狸穴ジャーナル『タヌキがゆく』

essay『 極・赤字路線・存続を"扇動!している journalist ?は大正時代のアナキスト!と大差ない!』ー第1回ー

前書き  mass media は最低の人(男!)たちではないでしょうか?

にまみれたmass media(TV各局・全国紙)と労働組合患部!唆されてはいけない!

♥薩摩藩(鹿児島県に所縁のある県民)では、幼いころから以下の様な

『男(人)としての序列(評価)!』

を叩き込まれているといわれています。

※以下はすべて口語表現による解釈です。

  • ♥1番立派な人 「何かに挑戦して、成功した男(人)」
  • 2番目に立派な人 「何かに挑戦して、失敗した人!
  • ●3番目の人 「自らは挑戦しなかったが...挑戦者の手助けをした人
  • ●4番目の人 「何もしなかった人」(傍観者

以上が藩士(県民)として、認められる男(人)達!ですが...

卑怯者・裏切者!と見做される下衆(ゲス)共とは...
  • ●5番目の評価 「何もせず!批判だけしている下衆ども」
  • 最低のもの 「何もせず!challenger の"足を引っ張っている下衆!"ども」

本稿で解き明かしたマルクス主義汚染された journalist,economist,socialist,Communist!共が、 正に卑怯者・裏切者!に相当するのではないでしょうか!

民放TV各局の極・赤字路線存続プロパガンダ番組の真の狙いとは...

垢にまみれたjournalist、Commentatorを抱え込んでいるmass media(TV局・全国紙)が、

自らの claim(主張)の proper(正当性)???を confidence(確信)しているのならば...

沿線住人にまで見捨てられた不要不急路線!」への血税投入を扇動!(線導?)する前に、

一般財団法人富士山系保存鉄道財団!?」でも設立して、

『mass media自らの血(お金)を流す!べき』でしょう...

※ハイパーリンク、その他についての御断り

(Version5,Revision5 ー2023年10月30日改訂)

※当サイトは"横町の物知り隠居"出自多留狸の匿名・個人サイト

当サイトは"横町の物知り隠居"出自多留狸が開設している匿名・個人サイトです。

なのでacademic paper とは異なり、分かりやすさにフォーカスして、出所(作者)不明!一般 Web content (Youtube動画、日本語ウィキペディアなども引用・共有させていただいています。

※本ファンタジーについて

(Version2,Revision2. ー2023年9月23日改訂)

本レビュー記事は、出来る限りの"記録"(時系列)に下ずいた史実と、科学(工学・地政学※000)的 な検証"を行ってる semi-documentary ですが...

引用・共用 content にも、日本語ウィキペディアの様に、"出所(作者)不明"の得体のしれない代物も使用しています。

なので、事実と異なる場合もあります。

つまり筆者の"億測"を交えた fantasy?(創作物)でもあります。

なので登場する各団体とは直接関連はありません?

また各団体では"答え難い『大人の事情(利害・思惑』つまりあまり触れられたくない内容!"も含まれています。

参※000)当サイト関連記事 一研究分野にすぎない geopolitics(地政学)の"概念・研究 theme とは... はこちら。

※hyper-link は作者・編纂者が明確な当事者・関連団体の Official website を主体に

直接 hyper-link は、当事者・関連団体のOfficial site を主体に、作者・編纂者が明確な"コトバンク"(ジャポニカ等の編纂者が特定できる百科事典・辞書)へリンクするように心がけております。

但し(参※xx) は当サイト内の参照関連記事へのリンクです。

ウィキペディアへの hyper-link に関しては...

"日本語ウィキペディア"は政治色と commercialism が色濃く!偏った異見!が蔓延っており!

出来る限り避けています。

外来文化!?に関しては

外来文化!?についての日本語ウィキペディアは(USAの主張が色濃く出ている)米語版の"直訳版"が多く、

更に「翻訳者?の主観・主張」も強く表れている content が殆ど!なので、各国語版・原典版!original Wikipediaにリンクしています。

英単語優先!表記について
鉄道業界用語は...

特に鉄道機材 syndicate(cartel)用語電通造語!は、海外では通じない!身勝手な解釈によるカタカナ・ローマ字!造語が横行しています。

例えば、諸外国ではVGA(variable gauge axle ;軌間可変輪軸)と呼ばれている FGA;フリーゲージトレイン???(※001)

これなどは"リフォーム"同様に、カタカナ造語の典型です。(※、海外では、改修;modify、更新;renewal、でないと通じません!)

ご先祖様に敬意を表して

鉄道車両の原型となったwagon(荷馬車!)から分かれたautomobile で一般的に使用されている MechanismSpare partAssembly)の呼称を優先しています!

