『タヌキがゆく』狸穴ジャーナル

comminist共の赤字路線存続運動は沿線住民の(国民全員への)"せびり・たかり"行為を煽動!しているだけ

前書き(要約)にまみれた民放TV局番組に騙されてはならない! 

民放TV各局の極赤字路線存続プロパガンダ番組の真の狙いとは...

嘗ての国鉄再建論争の再燃ともいえる極赤字路線存続問題が諮問機関(有識者懇談会?!)で取り上げられるようになりましたが...

お呼びのかからなかったCommunist共が懇親会メンバーに激しい"disrespect"を浴びせています!

極・赤字路線存続派はCommunistで占められている

"赤字路線存続活動!"は自然保護活動と共に、Communistが最も暗躍しやすい分野!でもあります!

赤字路線存続活動家!Communist共はすぐに国庫支援を訴えますが...

国庫とは私たち国民の血税そのものです!

赤字路線を抱える地域と"無縁"な私たち一般国民に"金を出せ!"とgather;集(たか)っている様なものです!

Communist共から我が日乃本を守るには

親中派の協力者・内通者・売国奴!の"諜報活動"から、政府・沿線自治体を守らないと、我が日本政府は財政破綻!することになってしまうでしょう。

business district(営業エリア)結界?駅の見直しまで含めた、JRグループの再度のReconstruction; JR"ビッグバン"が必要なのでは無いでしょうか...

世界平和が崩壊!してきている昨今

世界平和が確実に崩壊してきている昨今、全国紙系民放TV局と中国人民政治協商会議&中国共産党中央統一戦線工作部との関係からJR3島再建問題を考察してみました。

狸穴総研 防共研究室 出自多留狸

最早鉄道事業は公共事業では無い!公共事業は万民・大衆の為でなければ...の目次

※リンクについて

(参※xx) は当サイト内の参照関連記事リンクです。
但し、その他の直接 hyper-link は当事者・関連団体の公式サイト若しくはオリジナル各国語版Wikipediaへ直接リンクしています。

プロローグ 公共投資とは? 

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第0項 公共投資(血税投入)は万民の為でなければならない!

万民の為でなければ公共事業Scheme(企て!)とは言えません!(※00)

一部の限られた人たちにしか、公益が享受できない事業は公共投資とは言えません!

参※00)当サイト内関連記事 インフラ整備スキームの語源となった外来語 Scheme は "企み!"を表す単語で言い得て妙 ... はこちら。

第1項  「沿線住人にすら"見捨てられた"鉄道」ではもはや存在理由を失っている!

公益・公共性は投資対費用効果で計れる事業ではありませんが...

第1目 営業係数25万円超!の極赤字路線

沿線に暮らす「民の営み・暮らし向き」つまり経済活動に貢献し無くなったことを証明している様な、100円の収益を上げるために必要な経費;営業係数が25万円超!等と言う極赤字路線「沿線住人にすら"見捨てられた鉄道路線"」と言えるでしょう。

つまりは、存在理由を無くしてしまった「不要不急路線」と言えるわけです。

第2目 不要不急路線の存続までも国民全員で負担しろと!???

廃止絶対阻止の構えを見せる共産主義者・有識者?研究者共の言い分は、韓国国民同様にpester,gather(集(たか)り・せびり)根性丸出しの「常軌を逸した言動!」としか言いようがありません!

よく言われることですが、Alaska Railroad 沿線住人のように「鉄道が唯一無二の生命線」ならば"人道的立場"から存続もやむを得ないかもしれませんが...

(※それにしても劣悪な環境を承知で移住したのは彼らです!)

狭い日本の過疎エリアを走る鉄道沿線では、鉄道でしかアクセスできないような"居住区"は消滅!しています。

奴らの主張だと『沿線住人に見捨てられたピーチライナー(※01)も存続させるべきだった!』という結論?になってしまいます...

奴らの主張は韓国の両班(ヤンパン)共と同じで、日本国政府に対する、disrespect(誹謗中傷 )、threat(脅し)pester,gather(せびり、たかり)行為を行っているにすぎません!(※02)

政府(国交省)を誹謗中傷して、国庫(国民の血税)を集り(たかり)金を引き出そうとしているだけで、solution(解決策)では無い!のです。

奴らの言い分を認めたら、「自治体住人は血税を(国税・自治体税の)2重取り」されるだけで、JRも含めて誰も救われません!

