『タヌキがゆく』狸穴ジャーナル

外交政策 にも当てはまる色男の陥るパラドクス "良かれあしかれ"と"要らぬおせっかい!"

前書き(要約)そろそろ色男外交?を卒業しないと

勘違いしていると...

日本だけではありませんが、「面倒見の良い、押し付け倫理観にもとづく色男外交」では、東南アジア、アフリカ大陸の"低開発国"だけではなく、シンガポール、マレーシア、インドなどの自由圏"先進国"にも、愛想をつかされて、離れられる恐れがあります。

つまり、『これだけ面倒を見てやっているのだから...きっと有難く思っていて、裏切るわけがない!』『だから俺を振って、バブル経済成金になびくなどあり得ない!

等と勘違いしていると...USA同様に、

『チクショウ、俺を裏切って、成金に付きやがった!恩知らず女め!

となるわけですが...

面倒を見たからと言って必ずしも恩に着るとは...

良く面倒を見てくれたからと言って、必ずしも恩に着るとは限らない!訳です...

更に、『それと これとは、話が違うでショ!...親が恩義になったかもしれないけれど、私は私ヨ!もうしつこく付きまとって構わないで頂戴!』

となる場合が往々にしてあるわけです!

道徳観・倫理観・正義感の押し付けはお互いの不幸に繋がる...

Red China 譲がその典型例でしょうし、嘗ての日本男児(大日本帝国)も、色男USAに『なんやかんや』いわれて、「親友?と袂を分かった」わけですし...

USAのような「要らぬおせっかい」に繋がる、道徳観・倫理観・正義感の押し付けは、お互いの不幸に繋がる場合が往々にして...

国際関係でも、商人(商社)共の言うことを信じて、最新の機械・設備を円借款で"輸出"!しても、相手国に技術力・経済力が伴わなければ、設備・施設の維持管理が出来なく、色男のSelf-satisfaction(masturbation)に終わる場合が殆どで...

相手国の♥国情に見合った、「持続可能な事業」への「国際援助」資金援助が必要なのでは...

外交政策にも当てはまる 色男の陥るパラドクス "良かれあしかれ"と"要らぬおせっかい!" の目次

※リンクについて

(参※xx) は当サイト内の参照関連記事リンクです。
但し、その他の直接 hyper-link は当事者・関連団体の公式サイト若しくは各国語版Wikipediaへ直接リンクされています。

※注、大紀元(NDTジャパン)の引用について

反共を謳って、時には行き過ぎたfake報道も取りざたされるなど、とかく批判されやすい大紀元(NDTジャパン)ですが...

中共(中国人民政治協商会議中国共産党中央統一戦線工作部)から資金援助を受けて真っ赤に汚染された日本のfake報道民放TV各局中共寄りのニュース解説をする売国奴・コメンテーターよりは...

防共Siteではあえて News sourceの一つとして引用しています!

信じる信じないは♥貴方の見識で...

プロローグ イギリスの lunch vendor での逸話

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

この教訓から得られることは...

1)"味覚"は風土・風習とは"別次元"
2)各地(各国)の"風土"に迎合しても受け入れられない!
3)風土料理にはLocal area 独特の風土すなわち「気候・職住環境・流通・地勢」等の地政学的分析結果が反映されている。
4)全国(全世界)が全く"同一環境"に置かれていない実情では、"味覚"(辛い、アマイ、苦い...)は人類共通でも、"好み"(さじ加減)は一定ではない。
5)ある特定の風土料理(各国料理)が世界中を席巻することはない!
6)つまり結論的には、「全国(世界)に知れ渡っても...」席巻は出来ない!
7)食の多様性(選択の自由)としての意味合いも含めて、原住民?の風土に「迎合」した"味"の改竄!では、かえって"日本の(食)文化"の紹介・広報にはつながらない!
8)なので..."本物"に近い豚肉100%のドイツソーセージが流通し、多数の香辛料を用いた「印度カレー」店が日本各地にも存在している訳。
9)1930年代の、国際情勢に極似通った状況(忍び寄る世界大戦の足音!)となっている今こそ、単一宗教・単一思想・独裁体制ではない"多様性"を認める平和意識が必要なのでは!
10)日本の教育も理想者・Communist達の唱える平和(ボケ)憲法堅持プロパガンダ一辺倒では、多様な発想を持つ公平な判断の出来る"真の意味での自由な国民・国際人"は育たないのでは!
11)現在、世界平和を訴えている、キリスト教共産主義者たちは、所詮 時の権力者達と組んで「異教徒への迫害、殺戮、粛清」つまり"宗教弾圧"の先鋒に立ってきた連中にすぎない!
※リベラルと・保守陣営は一党独裁・軍事政権・軍事力に下づいた帝国主義、など目糞鼻糞!の50歩100歩状態で、共に公正な判断とはいいがたいわけです。

