『タヌキがゆく』狸穴ジャーナル

ウクライナ 動乱!の裏側を"お花畑"の中の人 や ヤンキーのお兄さん でもわかるように説明すると...

前書き(要約)暖簾・提灯を架け替えて"組長"は変わってもやってることは今も昔も...

第2次大戦ヨーロッパ戦線が停戦して、独裁組長ナチス政権が崩壊しましたが...

その後ロシア組(旧CCCP)を率いる(独裁者スターリンの跡目を継いだ)フルシチョフが1956年にハンガリーに殴り込みをかけ、10年少々で平和は崩されました。

さらに、アフガニスタンへの殴り込みや、つい最近では、暖簾分けした兄弟分(主権国家)のカザフスタンの内輪もめに、助っ人を出したり...

そして、そして2014年に、庭先に潜入していたロシア組の一派が、身内同士の兄弟喧嘩を始め、これと見計らっていた、ロシア組本家が、裏口(ケルチ海峡)から奥座敷クリミア半島に、乱入してそのまま居座り、籠城を決め込み...

そしてそして、本年(2022年)東側の縁先に面したサンルーム(ルハンスク、ドネツク)2部屋を、占拠していた組員の独立を支持(承認)して、ロシア組の組員助っ人の名目で、ウクライナ組に"出入り"殴り込みをかけたわけです!

誰にでもわかる? ウクライナ 動乱 の裏側... の目次

※リンクについて

(参※xx) は当サイト内の参照関連記事リンクです。
但し、その他の直接 hyper-link は当事者・関連団体の公式サイト若しくは各国語版Wikipediaへ直接リンクされています。

※注、大紀元(NDTジャパン)の引用について

反共を謳って、時には行き過ぎたfake報道も取りざたされるなど、とかく批判されやすい大紀元(NDTジャパン)ですが...中共から資金援助を受けた真っ赤に汚染されたfake報道専門局中共寄りのニュース解説をするコメンテーターよりは...

防共Siteではあえて News sourceの一つとして引用しています!

信じる信じないは貴方の見識に...

前節 兄弟の内輪喧嘩に近所の他人が口をさしはさんでいる現状!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

ウクライナ情勢を「 (-_-メ) の出入りに!」に例えた某 Commentator がいましたが...

ウクライナ情勢は「兄弟喧嘩に近所の他人が口をさしはさむ」ようなものと言えるのではないでしょうか?

元々は幼い?子供同士の喧嘩に、親が乗り出して、隣近所が「村中が2分する大騒動」となるような事です。

『子どもの喧嘩に親が口出しするな!』

は昔から言われることですが...

ましてや兄弟喧嘩に他人が口出しするのはもっと...

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第1節 元義兄弟だったウクライナとロシア!

家系を辿れば?"ウクライナが分家"するまでは確かに"義"兄弟どおしでしたが...

CCCP一家?が"解散"する時に、ウクライナ組の構成員?達の投票で、"分家"することを決めて、一度はロシア組に名を改めた、本家?も"承認"して、公安当局(国連;United Nations以下UN)に届け出!してめでたく、分家として独立したわけです!

さらにもっと以前を遡れば、元々ムスリムが多い"敵対勢力"だったわけです。

まあCCCP組当時は、多くの組長(指導者)を輩出して、一大勢力だったわけですが...

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第2節 ロシアは近所の舎弟同士?の内は喧嘩に介入している!

"組が分裂"してからは、ロシアから舞い込んだ、"組員"と元からの組員間の"所場"抗争"となり、庭先から側面をついたロシア系組員が庭先(クリミア半島)を占拠して、事実上の"所場;territory"として、"非承認"の縄張り;Frontierを引いて、そのまま居座っているわけです!

このために、多くの"クリミア難民"が発生してしまったわけです!

♥数少ない、中立を守る報道局!FNNのドキュメンタリーコンテンツ

ウクライナの声に耳を傾けなかった及び腰のNATO諸国が...

※戦術核!の時代でも制圧(占領)には陸軍(兵員)が必要、つまりLogistics(兵站)確保が必要に...

国土死守の姿勢とは別に...ここはいったん下がって、ドニエプル川をFrontierとして対峙したほうが得策なのでは...

かの国の大河は、日本人には想像もつかない大河、河川敷きが5~20㎞以上!にも及ぶ大河!

