『タヌキがゆく』狸穴ジャーナル

日本語ウィキペディア が 鉄道系Youtuber から"こけ"にされる訳とは...

前書き(要約)ウィキペディア は横町のご隠居さん!?

鉄道傾Youtuberからは虚仮(こけ)にされている日本語版ウィキペディア

一般人には、"横丁のご隠居さん"に代わって、何にでも通じている"物知り"的な存在の"日本語版ウィキペディア"ですが...

鉄道傾Youtuberからは"仲間内の鉄オタ"が記述している?にもかかわらず、散々虚仮(こけ)にされている日本語版ウィキペディアですが...

プロローグ イエローフラッグが立っていなくても

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

"仲間内の鉄オタ"が記述している?にもかかわらず、鉄道傾Youtuberからは

『いい加減でデタラメな記述が多く!信憑性に乏しい!』

『...ん?変だなと思い調べ直すと、書かれていた内容とは違っていた!』

『皆さんも、図書館に行って調べ直されてみてはいかがでしょうか...?』

等と散々に虚仮(こけ)にされている日本語版ウィキペディアですが...

「枝葉末節に拘り本質を見落とす鉄オタの本質(自分自身)」を承知しているからかもしれません!?

(彼らのスポンサーである与党運輸族がらみの)整備新幹線建設推進プロジェクト関連や"新線建設関連content"については小生も同感で、捏造された!プロパガンダFake contentだとは思いますが...

参 当サイト内関連記事 今どきの鉄道傾!Youtuber...鉄道タレント、鉄道シナリオライター、鉄道 コラムニストとは?... はこちら。

第1項 普遍性に欠けるLiteratureが多い日本語版ウィキペディア!

『この記事には複数の問題があります。改善やノートページでの議論にご協力ください。』

『この記事の内容の信頼性について検証が求められています。』

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。』

『出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。』
『独自研究が含まれているおそれがあります。』

とか『削除される可能性があります!』

言った風なイエローフラッグ!をよく見かけますが...

yellow flagの無いcontentでも...

イデオロギーがらみ、"既得権益・利権"がらみ、文明・文化論、等の"政権・政府がらみ"の事柄については、(体制側に)偏った内容のレビュー・コラムが多いようです!

つまり一見豊富なLiteratureで裏付けられている様に見えても...

用いられているLiteratureが、universality(普遍性)に欠けたprivate document(私文書!書簡)としか評価できない、ジャーナリスト主体のマスコミ出版物・一般出版物を引用しているcontentが多く、

academicな"学術論文"や"公的機関の統計"、社史等の公式文書などからの引用などのevidenceに欠ける場合が多いわけです。

第2項 ボランティア組織?で成り立っている各国の事務局

更に事務局は、参考文献や出典の出所の信頼性(個人出版物 or treatise;学術論文)までは検証していません!

つまり当サイト同様に?偏った見識(個人的見解)が散見されます!

もっとも、各国版のWikipedia管理人組織(ボランティア組織?)自体も、各国の"有志?"で成り立っているので、公正なJudgementによるイエローフラッグとは言えませんが...

日本に限らず、各国ともに各分野の自称Analyst(専門家)?が協力しているようで、

つまり、管理人の属する"学閥・団体の主張"の影響をかなり受けることに...

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第1節 各国の起筆者で記述が異なる!

鉄道関連に限らず同じTheme,item(項目)でも、各国版の起筆者たちの主張よって大幅に内容が異なります!

国民性(政府見解)を色濃く反映したプロパガンダの場(content)となっています。

つまりウィキペディアは万国共通内容の百科事典ではありません!

第1項 日本語版は英語版直訳が多い!

日本語版は、万国共通?の英語版を直訳したものが殆どです。

なので、編集者に"都合の悪い内容"以外は独自の文献引用も見られません!

と言うより、日本語に翻訳された海外文献(出版物)が少ない?と言う事でしょう。

第2項 各国で異なる専門用語や俗語・略語

更に、分野別専門用語や俗語・略語は各国(の文化)で異なります!

なので単語・専門用語・専門(業界・分野別)用語は"ググり直す"必要はあります。

例えば、毒?語圏では、「建築物・施設(物)と所属している団体(組織)」は区別されていません。

これは鉄道に係らず...演劇・音楽関係でも同じで、日本語のオペラ座、とオペラ団は同じOperaで一括りになっています!つまりウィーン国立歌劇場と国立歌劇場歌劇団は共にWiener Staatsoperです。

※但し歌劇場管弦楽団とウィーンフィルは同じメンバーですが別組織です! (∀`*ゞ)エヘヘ

第3項 該当国のcontemporary事情は

海外事情については「よそ者である日本人」が編集した日本語版ウィキペディアより...