参※00)当サイト内関連記事 両班(ヤンパン)3悪に翻弄され続ける韓国国民と日韓関係 はこちら。

参※01)当サイト内関連記事 沿線利用者に見捨てられたピーチライナーを復活?鉄オタ共は狂っている! はこち

参※02)当サイト内関連記事 両班(ヤンパン)3悪に翻弄され続ける韓国国民と日韓関係 はこちら。

※このお方はCommunistには間違いないでしょうが、本当に交通専門家?・研究者なのでしょうか...

第1節 中共(共産主義)政府とマスコミの関係とは

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

反体制的立場!をとりたがるjournalist・journalism(マスコミ)はcomminist(共産主義者)と不快(深い)関係(共通利害)にあります!

殆どの(在阪)全国紙系民放TV局は、過去に何度も内部情報リークとして右派新聞社に告発されているように、中国人民政治協商会議中国共産党中央統一戦線工作部から資金供与(スポンサーシップ)を得ており、中共のコミンテルン活動密接に連携しています!

第1項 中共政府の交通政策(内政・外交)コミンテルン活動の基本は...

  • ●軍備拡張
  • ●logistics(兵站)充実
  • ●経済協力と称した海外侵略!

上記の3点に尽きるでしょう!

つまり、中共の鉄道建設は国民・大衆の"福利・公共事業"としてではなくて、「logistics」(兵站)を最優先して進められているわけです!

参※10)日本語Wikipedia 中国ラオス鉄道 はこちら。

参※)当サイト内関連記事 中共の"一帯一路"(新万里の長城!)とロシアの"鉄(道)のカーテン"とは... はこちら。

第2項 「赤信号みんなで渡れば怖くない」は真っ赤な大噓・危険思想!

中共協力者のジャーナリスト?・煽動家!(※10)は、

『鉄道は日本だけではなく、世界各国でも赤字なのが当たり前???』

つまり「赤字路線みんなで使えば怖くない」と言う危険思想をプロパガンダしていますが、奴らはとんでもない食わせ者揃い!です。

参※10)当サイト内関連記事 貴方の町に忍び寄る共産主義の罠 "町おこし・地域振興"活動! はこちら。

真っ赤な大噓・虚言・危険思想プロパガンダ

国内はもとよりユーラシア大陸全土に赤字路線!を熱心に建設している中共の中华人民共和国高速铁路(中国語版 維基百科)の真の狙いは...

公共交通機関ではなく高速logistics(兵站路)網の構築!です。

※以下はシベリア鉄道におけるLogistics (兵站;後勤)の一例ですが、一帯一路構想も同じことが...

第3項 comministの主張(プロパガンダ)は的外れ!

共産主義プロパガンダ鉄道番組の数々

以下は代表的な報道番組?やドキュメンタリー?を装った共産主義プロパガンダ・プロモーション番組の数々です。

彼らは中国人民政治協商会議中国共産党中央統一戦線工作部から活動資金を得ており、日本人の"優しさ"に付け入って"無駄使い"(血税投棄!)で、日本国政府を財政破綻!に導こうと"工作活動を行っているにすぎません。

在阪民放TV各局は、ほぼ完全に赤に汚染されています!

全国紙系在阪民放TV各局が加盟ユニオンとなっている民放労連は、"全労連"にオブザーバー加盟!している中共の協力者たちです。

奴らjournalistは真っ赤に汚染されている!わけです。

関東では、"テレ盗"が旗頭?と言うところでしょうか...

くれぐれも騙されないように注意てください!

comministは吊るし上げがお好き!

奴ら"お花畑"で育ったcomminist共は、日凶祖が推し進めたホームルーム狂育で身に沁み込んだ"集団虐め・吊るし上げ"が大好きな、虐めっ子連中です。

だから、TV討論などでも、平気で、弱者(政府関係者)を寄って集って虐める!わけです。

※TV盗論?を放映した「テレ盗BIZ

※黄泉(よみ)売りTV制作 プロパガンダ番組

※以下のベストセラー?コンテンツも正体不明!のCommunistが不法にアップロードしていますが、元ネタは「フジTV・"関西TV"」の共同制作によるMr.サンデーで放映されたドキュメンタリー?タッチの共産主義プロパガンダ作品にすぎません。

第2節 鉄道と道路・港湾・空港整備は"同じ土俵"で評価してはならない!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます! 