更にこれから上流部で雪解けの季節となり、水量が増してくる時期にもあたる!

事実、北部戦線?では、ドニエプル川支流プビャチ川の堤防決壊作戦(水攻め)による、Logisticsの"泥濘化作戦!"が功を奏している。

停戦すれば復興は出来る!

更に全土を制圧するのは難しい!

つまり、兵站路を、"ゲリラ戦"で絶つことは可能!

NATO軍事顧問団は、大統領を説得して、一時退却して、ドニエプル川右岸(西部)のFrontierの構築と、兵站確保!を進言すべきでは...

ロシア組の"殴り込み?"時に、非難?したものの、"資源"力をバックに"脅し"をかけられ、すごすごと"だんまり戦術・見て見ぬふり"を決め込んだのが耶蘇教徒(※01)共でした!

しかしその後、ウクライナ組が、NATO組になびき出すと...

参※01)当サイト内関連記事 白人"耶蘇"社会の"ご都合主義"imperialismとは... はこちら。

未だに「首根っこを押さえられている毒国」は...

ドイツは、頸動脈!life line(天然ガスパイプライン)を抑えられており、仕方なく?毒・露・中経済道同盟に参加して、Trans-Eurasia Logistics(トランス=ユーラシア・ロジスティクス)(※02)事業に参加して、Logistics(兵站!)構築に係っているわけです。

いわば、彼らは嘗てのナチスドイツとあまり変わっていません!

※以下は嘗てのナチスドイツが描いた大陸横断弾丸!列車構想です

※以下はLogistics (兵站)の一例ですが、ウクライナ国境でも同じことが...

参※02)当サイト内関連記事 Rusiann Gauge の鉄(道)のカーテンと中国が進めてきたインド包囲網"新万里の頂上・一帯一路"とは... はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第3節 世界の警察官?色男気取り!のUSAは...

「面倒見の良い?押し付け倫理観にもとづく色男外交」(※03)を得意?とするUSAは、

本来は内政問題・知和喧嘩!で当事者同士で"けじめをつけて手打ち"しないといけない"内部抗争"に横やりを入れて、ロシア・USAの大親分どうしで、"和解話"を進めて「所場争いを収めよう」としていますが...

内部抗争をしている組員同氏からは、不平不満があって当然です!

更に、"手打ち"を勧めながら、背後で双方の組員に"ドス"と"組頭"を使わしていたのでは...

これでは、アフガニスタンの内戦に誰(CCCP)が火をつけ、誰(USA)が煽り、誰(ムスリム)が停戦を果たしたのか?のごく最近の教訓すらも生かされていない訳です!

参※03)当サイト内関連記事 外交政策にも当てはまる 色男の陥るパラドクス "良かれあしかれ"と"要らぬおせっかい!" はこちら。

ジキルとハイドの2つの顔をもつUSAは...

「ジキルとハイド」の2重人格で知られるUSAは、嘗てのTexas併合、ハワイ王国(Hawaiian Kingdom)併合など、国際間(2国間)が認め合った"主権国家"への暴挙を繰り返してきた国家でもあります。

しかし、長年にわたる傀儡政権支援・ベトナム戦争の失敗、近年では前途したアフガニスタンの内乱介入への失敗!など、色男USAの"交際術"は白人耶蘇教徒の陥りやすい"道徳観の押し付け"に過ぎないのではないかと感じさせるわけです...

参※)当サイト内関連記事 コロコロと表情を変えるUSA はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第4節 悪の枢軸国の世情は大東亜戦争突入時の大日本帝国に似通っている!

行き過ぎた経済開放(無統制経済!)で、いまRed Chinaは経済破綻にまっしぐらに進んでいます!

※注、大紀元(NDTジャパン)の引用について

反共を謳って、時には行き過ぎたfake報道も取りざたされるなど、とかく批判されやすい大紀元(NDTジャパン)ですが...中共から資金援助を受けた真っ赤に汚染されたfake報道専門局中共寄りのニュース解説をするコメンテーターよりは...

防共Siteではあえて News sourceの一つとして引用しています!

信じる信じないは貴方の見識に...

更に行き過ぎた不動産バブルが崩壊して食糧危機にも...

第1項 愛嬌を振りまくパンダ?も...

