『タヌキがゆく』狸穴ジャーナル

海外の鉄道・空港 関連 ご当地 (各国語版 Wikipedia )リンク集

前書き(要約) 〇Xとハサミは使いよう?

outline(概要)をつかむには便利なtool!

横町のご隠居程度?には...

町の研究家・物知り「横町のご隠居」程度と考えれば役立ちます。

特に・忙しい現在!日本(経済)を背負う!働き盛りの世代にとっては、態々(国会)図書館などに足を運ばなくても、outline(概要)をつかむには、便利なtool(information source)と言えるでしょう。

論拠に乏しいFake propaganda contentも多数!

但し、日本語版ウィキペディアを始め各国語版Wikipediaには、編集者(起筆者)の「イデオロギーや嗜好」が強く反映されているのも事実です!

つまり論拠に乏しいFake propaganda content も数多く含まれている!わけです。

なので、あくまでも(世論誘導を知る上での)参考にしかなりません!が、trafficに関してはご当地 (各国語版 Wikipedia )Siteが最も信頼性が高い?とも言えます...

時間(暇)があれば?♥googl earthの航空写真モードが、一番現況に近い?♥「客観的で確実な情報」とも言えます...

(※但し中共国内では、意図的にデータが改ざんされています!)

起筆者・各国語版Site 管理人共に問題が...

各国の教育関係者がボランティア?で管理者に加わっている参加しているWikipedia siteは、とかく批判の対象となり、教育者と対立する?政財界からは批判の対象とされて、"支援者(鉄道推進派)"のスポンサーサーシップで、"凌ぎ"(生業?)をしている"交通系"フリーターYoutuber連中(※00)からは揶揄される場合が多いようです。

参※00)当サイト内関連記事 今どきの 鉄道系Youtuber 鉄オタ・フリーター , ゴーストライター , 鉄道コラムニストとは?... はこちら。

海外 の 鉄道 ・ 空港 関連 ご当地 (各国語版 Wikipedia )リンク集 の目次

第1部 海外の鉄道 Wikipedia hyper-link 集 

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

軌間一つとってみても、各国の主張が異なります!

例えば日本で信じられている?標準軌の軌間1435mmは間違った解釈で正しくは♥4ft8in(1420㎜)!となります。

詳しくは当サイト 鉄道における国際標準軌間?と国家標準軌間について をご参照ください。

第1項 Track Guageに関する記述.

英語版Wikipedia右のゲージ一覧が、全てのTrack Guage(※10) の詳述 contentにリンクするmenu tableとなっています。

参※10)当サイト内関連記事 多くの鉄オタと 鉄道系Youtuber の 標準軌 に対する迷信!誤認とは?... はこちら。

♥以下の海外contentの閲覧方法(日本語訳の仕方)については当サイト内関連記事 海外版Youtube 鉄道動画 と 各国語版ウィキペディアの勧め に詳述してありますのでご参照願います!

♥英語版Track gaugeの右上の「Track gaugeの一角」が全ての Track Guage のcontentsにリンクするHub(table of contents)となっています。

Track gauge(英語版軌間)♥右上の枠で囲まれた部分の各ゲージをクリックしてください。

以下は何れも要注意!です

Ширина колеи(ロシア語版Википедияの軌間)

中国語版

※日本語版ウィキペディアの軌間 。

国際団体

第2項 中国鉄道の影響圏

以下の「中國の影響圏」に関する※印のついた日本語版ウェキペディア contentのBrowsingには、前途したようにとくに注意!が必要です。

マレー半島

インド大陸ヒマラヤエリア

Steppe & Desert area の中央アジア諸国

第3項 鉄(道)のカーテン?の向こう側 

ロシア鉄道の歴史

個別鉄道網

鉄道関連

ロシア国内の Transship Depot

Железнодорожный пограничный перевалочный переход(ロシア国内transship Depot 一覧)

影響圏の鉄道

カスピ海沿岸諸国

バルト3国の鉄道

微妙な立場の鉄道

歴史的経緯で、現在も1520mmのCCCP GuageをNational track gaugeとしていますが...

ウクライナ鉄道

第4項 EU圏の鉄道

第1目 どいつ?関連

第5項 微妙な立場イスラム文化圏の鉄道

第6項 正しく四面楚歌!の孤立陣営の鉄道 

イギリス帝国の"実物大のプラレールごっこ?"に使われた国々?