例) 台枠→Chassis,(Locomotive frame)、懸架機構→suspension単台車式Beam axle(rigid axle)

参※)当サイト関連記事 鉄道の歴史は Wagon(荷馬車)用の"木道" から始まった ! はこちら。

参※001)当サイト関連記事 Talgo 方式・軌間可変車両・VGA(フリーゲージトレイン)の"致命傷 !「フレコロ」とは?... はこちら。

GooglMapの使用について

GooglMapは国土地理院地図に下ずいて作成されていてGPSにも対応しており、且つ公共建造物・ランドマーク等の掲載も多いので用いていますが...

新規鉄道路線などについては、"いい加減"な記入も散見されます!

廃線や"地下鉄道"ルートは国土地理院の公開航空写真データを参照して修正してあります。

但し数m程度の誤差があることはご了承願います。

★前書き 天命を終えた路線とは...

(Version1,Revision3 ー2023年10月17日改訂)

色んな理由で、赤字路線が廃止検討されています。

と言うより色んな言い訳で、

『赤字路線が21世紀まで生き延びた』といってもよいかもしれません。

鉄道駅を中心(ハブ)として、ローカルエリアの交通網・生活圏を構築してきた、

痴呆自治体の都市計画を考え直す時期に来たのかもしれません!

第1項 Railway track は公道ではない!維持管理は鉄道事業者負担!

highway(一般公道)は行政(国交省・県・地方自治体)が管理(点検・保守)していますが...

railroad(鉄道)は鉄道事業者軌道会社の"私道"(固定資産)なので、事業者自らで管理(点検・保守(補修))する必要があります!

省力化=コストダウンにはつながらない!

保線作業が高価!なマルタイなどの重機を用いて効率化(省力化・機械化)できても、

運行経費(維持管理費と設備更新費)に属する保線費用は下がりま線(せん)!

何故なら、保線機材購入に莫大な費用が掛かるので、JR各社や大手私鉄鉄以外では、自前(保線係)では対処できなく、重機を扱える専門業者に委託(外注)せざるを得ないからです。

しかもこれらの(レンタル)重機も、需要の多いMetropolis(大都市・政令指定都市)にしか配備されていません。

第2項 安全運行上欠くべからざる保線作業

更に安全運行の為にRailway track(軌道)(線路・枕木・バラスト等)の維持管理費と設備更新費などを考慮すると、毎年膨大な赤字!を生んでいます。

ましてや並行在来線に指定される main line(幹線)では、JR貨物の高速コンテナ列車100㎞/h運行!に対応させるために、嘗ての新幹線並みの60㎏Nレールが使用されてたりすると維持管理・設備更新費も無視できま線(せん)!

なぜならば、レール摩耗は通過列車(輸送密度)に依存するので、高価な60kgNレールでも、安価な40kgNレールでも寿命(交換サイクル)は変わらない!からです。

JR貨物もそれほど(最高運行速度110㎞/h運行に)拘っていない!

main lineを110㎞/hでブッ飛ばしているJR貨物も、実際には北海道⇔九州福岡間で、途中のMetropolis(政令指定都市)にあるコンテナターミナルで"道草"を食らい!最短でも4日間!もかかっており、110㎞/hでぶっ飛ばす!意味合いは......

更にコンテナ貨物列車の95km/h走行にも十分対応出来ます!

高速コンテナ列車も、実はそれほど高速運行を必要としていません!

はっきり言ってものすごく無駄!です。

言い換えれば、他地域の一般国民には高額運賃として跳ね返り、出資者(株主)も利益(配当)を阻害!されているのです。

第3項 "民の営み・暮らし向きの移ろい"と共に restructuring(断捨離!)も...

嘗ての街道沿いの"宿場"を繋いだ鉄道も、宿場その物から「民の営み・民の暮らし」が消え失せ!

"新鮮な空気"しか運ぶものが無くなった旧街道沿いの regional line が多い!のです。

『 nostalgia に満ちた"鉄道神話の呪縛"を解き放ち、再度" regional traffic network 見直し"大胆な restructuring(断捨離!)を行うべき時期』ではないのでしょうか...

狸穴総研 鉄道再建研究室 極赤字路線調査室 出自多留狸

ー続きはこちらー

 

公開:2022年10月10日
更新:2024年2月21日

投稿者:デジタヌ

亡くなってからもプロパガンダに利用されている"地球人!"山口淑子さんTOPessay『 極・赤字路線・存続を"扇動!している journalist ?は大正時代のアナキスト!と大差ない!』ー第2回ー


 

 



▲日和見マスメディアの“放導”と“防共”研究班へ戻る

 

ページ先頭に戻る