『タヌキがゆく』狸穴ジャーナル

リニア中央新幹線 開業で 名古屋 が " 日本経済 の中心地 " ウォール街 " に大変身!するかも...

名古屋市 が 首都機能 分散 移転先として日本経済の中心地!に成れる?

リニア中央新幹線が開業すれば、品川⇔名古屋駅間は40分で結ばれます。

しかも「空路のように天候に左右される危惧」もありません!

よほどのことが起こらない限りは年間を通じて確実なアクセス手段となります。

つまり日本銀行名古屋支店本店に格上げして、「ニューヨーク」の連邦準備制度理事会のように名古屋に日銀本店を移転しても...

リニア中央新幹線 開業で 名古屋市 が 首都機能 分散 移転先として日本経済の中心地!に大変身する? の目次

※本ファンタジーについて

本レビュー記事は、出来る限りの"記録(時系列)に下ずいた史実に、地政学的!・工学的 検証"を行ってるセミドキュメンタリー!ですが...

筆者の億測を交えたファンタジー?でもあります。

後述する各団体とは直接関連はありません。

また各団体では"答え難い大人の事情、あまり触れられたくない内容!"も含まれています。

本件に関してのお問い合わせはご無用に願います。 

プロローグ 政財界の長老たちは人脈と直接交渉がお好き!?

★※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

何度も取り上げてきましたように、少子高齢化・東京一極集中が顕著となった令和の御代の日本では、もはや東京への首都機能、首府機能の一極集中は限界に差し掛かっているといえるでしょう!

国交省が提言している首都機能分散移転を推し進める時期に

国交省が提言している首都機能分散移転案ですが...

掛け声だけでは(富を独り占めしている)東京都の反対などにあってなかなか議論が進まないのが現状です。

彼ら反対派の中央省庁が東京に拘るのは、アクセス面で日本(経済)をコントロールするのに都合がよいからにほかなりません。

しかし、今や経済(金融)をコントロールするうえで大事なのは、人の移動を可能にする「アクセス(交通)手段」ではなく、光ファイバーなどの情報網・情報ハイウェーの通信手段の整備如何に関わってきていることは昨今のWEB上のバーチャルモール(ビジネス)の隆盛や、金融市場(株式市場)の"電子化"で証明されています!

但し、最後は「人対人」の直接交渉の世界が残っているのも事実ですが...

★※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第1節 日銀本店 の移転が鍵を握る...

依然にリニア中央新幹線 橋本駅 開業で 相模原市 が日本の副・首都 となれるか!... で占った?ように、東京近辺では、さいたま新都心、横浜みらい地区への企業疎開?が促されているようですが...

"権力とお金"を一手に牛耳っている中央政権(時の内閣・中央省庁)が金庫番である中央銀行(日本銀行)を手放さない限りは根本的な解決策はないでしょう!

日本銀行本店を手放そうとしない現政権では、首都圏への人口集中は改善されなくて、新幹線網の発達によるストロー現象で首都圏への人口集中がますます加速されるだけです。

リニア中央新幹線開通が日本の将来を照らしてくれるかも?

リニア中央新幹線が開業すれば、品川⇔名古屋駅間は40分で結ばれて、しかも「空路のように天候にも左右される不確実な交通アクセス」ではなくよほどのことが起こらない限りは年間を通じて確実なアクセス手段となります。

"日本のオヘソ"尾張名古屋が織田信長以来の"尾張の野望"日本の首府になれるかも?

そこで、天候に縛られない「リニア中央新幹線」の旅客輸送力が大いに注目されるわけです。

別項で大阪府(維新の会)が主導して大阪都と近畿広域連合加盟自治体の近畿州成立を企てて地方自治権の拡大・中央政府の権限大幅移譲を目論んでいることは解説してきましたが...

金(税金)を中央に握られている以上は道のりは遠いといわざるを得ない状況です。

ほぼ整った交通インフラと産業基盤

地下鉄・JRなどの公共交通、名古屋外環道など道路網インフラ整備もほぼ整った状況で、飽和状態の東京都に比べて、通勤や住環境もまだまだ余裕があります。

それにも増して、東海道ベルト地帯はもとより山陽工業地帯にも便利が良く、これからの日本経済の中心地になるにふさわしい資質を兼ね備えています!

