『タヌキがゆく』狸穴ジャーナル

鞭だけでは猛獣アムール虎は"手懐けられない"!

前書き(要約)"飴と鞭"と言う諺を思い出すべきでしょう

日本では、親ロシア派の人たちが多いのでAmur tiger と呼ばれていますが海外ではSiberian tiger と呼ばれている猛獣は、

調教師の間でも"手懐ける"のが「非常に難しい」とされています。

鞭だけでは猛獣アムール虎は"手懐けられない"! の目次

※リンクについて

(参※xx) は当サイト内の参照関連記事リンクです。
但し、その他の直接 hyper-link は当事者・関連団体の公式サイト若しくは各国語版Wikipediaへ直接リンクされています。

※注、大紀元(NDTジャパン)の引用について

反共を謳って、時には行き過ぎた"fake報道"も取りざたされるなど、とかく批判されやすい大紀元(NDTジャパン)ですが...

中共(中国人民政治協商会議中国共産党中央統一戦線工作部)から資金援助を受けて"あちら"から入手した"fake content"を、"報道"と称して垂れ流し(プロパガンダ)ている民放TV各局"、"中共寄りの発言"をする売国奴コメンテーター共よりは余程まともです!

防共Siteでは

あえて 「News sourceの一つ」として大紀元(NDTジャパン)を引用しています!

「信じる信じない」は貴方の♥良識・見識しだい。

プロローグ ロシアは深刻な経済危機に直面している! <

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

国防省(防衛省)・外務省・産業経済省の一部のロシア情勢分析家以外の"一般人"には、"垢にまみれた"報道局の情報操作"で知らされていないので、知らない人が多いですが...

ロシアでは、ペレストロイカ以来、経済政策の失敗と言う"鞭"で、失業者、貧困層が激増!して、何も知らされていない"無知"な貧困層の国民が増えてしまっています!

第1節 ロシアでは年金生活者・老人達や失業者・貧困層で不満が鬱積!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

特にCCCP時代を知っている・労働者・年金生活者の間では昔を懐かしむ声が日に日に増加しています。

ロシアではエネルギー政策(経済政策)の失敗で"夕張状態"がロシア全土に広がり、鉱山労働者が職を失っています!

敗戦直後、日本国政府は帰還兵の失業対策として、国鉄に"大量の余剰人員"を雇用させました!

その結果は皆様ご存じの通り...

又現在のギリシャでも"3人に1人!"と言うとんでもない数字の"ぶらぶらしているだけの公務員"を雇用して、表面上"失業率"を装っていることは皆様ご存じのとおりです!

1項 例えばロシア鉄道の従業員数は異常!

Российские железные дороги(ロシア鉄道公開株式会社)JSCが大量の余剰人員!を抱え込んでいるのは経済政策の"失態"をカムフラージュするための失対(失業対策)にすぎません!

※Новый Ургал 駅(ノーヴィ・ウルガル駅)/バム鉄道

ロシア鉄道は、民営化(1987年4月1日)以前のJNR体制によく"赤字体質"で極めてLabor productivity(生産性)が悪い、前時代的で非効率な労働集約型産業!となっています。

ロシア鉄道はロシアで最大の雇用主です。

2017年現73万7千人が就労しています

このうち30%以上が女性で、従業員の42%以上(約38万人)が35歳未満の働き盛りです。

2020年には、総従業員数71万1千人のうち、24万人が本社の管理部門で働いていました。

《ロシア語版Wikipedia ; Российские железные дороги(JSC「ロシア鉄道」)より引用》

つまり711000-240000=471,000が現業部門と言うことになります。

さらにOperating(※32)区間を含めた総延長が122,000km,なので3.86人/㎞と言うことになり、

BNSFの0.5人/㎞(※33)より大幅に非効率な鉄道運営となっています。

参※32)当サイト内関連記事 英語圏の鉄道に関する記述・用語について はこちら。

参※33)当サイト内関連記事 持続可能な鉄道事業の指標を示してくれたBNSF! はこちら。

第2項 今回のウクライナへの軍事侵攻を称賛するロシア人も...