嘗て1931年に柳条湖事件(1931年)の狂言を自演して、満州事変が起こり、大日本帝国・ナチスドイツの国際連合脱退(1933年)そして1939年のナチスドイツのポーランド侵攻、さらに1940年の日・毒・伊三国条約が成立して1941年の大東亜戦争開戦、第2次世界大戦へと突き進んだわけですが...

その背景には、長引く3国の"不況"が背景にあったわけです。

つまり、いつの世も独裁者(と資産家層)は、困窮層(国民)を狙い撃ちにして、プロパガンダ(世論誘導)を行い、武力による闘争(戦争)を煽るわけです!

現状、ロシア国内、Red China両国ともに、経済政策の失敗で「深刻な経済状況」となっていて、一般大衆の鬱積が、EU加盟各国とその同盟国?、台湾、日本、シンガポール、マレーシア、オーストラリアなどの環太平洋の民主主義国家に向けられようとしているわけです...

第2項 ロシア・中共はterritoryで少数民族弾圧を!

中国では、宗教弾圧が続いており、特に、武力で統一した、新疆ウイグル自治区?や青海省では、MuslimやRama(Buddhist)の少数民族?への弾圧が続いています!

悪の枢軸同盟国 Red China の傍若無人な非人道行為を

ロシアの友好国カザフスタンは元はMuslimのカザフスタン人の国家でしたが、今は"経済進出"したロシアの傀儡独裁政権がロシア人(移民)優遇政策を行いNative peopleの鬱積がつい先日の一揆!に繋がったわけです。

そしてこの時も、悪の枢軸が協力して、鎮圧したわけですが...

第3項 周辺国に対する国境侵犯・侵略!

日本の理想主義者・Communist 共がたたえる"毛沢東思想"一党独裁国家 Red China は周辺属国?に対して、平気で主権侵害・国境侵犯・国境無視を繰り返しています!

以下は以前から、ニュース最前線 香港 妙佛 DEEP MAX 中国洞察-インサイト などの香港のpartisan?活動家支援Siteから情報発信されている"内部告発"で、常態化!している周辺友好国!へのterritory(領有地)・Frontier(縄張りライン)・border (国境)侵犯に関するほんの一例にしかすぎません!

最近は友好国?北朝鮮との間でも、国境抗争で犠牲者を出す!など、その傍若無人!ぶりは目を覆うものがあります。

そのRed China 政府は国営放送を通じて『ロシアの如何なる対外政策も支持する!』と公式声明を発しています!

悪の枢軸軍事同盟は既に結ばれていると考えても...

参※)中央アジのイスラム国家;カザフスタン!、キルギス、タジキスタン、アフガニスタン、パキスタン並びにネパール、ブータンなどのヒマラヤ諸国への中国公安当局の越境!

同じくバングラディッシュ、ミャンマー、ラオス、ベトナムへの国境侵犯、ロシアの傀儡政権モンゴルへの国境侵犯!そして親ロシア派の北朝鮮などへの国境侵犯などなど...

昔から犬猿の仲の印度以外にも、日常的に国境侵犯!が繰り返されています。

第4項 さらに経済協力の名のもとに経済侵略が...

先ごろ開通したラオス中國鐡道が典型例でしょうが、これ以外にもマレー半島の軍事独裁国家ミャンマー、その隣国バングラディシュ、ネパール、パキスタン、そしてアフリカ大陸の貧しい後進国!を中南米の軍事独裁国家を狙い撃ちして、着々と同盟国にしているわけです!

これ等の、貧乏国では、ITCどころか、レガシー放送のTVでさえ普及しておらず、政府の一方的なプロパガンダ報道しか国民には知らされていない訳で、正しく"北朝鮮"状態の情報鎖国が続いているわけです!

第4項 唯一希望の星はIslamに対する平和の呼びかけ!

悪の枢軸の獅子身中の虫は少数民族!

共に、ワイン(血)を好む社会主義プロテスタント組織(※91)とは違い、"無駄な殺生"を戒めている宗教!です。

今こそ、平和を愛する、カソリック、仏教徒、イスラム教徒、が大同団結して、世界平和を訴えるべきでしょう!

参※91)当サイト内関連記事 白人"耶蘇"社会の"ご都合主義"imperialismとは... はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

結節 過激さを増す "一部マスコミ" の「悪の枢軸プロパガンダ」とSNS合戦!