公共事業とは文字通り民(国民・市民)の為になされるべき血税投資です。

つまり、ライフライン確保に繋がるFreight transportation(生活物資輸送)と深く関係した道路整備・港湾整備・空港整備と、人しか運べないPassenger rail road(旅客鉄道)とを、同一次元でかたること自体が「ナンセンス・愚の骨頂!」です。

第1項 事業で異なる公共性!

しかも現在廃止検討の対象となっている路線では、Passenger serviceにすら役立っていません!

第1目 廃止検討極赤字路線沿線の兼業農家では...

一家の大黒柱が働きに出た後!留守を守る爺婆は、定刻通りに通過する列車を時計代わり?に使っても、

いざお出かけするとなると、

「お父さんの運転する軽キャブ」を利用している状況では...

第2項 trafficは「民の営み・暮らし向き」で成立する!

traffic(アクセス・インフラ)整備は、「民の営み・暮らし向き」つまりCommunityの経済活動・生活圏無視しては成立しません!

嘗て、お手軽な!トランスポーターとして全国に張り巡らされた鉄道(※21)も、「利便性」を重視する風潮(時代の変化)と共に、沿線の「民に見放されてしまって!」います。

鉄道存続を叫んでいるのは、交通弱者(唐人・就学者・障害者)を山車に担いだCommunistと、

(地上げ屋にお尻を叩かれた)金権慾・煩悩に蝕まれた地元の政治屋に限られてきています。(※22)

参※21)当サイト内関連記事 嘗ては手軽な輸送手段だった?"鉄道" はこちら。

参※22)当サイト内関連記事 運輸族・地方議会議員が鉄道新線を"建設したがる訳!"とは... はこちら。

第3項 traffic計画は"点と線"ではなく面で考えるべき

第1目 「点を結ぶ線」鉄道では一部の沿線(駅周辺)利用者にしか役立たない!

例えば、前出の近江鉄道(※23)では沿線10自治体の総人口約50万人(492,423人/2022年7月1日)に対して沿線利用者(1日平均乗客)15,908人/日! 

利用者が全住民に占める割合は、たった約3.2%!

近江鉄道を利用しない(出来ない!)大多数の市民が、国庫と市民税(住人税・固定資産税・事業税などの血税)を2度払いさせられるわけです!

つまり公民・万民の役立つための公共事業とは言えません!

参※23)当サイト内関連記事 近江鉄道の沿線住人は行政当局に騙されている!上下分離してもいずれは廃線!に... はこちら。

第2目 道路建設ならば面(広域)のtraffic改善に繋がる

comministコメンテーターが主張する、公共性ですが...

"旅客鉄道"では(たとえ駅を増やしたとしても)駅周辺の限られた沿線住人にしかその利便が享受できま線(せん)!

これに対して、道路は沿道住人の利便だけではなく、(迂回路・短絡路として)エリア全体のtraffic改善にも繋がるtransportation networkを構築できて、マイカーだけではなく生活物資を運ぶ輸送路」として「災害時の緊急車両通行」にも役立つ、大事なlife- lineとなります。

つまり、「人の営み・暮らし向き」に即したTraffic Network System が構築!できるわけです。

西日本を貫く天然の運河"瀬戸内海"や、日本を取り巻く海路海運そして空輸についても同じことが言えます。

つまり、最早 Regional line(地方交通線)では(地上げには繋がっても)社会投資には成ら無い!と言う事です。

第3節 鉄道は選択技の一つにしかすぎない!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

交通弱者対策も交通行政全般の見直しで、"制度改革"を行い色んな途を模索するべきでしょう!(※31)

見方をかえれば、前出の「JR北海道の美談?」つまり僻地・過疎地に住む就学者問題でも、行政当局が積極的に"寄宿舎制度"等への支援体制の見直しを行えば、対応できたはずです!