★※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第2節 目指せ日本のニューヨーク「名古屋のウォール街」

その1 日本銀行本店の誘致

つまり日本銀行名古屋支店を本店に格上げして「ニューヨーク」の連邦準備制度理事会のように名古屋に本店を移転すべきではないでしょうか?

名古屋に日銀本店が移れば、各金融機関の東京本店・東京本部も、名古屋に移転して、更には大企業の本店も名古屋に移転するようになるでしょう。

いつの世も、「金を握っている人」が一番強いのです!

その2 日本中央証券取引所 の誘致

名古屋証券取引所株式会社日本取引所グループ再統合を図り名古屋に「日本中央証券取引所」を設立できれば正しく名古屋に「日本のウォール街」が誕生するわけです!

企業にとっては権力(許・認可)も無視できませんが、やはり投資家(金融機関・投資ファンド)が企業存立のキーを握っており、可成りの数の本社・本店も移転してくれるでしょう。

お国の金庫番財務省や産業政策のかじ取り役経産省、寄生虫の温床・国交省も、永田町から1時間以内なら、仕方ないとあきらめるでしょう。

★※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

エピローグ  リニア中央新幹線開通で日銀本店・日本中央証券所の受け入れ準備が整う! 

現在名古屋では2027年のリニア中央新幹線開通をにらんで民間主導で名古屋駅前の大規模な市街地改造が行われています。

第1項 日本経済を牽引している自動車産業・ハイテク産業が集結している名古屋

今や日本のハイテク技術の集約となった自動車産業の総本山TOYOTA本社,HONDA鈴鹿製作所、航空宇宙産業のMISTUBISI、セラミクス産業が犇めいているエリアでもあります。

とくに融資をネタに企業を牛耳ってきた旧大蔵省・旧都市銀行グループと戦い続けてきた「TOYOTA」の本社があることは。

天下り・銀行支配から逃れたい民間企業にとっても強い励み!になるでしょう。

KAWACHIANの小生としては少々悔しい思いもありますが、「浪速っ子」に未だ絶大な人気のある「太閤秀吉」も、もとはといえば尾張出身!

江戸に政権を持っていかれても「天下の台所」として日本経済の中心であった大阪(近畿)が、明治にはついに天子様迄誘拐?されて東京に首都移転され、

「富と権力」両方を手中に収めた東京に企業が移り、大阪がさびれていったことを思い起こせば、

「名古屋を中心」に西日本を再興する良いチャンスかもしれません。

第2項 首都圏に暮らす大多数の"民間人"が移住できて"通勤地獄から救われる!" 

権力・金融の一極集中で一番被害を受けているのは「一般市民です」!

毎朝、毎晩通勤という生き地獄で冥土の旅の疑似体験をしているようなものです?

日銀が金融機関と優良企業を引き連れて名古屋に移転してくれれば、多くのサラリーマンとその家族が通勤・通学地獄から救われることになります!

※ここをクリックすると"綜合目次 Top"に戻れます >

後書き 《 政・経分離と道州制への途 》シリーズについて

小生は諸外国 、 特に戦後日本と同じ敗戦国として共に復興の道を歩んできた旧西ドイツ に憧れ、ああいう国にならないものか?と羨やんでいた!

東西統合前の旧西ドイツ時代 首都は"ボン"であり、商都ベルリンとははっきりと性格分けされていた。

もちろん現在のドイツ連邦共和国に於いても各州は独自性を発揮しつつも、協調して連邦政府を支えている。

特に東西統合前のドイツは有名なアウトバーンと、良く整備された航空網と鉄道網の抜群の連携で、当時「陸の孤島」であった西ベルリンに一極集中する必要性を無くしていた!

新聞などに十年以上前(1995年当時)から、道州制について投稿していたが、一向に民意は芽生えずに...

今回 一人でも多くの国民が"道州制に関心を持たれる"ことを願って、アイデア?をシリーズ化してWeb上で発信することにした。

狸穴総合 政経研究所 出自多留狸

※脚注 ♥関連団体 問い合わせ先 リンク集

※ここをクリックするとこのページの"Top index"に戻れます!