最近、Red China から資金提供を受けている、朝日・毎日系のANN、MBS、日教組系TBS、テレ東BIZなどのニュース局から、"ウクライナ情勢分析報道"と称して、ウクライナの"分割統治"を是認する、プロパガンダ Content が連日アップロード!されています。

悪の枢軸国のメンバーである、Red China からの圧力・指令!が発せられているのでしょう...

他の、FNNプライムオンライン日テレNEWS、などの"一般"報道局では、中立な報道に徹して、内政干渉に当たる論評(コメント)は避けていますが...

報道の自由、言論の自由を逸脱した "偏向プロパガンダContent !"

このような"偏向"報道が続けられて、当事国のウクライナ大使館員が知っているなら...日本国政府に、強い抗議!が寄せられ、両社の特派員にも退去命令!が発せられる事態になるでしょう。

そのような事態になる前に、政府から自粛勧告が必要かと思われます!

わざとらしく"言い間違えたり"して...

この両局は共に平然と東部ウクライナ反乱地域の独立宣言をUN、NATO加盟各国が承認したかのような錯覚を、視聴者に植え付けるような表現を用いて、

あたかもウクライナ東部がRussian territoryであるかのような、「東部ウクライナのロシア併合」が既定の路線であるかのような発言を連発しています!

その言動には、耳を疑いたくなるような暴言!が随所に見られ、司会をしている女性アナも思わず嫌悪感をあらわにするけげんな表情!を見せるほどです。

勿論この2局では前途したRed China の国境侵犯!などは、海外通信社からのニュース映像が入っても「絶対に報道されることはありません!」NHKも左?に倣え!です。

更にロシアでは報道統制が始まり大東亜戦争直前の状況に

ロシアでは、1991年12月26日の旧CCCP崩壊、で共和国制に移行して、1992年5月、ロシア連邦条約によって現在のロシア連邦が成立したわけですが...、問題は、日本同様に?教育制度が迷走しだし、国内全土に完全に自由主義教育がいきわたっていない事です!

1985年3月以前に現役だった年金暮らしの老人たちは完全にイカレテイル!

特に、現在年金暮らしをしている、老人たちは"完全にイカレテいて"、CCCP崩壊前へと繋がったコルバチョフのペレストロイカ体制以前つまり、1985年3月以前の暮らしやすかった?CCCP当時を懐かしむ、"国粋主義者・全体主義者"が多くを占めているわけです!

彼らは、大本営?(プーチン政権)発表の、fake報道を信じ込み、打倒NOTO・ウクライナを声高に叫ぶようになっています!

更に、戦前の日本の世論を研究している「数少ないノンポリ学者!」が訴えているように、

経済封鎖で、物資不足・インフレが進行すると、世論は急激に「鬼畜ウクライナ・NATO・同盟国(日本)」に傾き、開戦!ムードに傾くことも、歴史が証明!しています。

第3次世界大戦に発展する前に...

村・世間?を2分して!他人同士が大騒動(第3次世界大戦)になる前に...

義兄弟同士を「協議の場」につかせて内部抗争!終結の話し合いをさせるべきでしょう!

つまり、評決権の無い和平監視団(オブザーバー)として「現状はマダ機能しているはずの?"UN」の常任理事国"が参加して、当事者同士で"けじめ(和平協議)を付けさせる"べきではないのでしょうか?

そのうえで、双方の"シマ"(territory)が割れて、更には新たな"組"が生まれてFrontier(縄張りライン)または、border (国境)が引かれても、それは良しとなるのでしょうが...

嘗てのUSAが行ったのTexas併合、ハワイ王国併合のような、新ロシア帝国議会?(プーチン皇帝!)のウクライナ北部併合・territory拡張決議は、世界平和の基盤「主権国家の尊厳」を著しく損なう意思表示声明!としか言えないでしょう!

狸穴総研 国際紛争研究室 出自多留狸

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

《日本の防共政策?は大丈夫か...》関連特集記事のご案内 

※以下の♥タイトルをクリックするとシリーズ記事全てにジャンプ!できます。

後書き《 geopolitics と logistics 》シリーズについて

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

当シリーズではLogistics(兵站)とGeopolitics(地政学)に関する"話題"を取り上げていますが...

同時に現状の"垢にまみれた人達"が推し進めている、初等・中等教育についても"問題を投げかけ"ている!

つもりです。

ポイント切り替えを誤った"狂育路線"が...