我が日乃本は、独自の仏教思想を綿々と探求し続けてきた♥「殺生を好まない」"人類皆兄弟"の原点に戻る必要!があるのでは...

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第1節 耶蘇教徒・白人の倫理観とは?

耶蘇教徒・白人の道徳観・倫理観とは?(※1)

キリストが誕生するはるか以前人類誕生以来より、遠征(出入り)を通じて (-_-メ) 同様にterritory(実効支配地・縄張り)を拡大してきた歴史を引きずっている訳です!

つまり、耶蘇共白人の「正義とは武力」なわけです!

参※1)当サイト内関連記事 "耶蘇"社会の"ご都合主義"imperialismとは はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第2節 ほぼ同時期に生まれた世界の"偉大なる思想家(宗教家)"達

人類の成長・発達?と共に、思想(宗教)を共有するCommunity(地域社会)が生まれ、当初は多神教(自然崇拝)を基本とする"shaman"を中心とするCommunityが、ローマ帝国に代表されるように、巨大システム化すると、貧富の差・市民と奴隷などに代表される"階級・階層"と言う矛盾"を抱え込み、

その中(背景)から、キリスト、釈迦、マホメット、と言った偉大なる思想家(宗教家)が現れ、「真理を求めて一神教が生まれた」わけです!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第3節 政治・権力と結びついた宗教

その後、人類社会の更なる発展・発達に伴い、民族対立、支配者・権力者の野望(territory拡大)の思想的裏付け"お題目"として宗教が利用され、国際間・異教徒間での紛争、territory内での異教徒への迫害・宗教弾圧・粛清(殺戮)の歴史が繰り返されてきたわけです。

そして、未だにMuslimの多い中央アジア諸国とシルクロード沿いの、Russiaの同盟国カザフスタンや、Red China が"併合"した新疆ウイグル自治区では民族迫害・宗教弾圧がまかり通っているわけです!

ウクライナ民族は元々Muslim民族だった

ロシア正教のイメージが強い、旧CCCP圏ですが...

コーカサス山脈をFrontier(縄張りライン)とするロシア帝国がterritoryを確立したのは近世のことです!

なので、嘗ての同胞、ウクライナにも多くのMuslimが居住しているわけです、特に"ロシアに占拠"されて、territory(領有地)として併合?されたクリミア半島には多くの中央アジア民族系のMuslimが居住していました!

永年に渡りロシア正教の下にMuslim迫害を繰り返してきたRussia!

ロシアは、有名なピョートル大帝以来、キリスト教の名のもとにMuslim 勢力と戦い?territoryを拡大していったImperialism軍事大国でもあったわけです。

そして、民族迫害・宗教弾圧を繰り返し、いわれなき反逆罪で収監・島流し(シベリア送り)を行い、変わってロシア人の入植を奨励したわけです。

この"手口"はCCCPスターリン時代に一層過激さを増し正式な資料(※31)で数百万人!にも及ぶ中央アジアの人々が"粛清"されたといわれています!

参※31)フルシチョフ時代の内部資料公開で世界に公表された!

毛沢東思想???を掲げた中國解放軍も...

日本の理想主義者、Communist共が理想国家"神国"とあがめる?Red Chinaも、

永年に渡り、周辺国である、平和を好むチベット族、ウイグル族への"軍事侵攻"を行い、territory化・併合を行い、更に周辺国の、ネパール、パキスタン、バングラデシュ、ミャンマー軍事政権、ラオス独裁政権、カンボジア独裁政権、ベトナム、等に...