当事国の「contemporary(現状の)な与論」すなわち"政府見解、国民の認識・通念・世論を知りたい場合は、各国語版のウィキペディアが最も"実情に即した"内容となっています。

なので、"諸外国のcontemporary(現状)のtemporary(一時の、最新の)な鉄道事情"を知りたければ当事国バージョンの各国語版Wikipediaを閲覧したほうが、日本語版ウィキペディアよりは余程信頼のおける内容になっています。

各国語版ウィキペディアのググり方

以下は各国語版ウィキペディアのググり方の一例です。

step 1 アイテムの翻訳

先ずは調べたい項目を、Google翻訳で左の欄に日本語入力して、右の欄で"調べたい言語(国)"を指定して、各国語に翻訳して...

step 2 google 検索

googleブラウザーに、以下の"各国語版"を指定すると、各国(後)版が検索できます。

殆どは〇X ウィキペディア と表示されますが、日本語(カタカナ外来語?)の"ウィキペディア"の各国での表記は...

  • ●英語、独語、阿蘭陀語、西班牙語、伊太利語では" Wikipedia"そのままですが
  • ●仏語、ポルトガル語では Wikipédia
  • ●裸展?語では Vicipaedia
  • ●露語語では Википедия 
  • ●中国語では 维基百科、維基百科
  • ●そしてクネクネ語?では ويكيبيديا 

と表記されます!

例えば 
  • ●「中國鐵道 維基百科」と(繁体)で入力して検索すれば、台湾版のWikipedia(維基百科,自由的百科全書)の「關口知宏之中國鐵道大紀行」へ
  • ●「中国铁路 维基百科」と(簡体)で入力して検索すれば 中共版Wikipedia;(维基百科,自由的百科全书 )の「中华人民共和国铁路运输」」へ

夫々のThemeが上位に検索されます。

最上段のURLの横にある「▼このページを訳す」 と言う"ハイパーリンク"をクリックすれば、日本語に翻訳された内容で閲覧できます。

若しくは次項で説明する方法でも"瞬時翻訳"が可能です。

※但し、台湾と・中共ではイデオロギーが対立しているので、content(内容)には隔たりがあります。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第2節 〇〇とハサミは使いよう!

とかく批判の多い大衆百科?Wikipediaですが...

昔から「 Horse & Deer は乗り(使い)よう」といって、見識さえ(語学力)さえ持ち合わせていれば、「Wikipedia of various countries」を"照らし合わせれば"図書館に行くよりお手軽に「ある程度 "信頼のおける真実?"」に迫ることが可能です。

♥鉄道と空路に関する各国版Wikipediaへのリンクは当サイト内 海外の鉄道・ 空港関連 ご当地(各国語版)Wikipedia リンク集 で... 

第1項 便利な世の中で...

しかも最近ではGoogle 翻訳が賢くなり!

殆どのメジャーな各国語の翻訳(直訳)が瞬時に行えるようになりました。

worldwiki2.jpg

browserの赤い↓部分をクリックして"日本語"を選択すれば英語は勿論、ロシア語、中国語、仏語、独語、アラビア語、裸展国語?(場合によってはハングル...ん?そんな物必要ないか!)ありとあらゆる言語が瞬時に翻訳できます。

第2項 多少の語学力は必要

但し、"直訳"に近いので、内容を理解する上では多少の語学力(文法)は心得ておく必要があります!

特に毒語?版、など英語版以外では、思想論、哲学的、形而上学???的(※21)、つまり婉曲的で、くどい"屁理屈フェチ?"が起筆した"文学的表現?"が多いので、日本語とは大幅に異なる構文(文法)も特異でパズルを解くような難しさはありますが。

単語と基本文法は単純なので、ほぼほぼ"英語義務教育の範疇"で理解可能?です。

参※21)"けいじじょうがく"と読みます。

嘗ての戦後復興・経済成長期に"真っ赤に染まったNHK"の某音楽プロデュサーが心酔していた!某・文芸評論家擬き(の翻訳家?)が、「けむに巻く表現」として好んで用いた"学術用語"?で...

単に芸術的観念論と言えば済むところを、『"けいじじょうがく"的高みにまで昇華された音楽で???』などと訳の分からない音楽評を展開して、(聴取量を支払っている大事なスポンサー!の)聴取者をけむに巻いていました。

しかもその対象が"大バッハ"ならともかく...