関連団体リンクテーブル 

※パブリックコメント制度とは...

パブリックコメントとは聞こえはいいですが。

その都度行政側の一方的な押し付け Delusion! についての assessment(評価)を求めている?だけで、consensus(総意・協心)を得るための意見聴取ではありません!

なのでパブリックコメント受付しか行っていない自治体は、独善的・独裁的!な施政を行っている自治体(長)と言えるでしょう。

♥誠実(民意をくみ上げている)な自治体とは...

「市長(市政)への声」、「あなたのご意見ご要望」「市政へのご意見箱」等のページで、常に府民・県民・市民の声耳を傾けて、

住人自らの発想!(needs)に下ずいて、都市計画・交通行政を模索している"♥民主的な地方自治体(長)ではないでしょうか。

あなたのお住いの自治体では?...

※注、hyper-linkについて

ハイパーリンクは事業者の Official Websiteを基本に、Wikipedia該当contentに直接リンクしてあります。

但し海外事情についての日本語版ウィキペディアは、英語版の"直訳"contentが多く、更に編集者(与党関係者?)に都合よいようにかなり"歪曲!"されたcontent(電子情報)が多いので、公正を期するために各国言語版 Wikipedia に直接リンクしてあります!

また、日本語版ウィキペディアは中学(教師)並み?の"直訳"が多いので、"意訳し直して"あります。

思想(イデオロギー)に関するcontentについてのイエローフラッグ"糞"フラッグが多い!

特に歴史・イデオロギーに関するイエローフラッグは、ボランティア?で"管理人"としてウィキペディア事務局に関与している平和ボケした理想主義者、有識者?達が日"教祖"の偏向教育(大衆洗脳)方針に沿うように"注意喚起?"されており、ハッキリ言って"糞"フラッグです!

むしろ"糞"フラッグが立っているcontent(内容)のほうがfairness(公正)な立場の内容と言えなくもありません!

交通施策に関するcontentは運輸族のプロパガンダの温床に

但し、交通関係は、スポンサー(与党運輸族)の意向を強く反映しているので、イエローフラッグが警鐘(fairness)を鳴らしている場合もありますが...

更に、地名に関しては、Google地図検索を容易にするために、言語表記を基本に、(カナ表記)についてもGoogle 地図で使用されている「カナ使い」を使用しています。

又、引用句に関しては《XX語版》を明確にしています。

※但しhyper-link先は

  • ●日本語(カタカナ)表記は日本語版ウィキペディア
  • ●英語表記は 英語版 Wikipedia
  • ●オランダ表記は 欄語版 Wikipedia、ドイツ語表記は 独語版 Wikipedia、スペイン語は 西班牙語版Wikipedia 、イタリア語表記は 伊語版 Wikipedia
  • ●スランス語表記は 仏語版 Wikipédia、ポルトガル語表記は 葡語版 Wikipédia
  • ●ロシア語表記は 露語版 Википедия、
  • ●ラテン語表記は 裸展?語版 Vicipaedia
  • ●クネクネ文字?は 使用各国版 ويكيبيديا
  • ●中国語表記は Both China版 維基百科

にそれぞれ直接リンクしてあります。

※但しハングル表記 韓国語版 위키피디아 は著しく信憑性が無く!殆どが日本語版以下(50歩100歩?)の fake content なので無視!しました。(Red China版 維基百科のほうがはるかに信頼性があります!

当サイト内関連記事 日本語ウィキペディアが 鉄道(傾?)Youtuberから"こけ"にされる訳は... はこちら。

※ここをクリックすると総合目次に戻れます!

 

公開:2020年8月17日
更新:2022年6月19日

投稿者:デジタヌ

リニア新幹線の運賃・特急 料金を大胆かつ的確に予想する!TOP三重県の"ご神灯!"リニア中央新幹線・亀山駅は 北陸新幹線京田辺ルートにかき消された!


 

 



▲リニア中央新幹線 追跡班へ戻る

 

ページ先頭に戻る