タヌキがゆく《狸穴総研機関誌・狸穴ジャーナル》

三江線 を復活させて島根⇔広島を結ぶ新 陰陽連絡 高速貨客路線を

島根 ⇔ 広島 を結ぶ新たな 陰陽連絡 高速鉄道を考える

高規格で建設された三江線を再利用して、新たな陰陽連絡鉄道 島根mini新幹線を計画してみませんか?

ヤマカゲ側を一直線に繋ぐ山陰新幹線構想よりも、廃線となった" 三江線 "の一部区間を復活・再利用して高規格路線を建設すれば、高速バスに十分対抗できる新たな陰陽連絡高速鉄道を完成させることができます!

《 abandoned railroad 》廃線シリーズ 第8回

陰陽の旅客需要

特に大都市広島と山陰(やまかげ?)側を結ぶ潜在交通需要は今も昔もかなりあります。

だからE54、E74を走る高速バスが営業を続けられるのです!

この間の貨物輸送が完全にトラック輸送に転換された現在。この間の鉄道需要は秋田新幹線・山形新幹線同様に旅客需要に絞り込めます

※ここをクリックするとページの"Top index"にジャンプ出来ます!

《 abandoned railroad 》の総合目次

※以下のタイ トルをクリックするとシリーズ記事全てにジャンプできます!

プロローグ 森林鉄道・軽便鉄道・路面電車が日本各地から消えた理由とは?

森林鉄道・軽便鉄道・路面電車衰退の理由は、戦後復興・高度成長期に訪れた「急速なモータリゼーション化の波に飲み込まれた」と...

第1回 日本における 広域 LRT 網 の故郷 信達軌道

嘗て、伊達市域には「ヨーロッパ型 LRT 網」が張り巡らされていた!1960年代後半まで地域住人の大切な足として、「域内アクセスの柱」的役割を果たしていた...

第2回 ピーチライナー が『ピンチライナー?』になって消えた訳

1㎞当たり42億、総工費313億円も掛けて建設した ピーチライナー がたったの15年でお払い箱となった....利便性の殆ど無かった「粗悪交通効カン」建設の茶番劇の顛末記。

第3回 JR杉本町駅⇔JR久宝寺駅間の旧 阪和貨物線 跡地が LRT 化できれば...

杉本町⇔久宝寺駅間の旧阪和貨物線(関西本線化貨物支線)を復活させて超低床トラムカーを走らせる LRT 路線に改修してみてはいかがでしょうか?

第4回 日本の地方都市から"路面電車"が消えた理由?

かつて高度成長期の頃、トラムカーは"車優先社会"?の当時の日本では邪魔者扱いされ日本各地の地方都市の路上から追い出され消えていった...

第5回 大阪 上町台地と天保山に 観光 LRT の復活を!

大阪万博を契機に2つの区にまたがったUSJと海遊館が協力し合ってインバウンド観光客を呼べる一大都市型エンタメ・リゾートゾーンを構築すべきでは?

第6回 勝田線 も LRT なら復活できる!公共交通不毛地帯を嘆いているだけでは....

鉄道不毛地帯を嘆いているだけでは事態は良くなりません!第3セクター"令和志(こころざし)ライン"勝田ライトレールの復活を図るべきではないでしょうか?

第7回 小樽 LRT の実現で小樽市に再び活気が...2031年の 手宮線 151周年記念"メインプロジェクト"として復活を!

小樽市は、嘗ての北海道官営幌内鉄道発祥の地です。1880年に開通した北海道官営幌内鉄道で運ばれた黒いダイヤを手宮港から日本全国に出荷しだして本年2020年で140周年を迎えたました!

第9回 臨海鉄道 臨港鉄道 が全国の港湾都市から消えて行った訳は...

時代遅れと思われている臨港線を懐古趣味で眺めるのではなく、生活路線都市て見直すべき時期ではないでしょうか!痴呆都市?の交通政策そのものが時代遅れ"なだけです!

第10回 三重交通 神都線 と お伊勢さんの思い出

神都線は『神授の気性?』に富んだ氏子たちの挑戦だった!天照大神が授けてくださった、有難い神道(神都)線の思い出話と...

第11回 岡山臨港鉄道を復活できレバ!南区市民が...

岡山市南区の「公共交通苦痛?」問題を岡山臨港鉄道の復活で一気に解決しましょう!都市化が進んだ南区では「路線バス」だけにたよるには、甚だ心許ない状況になってきています...

第12回 別府鉄道 をLRTとして復活できレバ新幹線 新加古川駅 も夢では...

旧国鉄高砂線の一部区間加古川⇔野口間と別府鉄道野口線、土山線を、LRT路線として復活させれば、約26万人!の加古川市民の殆どが暮らすこのエリアに便利で便りになる路線が復活できます!

Top Index

プロローグ 竹下元総理がご存命であったなら...

竹下元首相や田中角栄先生のような偉大な政治家がおられたら、三江線を廃線にすることなく新たなる陰陽連絡高速鉄道としてよみがえらせていたかもしれません...

地方出身の有能な政治家がいなくなった現状

元鉄拳公団の(独行)鉄道建設・運輸施設整備支援機構と大手ゼネコンの言いなりになっている与党整備新幹線建設推進チームでは、「金嵩の張る」整備新幹線建設ばかりに目を向けて、小額投資で効率の上がる「ミニ新幹線」には目を向けません!

更に、明確な将来ビジョンも掲げられないような県知事と、無能な長老議員がのさばっている「自治体」でも、「フル規格新幹線建設」を"冥土の土産"にしたくて、ノスタルジーに満ちた?非現実的な妄想・山陰新幹線実現にやっきになっているようですが...

