狸穴ジャーナル『タヌキがゆく』

連載『新・京都市長が"子育て支援"のマニュフェストを守るには...地下鉄を私鉄2社へ譲渡!するしか無い!』ー第2回ー

ここをクリックするとこの Content の Opening に戻れます!

★第1節 京都市民は"借金地獄"と言う"落とし穴"に嵌められた! 

地下鉄東西線に莫大な建設費が掛かったのは、

表向きは『予期せぬ?発掘調査費が生じて、工事が長らく中断したため...』

とされていますが、ローマ同様に"千年の都"の地下は文化財で"埋め尽くされて"いて、掘ればお宝(遺跡)が現れるのは、(先行した)烏丸線建設当時から、否もっと以前の"阪急電車延伸工事"当時から判っていたことです!

その昔は、"文化財保護"と言う見識・概念が無かっただけです!(なので"頬被り"をして"知らんプリ"を決め込んでいただけです)

第1項 交通政策審議会のProposal?など絵に描いた餅!

(Version1,Revision6ー2023年9月2日敗戦記念日!版)

人の営み(生活圏)・暮らし向き(経済活動)を無視した「都市計画・交通政策」では、事業そのものの必然性も無く、

結局は高額拘束鉄道が乱立して地域の経済活動を圧迫して"地域衰退!"を招くだけです!

沿線自治体の"夢想"ではない、♥生活圏に根ざした"民(たみ)の切実な要望"を反映した Trafic (交通網)構想が望まれているのです!

第0目 21世紀の日本は♥3Eを目指す世紀...

21世紀の日本は prefecture(県),Municipality(自治体)などの district のエゴを捨てて、zone(広域)全体の有機的な連携・協調で発展を期するべきなのです。

『現状の♥ resource を有効活用して無駄な重複投資を省き、ecology(エコロジー)economy(節約)に配慮した evolution (進化)の3Eを並立すべき世紀』なのです!

労働組合との馴れ合いを断ち切り!

『既存交通事業の restructuring(断捨離・再編・合理化)で鉄道網の reconstruction(再構築・復興・再建)が不可欠な時節』なのです。

第1目 現行の交通政策審議会答申は間違っています!

Democracy(民主主義)に、対峙する思想はAuthoritarianism(権威主義!です。

つまりLiberalism(自由主義)はDemocracy(民主主義)ではありません!

むしろ Liberalism(自由主義)≒ socialism(社会主義!)といえるideologyなのです!

"民(たみ)の願い"を封じ込めるために利用されている交通政策審議会の盲判!

権威主義に裏打ちされた交通政策審議会の"答申"は、よとう(夜盗)運輸賊!の政治ゴロ・利権屋どもが、己の私利私欲の為に「恣意的に企んだ政治路線案」を、私たち利用者に押し付けている卑怯千万!な"手口"です。

liberal 会派(革新勢力)からも反論は出ない!

日本のリベラル会派は、Marxismussocialismcommunismに毒されたdespotism(独裁主義!)!の赤い輩なのです。

だからAuthoritarianism(権威主義!)を否定しない!のです。

第2項 彼ら交通政策審議会に集う! intellectual ,Expertと称されている連中は...

魏妖怪(ギョ~カイ)syndicate,cartel(企業連合)をバックとする、国家権力(経産省・国交省・厚生労働省の bureaucrat ;キャリア官僚)に加担するメンバーのみで構成されています!

サ・ラ・ニは労働組合活動患部のドン!や、環境関連企業役員!、更には Propaganda!専門の advertising agency 関係者!まで含めた、the exploited classes(特権階級!)に完全支配!されている組織なのです。

参※)当サイト内関連記事 交通政策審議会の答申とは与党政権・産業界の"思惑!"を表明しているにすぎない はこちら。

第0目 明治新政府が敷いた"まやかし"の郡県制度が...

明治憲法(1890年11月29日施行)以前からあった、奈良時代!から綿々と受け継がれたAuthoritarianism(権威主義!)、つまり!官吏の分類(1886年)親任官制度を引きずる官僚制度!を継承して、

「為政者による恣意的("シイ"てき)な独裁!」を継承した"まやかし"郡県制を布き、

『"お上が決めた"ことだから...お代官さま(府・市)のお達し!だから逆らえない???...』 という傀儡政権!邪馬台国(※001)時代から続く『民(たみ)の"隷属"支配』を踏襲したのですが...

参※001)当サイト内関連記事 紀元2600も邪馬台国もFake!倭国(日本)は"後漢"王朝以来約1000年!に渡り「中国王朝の冊封国(属国!)」に甘んじていた! はこちら。

第1目 敗戦後の democracy 日本国???においてもAuthoritarianism権威主義)が蔓延っている!

交通政策審議会メンバーは権威主義の偽善者!の集まり

肝心の運輸事業者・鉄道事業者を代表する民鉄協会や、運輸事業者 Federation(trust )のRepresentative(代表)は参考人としてすら審議会には参加できず!

