『タヌキがゆく』狸穴ジャーナル

中共・ロシア・イラク・朝(韓)の悪の枢軸軍事同盟による第3次大戦は防げるか!?...

前書き(要約)平和(ボケ)憲法にどっぷり浸かり"お花畑"を耕す「お偉い先生方の夢」は繋がるか?...

平和(ボケ)憲法にどっぷり浸かり、日本の狂育怪を牛耳っておられる理想主義者、共産主義者の"お偉い先生方"は、

『平和外交で何とか(開戦の)危機が乗り切れるのではないか?...』

と期待されているようですが...

残念ですがそう楽観的な情勢ではなさそうです...

" 中共・ロシア・イラク・朝(韓)の悪の枢軸軍事同盟による第3次大戦は防げるか!?...の目次

※リンクについて

(参※xx) は当サイト内の参照関連記事リンクです。
但し、その他の直接 hyper-link は当事者・関連団体の公式サイト若しくはオリジナル各国語版Wikipediaへ直接リンクしています。

プロローグ オリンピック閉幕後の今月2月中が最も危険!な時期と言われていた... 

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

各国の国防(軍事)専門家は、過去の教訓から北京オリンピック閉幕(2月20日)後の今月中が、第3次世界大戦勃発の最大の危機的状況になる時期だと推測しています!

そして、その発端となるウクライナ侵攻が勃発して、未だ(2022年8月現在)解決のめどが立っていません!

第1項 最悪のシナリオとは?...「旧ソ猫(NATO)を嚙む!」

ロシアとRed Chinaが、両国の同盟国を引き連れてUnited Nations「対日戦線連合」を脱退して、「軍事同盟を立ち上げ」UN(NATO加盟諸国)に対して"宣戦布告"し第3次世界大戦になだれ込む!

事が予想されるわけです。

※以下の中露首脳会談のNews映像は一度日本語版でも公開された絵映像ですが...何らかの意図!で削除されて、改めて中国国家メディアのプロパガンダとして再Upされた映像です!なんだか背筋が...

第2項 ロシアの"ウクライナ侵攻"とRed China の"台湾進攻"が同時進行(侵攻!)に

過去の歴史から学ぶ必要が

嘗て、第1次大戦で、袂を分かったはずの、ドイツ帝国と大日本帝国、イタリアが枢軸同盟を結び、ポーランド侵攻と、大東亜戦争を開始したように...

1933年3月8日に大日本帝国は当時の国際連盟から脱退しました。

そして同年ナチスドイツも脱退、

(集団安全保障は)失敗しました。それは結局の所、ヨーロッパのほぼ全ての国が、いわゆる軍事的制裁に踏み切ることに消極的だったからです。本当の、あるいは主な理由は、数週間の過程で、侵略国以外に戦争の準備ができている国がないことがわかったからです。集団行動が単なる話の種ではなく、現実のものとなるためには、全ての国が戦争の準備をするというだけではなく、すぐにでも戦争をする準備をしなければならないということです。これは恐ろしいことですが、集団安全保障には欠かせないことです。《日本語ウィキペディアより引用》

と言う当時イギリスの首相だったスタンリー・ボールドウィンの下院での発言(1936年6月23日)が残されているわけです!

そして1937年にムッソリーニ率いるイタリアも脱退し。

同年11月に日独伊防共協定の成立によって、日独伊3国のローマ・ベルリン・東京枢軸が成立して、第2次世界戦争へとまっしぐらにつきすすむ!訳です。

今回も2大独裁国家が、同盟国?を従えてunを脱退して、軍事同盟を設立して、東西で戦争をぶっぱじめる事!が予想されるわけです。

論拠

その1)

Red Chin 外務大臣は、『USAとその同盟国(日本)が祖国統一戦争に介入した場合...それらの国とも戦争にならざるを得ない!核兵器使用も辞さない!

と強硬な発言をしています!