「天然ボケ・超直感的で宗教・思想・主義主張などとは無縁な"快楽主義"の代表」お気楽!な天災?モーツアルトの作品についての評論でした!

このお方はデリケートな"感受性"と、それによる"感情の高揚"などは全くお持ち合わせではなかったようで?(※つまり音楽・舞台芸術に接して"感涙にむせぶ"等想像すらできなかったでしょう!)

当時来日したホロビッツを「けちょんけちょんに酷評」したことでも有名なお方です。

"ドイツの音楽学者"が考えた観念論?"で"音楽を眺める!"いわば「全くの音痴!」で、音楽とは無縁のお方!でした。

つまり"高学歴の知識人"?に多い、理屈で西洋音楽を教養として"たしなむ"お方だったのでしょう。

彼が敗戦後たまたま"食いはぐれていた時期に、西洋音楽愛好家が戦時中の統制で入手が叶わなかった"西洋音楽関係の書籍"や西洋思想関係の書物の翻訳を、神保町界隈の文芸関係の出版社に依頼されて翻訳を手掛け、クラシック音楽に飢えていた「当時の世相」に乗り、有名になっただけのお方で、『門前の小僧習わぬ経を読み』の諺通りに、音楽を学んだ"音楽学者"ではありませんでした!

青春真っただ中、感受性豊かな大学生だった小生は、それ以来"モーツアルトの作品が大嫌い"になりました!

おかげで、当時はポピュラー名曲ではなかった、ブルックナー、マーラー、ディーリアスなどのコアな音楽作品?が大好きになりましたが...

意外と、日本人にわかりやすいフランス語(のコンテンツ)

以外と言えば失礼ですが?仏語版Wikipédiaのcontentは、構文も英語に近く?割とわかりやすく説明されています。

但し、世界一と言ってもよいほどに、愛国主義・国粋主義に徹していて、自由・平等・博愛を標榜して、リベラルに振れている時期のUSAに"自由の女神像"を寄贈した同じ人たちとは思えない程独善的で、保守政権時のUSA以上に、「自国の利益重視」「自国の正義感の押し付け」が顕著に表れている編集内容となっています。

つまり現状のマスコミ、教育界のjournalist、educator、Analystを含む世論操作(プロパガンダ)に係っている人たちが、愛国主義・国粋主義に徹しているのでしょう。

ハングル版は、もう論外!で全く信憑性のない非学術的な、伝承神話?、捏造された歴史に満ち溢れていて、jokeのネタにもならないでしょう!

日本で言えば与党運輸族の関係者が寄ってたかってでっち上げた"整備震撼線建設計画物!"と同じです。

参※)当サイト内関連記事 与党運輸族の同好会・整備新幹線建設推進プロジェクトチーム とは... はこちら。

意外とリベラルで客観的なcontentもあるロシア

国営企業絡みのorganization(企業・団体)に関するmatter(事柄)については、当然leadershipを持つ人たちの、staff member(Secretary & Brain)が、関与(起筆)した内容が多く、可成りプロパガンダ臭が漂うcontentがとなっている場合も多いですが...

systemに関してのmatterについては、意外と客観的で淡々とした記述で終始したcontentも多く存在します。

用語はググり直しが

但し前途したように、分野別専門用語、略語・俗語は各国でまちまちなので、ググり直しが必要です。(※22)

なので、"撮り鉄の鉄オタ少年"たちも、「野次を覚えるの」のではなく、ちゃんと登校して「義務教育」で語学力(英語の基本文法)を習得してください。

但し、現状の垢(赤)にまみれた日"教祖"?の先生たちの英語教育は間違っていますが...

参※22)当サイト内関連記事 よく使われる鉄道関連の慣用句表現 はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

エピローグ ...と言うわけで当サイトでは

参考文献・引用が、一般書籍(privateな出版物、専門誌・雑誌投稿等)に頼りがちな日本語版とは異なり、ある程度 academic なtreatiseを引用している?当事国のWikipediaを主体に編集しています。

参)当サイト内関連記事 海外版Youtube 鉄道動画 と 各国語版ウィキペディアの勧め はこちら。

参)当サイト内関連記事 海外の鉄道・ 空港関連 ご当地(各国語版 Wikipedia )リンク集 はこちら。

鉄道ネタは "プロパガンダ合戦" の場に

※以下はかつてのナチスドイツの野望ですが、今も世界の列強?は...

特に利権がらみの鉄道ネタは"与党運輸族(親ロシア派)と中国共産党擁護派(NHK、大手全国版・新聞社などのマスコミ関係者)のプロパガンダ合戦"の場になっています!