関連老人会?

山陰新幹線建設促進期成同盟会、山陰新幹線京都府北部ルート誘致・鉄道高速化整備促進同盟会、山陰新幹線整備促進鳥取市議会議員連盟、山陰新幹線を実現する国会議員の会、与党整備新幹線建設推進チーム、山陰縦貫・超高速鉄道整備推進市町村会議

第1節 高規格路線として完成させた三江線一部区間を再利用してあらたな高規格陰陽連絡ラインを

新たなる「陰陽連絡鉄道」として、三江線の遺産が生かせる陰陽高速鉄道線をご提案申し上げます。

浜原⇔口羽間は高規格軌道線!

2018年に廃線となった三江線の浜原⇔口羽間29.6kmは1975年に開業してたった43年間しか使われていませんでした!

しかもこの区間は智頭急行線同様に全線立体交差の高規格路線として建設されています!

つまり戦前からあった両側の区間に新たに新線を建設すれば、新たな陰陽連絡高速鉄道が実現できます。

  • 太田⇔浜原新線約20㎞
  • 口羽⇔甲立間新線25㎞
  • 安芸線改良工事 甲立⇔広島間 52.6㎞

の路線改良事業を行えば 山陰線と山陽新幹線を結ぶ新たな陰陽アクセス路が誕生するわけです!

現在接続する芸備線は単線非電化で最高運転速度85㎞/hの超ローカル線ですが、線形改善(新線建設)と井原市⇔甲立間の軌道改良工事(40kgN→60kg軌条化&電化)を実施すれば、高速貨物列車の運行も可能となります!

第2節 陰陽連絡広大ラインのメリット

想定事業費 約5500億円!

新線建設費 45㎞X148億円(※00)X0.7(単線建設減額)約4600億円

廃線区間および安芸線改修費用 約83㎞X10億円≒830億円

現在検討されている山陰新幹線新山口⇔京都間 の3兆円!の税金投棄に比べれば微々たるもので、大阪市で計画されているたった8㎞の「なにわ筋」建設と同額で、如何にお得がご納得いただけるでしょう!

参※00)国土交通省北陸新幹線新大阪延伸計画より算定。

脱炭素社会に向かって...

脱炭素社会の切り札として、大型トラックに頼らない電化鐡道による物流が可能になります!

旅客輸送も高速バスの半分!に短縮

安芸線の高規格化が達成できて秋田新幹線並みの表定速度81.5㎞/hが実現できるとすると。

広島(山陽新幹線)⇔太田(山陰線)間約127㎞は約94分(1時間34分)で結ぶことができます! 

現状の高速バスでは 3時間7分かかっており大幅な所要時間短縮が図れて半分の時間になります!

秋田新幹線・山形新幹線同様に並行在来線存続問題が生じません!

秋田新幹線のように全区間軌間1435㎜の新幹線規格の標準軌に改軌しても、安芸線区間52.6㎞もJR貨物が運行していない区間なので問題は生じないでしょう。

さらに太田⇔出雲間は距離も短いので、3線軌条化しても、そんなに無駄にはならないでしょう!

芸備線はLRT路線に

芸備線の広島市区間は、今後の発展も期待できる?ので、直流600Vで、超低床トラムカーの走る都市型LRT区間として、JR西日本、広電、広島県、広島市で新3セク芸備LRTラインを設立して、市内線の延伸と、運行は広電に委託すればよいでしょう!

但し、市内線延伸区間については、三好市とも協議する必要が...

※ここをクリックすると総合目次に戻れます!

後書き《 abandoned railroad 》シリーズについて

明治維新後の文明開化で訪れた陸蒸気幹線の発達と共に、日本各地で民間資本による"軽便ブーム"が起こり、その多くが昭和に至るまで大活躍していました。

今風に言うなら LRT 網と言うことになります!

そしてその多くがabandoned railroad(廃線)となって"天に召された"わけです...

これらは、市街地を駆けまわる"チンチン電車"網であったり、都市圏交通を担うインターアーバン(都市圏電気軌道)であったり、鉄道幹線(大都市)と港町を結ぶ臨海鉄道・臨港鉄道、山間部を縫う森林鉄道、更には1960年代まで北海道で大活躍した"殖民軌道"などなど...

更には、準LRTと言っても過言ではない地方ローカル線が例に挙げられるでしょう。

これらのabandoned railroad達にスポットを当てて、陸上交通における"ローカルエリア鉄道"が担ってきた役割とその"生い立ち"、更には"消えていった背景"を考察して、トランスポーターとしての『 鉄道の将来 を考えてみました!

狸穴総研 交通問題研究所 出自多留狸

最新関連記事 

今どきの 鉄道系Youtuber・ライター、コラムニストとは?... のご案内

2021年4月7日更新版・公開

要約

いわば社会順応性のないヒッキーで、生活支援を買って出た?地元の魏妖怪(ギョウカイ)から"広告収入"を得て生活している"自営業"です、魏妖怪の回し者として、"鉄道新線建設推進プロパガンダ路線"を吹聴して、一般市民・鉄道利用者、お気楽な"撮り鉄"の妄想を...

続きはこちらから...

 

公開:2021年3月19日
更新:2021年8月 8日

投稿者:デジタヌ

旧小浜藩・小浜県・現 小浜市 の皆さん 江若自動車道 を誘致しましょう!TOP近江鉄道 存続問題に見る滋賀県の無為無策に近い赤字補填補助金の実態とは...


 

 



▲関西・中国・四国公共交通 調査室へ戻る

 

ページ先頭に戻る