タヌキがゆく《狸穴総研機関誌・狸穴ジャーナル》

"今更何故新幹線誘致?"続編 皆様の数多くの抗議とヤジにお答えして...

断じて謝りません!

11/18/2007初稿公開のこれで良いのか交通政策 どうして"誰かが"儲けるために?... 整備新幹線建設推進 に猛進するのか?を公開したところ...

沢山の「励ましのお言葉?」を頂きました!

純情派鉄オタ 丸出しの方、何やら怪しげな方... 等々色んな方から、『もっと勉強するべきだ!』『謝罪しろ!』と抗議のコメントが寄せられましたが、反省して「お勉強しなおす必要があるのは」その筋の方々では?...

《 Future traffic network conception 》 第1回 

ーシリーズ「誰がために槌音は響く」/狸穴総研・都市交通研究工房報告2017ー

※ここをクリックするとページの"Top index"にジャンプ出来ます!

《 Future traffic network conception Ⅰ》の総合目次

※以下のタイトルをクリックするとシリーズ記事全てにジャンプできます!

今更何故 整備新幹線建設推進 に猛進するの?

"県内の生活道路を全て大型車両が通行できる「高規格道」に改修出来る県も多数あるはず...未だに大型車両が入っていけないような「山間部」を放っておくから過疎化に拍車がかかるのでは...

第2回 フル規格 整備新幹線 建設は 国を滅ぼす !

"先進ヨーロッパ諸国では、在来線・近郊電車、貨物列車、"高速列車"が仲良く走れる"新幹線鉄道規格新線や、在来線を「高速化」改修して「スーパー特急」を走らせる方向に向かっています!

第3回 ミニ新幹線 を採用した 秋田新幹線 山形新幹線 は 整備新幹線 が目指すべき姿!

秋田新幹線・と山形新幹線が、並行在来線問題がない在来線区間への「ミニ新幹線乗り入れ」こそが地方創生、地方経済活性化の決め手となることを立証しました!

第4回 青森県第2の都市 八戸 に海上新空港を!

インバウンド観光客を呼び込むには、東北新幹線だけでは力量不足です!新八戸空港整備事業こそが21世紀の八戸市と旧南部藩にある周辺都市の生き残り!のキーを握っているのでは?

第5回 大阪・梅田中央駅 の実現が "2兆1千億円!"のビッグプロジェクト 北陸新幹線大阪延伸の成否の鍵を握っている!

2031年完成予定で"なにわ筋線"が着工された今、「大阪梅田・新都心」が現実のものとなってきています!JR西日本も乗り気が無い新大阪駅周辺市街地改造計画等より...

第6回 敦賀以西・小浜ルート だけでは『 旧越前国 』は疲弊する?

無責任な与党整備新幹線CPPTが決意表明した夢物語?「小浜ルート」では、時間(工期)・金(建設費)・効果(時短効果)いずれをとっても実現困難な問題が多すぎてお話になりません!

第7回 旧小浜藩・小浜県・現 小浜市 の皆さん 江若自動車道 を誘致したほうが...

旧小番藩領内?の アクセス改善には北陸新幹線小浜通過より無料自動車専用道「江若自動車道」を誘致したほうが良いのでは...

第8回 敦賀空港 建設で嘗ての敦賀藩・敦賀港の繁栄が...

敦賀湾に「敦賀空港」を建設すれば高速道路網で繋がった「空港を持たない」滋賀県・京都府北部の新たな空の玄関口として嘗ての国際港・敦賀市の栄華が戻るでしょう!

第9回 山陰新幹線 より役に立つ 山陰自動車道全通の早期実現を!...

フル規格 山陰新幹線 計画などという夢物語の妄想などに惑わされず、一刻も早くE9山陰自動車道の全通を目指した方が地域経済活性化につながります!

第10回 和歌山⇔天王寺間を25分!で結ぶ! 『大海高速鉄道』を『 なにわ筋線 』とsetで...

フル規格整備 南紀・和歌山新幹線 盲腸線!を建設するよりは、なにわ筋線も活用できる「阪和線」を「新幹線規格鉄道新線」に改修した方が泉州・紀州全体の発展に役立つのでは?

