狸穴ジャーナル『タヌキがゆく』

連載『新・京都市長が"子育て支援"のマニュフェストを守るには...地下鉄を私鉄2社へ譲渡!するしか無い!』ー第3回ー

ここをクリックするとこの Content の Opening に戻れます!

★第2節 新都心を巨椋池に移す以外には今以上の発展は...  

第0項 京都市が今以上の発展(税収増)を望むならば...

京都市が更に発展するには、旧市街地を捨て!旧・巨椋池当たりの郊外に新都心を移転でもしない限りは、今以上の"伸びしろ"はありません!

先進欧米諸国の古都では、"旧城郭都市の城外"に当たる場所に新都心を移転している事例が殆どです。

京都市も、根本的に都市改造を行いたいならば、伏見区竹田駅周辺に都心を移転するぐらいの決意で臨まないと解決策は無い!でしょう。

第1目 景観条例改悪!本末転倒税収減に...

つまり、景観条例で守られた現市街地では、今風の超高層オフィスビルや、高層"億"ション?が建設できない訳で、自公よとう(夜盗!)政治ゴロの一部が地上げ屋 (-_-メ) と結託して画策している、景観条例改悪案では本末転倒です!

第2目 西欧の古都では...

景観地区(民家エリア)と商業エリア(新都心)を分離したほうが、発展(税収UP)に繋がり借金返済・再建団体の崖っぷちから、逃れる最善の策ではないでしょうか?

更に、竹田駅周辺市街地改造事業(高層ビル群建設)ならば、新たなインフラ整備(上下水道、アクセス鉄道)整備も必要なく、再開発部分はTMO(※21)つまり「民活を最大限に活用(便乗)」出来て、最小の公共投資(血税投入)で最大の効果(増収!)が得られるわけです。

参※21)当サイト内関連記事 まちづくり三法のしんがり、お役人と職者が考えた市街地活性化の切り札『TMO』ちゃんとは? はこちら。

第1項 名神高速道路に沿って北陸新幹線湖西ルートを建設すれば...

例えば、E1(名神高速道路)に沿って、北陸新幹線米原ルート新線を建設ならば...

京都市街地銃弾!ではないので、連続高架橋で事足り150億円/キロメートルで建設出来て、市民(京都大学・環境保護団体(※22))からもそんなには反発(反対運動)が起こらないでしょう?...

名神・国道1号バイパス沿いに、北陸新幹線(湖西線改修ルート)(※22)を引っ張ってくれば、

原住民?の騒音反対問題は絶対に起きなく(人気が無い!)、用地買収もはかどり、10年程度で完成出来て、JR西日本も万々歳"加茂"しれません。

「ガチガチの高さ規制」の景観条例市内中心部から逃れられて、超高層ビルの立ち並ぶ「京都新都心」も夢ではなくなります!

参※22)当サイト内関連記事 湖西線が北陸新幹線大阪延伸で並行在来線として切り捨てられるなら起死回生策に打って出るのも... はこちら。

続きはこちら

ここをクリックするとこの Content の Opening に戻れます!

 

公開:2022年7月13日
更新:2024年2月21日

投稿者:デジタヌ

連載『新・京都市長が"子育て支援"のマニュフェストを守るには...地下鉄を私鉄2社へ譲渡!するしか無い!』ー第2回ーTOP連載『新・京都市長が"子育て支援"のマニュフェストを守るには...地下鉄を私鉄2社へ譲渡!するしか無い!』ー第4回ー


 

 



▲京阪神公営鉄道調査室へ戻る

 

ページ先頭に戻る