これ等のCCCP当時のロシアを懐かしむ年金層・貧困層の人たちが、プーチン大帝を支持しているわけです!

彼らは(私たちのように)ICTの恩恵で全世界から情報入手できる人達ではありません。

生存に係る「その日の糧と、熱費」をひねり出すのにも苦労している人たち!です

せいぜいレガシー媒体国営TVから流れる「プロパガンダを信じる」以外は情報入手のInformation line(途)はないわけです!

第3項 大東亜戦争前の日本の世相に極似!しています

つまり、(今は真っ赤に染まっている)新聞社が右翼と結託して捏造記事を乱発して!(真実を何も知らされていなかった)「不況にあえぐ貧困層」を煽り、「鬼畜米英」スローガンに大東亜戦争へと突き進んでしまったわけです!

つまり、ロシアの支配者・資産家・一部の高学歴層などのBourgeois(ブルジョア)と、

鞭(無知)にさらされている、大多数の貧困層との間で断絶が起こり、戦前の日本同様に鬼畜NOTO諸国のプロパガンダにまんまと乗った貧困層が狂暴なSiberian tiger !へ変身しようとしているわけです!

第2節 愛嬌を振りまくパンダが生息する中共も...

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます! 

行き過ぎた経済開放(無統制経済!)で、いまRed Chinaは経済破綻にまっしぐらに進んでいます!

更に行き過ぎた不動産バブルが崩壊して食糧危機にも...

第1項 先ごろ台湾海峡で圧倒的な軍事力の差を見せつけられて...

先ごろ台湾海峡での米英豪日の軍事演習で圧倒的な軍事力の差を見せつけられて。今回のウクライナ侵攻には"同調"しませんでしたが...

このまま経済破綻・不況が長引くと戦前の大日本帝国どうように、"情報統制の鞭"で増加している"無知な貧困層"から、ロシア同様に、鬼畜米・日路線へ突き進むのは時間の問題でしょう!

第2項 下手な鉄砲も数打ちゃ当たる!

現在経済破綻にまっしぐらなのに、軍備拡張を続けている Red China も戦前の大日本帝国同様に、増大する軍事費で、ますます困窮の度を増しています。

今後さらに、米国企業・日本企業の中国撤退(投資回収)が加速されれば、更に貧困層(失業者)が増加して...

オモチャ兵器でも...

YouTuber が面白おかしく、揶揄する"解放軍"の兵器ですが...

戦前の"ゼロ戦"同様に?、故障が多く、ナチスが開発した世界初の実用ジェット戦闘機メッサーシュミット Me262 同様にエンジンの耐久性に問題があり!

実戦配備?しているのが不思議なくらいですが...

現在量産化しており!本年中には相当数が実戦配備につくでしょう!

つまり、耐久性が無くても、J-15主力戦闘機(Su-33コピー飛行機!)が 大東亜戦争開戦当時の 大日本帝国海軍並みに増強されれば...

人命を何とも思っていない! Red Chinaは、ロシアと「悪の枢軸結成」に向かい、世界大戦をおっぱじめるでしょう!

第3節 日本における憂慮すべき現状"狂育問題"

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます! 

垢にまみれた、教育者?から偏向教育を受けて育った世代は、近・現代史を"タブー視"するお偉い先生方の方針で、歴史教育をスルーされていて、何も知らされていない状況に置かれています。

しかも彼らが否定する、教師まで加担した"集団虐め"、課外(加害)授業での"吊るし上げ"で不登校に成り、満足に当校もしない"文盲"状態であるにもかかわらず、教育委員(いいかげん)会から卒業証書を送付されて、義務教育を満了?したことになっている人たちが町中にあふれています!

彼らは、市役所に行っても(読み書き出来ない!為に)各種"届け出"一つも出せずに、生活保護どころか(出生届さえ出せずに)"幽霊(無国籍!)国民"が増える結果に繋がっています!