第11回 四国新幹線 を誘致してどうやって 山陽新幹線 と繋ぐおつもり...?.

岡山県が気乗りしないで「通過お断り」が目に見えている狐狸?つした フル規格 四国新幹線 を建設して「ミニ新幹線車両」を走らすくらいなら...

第12回 "危険"な板付飛行場を海上移転して新 九州国際空港 を建設するしか...

現在国内でも有数の大都市に成長した福岡市は、古くからの城下町で仙台などと同様(いやそれ以下?)に市街地の道路整備が立ち遅れている都市といえるのではないでしょうか?

第13回 長崎新幹線全線開業に至る路...政府・国交省も含めてだれも言い出さない解決策とは?

国交省大臣は板挟みにあわれて苦労されているようですが?長崎県民・長崎市民でさえ欲してなかったような「長崎新幹線」現行案です。ましてや駅ができても「益」の無い佐賀県民は納得がいかなくて当たり前でしょう!...

第14回 長崎新幹線 の火皿・長崎駅?と吸い口・新鳥栖駅を結ぶ"羅臼"・佐賀県のスキームとは?

新たな協議で「受益スキーム(枠)」を設けるか...「新幹線鉄道規格新線」いわゆるスーパー特急方式の当初計画に戻すか...

第15回 整備新幹線妄想!" モグラ叩き ゲーム"シリーズ? 羽越新幹線 構想とは...

土建屋にお尻を叩かれた!与党運輸族が騒ぎ立てて、まあ次から次からと、整備新幹線"妄想"が現れること現れること...

第16回 山形県・山形新幹線は発展できる!

賢い選択をした「山形新幹線」(※00)(奥羽本線高速化事業)でしたが、貨物輸送を手放した現在、旅客需要だけでは営業係数の維持が難しく、かといって...

Annex1 インバウンド需要喚起は難しくない"日常の中にある非日常"がキーワード... 

日本人はインバウンド需要に対して難しく考えすぎです?貴方が海外旅行に行くとしたら「普段日本で目にしているような風景」は求めないでしょう!

Annex2 整備新幹線 建設における スキーム とは... 

本来は、故郷創生、地域振興のための事業ではならないはずの「整備新幹線建設プロジェクト」が、景気刺激策?がメインの、土建屋救済土木事業になり果てて、

プロローグ 半世紀も前の高度成長期の遺物"全幹法"を盾にする与党運輸族

純情派鉄オタ? の言い分は百も2百も承知しております

2008年の、鉄道部会の提言鉄道部会 緊急提言どれを見ても、「LTR化を含むモーダルシフト、相互乗り入れを含む路線間の連携等」現状に対する厳しい指摘がなされており、数々の実現可能な未来像とともに、各鉄道事業者が今より以上に積極的にこれらに取り組むことを求めています。

整備新幹線に話を戻しても整備新幹線小委員会の報告によく目を通していただければ判るはずですが、与党整備新幹線建設プロモーションプロジェクトチーム(※01)にとっては耳の痛い内容も含まれています。

参※01)当サイト関連記事 与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム とは... はこちら。

"生類憐みの令"にも例えられる悪法"全国新幹線鉄道整備法"

貴方がたがよりどころとしている全国新幹線鉄道整備法は高度成長期の真っただ中の50年以上も前の1970年(昭和45年)に公布された悪法です!(※02)

つまり時代のニーズに合わなくなった"生類憐みの令"同様の悪法です!

参※02)当サイト関連記事 "半世紀以上"も昔に成立した、高度成長期の"悪法!" 全国新幹線鉄道整備法 は即刻廃止すべし! はこちら。

第1節 トラックヤローが日本経済を支えている!

純情派鉄オタ君や、新幹線建設推進シンジケートの「怪しい方々」は全国の陸上物流の99%をトラック輸送が担っていることをご存じになっているのでしょうか?(※10)

雨の日も、嵐の日も、大雪の日も、天変地変が起ころうが......1年365日私達トラックヤローが日本人の生活・ライフラインを支えているのです!

そして自然災害が起こったときにも 真っ先に支援物資を担いで被災地に支援物資を届けるているのが私達トラックヤローです!