その2)

ロシアも同様に、『NATOが軍事介入すれば...それらの国と戦争状態になるだろう!』

と明言しています。

その3)

日本国政府外務省は、ウクライナ在住日本人に帰国(国外退去)を求めています!

Red China は、ウクライナ在住の中国人に帰国(国外退去)を求めていません!

第3項 プーチン大帝の勇み足が...

現状、ロシアのウクライナ侵攻にとどまっているのは...

一言で言うと「中共の開戦準備が整って無かった!」と言う事でしょう。

中共は、現在geopolitics(※01)地政学研究がもっとも進んでいる国の一つです!

つまり、中國4千年の歴史をしっかり研究して、「geopolitics(施政学)などと言う学説」が生まれる前から、各国同様に地理学壱研究分野として、水理学、文化人類学、言語研究、社会学・思想研究(宗教・イデオロギー研究)、経済学、地質学、そして軍事専門家、Logistics(兵站学)、心理学(集団心理)、諜報活動専門家、などの幅広い!人材を総動員して、(国家体制下で)総合的に研究している国家です。

なので、諜報活動に長けていても、geopolitics と logistics に疎いもとKGBのエージェントだったプーチン大帝が勇み足で進軍しても...

参※01)関連項目《 geopolitics と logistics 》シリーズについて はこちら。

一帯一路"「インド包囲網」が完成してしない現状では...

つまり、囲碁同様の、武力(戦力)だけではない「絡め手」で、territory(実効支配地)拡大!を企てている国なのです。

そんな表れが"一帯一路"正式名「絲綢之路經濟帶和21世紀海上絲綢之路(シルクロード経済ベルトと21世紀海洋シルクロード)」構想の実現!でもあるわけです。

つまり、一帯一路"は、西側との陸路を絶ち、インドを孤立させてイギリス海軍と共同(Commonwealthとして)で握っている、インド洋(ベンガル湾・アラビア海)の制海権を手中にしてから...

一帯一路"新万里の長城「インド包囲網」(※02)が完成してしない現状では...

つまり、後数年は(世界大戦への)準備期間が欲しかったのでしょう。

参※02)インドはCommonwealth(イギリス連邦)に留まっている国で、ながらく中共とは"犬猿の仲"で国境すら画定していないどころか、territory(領土)に関するお互いの主張も真っ向から対立している国です。

当サイト内関連記事 "一帯一路"構想とIslamの協調 はこちら。

第1節 枢軸同盟への勝算はイスラム原理主義を執るイラン取り込みに...

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます! 

キーを握るのは、イスラム原理主義国家「イラン」が西側諸国の経済制裁で、経済困窮に直面している?ことです。(※10)

イランは多額の原油代金を西側諸国から差し押さえられています!

つまり、債務不履行をしている国が多いわけです。

しかも、核を保有しているのは間違いありません!

参※10)実際には、ロシア・中共の下支え!で今までは余り影響を受けていませんでしたが...

第1項 東西勢力は拮抗?

ロシアは旧CCCP時代の共和国(傀儡政権国家)を強権政治で多数"意地"しており、

Red China は"経済協力"と"兵器輸出"でマレー半島、アフリカ大陸の"低開発国"を多数勢力圏・影響圏としています!(※11)

更に、アメリカ大陸においても、中南米各国の軍事独裁政権と親密な関係にあります!

更に韓国が経済危機に直面しており、「朝鮮半島情勢もRed China に有利」に働いています!

つまり『今ならやれる!』と踏んでいるのでしょう!

更に、ロシアの各共和国では、CCCP時代を懐かしむ「ロシア人勢力」と一部の支配者階級が新CCCPを望む声?も上がっています...

参※11)当サイト内関連記事 平和が続けば...CLB!相乗りが.. はこちら。

※この動画は、公開された当初は、"音声付きで"この「廃れた鉱山町」に今も暮らす労働者に「インタビュー」した"過去の賑わい"団も含まれていましたが...昨年末に「当局の介入」で「インタビュー」は削除されました!