第0項 嘗ては哲学(宗教)そして現代は思想(経済学)と結びついた国家権力

嘗て世界の為政者は哲学(宗教)と結びついて「民を支配」し、現在は社会学者・経済学者と「連んで民を搾取」しているわけです。

我が日乃本も同じです!

中共影響圏の朝鮮半島同様に、

日本でも為政者と知識人(狂育者)が結びついて、彼らの都合の良いように「歴史を改竄!」して、歴史(内戦史・戦争史)から目を逸らして、世界地理も同様の理由で都合よく"あしらって"いるわけです!

世界地図帳しか教材の無かった時代?は「私たち一般庶民を欺くことも容易!」でしたが...

現在はスパイ衛星?(資源探査衛星・気象衛星)による♥Googl earthで、簡単に"真実の姿"を知ることができる!ようになったわけです。

為政者(権力者)に都合の良い「型に嵌まった従順な民」(※31)を育てる"お花畑"(ホームルーム狂育)は、正しく為政者(権力者)と狂育者の共通の「大人の事情(利害関係)」(※32)により維持(意地)されているわけです!

だから"教育改革"も憲法改正同様に進展しない!わけです。

参※31)関連項目 地政学そのものについて迄「枠にはめよう」!と...はこちら。

参※32)当サイト内関連記事 泉南市の小中学校ホームルームでの"教師ぐるみの陰湿な吊るし上げ・集団虐め"が放置され続ければ新興住宅地からヤングファミリーが去っていかざるを... はこちら。

第1項 ロシア・中共の「悪の枢軸」の獅子身中の虫は少数民族!

中国では、宗教弾圧が続いており、特に、武力で統一した、新疆ウイグル自治区?や青海省では、MuslimやRama(Buddhist)の少数民族?への弾圧!が続いています...

ロシアの友好国カザフスタンは元はMuslimのカザフスタン人の国家でしたが、今は"経済進出"したロシアの傀儡独裁政権がロシア人(移民)優遇政策を行いNative peopleの鬱積がつい先日の一揆!に繋がったわけです。

そしてこの時も、悪の枢軸が協力して、鎮圧したわけですが...

第2項 唯一希望の星は、仏教団体とIslamによる平和の呼びかけ!

共に、ワイン(血)を好む社会主義プロテスタント組織(※91)とは違い、"無駄な殺生"を戒めている宗教!です。

カソリックと、仏教徒、ヒンドゥー、教徒が、大同団結して、内紛を抱えるイスラム教徒に大同団結を呼びかけ、人類共通の敵"独裁主義者"と戦うように呼び掛ければ...

参※91)当サイト内関連記事 白人"耶蘇"社会の"ご都合主義"imperialismとは... はこちら。

第1目 アラビア半島では...

嘗て「西洋かぶれ」した独裁者サッダーム・フセインが国内でスンニ派のクルド人を化学兵器を用いて、"粛清"(殺戮)するなど、

スンニ派に対する迫害・弾圧・粛清・圧政(恐怖政治)を行っていました。

これは多くの"無実の反逆者"をしべりあおくちの強制労働キャンプに送り込み、粛清したロシア帝国・CCCPと同じ手口です!

彼はシーア派のMuslimを装っていましたが...

実際には、西洋かぶれした、殺戮者にすぎず!本来は禁断の食品であるはずの"豚肉"を平気で食べるような偽善者ではなかったかと思われます!