"経済協力"の名のもとに、"同盟国化政策"を行い、今や台湾を含む、インド大陸、マレー半島の自由圏は存亡の危機!に瀕しているわけです。

なので、経済圏として存続しているイギリス連邦のリーダー?イギリスが印度へ、イギリス海軍の空母を派遣してインド洋の制海権を必死で守ろうとしているわけです!

そんなイギリス海軍の軍事機密を、平気で通報!する韓国は最早同盟国とはいいがたく、

嘗ての遣朝国・Red China媚び諂う冊封国(属国)!となり果てているのでしょう!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第4節 第3次世界戦争を回避するには...

親露派、親中派がのさばっている"穀物メジャー"や貿易商社(貿易商)以外の、中立の立場を保つエネルギー産業、自動車業界などの基幹産業、公益団体から基金を募り"公益財団法人 日本財団 のような公益財団法人"宗教研究財団" を創設して、

特定の政治結社・政党と"結びついる新興宗教分派を除いた、Legacy 仏教法人を結集して、マレー半島を中心とする仏教徒、中央アジア・中東・一部アフリカ沿岸諸国を含むMuslimを結集する、国際平和組織「新・世界宗教家会議」活動を支援して、社会主義耶蘇教一派に対抗して真の国際平和活動♥に向かい、関係各国に迫る!べきではないでしょうか!...

イスラム原理主義"敵対論"は現UN(対日戦線連合国)がでっち上げた宗教弾圧Delusion

日本のお偉い学者先生方からは軽視されているGeopolitics(地政学)ですが...

Geopolitics的に"俯瞰"すれば、イスラム原理主義"敵対論"は、現西欧列強がでっち上げた"おとぎ話で、スターウォーズに登場する悪の帝国軍になぞらえた"おとぎ話"でしょう!

UN常任理事国にとっては、Red China、ロシアへの経済制裁、各紛争地域への国連軍の派兵案はことごとく拒否権行使で否決されましたが...

彼らが"悪の帝国"としているイランに対する経済制裁には同調の姿勢を示し、核視察団を派遣したりするわけです!

核拡散を肯定する気は毛頭ありませんが!

大2次大戦前の嘗てのイギリスの宰相Stanley Baldwinが大本帝国、ナチスドイツがLeague of Nations(国際連盟)を脱退した以後、国際情勢が緊張して各地で、騒乱、動乱の嵐が吹きまくっていた1936年6月23日の英国議会下院での発言で、大国間の倫理感・正義感の押し付け合いでは、国際平和が保てない実態が浮き彫りにされています!

(集団安全保障は)失敗しました。それは結局の所、ヨーロッパのほぼ全ての国が、いわゆる軍事的制裁に踏み切ることに消極的だったからです。本当の、あるいは主な理由は、数週間の過程で、侵略国以外に戦争の準備ができている国がないことがわかったからです。集団行動が単なる話の種ではなく、現実のものとなるためには、全ての国が戦争の準備をするというだけではなく、すぐにでも戦争をする準備をしなければならないということです。これは恐ろしいことですが、集団安全保障には欠かせないことです。《日本語ウィキペディアより引用》

そして1937年にはムッソリーニ率いるイタリアも脱退し。

同年11月に日独伊防共協定の成立によって、日独伊3国のローマ・ベルリン・東京枢軸が成立して、第2次世界戦争へとまっしぐらに突き進んだ!訳です。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第5節 まだ時間的猶予があると信じたい!

第2次世界大戦も、大日本国帝国、ナチスドイツの国際連盟脱退から数年の猶予期間?は存在しました。

両国が、東西線戦で宣戦布告して本格的に侵略戦争・第2次世界大戦に向かったのは、国際連盟を脱退してから6年を経過した1939年からのことです。

この時は、貧乏国:枢軸国 VS 富める国:自由圏との勢力争いで、世界が2分されてしまったわけですが...

世界史の旅行も友人同士の紀行と同じ!

2人の長旅は、いくら仲良し同士でも"主張が衝突することがあり、大喧嘩となり、旅の途中で決別!してしまう場合が往々にして生じますが...

3人旅では、誰かが仲裁に入り、とっつかみ合いの大喧嘩には至らない訳です!