第0項 大問題が露呈した輸送密度1000人/日以下の区間

更に大問題が露呈した輸送密度1000人/日以下の区間で、言い換えれば営業係数(百円の収益を上げるために必要な経費)支出25万円以上!/収入百円の、極限赤字区間では、既に並行する地域高規格道路(国道バイパス)・高規格幹線道路(無料高速)が整備されていて、そこで暮らす民ですら鉄道を利用し無くなった区間」ばかりです。

参※31)当サイト内関連記事 過疎地 の 交通弱者 を救うには 運輸 行政 の"見直し"が 必要! はこちら。

※JR西日本の主張(プロパガンダ)代弁したYoutuberのコンテンツ

第1項 鉄道の利点は"大量輸送によるコスト低減!"につきる!

第0目 圧倒的な輸送力

鉄道の利点は、船舶を用いた"水運に次ぐ圧倒的な輸送力"を持っている!点です。

第1目 "大量貨物輸送!"を失った鉄道は存続が難し!

ユーラシア大陸(ロシア、インド、中国)、アメリカ大陸、アフリカ大陸、オーストラリア大陸などの大陸内陸部では「鉄道」が物流を担っています!

言い換えれば、旅客輸送が無くても大量貨物輸送のニーズがあれば、事業は成立できるわけです。

(※事実岩手開発鉄道では旅客取り扱いはとっくに廃止しましたが、石灰石輸送で経営が成り立っています!更に三岐鉄道も、秩父鉄道も、石灰石輸送が本業?なので、Community(地域社会)への社会貢献として、"お付き合い・ボランティア旅客営業"も続けられているわけです!)

第2項 鉄道事業における問題点!とは...

難点は"専用Road"の膨大な維持管理費!

鉄道事業の難点は軌道設備の維持管理・設備更新が全て鉄道事業者負担となり膨大な運行経費!が掛かる点です!

つまり、運行経費に見合う輸送密度が確保出来ないと採算に合わない!(つまり赤字転落する)という事です!

第3項 今も昔も鉄道事業には3本の矢が必要

第1目 鉄道事業にはpassenger trafficとcargo transportationの両輪が必要!

鉄道事業にはcargo transportation(貨物輸送)とpassenger traffic(旅客輸送)の両輪が必要です!

第2目 ゴールドラッシュで沸いたアメリカのColorado Midlandが

嘗て鉄道王国だったアメリカでは、大陸横断鉄道の一部でもあったColorado Midland鉄道と1873年から建設が始めれて19世紀末には全通したDenver South park and Pacific Railroadが1910年代には炭鉱も無くなり、第1次大戦後には再投資されて大陸横断鉄道がデンバー経由となり、頼みの貨物輸送が無くなり、観光客も、整備されだした道路網を使ったマイカー利用に移り、ビジネスとして成立しなくなり1918年8月にColorado Midland鉄道は廃止されました!

1949年にDenver South park and Pacific Railroadは最後の旅客営業を終えて、ミッドランド駅(コロラドスプリングス)は廃止されました!

つまり日本より半世紀以上も前に、貨物輸送無くしてはRural line business(地方交通線)が成立しないことが証明されていたわけです!

エピローグ Communists の"真の狙い"日本国政府の財政破綻と政府転覆!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

痴呆赤字ローカル線の存続問題については、『全額国庫補助・地方自治体の公金(税金)で賄うべきだ...』と言う Communism 発言をよく耳にしますが、これは大変危険な思想!です。

第1項 Communistの「鉄道コラムニスト・有識者・研究者?」は食わせ者揃い 

第0目 Communist共は「的外れ」なdisrespec"で"本質のすり替え"が得意な詐欺師共!

某道路行政不毛Area (空き地!)を例に挙げて、

『鉄道が唯一の入ライフラインとしてあったから、Community(地域社会)が孤立しないで済んだ!???』

などという詭弁を平気で発言するわけですが...

正しく彼らCommunistの常套手段「話のすり替え!そのものです。

21世紀の現在に「道路整備が行き渡っていないCommunityが残されている事自体が大問題!」なのです。

公道とは違い、鉄道災害復旧には長期を要し、巨額の建設費も必要です!