その私達は、国会でも野党の質疑で紹介されたように、ほとんどが中小・零細企業に勤める労働者です。

お偉い先生方や世間知らずの鉄ちゃんが想像も出来ない極悪の労働環境で毎日身を挺し、命を削ってまで働いています。

参※10)<全日本トラック協会日本のトラック輸送産業・現状と課題

第1項 嘗て第一線で戦っていた?トラックヤロー としての実感

小生も、大型で長距離を転がしていたときなど、毎日2・3時間程度の仮眠だけで、ろくすっぽ睡眠もとれずに、昼夜分かたず、積んでは運び、運んでは卸し、の毎日を過ごし、「可愛い娘の顔すらろくすっぽ拝めない毎日」でした。

もしもあの時点で全国津々浦々に自動車専用道が整備されていたら、

もしもあの時点で高速道路に貨物・旅客車両向け優遇処置があったら、

もしもあの時点で運輸業者(トラック輸送)にも漁業関係者と同じ様な、燃料税減免処置があったら。......等など。

もしもあの時点で.『すべて完備されていたら.。

人並みの暮らしが出来ていたかもしれません?

私達トラッカーにとって『深刻な職場環境問題は、解決の目処も絶たないまま『山積み重量オーバー』状態なのです。

これらが解決されていたら、毎度繰り返される悲惨なツアーバスの惨事も起こらなかったかもしれません

もう一度申し上げますが、国内の陸上物流の99%は私達トラッカーが担っているのです!

地域興し、観光客誘致、建設に伴う地元への利益誘導等々、色々おありでしょうが、交通ライフラインが破綻して、生活物資が滞れば、観光客がいくら来てもしかたないのでは?...

エピローグ ルーラル新幹線ではライフラインの確保はできない!

♥欧州オーストリアOBBの新幹線鉄道規格新線の例

運輸審議会の答申の、都合の良いところだけを盾にとらず、モーダルシフトで大気汚染を軽減したいのなら、貨物輸送も出来る在来線の線形改良・高規格化改良を推し進めるべきでしょう!

実際ほくほく線経由で運行されていた「特急はくたか」と、北陸新幹線とでは時間的に大差がないどころか、不便になった直江津などの田舎町?も沢山生まれたと聞き及んでいます

新幹線で観光客がふえても、在来線切り捨てで『老人や学生』のアクセスラインにしわ寄せが行ってる例はいくらでもあるでしょう。

カメラを担いで鉄道で全国を巡っている純情派?能天気の鉄オタさん方は、新線開業の話題に一喜一憂するのでしょうが...

新幹線建設推進派の怪しげな人に限って、普段は高級車を乗り回している人達が多いことにも目を開くべきです!

※ここをクリックすると"綜合目次 Top"に戻れます >

後書き《 Future traffic network conception 》シリーズについて

本シリーズでは、トランスポーターの種類に拘らず!に『近未来の"交通網"のあるべき姿』を模索してみました。

"利用者"であり出資者(納税者)でもある一般市民の立場に立って、コストパフォーマンス(費用 対 効果 )について総合的な検討を加えて、その地域にあった"交通体系"を提言しています。

森羅万象すべては"お互い相互に影響しあってカオス状態"で変化しており、"何かをいじれば、バタフライ効果"で、思わぬ結果を生んだりもします。

到達時間を最優先にスピードだけを追求すれば、莫大な設備投資が必要となり、結果きわめて非効率な高額交通機関に...

"都市機能の変化"(成長・衰退)を無視した構想では、需要と供給の関係がアンバランスで結局は大失敗に...

長年培ってきた"経験(職歴&見識)と勘(アルゴリズム)"に下ずいて"これからの広域交通網"の向かうべき姿を検討してみました。

狸穴総合研究所 広域交通問題研究室 出自多留狸

 

公開:2007年11月18日
更新:2021年7月 1日

投稿者:デジタヌ

"誰が"儲けるために?... 整備新幹線建設推進 に猛進するのか?TOP整備 新幹線 建設推進プロジェクト は国を亡ばす!


 

 



▲整備新幹線建設推進 問題調査室へ戻る

 

ページ先頭に戻る