つまり、共産主義?者と金権主義の2大独裁者と、耶蘇教徒を主体とする、自由貿易圏(NATO諸国と同盟国)では、国際平和の紀行を続けるのは難しいわけです!

なので小生が提唱した、仏教団体、Muslimが一致団結して、仲裁するつまり"割って入"レバ、現在独裁大国が内包している内政問題?民族迫害!の事実隠蔽を突けて、枢軸国結成を未然に防ぎ世界平和を保つことも可能ではないか!?と思われるわけです。

国際情勢緊張の主因は"富める人達"と"蔓延した貧困層"の2極分化!

国際情勢緊張、騒乱・内乱・紛争の主因は、独裁者とその一派の"富める人達"と"蔓延した貧困層"の2極分化が主因であることは誰の目にも明らか!でしょう。

つまり極端な貧富の差を解消しないと、世界平和は訪れない!と言い切れるでしょう!

国民の目を国際緊張から逸らせる垢にまみれたジャーナリズム

平和(憲法)ボケした、国民が"平和の祭典?"オリンピック中継に熱中している間に、西でも、東でも刻一刻とヤバイ状況となっています。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

エピローグ 真珠湾攻撃に会うのは日本の番に! 

特に日本は、このままではAttack on Pearl Harbor(真珠湾攻撃)の二の舞の"悲劇を味わう当事者"になってしまう懸念も十二分にあります!

つまり、平和(ボケ)憲法 9条で守られている日本が、攻撃を受けるわけがない!...

などと言う平和Delusionが浸透してしまった日本では、著しく危機感(国防意識)がたるんでいる!わけですが...

Red Chinaでは、尖閣諸島を飛び越し"日本本土進攻"を唱える毛沢東主義者まで現れています!

第1項 経済危機に瀕しているのに「国民生活を犠牲にして軍拡に向かう!」悪の枢軸軍事同盟! 

ロシアも中国も経済危機に直面している

ロシアが焦っている要因の一つに、背後に天然資源(原油・天然ガス)の枯渇問題!があることは、衆目の知るところです!

更に、一見繫栄を得たかのように、見られているロシア経済は虚栄に満ちた幻影でしかありません!

インフラ整備は追い付かず、ペレストロイカ(1987年)以前の30年以上前と同じ!

インフレで(低賃金の極貧層)庶民の暮らしは日々困窮の度合を深め、極寒のロシアで光熱費さえままならない状態!

(社会主義教育に洗脳されている)年金層の爺婆はCCCP当時を懐かしみ!

鬼畜NATO・ウクライナを唱え独裁者プーチン支持!に...

※嘗てペレストロイカ前は数万人の労働者が働いていた、Вологда(ボログダ)の鉱山住宅の模様!

元KGBスパイ・独裁者プーチンの卑劣な手口

抜け目のない一面を持つ元KGBスパイの彼は、シリアに傭兵のリース!を申し入れています。

未だにシリアで続く内戦・国境紛争?ではシリア人・トルコ人は戦っていません!

何れも近隣のアフガニスタンの出稼ぎ?傭兵・外人部隊!です。

つまり、極端な場合隣村の肉親(親戚)同士が、「相打ち」の殺し合い!を演じています。

元KGBスパイの独裁者プーチンは、裏事情通なのでシリアに傭兵のleassing(また貸し)を申し入れているわけです!

これで、ロシア人兵士の負傷者が減れば、国内の批判も躱せるわけです。

アフガニスタンのタリバン政権は...

アフガニスタンではタリバン政権が内乱を平定!しましたが...

国土は荒れ果て、復興するにも自由圏?からの海外協力は少なく!仕方なく、子供の頃から慣れ親しんだ銃を担ぎ、家族(生活費)の為に(シリア・トルコ両国の)外人部隊に出稼ぎ!に出かけて人達を黙認(奨励?)しています。

これも現代欧米の主流派「プロテスタントの独善」が生んだ悲劇・惨劇!です。

中国はバブル崩壊で...

中国爆発する人口と、バブル経済の崩壊!で、経済危機に直面していることも知られています!