以下の動画も何時削除されるか...

VAGA BOND チャンネル は日本の地上げ屋系鉄道系Youtuer のアホクサイ!content(※01)とは違い!

経済危機にあえぐ!ロシアの現況を良く表していて面白い交通系ドキュメンタリーが多く投稿されています!

参※01)当サイト内関連記事 今どきの交通系!Youtuber...鉄道タレント、鉄道シナリオライター、鉄道 コラムニストとは?... はこちら。

第2節 情報収集と諜報・調略(スパイ合戦!)は別!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

現在、一部のLegacy(古風な)国防専門家の先々方は、『日本の情報収集はCNNなどの海外メディアのNewsに頼っていてはなはだ心もとない!』

国家機密防衛法(スパイ法)を制定して、USAやRed China,Russiaのように、『CIAのような諜報・調略(スパイ)機関を早急に立ち上げるべきだ!』

とぶち上げておられますが...

情報収集はICT(Information and Communication Technology)つまり"電子戦"の時代に突入しています!

日本の国防省(防衛省)の実戦部隊"自衛隊"でも、電子戦の専門部署を設置して、世界中から集まる電子情報;SNS

情報(Youtube,Teitter,Facebookなど)をアナリスト(軍事専門家・国際政治専門家)日夜"現況分析"しています!

但し、諜報・調略(スパイ)部隊が無いので、敵対する勢力の"戦力・配備"情報に関しては、同盟国?のアメリカに頼らざるを得ないのは事実でしょう。

気密(軍事力情報)漏洩問題...

確かに機密漏洩については、我が日乃本も隣国K国同様!に"盗み放題の垂れ流し状態"に近いといえるかもしれません!

日本の機密漏洩防止関連法は、現在民間企業の"企業情報"に限られており、刑事訴訟と言うより、民事訴訟に近い範疇でしかありません!

つまり、金銭的な被害(特許侵害、実用新案侵害、ノウハウ流失)などの実被害を、被害を受けた企業が告訴する仕組みになっているわけです。

なので、工作員・協力者が企業内に深く潜入していて!...

USAも、韓国同様?に最新兵器に関する情報(ハード・ソフト)を提供したがらない!わけです。

手遅れになる前にスパイ防止法案と関連法案の可決を

内通者が殆どを占めている、マスコミ・報道機関による、"世論誘導"で、自・公連立政権解消!政府転覆!が行われる前に...

自・公連立政権で過半数を占めているうちに、破壊活動防止法、団体規制法、爆発物取締罰則等の関連法の改正と...

第102回通常国会で審議未了廃案となった「スパイ防止法案(国家秘密に係るスパイ行為等の防止に関する法律案)」を連立政権与党で再度復活提案して、強硬採決をしてでも通過させるべき時期!ではないでしょうか。

但しスパイ防止法は"諸刃の剣"にも...

CCCP時代のKGB、現Red China等の国家警察・秘密警察組織は、監視カメラ・盗聴、等で、反逆(容疑)者、を片っ端から逮捕し、収監・流刑・強制労働・粛清(死刑)にして、反政府?体制を恫喝する"恐怖政治体制"を敷いていました!

特に、「ロシア系住人の入植先?に選ばれた各共和国」のnative people(原住民族)はいわれのない反逆罪(冤罪)でシベリア送り!となり、

スターリン時代を通じて、強制移住させられたり"粛清"された人々は、中央アジアの旧CCCP共和国で"数百万人!"にも上るといわれています。

これが、第2次大戦当初、ナチスドイツの猛攻を許した最大の原因"人手(兵員)不足"を招いたともいわれています!

政権内権力闘争にも悪用される!

ローマ帝国、旧ロシア帝国、いやもっと以前から「権力者の政敵!」を始末する手段として、隠密集団(スパイ組織)が用いられていたのは万人の知るところです。

旧ロシア帝国末期の暗殺、スターリンの政敵"粛清"、ナチスドイツの親衛隊の暗殺部隊!