食べることが許される食品も定められていて(詳細はハラールを参照)、規律に沿って屠畜されたウシ・ヒツジ・ヤギなどの動物、野菜、果物、穀類、海産物、乳製品、卵、水などが対象となっている[13]。一方、飲食が禁じられているものは、ブタやアルコールを含む飲料・食品が有名であるが、ほかにイヌ、牙やかぎ爪で獲物を獲るトラ・クマ・タカ・フクロウなどの動物、毒性のある動物、害虫を餌とする動物などである。《日本語ウィキペディアより引用》

第2目 本来のイスラムの教義は

ムスリムが取るべき信仰行為として定められた五行(五柱ともいう)は、次の5つとされている。

  1. 信仰告白(シャハーダ)
  2. 礼拝(サラー)
  3. 喜捨(ザカート)
  4. 断食(サウム)
  5. 巡礼(ハッジ)

これらの信仰行為は、礼拝であれば1日のうちの決まった時間、断食であれば1年のうちの決まった月(ラマダーン、ラマダン)に、すべてのムスリムが一斉に行うものとされている。このような行為を集団で一体的に行うことにより、ムスリム同士はお互いの紐帯を認識し、ムスリムの共同体の一体感を高めている。《日本語ウィキペディアより引用》

つまりタリバンのような過激派テロ組織ばかりでは無い!訳です。

更にアフガニスタン紛争を思い出してください!

2022年現在の現政権の是非?はさておいて...

嘗てアフガニスタンでの騒乱は誰(CCCP)が引き起こし、誰(USA)が焚き付け、誰が( Muslim)が平定(停戦)したのか?
ウクライナ( Muslim)を救えるのは、中共(中国人民政治協商会議中国共産党中央統一戦線工作部)の資金援助でテロ行為をおこなっているキリスト教社会主義者でもロシア正教徒でもない事だけははっきりしています!

エピローグ パレスチナ問題の行方と石油輸出国機構の態度次第!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

Judaismを掲げるイスラエルの領土拡張政策に端を発する、パレスチナ問題と、

イランの"核攻撃"を危惧するOPEC諸国の成り行き次第でしょう...

地図をご覧いただけばお分かりのように、新ロシア帝国(独裁政権)と、中共(共産党一党独裁)共に抱える問題は少数派?のnative People(Muslim)の問題です!

第1項 パレスチナ問題(シオニズム)は大戦中の英米露3国が編み出した厄介払い!

イスラエルは第2次大戦戦勝国が世界の金融を牛耳っていたJewishをパレスチナに厄介払いして建国を承認したことに端を発します!

つまり、ロシアがやっていることと大して変わりません!

第1目 !(-_-メ) をひき連れて2000年前の地権者が...

貴方の前に考えてみてください!(-_-メ) をひき連れて「2000年前の地権者」が、突然現れて立ち退きを要求されたら?

すんなりすごすごと引きさがるのですか?

アラビアのロレンスは、Imperialismに嫌気がさして除隊しています!

未だに永遠と帝国主義者たちは、軍事力を背景にborder (国境)無視、Frontier(縄張りライン)無視、territory(領有地)拡大を画策しているのです。

第2項 トルコや中央アジア諸国を含むIslamは互いに共調!している

第1目 地図を拡大してみれば一目瞭然!

一見自由圏(耶蘇圏)に協力的なトルコも、実はgeopoliticsの見地に立つと、協調しています!

お互いに覇権を争っているterritory(領有地)を分かつborder (国境)上に、共同事業としてのDAM事業など永続出来ません!

紛争地帯であれば破壊工作でとっくに消滅!しているでしょう...(※91)

参※91)当サイト内関連記事 複雑な友好?(利害!)関係で結びついたIslam諸国! はこちら。

ロシアのウクライナ侵攻に調停役を申し出たトルコとイスラエル

だから、今般ロシアのウクライナ侵攻の「和平調停に乗り出す準備」があることを表明したわけです。

対抗上、同じく和平提案を行ったイスラエル(ユダヤ教徒)では、ゼレンスキー現大統領と所縁(ゆかり)は有っても...

生活圏(教会数・布教域・生息域?)が比較になりません、つまり彼らJewish(ユダヤ教徒)は経済力以外の影響力は無いわけです!

第2目 イランが敵?に回っているのは(耶蘇ども)自由圏の経済制裁の影響!

イランは西側の経済制裁で、自由圏?への原油輸出の途が立たれ!「表向き困窮?」していますが...

ロシアや中共のように"経済破綻一歩手前"の状況ではありません!