インド

その他の国々

5フィート6インチ軌間 について

第2部 Trans-Asian Railway会議 参加各国の空港 Listリンク集

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

日本は「蚊帳の外」に放り出されたTrans-Asian Railway(アジア横断鉄道)参加国の空港整備状況に関する英語版Wikipediaのリンク集です。

第1項 中露2大国

第2項 中央アジア・イスラム圏

第3項 東欧諸国 

第4項 ヨーロッパ

第5項 裸典諸国

第6項 インド大陸 & マレー半島と、その他のどうでもよい国 

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

《Trans-Asian Railway》関連記事のご案内 

※以下の♥タイトルをクリックするとシリーズ記事全てにジャンプ!できます。

後書き《 geopolitics と logistics 》シリーズについて

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

当シリーズではLogistics(兵站)とGeopolitics(地政学)に関する"話題"を取り上げていますが...

同時に現状の"垢にまみれた人達"が推し進めている、初等・中等教育についても"問題を投げかけ"ている!

つもりです。

ポイント切り替えを誤った"狂育路線"が...

つまり、現行の大学入試を目指した「記憶力」に頼る"年表重視"の、歴史書・歴史教育では、「歴史的事実」が個別事柄として語られている場合が殆どです。

1番大事な「なぜそうなったのか?」と言う「相互間の因果関係・相関関係」が語られれいない場合が殆どで、「年号記憶」に終始しているわけです。

これでは、義務教育・高校教育を含めた一貫教育課程の「地理・歴史」が面白く無くて当然です!

更に初等数学・初等科学教育(理科)においても

与えられた課題解決には幾通りもの"論理過程"があり、更に条件付け次第では"いくつもの解"も存在!します。

特に現状の初等教育における"算数教育"では、日凶素患部が干渉した検定教科書?に記載された「1つの論理過程、一つの解」である模範解答を金科玉条のごとく押し付けて!います。

これでは日常の問題に即応した「臨機応変な思考力」身に着けることはできません!

地政学そのものについて迄「枠にはめよう」!と...

最近、地政学アナリストを装った"正体不明の人物(団体?)"が、「判りやすい地政学入門シリーズ」と称して、Youtubeに"静止画投稿"を始めましたが...

彼らは「日本における「地政学」(独: Geopolitik)の学説」を盾に、地政学を狭い範囲に押し込んで、「広い意味での地政学geopolitics」から関心をそらそうとプロパガンダ!しています。

geopoliticsはborder(国境)territory(実効支配地)のlife lineであるtraffic networkつまりはlogistics(兵站学)とも密接に結びついていて、国防と密接な関係!にもあるわけです。

なので、USAでさえ時代(政権)によっては、"迫害"を受けてきた研究分野!でもあるわけです。

更に、その成り立ちから、戦後の日本では「垢にまみれた狂育者たちに毛嫌いされてきた"研究分野"」でもありますが...

地政学には学会は存在しない!

更に、世界的に統一された学会・協会(特殊法人)も存在しません!

(※NPO法人 国際地政学研究所はあるようですが)

日本では地理学の一分野とされているようです。

つまり前途したように、"研究分野(Theme)"ではありますが、一部の"職者?(思想家)"が唱えている様な狭義の「単なる学説」に則った"学問分野"ではありません!

地理学、経済論(経済学)、文明論(文化人類学・歴史研究・言語研究・政治学・社会学)、思想論(哲学・宗教)、心理学!(群集心理)にまで跨る、

「民の営み・暮らし向き」文化圏・生活圏・経済圏どうしの"相関関係"を、為政者(国家権力)間の力関係(軍事力)ではなく、communityどうしの相関関係で解き明かそうとする"実践論"の研究Theme"なのす。

つまり、小生が属していた"非破壊検査協会"のような多方面の学問分野に跨る"応用研究分野・実践論"なのです。

つまり、♥"タブーの無い自由な発想"を展開できる研究分野!なのです。

なので中共でもっとも進んでいる!研究Themeでもあるわけです。

"彼ら"中国人民政治協商会議中国共産党中央統一戦線工作部)にとって日本の地理学会の活動は、脅威でもあり・目障り!でもあるわけです。

つまり、単なる"学説"をネタに地理学会を分裂させて、このThemeに対する"日本の研究"をカオス(混沌)に導いて自らの優位性を維持しようとしているわけです!

明日を担う未成年層に、世界を知ることで日本の鉄道網の将来の姿を考える大人に育つように...