最近起こった"東北震災復旧"での、国道・東北道の復旧と東北新幹線の震災復旧の復旧工事期間を比べれば"幼児"でもわかる話です。

参※)当サイト内関連記事 東北自動車道は数日で復旧した はこちら。

第1目 Communistの主張を認めれば大変なことに

彼らコミニスト共が決まって持ち出す「国有化・公営企業化論」ですが...

嘗ての日本国有鉄道経営再建促進特別措置法制定の経緯を忘れた!のでしょう。

彼らの記憶力はこの程度なのでしょう!

時代と逆行する国有化論を唱える共産主義者たちは狂っているとしか...

※このビデオで彼ら、Communist共の正体が暴露されています!

彼らCommunist共が主張する交通弱者対策も

Communistは決まって、老人・就学年齢層・障害者の方たち、いわゆる交通弱者対策を持ちだしますが...

前途したように「鉄道を残しても問題解決にはなりません!」(91)

参※91-1)当サイト内関連記事 背後に共産主義を強く感じさせるYoutuber&ジャーナリスト とは はこちら。

参※91-2)当サイト内関連記事 過疎地 の 交通弱者 を救うには 運輸 行政 の"見直し"が 必要! はこちら。

第2項 日本国政府が財政破綻しかけているというのに...

鉄オタコラムニスト?がマニア向け雑誌で唱えている『輸送密度3000人/km・day以上が確保できれば、上下分割方式で第3セクター化したら何とか採算レール?(採算がとれる)に乗れる...』な~んて、「夢のまた夢」!でしかないことがお判りいただけたでしょうが。

第1目 嘗て100年以上も昔の19世紀末のアメリカでも金融恐慌の引き金の一つに...

例えば北海道開拓における鉄道の栄枯盛衰は...

広大な国土を持つアメリカにおける西部開拓史"大陸横断鉄道"と鉄道網の変遷のリフレイン・ミニ版だったのかもしれません!

嘗て広大な国土をもつアメリカでは、19世紀末の鉄道への行き過ぎた過剰投資が、1893年のニューヨーク・ウォール街に端を発した世界大恐慌の一因ともなったともいわれています!

隣国C国が高速鉄道網の"付け"で経済破綻しかけている?のは、100年以上も昔の「USAの犯した過ちを」再現しているだけです!

第2目 一部?の社会主義・経済学者や、Communistと結託した)運輸族の"虚言"について

大事なのは共産思想(補助金政策)に依存しない"持続可能な交通事業体系"です。

地方自治体補助金=住民税!

国庫=事業税、ガソリン税、固定資産税...つまり全て私たち国民(企業)が「血と汗と涙」でかせいだ収益がもとになった血税!です。

国庫の財源は、『国内だけではなく海外現地企業からの配当受益も含まれているので、国民の血税ではない???』等と言う大噓を並べる経済学者や・よとう(夜盗)運輸族の大偽師もいますが、Fake!です。

海外からの送金(貿易収支)も、私たち日本人(が働いている企業)が海外で「血と汗と涙で、築き上げた企業努力の賜物!」であり、結局は全て日本国民の血税!です。

そして、その日本企業が日銀破綻で連鎖倒産(事業破綻)するようなことにでもなれば...

第3目 実は日本も経済破綻しかけている!?

韓国・中共政府・ロシアのデフォルト(経済破綻・借金踏み倒し!)が懸念されていますが、日本とて事情は同じです!

現在、政府は借金(国債)の利子を払うために!毎年更なる国債発行(借金)を重ねています!

個人だったら、借金まみれでとっくに"自己破産"しなければならない状態です!

つまり、小泉内閣2001年4月→2006年9月当時、国会で再三取り上げられた"プライマリーバランス"問題がいつの間にやら、話題(質疑)に上がらなくなったわけですが...

『お金は天から降ってきません!』

今のまま借金(国債・地方債)に依存した、整備新幹線建設Scheme(企て!)を続けていると...

近未来には日銀券(¥)の価値(信用)が無くなり、日本経済を支えている輸出企業の海外貿易が成立し無くなり、当然膨大な預入残高を持つ市中銀行に及び、銀行からの借入金で回っている企業の連鎖倒産!を招き、

日本は"経済破綻"つまり"大恐慌"に襲われることに...