つまり、第2次大戦前(1933年当時)のナチスドイツ、大日本帝国の経済(長引く不況)状況と極似!しているわけです。

「旧ソ猫(NATO)を嚙む」事態だけは絶対に回避しないといけない現実問題です!

第2項 悪の枢軸軍事同盟の「獅子身中の虫」はMuslim!

先ごろのカザフスタン現ロシア傀儡専権の騒乱鎮圧に対する協調態度でも明らかなように、ロシアとRed Chinaは Muslim ,Rama&Buddhist 少数民族の反乱・独立運動を恐れています!

※傀儡政権が主張した"外国人"騒乱説は歪曲された、fakeです!

世界平和を意地(維持)にはイランに対する(経済制裁解除)働きかけが...

早急にイランに対する条件付き!経済制裁解除と、凍結原油代金の支払いと、

前途した民間レベルでの平和活動と、政治的・軍事的働きかけ(調略・諜報活動)が必要でしょう。

以前のUSAや、NATO諸国に期待しても宗教観・倫理観・道徳観が、"余りにも違い過ぎて"いて、今更制裁処置を解除する、"勇気ある指導者"は見当たりませんでした。

新・枢軸国連盟の"狙い目"となっていました!

パレスティナ問題の根底にある(世界の金融経済を牛耳っている)JewishとNATO諸国の関係、更にはアラビア半島アラブ諸国の安全保障問題などなど、今まで先送りで顧みられなかった諸問題が山積していますが...

Muslimのイランを味方に引き入れて、枢軸国軍事同盟分断を計らないと、間違いなしに第3次世界大戦に向かわざるを得ない!でしょう...

イランを見方に出来れば「韓国が敵に寝返っても...」自由陣営は守れる!

現在、中国の経済協力?で中国陣営に加わっているアフリカ諸国や、

中南米の国力の無い独裁国家が、国連を脱退して(敵について)も、さほどの問題とはならないでしょう?

更には、大東亜戦争停戦以来、1991年のUN加盟主権回復まで保護国として面倒を見ていてくれていたUSAを裏切って、旧宗主国の Red China に寝返った!としても...

USAが韓国の猫糞(ネコババ)を許したのが...

嘗ての遣朝国 Red China への接近(軍事機密漏洩など)を図り寝返りを画策している裏切り者・卑怯者の隣国K国が、国連?の経済制裁国際決議をいいことに、イランへの原油代金支払いを拒み、凍結(差し押さえ?)していますが...

現政権の文ちゃんが使い込んでいる?のは目に見えていて、米国が支払いを指図しても、屁理屈を付けて返さない(出来無い!)のでしょう。

日本が一時立て替えを西側と世界銀行に働きかけて!

共にMuslimのイランとパイプのあるChristianのバイデン政権とBuddhistの日本とが、一部NATOの社会主義Protestant一派に働きかけて、イランに対する経済制裁の終結と、韓国の未払い原油代金の肩代わり返還!を行い、

西側諸国に加担することを条件にイランの経済危機を立て直す!ことが、第3次世界大戦を回避するための、唯一の祈りの燭台!ではないでしょうか...

狸穴総研 地政学・文化研究所 出自多留狸

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

《日本の防共政策?は大丈夫か...》関連特集記事のご案内 

※以下の♥タイトルをクリックするとシリーズ記事全てにジャンプ!できます。

後書き《 geopolitics と logistics 》シリーズについて

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

当シリーズではLogistics(兵站)とGeopolitics(地政学)に関する"話題"を取り上げていますが...

同時に現状の"垢にまみれた人達"が推し進めている、初等・中等教育についても"問題を投げかけ"ている!

つもりです。

ポイント切り替えを誤った"狂育路線"が...

つまり、現行の大学入試を目指した「記憶力」に頼る"年表重視"の、歴史書・歴史教育では、「歴史的事実」が個別事柄として語られている場合が殆どです。

1番大事な「なぜそうなったのか?」と言う「相互間の因果関係・相関関係」が語られれいない場合が殆どで、「年号記憶」に終始しているわけです。

これでは、義務教育・高校教育を含めた一貫教育課程の「地理・歴史」が面白く無くて当然です!