つまり、現行の大学入試を目指した「記憶力」に頼る"年表重視"の、歴史書・歴史教育では、「歴史的事実」が個別事柄として語られている場合が殆どです。

1番大事な「なぜそうなったのか?」と言う「相互間の因果関係・相関関係」が語られれいない場合が殆どで、「年号記憶」に終始しているわけです。

これでは、義務教育・高校教育を含めた一貫教育課程の「地理・歴史」が面白く無くて当然です!

更に初等数学・初等科学教育(理科)においても

与えられた課題解決には幾通りもの"論理過程"があり、更に条件付け次第では"いくつもの解"も存在!します。

特に現状の初等教育における"算数教育"では、日凶素患部が干渉した検定教科書?に記載された「1つの論理過程、一つの解」である模範解答を金科玉条のごとく押し付けて!います。

これでは日常の問題に即応した「臨機応変な思考力」身に着けることはできません!

地政学そのものについて迄「枠にはめよう」!と...

最近、地政学アナリストを装った"正体不明の人物(団体?)"が、「判りやすい地政学入門シリーズ」と称して、Youtubeに"静止画投稿"を始めましたが...

彼らは「日本における「地政学」(独: Geopolitik)の学説」を盾に、地政学を狭い範囲に押し込んで、「広い意味での地政学geopolitics」から関心をそらそうとプロパガンダ!しています。

geopoliticsはborder(国境)territory(実効支配地)のlife lineであるtraffic networkつまりはlogistics(兵站学)とも密接に結びついていて、国防と密接な関係!にもあるわけです。

なので、USAでさえ時代(政権)によっては、"迫害"を受けてきた研究分野!でもあるわけです。

更に、その成り立ちから、戦後の日本では「垢にまみれた狂育者たちに毛嫌いされてきた"研究分野"」でもありますが...

地政学には学会は存在しない!

更に、世界的に統一された学会・協会(特殊法人)も存在しません!

(※NPO法人 国際地政学研究所はあるようですが)

日本では地理学の一分野とされているようです。

つまり前途したように、"研究分野(Theme)"ではありますが、一部の"職者?(思想家)"が唱えている様な狭義の「単なる学説」に則った"学問分野"ではありません!

地理学、経済論(経済学)、文明論(文化人類学・歴史研究・言語研究・政治学・社会学)、思想論(哲学・宗教)、心理学!(群集心理)にまで跨る、

「民の営み・暮らし向き」文化圏・生活圏・経済圏どうしの"相関関係"を、為政者(国家権力)間の力関係(軍事力)ではなく、communityどうしの相関関係で解き明かそうとする"実践論"の研究Theme"なのす。

つまり、小生が属していた"非破壊検査協会"のような多方面の学問分野に跨る"応用研究分野・実践論"なのです。

つまり、♥"タブーの無い自由な発想"を展開できる研究分野!なのです。

なので中共でもっとも進んでいる!研究Themeでもあるわけです。

"彼ら"中国人民政治協商会議中国共産党中央統一戦線工作部)にとって日本の地理学会の活動は、脅威でもあり・目障り!でもあるわけです。

つまり、単なる"学説"をネタに地理学会を分裂させて、このThemeに対する"日本の研究"をカオス(混沌)に導いて自らの優位性を維持しようとしているわけです!

明日を担う未成年層に、世界を知ることで日本の鉄道網の将来の姿を考える大人に育つように...

当シリーズでは、日本の鉄道網を中心に、日本国内事情だけではなく「人類皆兄弟!」が営む「地球規模での国家間の力関係(軍事力)、相互干渉(外交関係)」から考察して、21世紀の日本のLogistics、transportation(運輸)、Transport network のあるべき姿を探っています。

同時に未成年の「鉄オタ」や、某国のプロパガンダに乗せられた一部のお気楽な運輸族代議士が"ぶち上げた馬鹿げた整備新幹線建設推進プロジェクト妄想"に踊らされないで済むように、

「大きな視野・世界観」に下ずいて、鉄道事業を冷静に"俯瞰"出来る「常識を兼ね備えた、ビジョンのある"大人"に育つ」ことを願って寄稿しています。

勿論小生は右翼(金権慾?)ではありませんが...

赤(垢)にまみれた日凶祖?の教職員や、それを先導(煽動)している研究者・大学教員・教育アナリスト?たちのような"頭空っぽの理想酒義?者"でもありません!