むしろ、故ホメイニ氏の下に、道路・鉄道・空港などのtrafficインフラ整備を行ってきたので、日本の一般大衆が持っている(洗脳されている)「前時代的な未開の国」ではありません!

少子高齢化・首都圏(東京)一極集中、で地方衰退を招いている"我が日乃本"等より、余程真面な"地方振興策"を布いて、国土開発を行っている国です。(※91)

参※91-1)当サイト内関連記事 "一帯一路"構想とIslamの協調 はこちら。

参※91-2)当サイト内関連記事 今世紀はイスラム圏が中共・韓国から"世界の工場"を受け継ぐことになるかも... はこちら。

第3目 シリア内戦は"為政者同士の反目(利害関係)"が生んだ「代理戦争」悲劇の

シリアの内戦では、トルコ政府とシリア政府が、戦争慣れ?した"アフガニスタン人傭兵"を大量に雇い入れ!、同士討ちの代理戦争を行っていることは、よく知られています?が...

これは、政府(為政者)間の「大人の事情(利害関係)」の不一致が巻き起こした悲劇で、"comminist共が好む!"陰謀論「大人の事情(共通利害)の一致」とは真逆な理由による代理戦争(抗争)にすぎません。

つまり、そこで暮らす「民が2つに分かれて反目しあっている」"内戦"ではありません!

第3項 嘗て王政イラン当時に石油メジャーの圧力に屈せず友好関係を築いたのは"出光丸"  

出光丸の、活躍は衆目の知るところですが...

第1目 貿易商社関係者の繋がりは今もあります!

国防省(防衛省)、外務省、経済産業省が連携して、裏工作(諜報活動)を行えば、イランは日本に靡く!でしょう。

イランに割って入られた悪の枢軸国軍事同盟は崩壊!するでしょう...ワインを(血)好む耶蘇教徒では、メンツもありイランに近寄ることはしない(出来ない)でしょう。

第2目 韓国の"現ナマ$"は底をついています!

更には、分ちゃんの税金バラマキ政策で!、西側経済制裁に乗じて「原油代金」を差し押さえ?(凍結)していますが...

実際には外貨準備基金も切り崩している!状況で、とっくの昔に使いこんでいると考えて間違いない!でしょう。

つまり、(まあ考えられませんが)仮にIMFが支払いを命じたとしても、韓国には返せるお金がありせん!

日本が、肩代わりして、国際協力銀行から韓国の踏み倒し代金!を、イランに提供して、

イランの金融危機(経済危機)を支援すれば...東西の勢力バランスは崩れて世界平和は維持(意地)出来るかもしれません?...

狸穴総研 Geopolitics 研究室 出自多留狸

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

《日本の防共政策?は大丈夫か...》関連特集記事のご案内 

※以下の♥タイトルをクリックするとシリーズ記事全てにジャンプ!できます。

後書き《 geopolitics と logistics 》シリーズについて

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

当シリーズではLogistics(兵站)とGeopolitics(地政学)に関する"話題"を取り上げていますが...

同時に現状の"垢にまみれた人達"が推し進めている、初等・中等教育についても"問題を投げかけ"ている!

つもりです。

ポイント切り替えを誤った"狂育路線"が...

つまり、現行の大学入試を目指した「記憶力」に頼る"年表重視"の、歴史書・歴史教育では、「歴史的事実」が個別事柄として語られている場合が殆どです。

1番大事な「なぜそうなったのか?」と言う「相互間の因果関係・相関関係」が語られれいない場合が殆どで、「年号記憶」に終始しているわけです。

これでは、義務教育・高校教育を含めた一貫教育課程の「地理・歴史」が面白く無くて当然です!

更に初等数学・初等科学教育(理科)においても

与えられた課題解決には幾通りもの"論理過程"があり、更に条件付け次第では"いくつもの解"も存在!します。

特に現状の初等教育における"算数教育"では、日凶素患部が干渉した検定教科書?に記載された「1つの論理過程、一つの解」である模範解答を金科玉条のごとく押し付けて!います。

これでは日常の問題に即応した「臨機応変な思考力」身に着けることはできません!