魏妖怪(ギョ~カイ) syndicate,cartel(企業連合)をバックとする、国家権力(経産省・国交省・厚生労働省の bureaucrat ;官僚)に加担する、メンバーのみで構成されています!

交通政策審議会は Authoritarianism(権威主義!)に偏った"違憲"組織!

彼らAuthoritarianism(権威主義!)権化共は、organization(中央省庁)のbureaucrat官僚!)と syndicate,cartelに都合が良い屁理屈をこねくり回して、現実離れした妄想アドバルーンをぶち上げて、体制側(産業怪)の提灯持ちをしているだけです!

つまり彼らの掲げるProposal???は、単なる新線建設 Propaganda ! ににすぎないわけです。

彼ら交通政策審議会(※00)に集まったintellectual ,Expertと称されている連中は、マルクス経済学を信奉する社会主義思想家!が殆どです。

更に、工学的に審議案を吟味するはずの工学系の specialist ?にも、肝心の土木工学専門家は含まれていません。

魏妖怪 syndicate,cartel(企業連合)と深く関わっている産業機械工学者!で、

研究費(補助金)を餌に釣りあげられた経産"続"にすぎません。

参※00)当サイト内関連記事 交通政策審議会の答申とは与党政権・産業界の"思惑!"を表明しているにすぎない はこちら。

参※00)当サイト関連記事 交通政策審議会は"利権組織代表!"の権益争いの ground! はこちら。

第1目 新規路線の素案(議題)を作成しているのは lobbyist!と建設コンサルタント

オマケに新規路線の素案(議題)を作成している連中は、交通専門家(地政学者)等ではありません!

後述する lobbyistや、大手ゼネコン系コンサルタント会社です。

簡単に言えば「一儲けを企む鉄道魏妖怪(ギョーカイ)関係者 つまり商人(あきんど)」と言う事実でもあります。

日本のロビー活動(政界工作)は民間シンクタンクが行っている!

魏妖怪 syndicate,cartel(企業連合)から依頼を受けて夜盗(よとう)政権や中央省庁に対して、

ロビー活動を行っているのが〇X経済研究所、〇X総合研究所などです。

mass media 報道特番!などにも顔を出し"工作活動"の先鋒となっている連中(※003)です。

つまり"自称"Researcher(研究員)economist(経済学者),specialist(専門家)共 (-_-メ) は捏造のexpert(有識者)であり、

根拠(裏付け)の無い!試算(私算)である"経済波及効果???"を伝家の宝刀に振りかざして、官公庁に猛烈な売り込みをかけている!訳です。

彼らに丸本の中国人 economist が深く係っているのは...

民間 think tankに中国人 economist(工作員?)が多いのは...

母体となっている証券会社(投資ファンド)に中国系企業や、「中共の Agent 中国人民政治協商会議中国共産党中央統一戦線工作部」の資金が流れているからです!

なのでいま社会問題となっている、全国の防犯監視カメラ(中共製スパイカメラ!)が全国の痴呆自治体に蔓延して、常に中共政府に監視されているのです。

※防犯監視カメラだけではなく!中国製・韓国製のアンドロイド端末(スマホ)を通じて、あなたの個人情報も中共当局に hacking されています。

Propaganda の旗頭は政府機関に深く食い込んだ advertising agency の"伝痛"が

更に一般の無知!な一般人への公共投資熱を煽る promotion つまり Propaganda を担っている!のが、

政府機関にも深く食い込んでいる!巨大 advertising agency "伝痛"です!

そしてnetwork 末端の末端の"怪しげな零細"AVプロダクション (-_-メ) を通じて学生?Youtuber(※001)を手先に使い、

「一般の無知!な大衆」に、鉄道新線建設妄想などの公共投資熱を煽る promotion つまり Propaganda を行っているのです。

参※001)当サイト関連記事 今どきの 鉄道系・交通系Youtuber、鉄道コラムニストとは?... はこちら。

第2目 お墨付きとなる交通政策審議会の妄想 Proposal は過去に何度も覆されている!

もっとも有名なのは、埼京線開業後も"東北通勤新線"地上げ妄想 Proposal に固執!していた事実であり、

北陸震撼線ルートが2転3転している事例でしょう。

つまり、伝痛までもメンバーに加えた!彼ら交通政策審議会は、単に運輸ゴロ共 (-_-メ) の手先として、提灯持ち!をしているにすぎない訳です。

参)当サイト関連記事 交通政策審議会は"利権組織代表!"の権益争いの ground! はこちら。

※横浜市営地下鉄関内駅の例

軽罪怪?をバックにした経産省・国交省(と総務省)連合 vs 金融怪を守る立場の財務省との"覇権争い"の場!と化した公共交通事業において、『(軽罪界?側の立場のみを代弁した)交通政策審議会・答申に記された Proposal?は最早"絵に描いた餅"』としか言えないでしょう。

例えば各政令指定都市の地下鉄建設などでは...