次世代を担ってくれるはず?の"脳天気な若者たち"と、金権慾"にまみれた"お気楽な運輸族"の発言・政治活動と、その手先にされている「鉄道傾YouTuber」のコンテンツを眺めていて、日本の行く末を案じているだけです!

狸穴総研 地理学研究班 出自多留狸

※hyper-linkについて

ハイパーリンクは事業者の Official Websiteを基本に、♥各国語版Wikipedia該当contentにリンクしてあります。

地名は言語表記を基本Google 地図カナ振り

更に、Google地図検索を容易にするために、地名に関しても、言語表記を基本に、(カナ表記)についてもGoogle 地図で使用されている「カナ使い」を使用しています。

又、引用句に関しては《〇X語版》を明確にしています。

海外事情は各国言語版 Wikipediaを優先!

但し海外事情についての日本語版ウィキペディアは、英語版contentの"直訳"が多く更に編集者(与党関係者?)に都合よいようにかなり"歪曲!"されたcontent(電子情報)が多いので、公正を期するために各国言語版 Wikipedia に直接リンクしてあります!

また、日本語版ウィキペディアは中学(教師)並み?の"直訳"が多いので、"意訳し直して"あります。

参)当サイト内関連記事 海外版Youtube 鉄道動画 と 各国語版ウィキペディアの勧め はこちら。

参)当サイト内関連記事 海外鉄道・ 空港関連 ご当地Wikipedia リンク集 はこちら。

※hyper-link先は
  • ●日本語(カタカナ)表記は(日本語版)ウィキペディア
  • ●英語表記は(英語版)Wikipedia
  • ●オランダ表記は(欄語版)Wikipedia、ドイツ語表記は(独語版)Wikipedia、スペイン語は(西班牙語版)Wikipedia 、イタリア語表記は(伊語版)Wikipedia
  • ●スランス語表記は(仏語版)Wikipédia、ポルトガル語表記は(葡語版)Wikipédia
  • ●ロシア語表記は(露語版)Википедия、
  • ●ラテン語表記は(裸展?語版)Vicipaedia
  • ●クネクネ文字?は(使用各国版)ويكيبيديا
  • ●中国語表記は
  • 台湾版;維基百科,自由的百科全書
  • 中共版;维基百科,自由的百科全书

にそれぞれ直接リンクしてあります。

※但しハングル表記(韓国語版)위키피디아 は、両班(ヤンパン)出身者(※991)のintellectualが趨勢を占める狂育怪が"関与"しているので著しく信憑性に欠け!ていて、殆どが日本語版ウィキペディア以下!(50歩100歩?)の fake content なので無視!しました。

Red China版 (维基百科,自由的百科全书 )のほうがはるかに信頼性があります!

参※991)当サイト内関連記事 両班(ヤンパン)3悪に翻弄され続ける韓国国民と日韓関係 はこちら。

イデオロギーに関する日本語版ウィキペディアのイエローフラッグ"糞"フラッグが多い!

特に歴史・イデオロギーに関するイエローフラッグは(管理人"としてボランティア?で"ウィキペディア事務局に関与している)平和ボケした理想主義者、有識者?達が日"教祖"の偏向教育(大衆洗脳)方針に沿うように"注意(Communism!)喚起?"しており、ハッキリ言って"糞"フラッグ!です。

むしろ"糞"フラッグが立っているcontent(内容)のほうがfairness(公正)な立場の内容と言えなくもありません!

交通施策に関するcontentは運輸族のプロパガンダの温床に

但し、交通関係はYoutuberが虚仮にしているように、スポンサー(与党運輸族・財界)の意向を強く反映しているので、universality(普遍性)に欠けたprivate document(私文書!書簡)に下ずく刊行物やマニア向け雑誌を引用しているcontentが大半で!

Academic(学術亭)ではないcontentに"正当なfairness(警鐘:イエローフラッグ)"を警告している場合もあります。

※当サイト内関連記事 日本語ウィキペディアが 鉄道(傾?)Youtuberから"こけ"にされる訳は... はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

 

公開:2022年2月22日
更新:2022年8月29日

投稿者:デジタヌ

外交政策 にも当てはまる色男の陥るパラドクス "良かれあしかれ"と"要らぬおせっかい!" TOP鞭だけでは猛獣アムール虎は"手懐けられない"!


 

 



▲地理学・地政学・歴史研究班へ戻る

 

ページ先頭に戻る