アメリカ大陸では、サンタアナの政敵暗殺!(※02)、我が日乃本でも、幕末から明治期にかけて"暗殺"が繰り返されていました!

更に、大正・昭和に入っても、旧大日本帝国の"特攻警察"が同じ容易な悲劇(不満分子摘発)を繰り返し画策していました。

つまり、スパイ防止法には国家警察組織・公安当局に対する「歯止め策」が必要ともなるわけです。

参※02)当サイト内関連記事 スペインのアメリカ大陸蹂躙!の歴史 はこちら。 

エピローグ パレスチナ問題の行方と石油輸出国機構の態度次第!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第1項 このまま日本国内の理想主義者・共産主義者たちの"暴走"を許しておくと...

教職員組合は、分裂しても、根は同じcomminist(共産主義者)達です!

若年層を狙い撃ちに、偏向教育・洗脳教育を繰り広げています!

Communist達は国民放送?NHKを始め、マスコミ各社(全国紙・報道各局)の奥深く入り込み!Red China"工作員・内通者・協力者"として世論攪乱・世論誘導"後方支援活動!"を繰り広げています。

何れ、Red Chinaに本土侵攻!されたときに、赤旗を振って『解放軍万歳!』と狂気する、売国奴!共が国中にあふれる!ことになるでしょう...

第2項 悪の枢軸同盟が成立して暴挙に出れば日本が真っ先に

前途したように、さすがのRed China・北朝鮮も同胞が住む台湾・や韓国へは(停戦後の統治体制構築の問題もあり)「核攻撃は行わない」でしょう!

しかし、民族の異なる「日本」へは躊躇なく「核攻撃に踏み切る」恐れ!が十分考えられます。

USA本土から遠く離れた海外基地のある日本も、嘗て太平洋戦争の時の「REMEMBER PEARL HARBOR」同様に対中戦突入の口実として、...

世界の警察?USAは「REMEMBER TOKYO BAY」を口実に...

「REMEMBER TOKYO BAY」として使われるだけで、USA本土は痛くもかゆくもないでしょう!

更に、解放軍が上陸すれば、今度はUSAの核攻撃の標的!となり...

つまり、日本が犠牲にされる!だけです...

《この話題は続けたくはありませんが!続く》

狸穴総研 地政学・文化研究所 出自多留狸

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

《日本の防共政策?は大丈夫か...》関連特集記事のご案内 

※以下の♥タイトルをクリックするとシリーズ記事全てにジャンプ!できます。

後書き《 geopolitics と logistics 》シリーズについて

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

当シリーズではLogistics(兵站)とGeopolitics(地政学)に関する"話題"を取り上げていますが...

同時に現状の"垢にまみれた人達"が推し進めている、初等・中等教育についても"問題を投げかけ"ている!

つもりです。

ポイント切り替えを誤った"狂育路線"が...

つまり、現行の大学入試を目指した「記憶力」に頼る"年表重視"の、歴史書・歴史教育では、「歴史的事実」が個別事柄として語られている場合が殆どです。

1番大事な「なぜそうなったのか?」と言う「相互間の因果関係・相関関係」が語られれいない場合が殆どで、「年号記憶」に終始しているわけです。

これでは、義務教育・高校教育を含めた一貫教育課程の「地理・歴史」が面白く無くて当然です!

更に初等数学・初等科学教育(理科)においても

与えられた課題解決には幾通りもの"論理過程"があり、更に条件付け次第では"いくつもの解"も存在!します。

特に現状の初等教育における"算数教育"では、日凶素患部が干渉した検定教科書?に記載された「1つの論理過程、一つの解」である模範解答を金科玉条のごとく押し付けて!います。

これでは日常の問題に即応した「臨機応変な思考力」身に着けることはできません!

地政学そのものについて迄「枠にはめよう」!と...