デフォルトを免れているのは

日本国民が¥を信じて(日常的に)流通(tradeに使用)させて、日銀が日銀券(お札)発行額に見合った外貨準備($)額を保有しており(為替レートが安定していて)輸出企業も円建て決済が可能なからですが、2022年7月現在の様に「急激な円安」が進行するとそれも...

そして、国債が敗戦後同様に"紙くず"になったら、その国債を全額背負い込んいる日銀が破綻すれば、日銀券¥は暴落(無価値!)となり、敗戦直後のように一気に240倍以上もの超インフレ!となり、

日本経済は敗戦直後のような壊滅的な状態となります!

※参)韓国・中共・ロシアなどの海外に渡航された経験のある方なら、よくご存じのはずですが...

日本以外では、市中の一般商店のtrade(売買)で国内通貨(ウォン、元、ルーブル、ペソ?など)よりも"米ドル"での支払いを求められる場合!が往々にしてあります。

つまり、自国通貨より国際通貨としての$に通貨価値を認めているわけです!

なので、韓国のように、経済破綻(※02)が起こりIMFの要求で自由化政策をとらざるを得なくなったような「名誉ある?過去」を経験する羽目になるわけです。

参※02)1997年12月3日:韓国が通貨危機(国家破綻の危機)に陥り、国際通貨基金(IMF) 資金支援合意書に署名IMFによる韓国救済でIMFの管理下(わかりやすく言えば倒産企業と同じ管財人の手に!)に...

第3項 中共傾!analyst,commentatorと中共政府の利害の一致点とは

つまり、親中共派の協力者・売国奴の、コメンテーター・アナリスト達は日本政府の財政破綻!を狙っているわけです!

日本の経済力が弱体化すると中共の海外侵略政策がより一層行いやすくなる!からです。

つまり金権慾しか頭にない運輸族が"己の欲望を満たす為"に、鉄道建設や・鉄道事業存続に膨大な公共投資(血税投棄)を行えば...

国防費を増やすことなど不可能になり、更には亜細亜・アフリカの(低開発国!)への経済協力事業にも手が回らなくなり、中共の"一帯一路"政策(※99)に、有利に働く!わけです。

昨今の国際情勢で、経済破綻しかけている中共政府にとっては、亜細亜・アフリカ諸国への経済協力が滞っても、競争相手の日本の海外協力も滞れば日本外交(経済援助)と対等になるわけです!

参※99)当サイト内関連記事 中共の"一帯一路"(新万里の長城!)とロシアの"鉄(道)のカーテン"とは... はこちら。

狸穴総研 防共研究室 出自多留狸

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

《日本の防共政策?は大丈夫か...》関連特集記事のご案内 

※以下の♥タイトルをクリックするとシリーズ記事全てにジャンプ!できます。

後書き《天命を終えた路線とは》シリーズについて

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

色んな理由で、赤字路線が廃止検討されています。

と言うより色んないいわけで、『赤字路線が21世紀まで生き延びた』といってもよいかもしれません。

鉄道駅を中心(ハブ)として、ローカルエリアの交通網・生活圏を構築してきた、自治体の都市計画を考え直す時期に来たのかもしれません!

第1項 道路建設が大幅に機械化された現在では

嘗ては,道路整備よりもお手軽なLife lineとして僻地にまで鉄道が張り巡らされたわけですが...

道路建設の技術革新で、舗装路が全国隅々にいきわたった現在、99%の陸上貨物はトラックに移り、中量旅客輸送もオムニバス(バス運輸)網が整備されて、(※901)

専用走路"線路"の維持管理・設備更新を自己負担しなければならない"旅客鉄道"は、大きなハンディを抱えるようになりました!

参※901)当サイト内関連記事 実は一般道の舗装率と深い関係がある「モータリゼーションの激流!」 はこちら。

第2項 時の流れに移ろう「民の営み・暮らし向き」と共に...

嘗ての街道沿いの"宿場"を繋いだ鉄道も、宿場その物から「民の営み・民の暮らし」が消え失せ、"新鮮な空気"以外には運ぶものが無くなった旧街道沿いの路線も多いわけです。

ノスタルジックな、「鉄道神話」の呪縛を解き放ち、再度「地域のtraffic」を見なおすべき時期ではないでしょうか...