更に初等数学・初等科学教育(理科)においても

与えられた課題解決には幾通りもの"論理過程"があり、更に条件付け次第では"いくつもの解"も存在!します。

特に現状の初等教育における"算数教育"では、日凶素患部が干渉した検定教科書?に記載された「1つの論理過程、一つの解」である模範解答を金科玉条のごとく押し付けて!います。

これでは日常の問題に即応した「臨機応変な思考力」身に着けることはできません!

地政学そのものについて迄「枠にはめよう」!と...

最近、地政学アナリストを装った"正体不明の人物(団体?)"が、「判りやすい地政学入門シリーズ」と称して、Youtubeに"静止画投稿"を始めましたが...

彼らは「日本における「地政学」(独: Geopolitik)の学説」を盾に、地政学を狭い範囲に押し込んで、「広い意味での地政学geopolitics」から関心をそらそうとプロパガンダ!しています。

geopoliticsはborder(国境)territory(実効支配地)のlife lineであるtraffic networkつまりはlogistics(兵站学)とも密接に結びついていて、国防と密接な関係!にもあるわけです。

なので、USAでさえ時代(政権)によっては、"迫害"を受けてきた研究分野!でもあるわけです。

更に、その成り立ちから、戦後の日本では「垢にまみれた狂育者たちに毛嫌いされてきた"研究分野"」でもありますが...

地政学には学会は存在しない!

更に、世界的に統一された学会・協会(特殊法人)も存在しません!

(※NPO法人 国際地政学研究所はあるようですが)

日本では地理学の一分野とされているようです。

つまり前途したように、"研究分野(Theme)"ではありますが、一部の"職者?(思想家)"が唱えている様な狭義の「単なる学説」に則った"学問分野"ではありません!

地理学、経済論(経済学)、文明論(文化人類学・歴史研究・言語研究・政治学・社会学)、思想論(哲学・宗教)、心理学!(群集心理)にまで跨る、

「民の営み・暮らし向き」文化圏・生活圏・経済圏どうしの"相関関係"を、為政者(国家権力)間の力関係(軍事力)ではなく、communityどうしの相関関係で解き明かそうとする"実践論"の研究Theme"なのす。

つまり、小生が属していた"非破壊検査協会"のような多方面の学問分野に跨る"応用研究分野・実践論"なのです。

つまり、♥"タブーの無い自由な発想"を展開できる研究分野!なのです。

なので中共でもっとも進んでいる!研究Themeでもあるわけです。

"彼ら"中国人民政治協商会議中国共産党中央統一戦線工作部)にとって日本の地理学会の活動は、脅威でもあり・目障り!でもあるわけです。

つまり、単なる"学説"をネタに地理学会を分裂させて、このThemeに対する"日本の研究"をカオス(混沌)に導いて自らの優位性を維持しようとしているわけです!

明日を担う未成年層に、世界を知ることで日本の鉄道網の将来の姿を考える大人に育つように...

当シリーズでは、日本の鉄道網を中心に、日本国内事情だけではなく「人類皆兄弟!」が営む「地球規模での国家間の力関係(軍事力)、相互干渉(外交関係)」から考察して、21世紀の日本のLogistics、transportation(運輸)、Transport network のあるべき姿を探っています。

同時に未成年の「鉄オタ」や、某国のプロパガンダに乗せられた一部のお気楽な運輸族代議士が"ぶち上げた馬鹿げた整備新幹線建設推進プロジェクト妄想"に踊らされないで済むように、

「大きな視野・世界観」に下ずいて、鉄道事業を冷静に"俯瞰"出来る「常識を兼ね備えた、ビジョンのある"大人"に育つ」ことを願って寄稿しています。

勿論小生は右翼(金権慾?)ではありませんが...

赤(垢)にまみれた日凶祖?の教職員や、それを先導(煽動)している研究者・大学教員・教育アナリスト?たちのような"頭空っぽの理想酒義?者"でもありません!

次世代を担ってくれるはず?の"脳天気な若者たち"と、金権慾"にまみれた"お気楽な運輸族"の発言・政治活動と、その手先にされている「鉄道傾YouTuber」のコンテンツを眺めていて、日本の行く末を案じているだけです!