最近、地政学アナリストを装った"正体不明の人物(団体?)"が、「判りやすい地政学入門シリーズ」と称して、Youtubeに"静止画投稿"を始めましたが...

彼らは「日本における「地政学」(独: Geopolitik)の学説」を盾に、地政学を狭い範囲に押し込んで、「広い意味での地政学geopolitics」から関心をそらそうとプロパガンダ!しています。

geopoliticsはborder(国境)territory(実効支配地)のlife lineであるtraffic networkつまりはlogistics(兵站学)とも密接に結びついていて、国防と密接な関係!にもあるわけです。

なので、USAでさえ時代(政権)によっては、"迫害"を受けてきた研究分野!でもあるわけです。

更に、その成り立ちから、戦後の日本では「垢にまみれた狂育者たちに毛嫌いされてきた"研究分野"」でもありますが...

地政学には学会は存在しない!

更に、世界的に統一された学会・協会(特殊法人)も存在しません!

(※NPO法人 国際地政学研究所はあるようですが)

日本では地理学の一分野とされているようです。

つまり前途したように、"研究分野(Theme)"ではありますが、一部の"職者?(思想家)"が唱えている様な狭義の「単なる学説」に則った"学問分野"ではありません!

地理学、経済論(経済学)、文明論(文化人類学・歴史研究・言語研究・政治学・社会学)、思想論(哲学・宗教)、心理学!(群集心理)にまで跨る、

「民の営み・暮らし向き」文化圏・生活圏・経済圏どうしの"相関関係"を、為政者(国家権力)間の力関係(軍事力)ではなく、communityどうしの相関関係で解き明かそうとする"実践論"の研究Theme"なのす。

つまり、小生が属していた"非破壊検査協会"のような多方面の学問分野に跨る"応用研究分野・実践論"なのです。

つまり、♥"タブーの無い自由な発想"を展開できる研究分野!なのです。

なので中共でもっとも進んでいる!研究Themeでもあるわけです。

"彼ら"中国人民政治協商会議中国共産党中央統一戦線工作部)にとって日本の地理学会の活動は、脅威でもあり・目障り!でもあるわけです。

つまり、単なる"学説"をネタに地理学会を分裂させて、このThemeに対する"日本の研究"をカオス(混沌)に導いて自らの優位性を維持しようとしているわけです!

明日を担う未成年層に、世界を知ることで日本の鉄道網の将来の姿を考える大人に育つように...

当シリーズでは、日本の鉄道網を中心に、日本国内事情だけではなく「人類皆兄弟!」が営む「地球規模での国家間の力関係(軍事力)、相互干渉(外交関係)」から考察して、21世紀の日本のLogistics、transportation(運輸)、Transport network のあるべき姿を探っています。

同時に未成年の「鉄オタ」や、某国のプロパガンダに乗せられた一部のお気楽な運輸族代議士が"ぶち上げた馬鹿げた整備新幹線建設推進プロジェクト妄想"に踊らされないで済むように、

「大きな視野・世界観」に下ずいて、鉄道事業を冷静に"俯瞰"出来る「常識を兼ね備えた、ビジョンのある"大人"に育つ」ことを願って寄稿しています。

勿論小生は右翼(金権慾?)ではありませんが...

赤(垢)にまみれた日凶祖?の教職員や、それを先導(煽動)している研究者・大学教員・教育アナリスト?たちのような"頭空っぽの理想酒義?者"でもありません!

次世代を担ってくれるはず?の"脳天気な若者たち"と、金権慾"にまみれた"お気楽な運輸族"の発言・政治活動と、その手先にされている「鉄道傾YouTuber」のコンテンツを眺めていて、日本の行く末を案じているだけです!