地政学そのものについて迄「枠にはめよう」!と...

最近、地政学アナリストを装った"正体不明の人物(団体?)"が、「判りやすい地政学入門シリーズ」と称して、Youtubeに"静止画投稿"を始めましたが...

彼らは「日本における「地政学」(独: Geopolitik)の学説」を盾に、地政学を狭い範囲に押し込んで、「広い意味での地政学geopolitics」から関心をそらそうとプロパガンダ!しています。

geopoliticsはborder(国境)territory(実効支配地)のlife lineであるtraffic networkつまりはlogistics(兵站学)とも密接に結びついていて、国防と密接な関係!にもあるわけです。

なので、USAでさえ時代(政権)によっては、"迫害"を受けてきた研究分野!でもあるわけです。

更に、その成り立ちから、戦後の日本では「垢にまみれた狂育者たちに毛嫌いされてきた"研究分野"」でもありますが...

地政学には学会は存在しない!

更に、世界的に統一された学会・協会(特殊法人)も存在しません!

(※NPO法人 国際地政学研究所はあるようですが)

日本では地理学の一分野とされているようです。

つまり前途したように、"研究分野(Theme)"ではありますが、一部の"職者?(思想家)"が唱えている様な狭義の「単なる学説」に則った"学問分野"ではありません!

地理学、経済論(経済学)、文明論(文化人類学・歴史研究・言語研究・政治学・社会学)、思想論(哲学・宗教)、心理学!(群集心理)にまで跨る、

「民の営み・暮らし向き」文化圏・生活圏・経済圏どうしの"相関関係"を、為政者(国家権力)間の力関係(軍事力)ではなく、communityどうしの相関関係で解き明かそうとする"実践論"の研究Theme"なのす。

つまり、小生が属していた"非破壊検査協会"のような多方面の学問分野に跨る"応用研究分野・実践論"なのです。

つまり、♥"タブーの無い自由な発想"を展開できる研究分野!なのです。

なので中共でもっとも進んでいる!研究Themeでもあるわけです。

"彼ら"中国人民政治協商会議中国共産党中央統一戦線工作部)にとって日本の地理学会の活動は、脅威でもあり・目障り!でもあるわけです。

つまり、単なる"学説"をネタに地理学会を分裂させて、このThemeに対する"日本の研究"をカオス(混沌)に導いて自らの優位性を維持しようとしているわけです!

明日を担う未成年層に、世界を知ることで日本の鉄道網の将来の姿を考える大人に育つように...

当シリーズでは、日本の鉄道網を中心に、日本国内事情だけではなく「人類皆兄弟!」が営む「地球規模での国家間の力関係(軍事力)、相互干渉(外交関係)」から考察して、21世紀の日本のLogistics、transportation(運輸)、Transport network のあるべき姿を探っています。

同時に未成年の「鉄オタ」や、某国のプロパガンダに乗せられた一部のお気楽な運輸族代議士が"ぶち上げた馬鹿げた整備新幹線建設推進プロジェクト妄想"に踊らされないで済むように、

「大きな視野・世界観」に下ずいて、鉄道事業を冷静に"俯瞰"出来る「常識を兼ね備えた、ビジョンのある"大人"に育つ」ことを願って寄稿しています。

勿論小生は右翼(金権慾?)ではありませんが...

赤(垢)にまみれた日凶祖?の教職員や、それを先導(煽動)している研究者・大学教員・教育アナリスト?たちのような"頭空っぽの理想酒義?者"でもありません!

次世代を担ってくれるはず?の"脳天気な若者たち"と、金権慾"にまみれた"お気楽な運輸族"の発言・政治活動と、その手先にされている「鉄道傾YouTuber」のコンテンツを眺めていて、日本の行く末を案じているだけです!