彼らは Fake 捏造の expert でありlobbyistの傍ら、ボランティア活動?として日本語ウィキペディアにも熱心に投稿(upload))を続けています。

なので、日本語ウィキペディアにuploadされた痴呆都市の公営鉄道の延伸計画妄想!などでは、Municipalityの都市計画担当者ですら知らない!ような"地上げ新線""妄想!を書き連ねているのです。

何れも地元市民(住人)の意向を反映した構想ではなく、

合法的賄賂(政治献金と選挙協力獲得を目指す)"地上げ屋" (-_-メ) と結託した地元偽員!どもが関与(恫喝!)して寄稿させたタダの地上げ妄想!にすぎません...

第3項 鉄道新線は市民の Consensus が無ければ...

都市計画・鉄道新線計画は「人の営み、暮らし向き」と切り離しては成立しません!

つまり、『魏妖怪 syndicate,cartelロビー活動を行う lobbyist が恣意的に引いた利益誘導路線!では、地勢までも変える力は無い!』のです。(※003)

さらに今や、巨大設備事業!(※004)である鉄道建設Scheme(企て!)には、Municipality の建設スキーム(血税投入!)が伴はなければ実現出来無い!世の中になっています。(※005)

だからこそ、魏妖怪 syndicate,cartel が、無知な一般大衆を対象とした公共事業???血税投棄熱を煽ろうと金をばら撒いて!Propaganda を行っているのです。

参※003)当サイト内関連記事  "軍部"と" 政治屋 ! "によって画策された!大廻り迂回路・廃線の歴史 はこちら。

参※004)当サイト関連記事 今や国内市場規模"1兆円以上の「巨大購買力を誇る consumer 」となった"サービス業"!軌道会社・鉄道事業者 はこちら。

参※005)当サイト内関連記事 鉄道建設に必ず登場する事業費・自治体分担の"仕来り" Schemeの由来は "企み!"で " 言い得て妙 ... はこちら。

第1目 スイスでは国民投票!案件

スイスでは、"憲法!"で「(国家プロジェクトとしての)SBB(スイス連邦鉄道)新線建設は、国民投票で過半数の賛同を得る必要がある」と掲げられています。

つまり、たとえ国民の Representative が集まった『国会でさえ鉄道新線建設を決することが出来無い!のです。

第2目 ルート設定には"民主主義への原点回帰"が...

  • ●新線建設ありきの一方的な"Compliance(追認・承服)を強要する 強権施政!をすて
  • 地域住人の望む「真(誠)の鉄道"神"線」を目指す姿勢!

つまり鉄道事業者民間企業!)の"エゴ"と、視界偽員共の権益を取り除き!

『Compliance(追認・承服)を強要する governance,oppression(支配!・抑圧!) では無く、Consent(同意)に下づくconsensus(総意)を大前提!』とすべきではないのでしょうか。

鉄道新線構想は大多数の市民の願いを基にしてい無ければ...

Municipality の citizen の Consensus(総意・協心)も得られ無い様なScheme(企て)など、

中共政府のdespotism独裁!)oppression(圧制!)と何ら変わりません!

参※)当サイト内関連記事 欧米 から学ぶ 持続性のある 旅客鉄道事業 再建 に関する2つの取り組み はこちら。

assessment の基本を public hearing 重視に... 
  • 住民の要望に耳を傾ける姿勢(市政!)
  • 民意をくみ上げる姿勢(市政!)

つまり構想段階での、事業予定 Zone に当たる District(行政区)の(利権屋!の視界偽員などでは無い!)

♥住人(想定利用者)から直接"要望"を収集することが最も重要
  • Compliance(承服)を強要!する explanation meeting(釈明会!) などに費用をかけるのは愚の骨頂!です。
  • 求められているいのは事前の♥ public hearing(公聴会)・パネルディスカッション

こそが必要なのです!

第3目  Popular sovereignty(主権在民)の Democracy(民主主義)を標榜する日本国?ならば...

主権在民・民主主義!の基本!となるべきで、前述した2つが無ければ、

『中共の prestige(威信)のostentation(誇示)つまりgovernance,oppression(支配!・抑圧!) 政策と何ら変わりない!』といえるでしょう。

お分かりですか"威信の会?"の皆さん...

参※)当サイト内関連記事 "日本維新の会"は中国共産党中央統一戦線工作部の手先だった!...時系列から読み取れる相関関係とは はこちら。

続きはこちら

ここをクリックするとこの Content の Opening に戻れます!

 

公開:2022年7月13日
更新:2024年2月21日

投稿者:デジタヌ

連載『新・京都市長が"子育て支援"のマニュフェストを守るには...地下鉄を私鉄2社へ譲渡!するしか無い!』ー第1回ーTOP連載『新・京都市長が"子育て支援"のマニュフェストを守るには...地下鉄を私鉄2社へ譲渡!するしか無い!』ー第3回ー


 

 



▲京阪神公営鉄道調査室へ戻る

 

ページ先頭に戻る