「公正な立場で客観性」を心がけています

イデオロギーは持ち込まずに、出来るだけ「公正な立場の客観性」を心がけています

つまり参考文献に登場する"自称analystやspecialist達の個人論文にみられる記述(表現)よりも、客観的に見た「"現実社会"に沿うように」編集しているつもりです!

※但し、ロシアについてはРоссийские железные дороги(ロシア鉄道公開株式会社)関係者のプロパガンダに近

"身贔屓"なRussian Big Talk(大言壮語)が随所にみられるので、独自の考察で、検証しています!

特に日本語版ウィキペディアの「シベリア横断鉄道」編集に関与した人たちは、"鉄オタに成りすました"日本の与党運輸族(の私設秘書?)関係の人物や、内通者(売国奴)多いようで、原文Транссибирская магистральにもみられない「(運輸族に)都合の良い勝手な解釈」が多く散見されます!

ロシア語を勉強している単なる一般人の語学生(大学生)」が意訳しても、こんな曲解した・誤訳はしないでし

ょう!

2021年12月吉日 狸穴総研 代表 出自多留狸

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

後書き《 geopolitics と logistics 》シリーズについて

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

当シリーズではLogistics(兵站)とGeopolitics(地政学)に関する"話題"を取り上げていますが...

同時に現状の"垢にまみれた人達"が推し進めている、初等・中等教育についても"問題を投げかけ"ている!

つもりです。

ポイント切り替えを誤った"狂育路線"が...

つまり、現行の大学入試を目指した「記憶力」に頼る"年表重視"の、歴史書・歴史教育では、「歴史的事実」が個別事柄として語られている場合が殆どです。

1番大事な「なぜそうなったのか?」と言う「相互間の因果関係・相関関係」が語られれいない場合が殆どで、「年号記憶」に終始しているわけです。

これでは、義務教育・高校教育を含めた一貫教育課程の「地理・歴史」が面白く無くて当然です!

更に初等数学・初等科学教育(理科)においても

与えられた課題解決には幾通りもの"論理過程"があり、更に条件付け次第では"いくつもの解"も存在!します。

特に現状の初等教育における"算数教育"では、日凶素患部が干渉した検定教科書?に記載された「1つの論理過程、一つの解」である模範解答を金科玉条のごとく押し付けて!います。

これでは日常の問題に即応した「臨機応変な思考力」身に着けることはできません!

地政学そのものについて迄「枠にはめよう」!と...

最近、地政学アナリストを装った正体不明の人物(団体?)が、「判りやすい地政学シリーズ入門」シリーズと称して、Youtubeに"静止画投稿"を始めましたが...

彼らは「日本における「地政学」(独: Geopolitik)の学説」を盾に、地政学を狭い範囲に押し込んで、「広い意味での地政学geopolitics」から関心をそらそうとプロパガンダ!しています。

geopoliticsはborder(国境)territory(実効支配地)のlife lineであるtraffic networkつまりはlogistics(兵站学)とも密接に結びついていて、国防と密接な関係!にもあるわけです。

なので、USAでさえ、時代(政権)によっては、"迫害"を受けてきた研究分野!でもあるわけです。

更に、その成り立ちから、戦後の日本では垢にまみれた狂育者たちに毛嫌いされてきた"研究分野"でもありますが...

地政学には学会は存在しない!

更に、世界的に統一された学会・協会(特殊法人)も存在しません!

(※NPO法人 国際地政学研究所はあるようですが)

日本では地理学の一分野とされているようです。

つまり前途したように、"研究分野"ではありますが、一部の"職者?(思想家)"が唱えている様な狭義の「単なる学説」に則った学問分野ではありません!

地理学、経済論(経済学)、文明論(文化人類学・歴史研究・言語研究・政治学・社会学)、思想論(哲学・宗教)に跨る「民の営み・暮らし向き」、つまり文化圏・生活圏・経済圏どうしの"相関関係"を、為政者(国家権力)間の力関係(軍事力)ではなく、communityどうしの相関関係で解き明かそうとする研究分野です。

つまり、♥"タブーの無い自由な発想"を展開できる研究分野!なのです。

なので実践論に近く、中共でもっとも進んでいる!研究分野でもありるわけです。

明日を担う未成年層に、世界を知ることで日本の鉄道網の将来の姿を考える大人に育つように...