狸穴総研 地理学研究班 出自多留狸

※hyper-linkについて

ハイパーリンクは事業者の Official Websiteを基本に、♥各国語版Wikipedia該当contentにリンクしてあります。

地名は言語表記を基本Google 地図カナ振り

更に、Google地図検索を容易にするために、地名に関しても、言語表記を基本に、(カナ表記)についてもGoogle 地図で使用されている「カナ使い」を使用しています。

又、引用句に関しては《〇X語版》を明確にしています。

海外事情は各国言語版 Wikipediaを優先!

但し海外事情についての日本語版ウィキペディアは、英語版contentの"直訳"が多く更に編集者(与党関係者?)に都合よいようにかなり"歪曲!"されたcontent(電子情報)が多いので、公正を期するために各国言語版 Wikipedia に直接リンクしてあります!

また、日本語版ウィキペディアは中学(教師)並み?の"直訳"が多いので、"意訳し直して"あります。

参)当サイト内関連記事 海外版Youtube 鉄道動画 と 各国語版ウィキペディアの勧め はこちら。

参)当サイト内関連記事 海外鉄道・ 空港関連 ご当地Wikipedia リンク集 はこちら。

※hyper-link先は
  • ●日本語(カタカナ)表記は(日本語版)ウィキペディア
  • ●英語表記は(英語版)Wikipedia
  • ●オランダ表記は(欄語版)Wikipedia、ドイツ語表記は(独語版)Wikipedia、スペイン語は(西班牙語版)Wikipedia 、イタリア語表記は(伊語版)Wikipedia
  • ●スランス語表記は(仏語版)Wikipédia、ポルトガル語表記は(葡語版)Wikipédia
  • ●ロシア語表記は(露語版)Википедия、
  • ●ラテン語表記は(裸展?語版)Vicipaedia
  • ●クネクネ文字?は(使用各国版)ويكيبيديا
  • ●中国語表記は
  • 台湾版;維基百科,自由的百科全書
  • 中共版;维基百科,自由的百科全书

にそれぞれ直接リンクしてあります。

※但しハングル表記(韓国語版)위키피디아 は、両班(ヤンパン)出身者(※991)のintellectualが趨勢を占める狂育怪が"関与"しているので著しく信憑性に欠け!ていて、殆どが日本語版ウィキペディア以下!(50歩100歩?)の fake content なので無視!しました。

Red China版 (维基百科,自由的百科全书 )のほうがはるかに信頼性があります!

参※991)当サイト内関連記事 両班(ヤンパン)3悪に翻弄され続ける韓国国民と日韓関係 はこちら。

イデオロギーに関する日本語版ウィキペディアのイエローフラッグ"糞"フラッグが多い!

特に歴史・イデオロギーに関するイエローフラッグは(管理人"としてボランティア?で"ウィキペディア事務局に関与している)平和ボケした理想主義者、有識者?達が日"教祖"の偏向教育(大衆洗脳)方針に沿うように"注意(Communism!)喚起?"しており、ハッキリ言って"糞"フラッグ!です。

むしろ"糞"フラッグが立っているcontent(内容)のほうがfairness(公正)な立場の内容と言えなくもありません!

交通施策に関するcontentは運輸族のプロパガンダの温床に

但し、交通関係はYoutuberが虚仮にしているように、スポンサー(与党運輸族・財界)の意向を強く反映しているので、universality(普遍性)に欠けたprivate document(私文書!書簡)に下ずく刊行物やマニア向け雑誌を引用しているcontentが大半で!

Academic(学術亭)ではないcontentに"正当なfairness(警鐘:イエローフラッグ)"を警告している場合もあります。

※当サイト内関連記事 日本語ウィキペディアが 鉄道(傾?)Youtuberから"こけ"にされる訳は... はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

 

公開:2022年2月25日
更新:2022年8月29日

投稿者:デジタヌ

ウクライナ 動乱!の裏側を"お花畑"の中の人 や ヤンキーのお兄さん でもわかるように説明すると... TOP地政学・geopoliticsの"概念"とは...


 

 



▲地理学・地政学・歴史研究班へ戻る

 

ページ先頭に戻る