『タヌキがゆく』狸穴ジャーナル

敦賀空港・新福井空港の建設で嘗ての敦賀藩・敦賀港の繁栄が...

前書き(要約) 新福井空港問題など交通インフラ整備問題が山積している福井県...

北陸新幹線敦賀駅が開業するということは千載一遇のチャンスでもあり、敦賀湾に3000m級の滑走路を持つ「敦賀空港」を建設すれば高速道路網で繋がっている「空港を持たない」滋賀県・京都府北部の空の玄関口として利用されて、敦賀港とともに、日本海側の新たな玄関口として、嘗ての国際港・敦賀市の栄華が戻るでしょう!

敦賀新空港 建設で嘗ての敦賀藩・敦賀港の繁栄が...  の目次

※リンクについて

(参※xx) は当サイト内の参照関連記事リンクです。
但し、その他の直接 hyper-link は当事者・関連団体の公式サイト若しくは各国語版Wikipediaへ直接リンクされています。

※本ファンタジーについて

※本記事は、2017年9月11日に「タヌキがゆく」に初稿公開したコラムに新規情報!を補筆して再構成した記事です

※本レビュー記事は、出来る限りの"記録(時系列)に下ずいた史実に、地政学的!・工学的 検証"を行ってるセミドキュメンタリー!ですが...

筆者の億測を交えたファンタジー?でもあります。

後述する各団体とは直接関連はありません。

また各団体では"答え難い大人の事情、あまり触れられたくない内容!"も含まれています。

本件に関してのお問い合わせはご無用に願います。  

プロローグ 北陸新幹線は地方創成のためにある!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

北陸の僻地?福井県にはまだまだ整備しないといけない交通インフラがたくさん残っているはずです、北陸新幹線福井・敦賀延伸開業に浮かれている場合ではないはずです!

関西経団連(土建業界)は直接公共投棄?額2兆3千億円に目が眩み、なにわ商人には都合の良い北陸新幹線小浜ルートを大歓迎!しているようですが...

北陸新幹線は京阪神の「狡猾なナニワ商人」の為ではなかったハズです!

北陸新幹線は地方創成の目的で旧福井県・北陸3県の沿線住人のために建設されるべき路線ではなかったのでしょうか?

どこぞやらの元助役さんのように、関西電力にゴマをすり、原発ジプシーたちのアクセス手段を確保するためではなかったはずです!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

本節  敦賀にジェット空港を!...

第0項 地元民でもどこにあるのか知らない?福井空港

別項で取り上げた「江若連絡自動車道」(※1)もしかりで、更には長年棚上げ状態の新福井空港計画!が残されているはずです!

1966年に開港しながら、県北部に開港したミニ空港のために定期便も飛ばない「グライダー族」の遊戯施設と化している、現福井空港!

また現在敦賀空港・新福井空港に関する、誘致を促進する市民団体すらもありませんが...

大阪府、愛知県、兵庫県、や福岡県のように2つ以上のジェット空港を完備している県もあるというのに...、今のまま「おらが北陸新幹線」で浮かれている様では、未来永劫共に「北陸の僻地」「浪速の属国」からは脱却できないでしょう!

21世紀後半には少子高齢化と原発(建替え)再誘致にも失敗して人口が激減し、若狭湾周辺は"原発の廃墟"だけがむなしく連なる、忘れ去られたエリアになってしまうかもしれません!

※参1)本サイト 関連記事 小浜市 さん 北陸新幹線 小浜ルート 誘致に拘らず 江若自動車道 を誘致したほうが...はこちら。

第1項  実現性の乏しいヘリコプター空輸の big talk (大風呂敷)まで"浮上?"させて...

最近(2022年5月)地元の小浜ルート誘致派の嫌疑(けんぎ)団、私擬(しぎ)団、等の小浜ルート建設推進派が(支持母体の)地上げ屋(不動産屋)からの突き上げで、

不要不急?の福井空港をヘリポートとして復活させ?東京・大阪航路の定期ヘリコプター便を立ち上げるのろし!をぶち上げましたが...

第1目 北陸東海新幹線(米原ルート)支持者に対する嫌がらせ妨害プロパガンダ!

根強く残る中京経済圏、帝都東京との絶縁!を危惧する米原ルート支持派に対する、単なる妨害工作の嫌がらせプロパガンダ!でしょう...

実現しても、精々「小浜ルート着工」までの「本のごくわずかな期間」のDEMO運行で、帝都と大阪の経済"怪"への時短アピールにすぎないでしょう。

また中京経済界無視の姿勢は後々後悔することになるでしょう!(※21)

参※21)当サイト内関連記事 リニア中央新幹線 開業で 名古屋 が"日本のウォール街"経済の中心地に変身するかも... はこちら。

第2項 新敦賀空港を!...

まずは福井市以南に「使い物になるジェット空港」を建設して、国内外に向けてアピールすべきではないでしょうか?

第3項 空路は「Point to Point」で国境を越えた都市間を結ぶ時代

今や、成田、関空、中部国際空港のような巨大ハブ空港の時代ではなくなって来ています!