当シリーズでは、日本の鉄道網を中心に、日本国内事情だけではなく「人類皆兄弟!」が営む「地球規模での国家間の力関係(軍事力)、相互干渉(外交関係)」から考察して、21世紀の日本のLogistics、transportation(運輸)、Transport network のあるべき姿を探っています。

同時に未成年の「鉄オタ」や、某国のプロパガンダに乗せられた一部のお気楽な運輸族代議士が"ぶち上げた馬鹿げた整備新幹線建設推進プロジェクト妄想"に踊らされないで済むように、

「大きな視野・世界観」に下ずいて、鉄道事業を冷静に"俯瞰"出来る「常識を兼ね備えた、ビジョンのある"大人"に育つ」ことを願って寄稿しています。

勿論小生は右翼(金権慾?)ではありませんが...

赤(垢)にまみれた日凶祖?の教職員や、それを先導(煽動)している研究者・大学教員・教育アナリスト?たちのような"頭空っぽの理想"酒義"?者でもありません!

次世代を担ってくれるはず?の"脳天気な若者たち"と、金権慾"にまみれた"お気楽な運輸族"の発言・政治活動と、その手先にされている「鉄道傾YouTuber」のコンテンツを眺めていて、日本の行く末を案じているだけです!

狸穴総研 代表 出自多留狸

※hyper-linkについて

ハイパーリンクは事業者の Official Websiteを基本に、Wikipedia該当contentに直接リンクしてあります。

日本語版ウィキペディアは英語版の直訳で誤訳が...

但し海外事情についての日本語版ウィキペディアは、英語版の"直訳"contentが多く、更に編集者(与党関係者?)に都合よいようにかなり"歪曲!"されたcontent(電子情報)が多いので、公正を期するために各国言語版 Wikipedia に直接リンクしてあります!

また、日本語版ウィキペディアは中学(教師)並み?の"直訳"が多いので、"意訳し直して"あります。

参)当サイト内関連記事 海外版Youtube 鉄道動画 と 各国語版ウィキペディアの勧め はこちら。

参)当サイト内関連記事 海外鉄道・ 空港関連 ご当地Wikipedia リンク集 はこちら。

イデオロギーに関するcontentについてのイエローフラッグ"糞"フラッグが多い!

特に歴史・イデオロギーに関するイエローフラッグは(ボランティア?で"管理人"としてウィキペディア事務局に関与している)平和ボケした理想主義者、有識者?達が日"教祖"の偏向教育(大衆洗脳)方針に沿うように"注意喚起?"しており、ハッキリ言って"糞"フラッグです!

むしろ"糞"フラッグが立っているcontent(内容)のほうがfairness(公正)な立場の内容と言えなくもありません!

交通施策に関するcontentは運輸族のプロパガンダの温床に

但し、交通関係は、スポンサー(与党運輸族)の意向を強く反映しているので、イエローフラッグが警鐘(fairness)を鳴らしている場合もありますが...

更に、地名に関しては、Google地図検索を容易にするために、言語表記を基本に、(カナ表記)についてもGoogle 地図で使用されている「カナ使い」を使用しています。

又、引用句に関しては《XX語版》を明確にしています。

※但しhyper-link先は

  • ●日本語(カタカナ)表記は日本語版ウィキペディア
  • ●英語表記は 英語版 Wikipedia
  • ●オランダ表記は 欄語版 Wikipedia、ドイツ語表記は 独語版 Wikipedia、スペイン語は 西班牙語版Wikipedia 、イタリア語表記は 伊語版 Wikipedia
  • ●スランス語表記は 仏語版 Wikipédia、ポルトガル語表記は 葡語版 Wikipédia
  • ●ロシア語表記は 露語版 Википедия、
  • ●ラテン語表記は 裸展?語版 Vicipaedia
  • ●クネクネ文字?は 使用各国版 ويكيبيديا
  • ●中国語表記は Both China版 維基百科

にそれぞれ直接リンクしてあります。

※但しハングル表記 韓国語版 위키피디아 は著しく信憑性が無く!殆どが日本語版以下(50歩100歩?)の fake content なので無視!しました。Red China版 (维基百科,自由的百科全书 )のほうがはるかに信頼性があります!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

 

公開:2021年12月10日
更新:2022年8月16日

投稿者:デジタヌ

今どきの 鉄道系Youtuber・鉄オタ・フリーター , ゴーストライター , 鉄道コラムニスト,マスコミとは?...TOP日本のマスメディアは"垢にまみれている"と共産思想プロパガンダサイトのURL一挙公開!


 

 



▲マスメディア・防共・教育問題研究班へ戻る

 

ページ先頭に戻る