狸穴総研 地理学研究班 出自多留狸

※hyper-linkについて

ハイパーリンクは事業者の Official Websiteを基本に、♥各国語版Wikipedia該当contentにリンクしてあります。

地名は言語表記を基本Google 地図カナ振り

更に、Google地図検索を容易にするために、地名に関しても、言語表記を基本に、(カナ表記)についてもGoogle 地図で使用されている「カナ使い」を使用しています。

又、引用句に関しては《〇X語版》を明確にしています。

海外事情は各国言語版 Wikipediaを優先!

但し海外事情についての日本語版ウィキペディアは、英語版contentの"直訳"が多く更に編集者(与党関係者?)に都合よいようにかなり"歪曲!"されたcontent(電子情報)が多いので、公正を期するために各国言語版 Wikipedia に直接リンクしてあります!

また、日本語版ウィキペディアは中学(教師)並み?の"直訳"が多いので、"意訳し直して"あります。

参)当サイト内関連記事 海外版Youtube 鉄道動画 と 各国語版ウィキペディアの勧め はこちら。

参)当サイト内関連記事 海外鉄道・ 空港関連 ご当地Wikipedia リンク集 はこちら。

※hyper-link先は
  • ●日本語(カタカナ)表記は(日本語版)ウィキペディア
  • ●英語表記は(英語版)Wikipedia
  • ●オランダ表記は(欄語版)Wikipedia、ドイツ語表記は(独語版)Wikipedia、スペイン語は(西班牙語版)Wikipedia 、イタリア語表記は(伊語版)Wikipedia
  • ●スランス語表記は(仏語版)Wikipédia、ポルトガル語表記は(葡語版)Wikipédia
  • ●ロシア語表記は(露語版)Википедия、
  • ●ラテン語表記は(裸展?語版)Vicipaedia
  • ●クネクネ文字?は(使用各国版)ويكيبيديا
  • ●中国語表記は
  • 台湾版;維基百科,自由的百科全書
  • 中共版;维基百科,自由的百科全书

にそれぞれ直接リンクしてあります。

※但しハングル表記(韓国語版)위키피디아 は、両班(ヤンパン)出身者(※991)のintellectualが趨勢を占める狂育怪が"関与"しているので著しく信憑性に欠け!ていて、殆どが日本語版ウィキペディア以下!(50歩100歩?)の fake content なので無視!しました。

Red China版 (维基百科,自由的百科全书 )のほうがはるかに信頼性があります!

参※991)当サイト内関連記事 両班(ヤンパン)3悪に翻弄され続ける韓国国民と日韓関係 はこちら。

イデオロギーに関する日本語版ウィキペディアのイエローフラッグ"糞"フラッグが多い!

特に歴史・イデオロギーに関するイエローフラッグは(管理人"としてボランティア?で"ウィキペディア事務局に関与している)平和ボケした理想主義者、有識者?達が日"教祖"の偏向教育(大衆洗脳)方針に沿うように"注意(Communism!)喚起?"しており、ハッキリ言って"糞"フラッグ!です。

むしろ"糞"フラッグが立っているcontent(内容)のほうがfairness(公正)な立場の内容と言えなくもありません!

交通施策に関するcontentは運輸族のプロパガンダの温床に

但し、交通関係はYoutuberが虚仮にしているように、スポンサー(与党運輸族・財界)の意向を強く反映しているので、universality(普遍性)に欠けたprivate document(私文書!書簡)に下ずく刊行物やマニア向け雑誌を引用しているcontentが大半で!

Academic(学術亭)ではないcontentに"正当なfairness(警鐘:イエローフラッグ)"を警告している場合もあります。

※当サイト内関連記事 日本語ウィキペディアが 鉄道(傾?)Youtuberから"こけ"にされる訳は... はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

 

公開:2022年2月17日
更新:2022年8月29日

投稿者:デジタヌ

中共・ロシア・イラク・朝(韓)の悪の枢軸軍事同盟による第3次大戦は防げるか!?...TOPウクライナ 動乱!の裏側を"お花畑"の中の人 や ヤンキーのお兄さん でもわかるように説明すると...


 

 



▲地理学・地政学・歴史研究班へ戻る

 

ページ先頭に戻る