狸穴総研 地理学研究班 出自多留狸

※hyper-linkについて

ハイパーリンクは事業者の Official Websiteを基本に、♥各国語版Wikipedia該当contentにリンクしてあります。

地名は言語表記を基本Google 地図カナ振り

更に、Google地図検索を容易にするために、地名に関しても、言語表記を基本に、(カナ表記)についてもGoogle 地図で使用されている「カナ使い」を使用しています。

又、引用句に関しては《〇X語版》を明確にしています。

海外事情は各国言語版 Wikipediaを優先!

但し海外事情についての日本語版ウィキペディアは、英語版contentの"直訳"が多く更に編集者(与党関係者?)に都合よいようにかなり"歪曲!"されたcontent(電子情報)が多いので、公正を期するために各国言語版 Wikipedia に直接リンクしてあります!

また、日本語版ウィキペディアは中学(教師)並み?の"直訳"が多いので、"意訳し直して"あります。

参)当サイト内関連記事 海外版Youtube 鉄道動画 と 各国語版ウィキペディアの勧め はこちら。

参)当サイト内関連記事 海外鉄道・ 空港関連 ご当地Wikipedia リンク集 はこちら。

※hyper-link先は
  • ●日本語(カタカナ)表記は(日本語版)ウィキペディア
  • ●英語表記は(英語版)Wikipedia
  • ●オランダ表記は(欄語版)Wikipedia、ドイツ語表記は(独語版)Wikipedia、スペイン語は(西班牙語版)Wikipedia 、イタリア語表記は(伊語版)Wikipedia
  • ●スランス語表記は(仏語版)Wikipédia、ポルトガル語表記は(葡語版)Wikipédia
  • ●ロシア語表記は(露語版)Википедия、
  • ●ラテン語表記は(裸展?語版)Vicipaedia
  • ●クネクネ文字?は(使用各国版)ويكيبيديا
  • ●中国語表記は
  • 台湾版;維基百科,自由的百科全書
  • 中共版;维基百科,自由的百科全书

にそれぞれ直接リンクしてあります。

※但しハングル表記(韓国語版)위키피디아 は、両班(ヤンパン)出身者(※991)のintellectualが趨勢を占める狂育怪が"関与"しているので著しく信憑性に欠け!ていて、殆どが日本語版ウィキペディア以下!(50歩100歩?)の fake content なので無視!しました。

Red China版 (维基百科,自由的百科全书 )のほうがはるかに信頼性があります!

参※991)当サイト内関連記事 両班(ヤンパン)3悪に翻弄され続ける韓国国民と日韓関係 はこちら。

イデオロギーに関する日本語版ウィキペディアのイエローフラッグ"糞"フラッグが多い!

特に歴史・イデオロギーに関するイエローフラッグは(管理人"としてボランティア?で"ウィキペディア事務局に関与している)平和ボケした理想主義者、有識者?達が日"教祖"の偏向教育(大衆洗脳)方針に沿うように"注意(Communism!)喚起?"しており、ハッキリ言って"糞"フラッグ!です。

むしろ"糞"フラッグが立っているcontent(内容)のほうがfairness(公正)な立場の内容と言えなくもありません!

交通施策に関するcontentは運輸族のプロパガンダの温床に

但し、交通関係はYoutuberが虚仮にしているように、スポンサー(与党運輸族・財界)の意向を強く反映しているので、universality(普遍性)に欠けたprivate document(私文書!書簡)に下ずく刊行物やマニア向け雑誌を引用しているcontentが大半で!

Academic(学術亭)ではないcontentに"正当なfairness(警鐘:イエローフラッグ)"を警告している場合もあります。

※当サイト内関連記事 日本語ウィキペディアが 鉄道(傾?)Youtuberから"こけ"にされる訳は... はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

 

公開:2022年2月15日
更新:2022年8月29日

投稿者:デジタヌ

海外の鉄道・空港 関連 ご当地 (各国語版 Wikipedia )リンク集TOP外交政策 にも当てはまる色男の陥るパラドクス "良かれあしかれ"と"要らぬおせっかい!"


 

 



▲地理学・地政学・歴史研究班へ戻る

 

ページ先頭に戻る