当シリーズでは、日本の鉄道網を中心に、日本国内事情だけではなく「人類皆兄弟!」が営む「地球規模での国家間の力関係(軍事力)、相互干渉(外交関係)」から考察して、21世紀の日本のLogistics、transportation(運輸)、Transport network のあるべき姿を探っています。

同時に未成年の「鉄オタ」や、某国のプロパガンダに乗せられた一部のお気楽な運輸族代議士が"ぶち上げた馬鹿げた整備新幹線建設推進プロジェクト妄想"に踊らされないで済むように、

「大きな視野・世界観」に下ずいて、鉄道事業を冷静に"俯瞰"出来る「常識を兼ね備えた、ビジョンのある"大人"に育つ」ことを願って寄稿しています。

勿論小生は右翼(金権慾?)ではありませんが...

赤(垢)にまみれた日凶祖?の教職員や、それを先導(煽動)している研究者・大学教員・教育アナリスト?たちのような"頭空っぽの理想酒義?者"でもありません!

次世代を担ってくれるはず?の"脳天気な若者たち"と、金権慾"にまみれた"お気楽な運輸族"の発言・政治活動と、その手先にされている「鉄道傾YouTuber」のコンテンツを眺めていて、日本の行く末を案じているだけです!

狸穴総研 地理学研究班 出自多留狸

※hyper-linkについて

日本語版ウイキペディアの 世界の鉄道リンク集" は要注意!

軌間一つとってみても、各国の主張が異なります、日本語版を編纂している日本の"鉄オタ"(運輸族の私設秘書?)は運輸族に不都合な内容は取り上げていません!

また、親ソ(内通者の多い?)の、民間団体・民間運輸会社・右翼団体!(日本痛運?、特殊法人 日本港湾今日会?、盗用経済研究所?)の、「提灯持ち記事」も同様です。

なので、当 Site では出来るだけ"客観的"なコラムとするために、上記の各国版Wikipedia以外にも、各団体・事業者のofficial siteや公開文書を参考にまとめました。

上記のリンク集で「中國の影響圏」に関する、※のついた日本語版ウェキペディアの内容には"イエローフラッグ"は立っていなくても、とくに注意が必要です!

何故なら"真っ赤に染まった日本"国営放送(の関連子会社)と、資金提供を受けているマスコミ(大手新聞社)関係者が、監修した内容となっていますので、「中國のプロパガンダ」が "ふんだん" に盛り込まれているからです!

つまり、日本語版"世界の鉄道一覧"(リンク集)の"東アジア、東南アジア、南アジア、中央アジア、中央アジアの項目に記載された記載されている「XXの鉄道」は全て「真っ赤に汚染された内容」となっていますご注意ください!

但し、"ー" で並列記載されている"ベトナム鉄道"などのリンク先は、親中派ではない一般人?(鉄オタ)が編集した内容なので?

"参考文献が不十分"などの曖昧な部分もありますが、(日本国内の利害関係には影響されていますが(※1)イデオロギーには毒されていなく?ほぼ「鉄オタ」的"夢のある内容? "となっています。

(※1)別項《Trans-Asian Railway》シリーズで取り上げている、日本の"経済協力"に関連する項目、例えばТранссибирская магистраль(日本語版シベリア横鉄道)などは、「与党運輸族が深く関与する欲得まみれの内容」となっていますのでご注意ください。

当サイト内関連記事 与党整備新幹線建設推進プロジェクトチーム とは... はこちら。

日本語版の取り扱いについて

Wikipediaで豊富な文献?出典文書?に下ずきイエローフラッグが立っていなくても...

文献・出典文書そのものがacademicなresearch paperではなく、鉄道擁護論者(鉄道教信者?)の"偏った見識"による、 universality(普遍性)に欠けたprivate document(私文書!書簡)だと思われる、ジャーナリスト主体のマスコミ出版物・一般出版物を使用している日本語版は、特に「政治色が強い(与党運輸族臭い!)」として2次的な扱いとしました。

ロシア語版Википедия(ウィキペディア)も

更にロシア語版Википедия(ウィキペディア)は、Российские железные дороги(ロシア鉄道公開株式会社)JSCの「息がかかった?関係者」が起筆しているようで、Российские железные дорогиのプロパガンダに満ち溢れています!なので「鵜吞み」にしてはいけません!

但し、Транспортная система России(ロシアの輸送システム)のように、♥客観的に解説しているcontentsもあります!

 

公開:2022年2月13日
更新:2022年8月29日

投稿者:デジタヌ

アメリカ建国に重要な役割を果たした大河川とロジスティクス ー 中編 ーTOP中共・ロシア・イラク・朝(韓)の悪の枢軸軍事同盟による第3次大戦は防げるか!?...


 

 



▲地理学・地政学・歴史研究班へ戻る

 

ページ先頭に戻る