北陸新幹線敦賀駅が開業するということは千載一遇のチャンスでもあり、敦賀湾に3000m級の滑走路を持つ「敦賀空港」を建設すれば高速道路網で繋がっている「空港を持たない」滋賀県・京都府北部の空の玄関口として利用されて、国際観光港!敦賀港とともに、日本海側の玄関口としての嘗ての国際港・敦賀市の栄華が戻るでしょう!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

《北陸新幹線令和の関ケ原合戦》関連記事のご案内 

※以下の♥タイトルをクリックするとシリーズ記事全てにジャンプ!できます。

後書き《 国土計画・都市計画とは...》シリーズについて

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第0項 Megalopolis指向は嘗ての幻影!

嘗て、高度成長期に一世を風靡したMegalopolis(広域都市圏)構想がすっかり影を潜めて?

昨今は、地方の中核都市では、

職住一致環境の構築で『災害時の帰宅困難者』問題や、過剰なインフラ整備への公共投資を軽減する方向Metropolis(コンパクトシティー)指向がトレンドとなって来ています。

※参)当サイト内関連記事 コンパクトシティー 構想は"痛み"と"都市災害"が内在する大博打! はこちら。

第1項 首都圏以外の"地方都市"が抱える都市衰退とは...

"バブル景気(1986年12月→1991年2月)"消泡の後始末として、金融サービス・大企業の統廃合が行われ、地方から地場産業(事業者)と地銀が消え失せ!

"東京への富の一極集中"が生じて、民も(地方から)東京へ"吸い寄せられ"少子高齢化の影響もあり、地方(経済)はますます衰退の一途をたどっているわけです。

第1目 周辺都市圏(衛星都市)の過疎化対策が...

地方の中核都市(Metropolis)郊外の衛星都市(ベッドタウン)では、少子高齢化と中核都市への住人回帰(集中)で、引き起こされた"過疎化"にどう対処するか?が大きな問題となっています。

嘗ての高度成長期を支えてきた"重厚長大産業"と共に栄えてきた地方の産業都市にとっては、(安価な)発展途上国製品に押された産業構造の変化(製造業→流通業・サービス業)と、大企業事業所のリストラによる雇用喪失!(就労者減少)の影響で都市機能衰退がますます進み、財源(税収)減少が"深刻な問題となり、道路整備・上下水道などの基本インフラ整備さえままなら無い!状況となっています。

第2目 Metropolitan Transportation Authority の方向へ向かう必要が

地方都市と周辺各市町村がバラバラに都市計画を策定するのではなく、周辺都市の吸収合併も視野に入れたMetropolis(大都市)化と都市機能集約(コンパクトシティー化)への"路線"に転線を計るには...

3セク化や補助金漬け!極赤字路線の存続を計るのでは無く!

一般地方独立行政法人化によるMetropolitan Transportation Authority(都市圏広域交通事業体)への事業者集約・統合が不可欠ではないのでしょうか。

♥RTD(Regional Transportation District,デンバー地域交通事業団の例

第2項 国土軸は traffic network の再構築で

(Lifelineとは程遠い)安直な「鉄道神話崇拝と箱物行政」の固執は、『夢よもう一度...』的妄想にすぎません。

再度『全ての路はローマに通ずる』の真の意味あい「国家の基盤は traffic network 構築にある!」の"原点に立ち返り"ることが必要でしょう!

"鉄道神話と箱物行政"に別れを告げて

地上げ効果しかない!鉄道(新駅)建設や、維持管理費の増加しか招かない箱物建設より、

地域振興に欠かせない"ライフライン"して、高規格幹線道路・地方高規格道路、港湾施設改修、空港整備などの総合的・体系的なインフラ構築が必要となってきているのではないでしょうか?

USAと違って"周りを天然運河(海)に囲まれている我が日乃本"では、重厚長大・大量貨物輸送は海運のほうが効率的でもあります!原料・一次産品は海運で、生活物資はトラック輸送と言う風に、頭を切り替える必要があるでしょう!

狸穴総研 政経調査室 出自多留狸

※脚注 ♥関連団体 問い合わせ先 リンク集

※ここをクリックするとこのページの"Top index"に戻れます!

福井県のインフラ整備体制は

地域戦略部

一応地域戦略部・というご立派な名称の部署が存在するようで、新幹線建設推進課、並行在来線課の各課がありますが...

土木部

土木部政策推進グループ、土木部高規格道路課、土木部港湾空港課

つまり縦割り行政で、各課をまとめて福井県の「交通政策ビジョン」をまとめる部署が、総務部知事公室広報広聴課ぐらいしか見当たらず、実質各部署で予算分捕り合戦をやって好き勝手?にやっているようです。

関連団体リンクテーブル 

 

公開:2017年9月11日
更新:2022年9月16日

投稿者:デジタヌ

TOP危険な福岡空港を海上移転させて新・九州国際空港を建設すれば福岡都市圏交通も...


 

 



▲全国新空港構想調査室へ戻る

 

ページ先頭に戻る