狸穴総研 鉄道再建研究室 極赤字路線問題調査室 出自多留狸

※脚注 関連団体♥ 問い合わせ先リンク集

※ここをクリックするとこのページの"Top index"に戻れます!

関連団体リンクテーブル 

※hyper-linkについて

ハイパーリンクは事業者の Official Websiteを基本に、♥各国語版Wikipedia該当contentにリンクしてあります。

地名は言語表記を基本Google 地図カナ振り

更に、Google地図検索を容易にするために、地名に関しても、言語表記を基本に、(カナ表記)についてもGoogle 地図で使用されている「カナ使い」を使用しています。

又、引用句に関しては《〇X語版》を明確にしています。

海外事情は各国言語版 Wikipediaを優先!

但し海外事情についての日本語版ウィキペディアは、英語版contentの"直訳"が多く更に編集者(与党関係者?)に都合よいようにかなり"歪曲!"されたcontent(電子情報)が多いので、公正を期するために各国言語版 Wikipedia に直接リンクしてあります!

また、日本語版ウィキペディアは中学(教師)並み?の"直訳"が多いので、"意訳し直して"あります。

参)当サイト内関連記事 海外版Youtube 鉄道動画 と 各国語版ウィキペディアの勧め はこちら。

参)当サイト内関連記事 海外鉄道・ 空港関連 ご当地Wikipedia リンク集 はこちら。

※hyper-link先は
  • ●日本語(カタカナ)表記は(日本語版)ウィキペディア
  • ●英語表記は(英語版)Wikipedia
  • ●オランダ表記は(欄語版)Wikipedia、ドイツ語表記は(独語版)Wikipedia、スペイン語は(西班牙語版)Wikipedia 、イタリア語表記は(伊語版)Wikipedia
  • ●スランス語表記は(仏語版)Wikipédia、ポルトガル語表記は(葡語版)Wikipédia
  • ●ロシア語表記は(露語版)Википедия、
  • ●ラテン語表記は(裸展?語版)Vicipaedia
  • ●クネクネ文字?は(使用各国版)ويكيبيديا
  • ●中国語表記は
  • 台湾版;維基百科,自由的百科全書
  • 中共版;维基百科,自由的百科全书

にそれぞれ直接リンクしてあります。

※但しハングル表記(韓国語版)위키피디아 は、両班(ヤンパン)出身者(※991)のintellectualが趨勢を占める狂育怪が"関与"しているので著しく信憑性に欠け!ていて、殆どが日本語版ウィキペディア以下!(50歩100歩?)の fake content なので無視!しました。

Red China版 (维基百科,自由的百科全书 )のほうがはるかに信頼性があります!

参※991)当サイト内関連記事 両班(ヤンパン)3悪に翻弄され続ける韓国国民と日韓関係 はこちら。

イデオロギーに関する日本語版ウィキペディアのイエローフラッグ"糞"フラッグが多い!

特に歴史・イデオロギーに関するイエローフラッグは(管理人"としてボランティア?で"ウィキペディア事務局に関与している)平和ボケした理想主義者、有識者?達が日"教祖"の偏向教育(大衆洗脳)方針に沿うように"注意(Communism!)喚起?"しており、ハッキリ言って"糞"フラッグ!です。

むしろ"糞"フラッグが立っているcontent(内容)のほうがfairness(公正)な立場の内容と言えなくもありません!

交通施策に関するcontentは運輸族のプロパガンダの温床に

但し、交通関係はYoutuberが虚仮にしているように、スポンサー(与党運輸族・財界)の意向を強く反映しているので、universality(普遍性)に欠けたprivate document(私文書!書簡)に下ずく刊行物やマニア向け雑誌を引用しているcontentが大半で!

Academic(学術亭)ではないcontentに"正当なfairness(警鐘:イエローフラッグ)"を警告している場合もあります。

※当サイト内関連記事 日本語ウィキペディアが 鉄道(傾?)Youtuberから"こけ"にされる訳は... はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

 

公開:2022年10月10日
更新:2022年10月11日

投稿者:デジタヌ

TOP


 

 



▲天声狸語へ戻る

 

ページ先頭に戻る