展?語版)Vicipaedia
  • ●クネクネ文字?は(使用各国版)ويكيبيديا
  • ●中国語表記は
  • 台湾版;維基百科,自由的百科全書
  • 中共版;维基百科,自由的百科全书

にそれぞれ直接リンクしてあります。

※但しハングル表記(韓国語版)위키피디아 は、両班(ヤンパン)出身者(※991)のintellectualが趨勢を占める狂育怪が"関与"しているので著しく信憑性に欠け!ていて、殆どが日本語版ウィキペディア以下!(50歩100歩?)の fake content なので無視!しました。

Red China版 (维基百科,自由的百科全书 )のほうがはるかに信頼性があります!

参※991)当サイト内関連記事 両班(ヤンパン)3悪に翻弄され続ける韓国国民と日韓関係 はこちら。

イデオロギーに関する日本語版ウィキペディアのイエローフラッグ"糞"フラッグが多い!

特に歴史・イデオロギーに関するイエローフラッグは(管理人"としてボランティア?で"ウィキペディア事務局に関与している)平和ボケした理想主義者、有識者?達が日"教祖"の偏向教育(大衆洗脳)方針に沿うように"注意(Communism!)喚起?"しており、ハッキリ言って"糞"フラッグ!です。

むしろ"糞"フラッグが立っているcontent(内容)のほうがfairness(公正)な立場の内容と言えなくもありません!

交通施策に関するcontentは運輸族のプロパガンダの温床に

但し、交通関係はYoutuberが虚仮にしているように、スポンサー(与党運輸族・財界)の意向を強く反映しているので、universality(普遍性)に欠けたprivate document(私文書!書簡)に下ずく刊行物やマニア向け雑誌を引用しているcontentが大半で!

Academic(学術亭)ではないcontentに"正当なfairness(警鐘:イエローフラッグ)"を警告している場合もあります。

※当サイト内関連記事 日本語ウィキペディアが 鉄道(傾?)Youtuberから"こけ"にされる訳は... はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次Top"に戻れます!

 

公開:2019年8月18日
更新:2022年11月22日

投稿者:デジタヌ

ミニ地下鉄 は リニア に"金食い虫"でお荷物な 「極悪・雲助 交通 効カン」の厄介者TOP日本の大手私鉄はトラム・路面電車が走る"LRT "ではじまった!


 

 



▲都市圏交通網 研究所へ戻る

 

ページ先頭に戻る