狸穴ジャーナル『タヌキがゆく』

essay『 極・赤字路線・存続を"扇動!している journalist ?は大正時代のアナキスト!と大差ない!』ー第5回ー

ここをクリックするとこの Content の Opening に戻れます!

★第4節 mass media と中共との関係!とは

大東亜戦争継続を扇動!したのは、当時のmass media(全国紙・ラジオ)に巣くう"日和見主義"のjournalist,Communist!共した。

敗戦後は、さっさと帝国主義(の延長線!上にある"同じ穴の貉")Communismに転線?した連中が、マスコミ(TV業界)を牛耳っている!わけです。

そしてその先兵!となって、政府転覆を画策!して、無政府状態!を目論んでいるのが「言論テロリスト」であるcommentator(解説者)!と呼ばれている連中です!

反体制的立場!をとりたがるjournalist・journalism(巨大マスコミ・TV業界!)はcomminist(共産主義者)と不快(深い)関係(共通利害)にあります!

殆どの全国紙系民放TV局は、過去に何度も内部情報リークとして右派職員に内部告発!されているように、中国人民政治協商会議中国共産党中央統一戦線工作部から資金供与(スポンサーシップ)を得ており、中共のコミンテルン活動密接に連携しています!※もちろん労働組合とも!

第1項 中共政府の交通政策(内政・外交)コミンテルン活動の基本は...

  • ●軍備拡張
  • ●logistics(兵站)充実
  • ●経済協力と称した海外侵略!

上記の3点に尽きるでしょう!

つまり、中共の鉄道建設は国民・大衆の"福利・公共事業"としてでは無くて、「logistics」(兵站)を最優先して進められているわけです!

参※10)日本語Wikipedia 中国ラオス鉄道 はこちら。

参※)当サイト内関連記事 中共の"一帯一路"(新万里の長城!)とロシアの"鉄(道)のカーテン"とは... はこちら。

第2項 socialist,comminist!は2枚舌!の大ウソつき!

socialist,comminist!2枚舌!です。

ダム建設!、国際空港建設、高速道路建設などには無駄な「血税」投機と噓ぶき!反対運動を扇動し...

(市役所・公民館・文化会館?等の公共施設)箱もの建設!や赤字鉄道保存には国庫補助」を訴えますが...

どちらも私たち国民が「血と汗と涙」で稼いで収めた大切な「血税」です!

第1目 「赤信号みんなで渡れば怖くない」は真っ赤な大噓・危険思想!

極赤字地方線存続活動家は単なる集り(たかり)集団!

赤字路線を抱える地域と"無縁"な私たち一般国民に、"金を出せ!"とgather;集(たか)っている様なものです!

嘗ての国鉄再建論争の再燃ともいえる「極赤字路線存続問題」が諮問機関(有識者懇談会?!)で取り上げられるようになりましたが...

お呼びのかからなかったCommentator(Communist)共が、TV番組で懇親会参加メンバーに対してslander(誹謗中傷)に満ちた過激な"disrespect"(貶める)を浴びせていましたが...

中共協力者のジャーナリスト?・煽動家!(※10)は、

『鉄道は日本だけではなく、世界各国でも赤字なのが当たり前???』

つまり「赤字路線みんなで使えば怖くない」と言う危険思想をプロパガンダしていますが、奴らはとんでもない食わせ者揃い!です。

参※10)当サイト内関連記事 貴方の町に忍び寄る共産主義の罠 "町おこし・地域振興"活動! はこちら。

真っ赤な大噓・虚言・危険思想プロパガンダ

国内はもとよりユーラシア大陸全土に赤字路線!を熱心に建設している中共の中华人民共和国高速铁路(中国語版 維基百科)の真の狙いは...

公共交通機関ではなく高速 logistics(兵站路)網の構築!です。

※以下はシベリア鉄道におけるLogistics (兵站;後勤)の一例ですが、一帯一路構想も同じことが...

第3項 comminist 共の主張(プロパガンダ)は的外れ!話のすり替え!

第0目 鉄道の利点は"大量輸送によるコスト低減!"につきる!

USAの鉄道網を例に挙げるまでも無く、鉄道の利点は(船舶を用いた)"水運に次ぐ圧倒的な輸送力"を持っている!点です。

つまり、極・赤字路線存属運動の「論拠となる鉄道の存在意義!」を Lifeline にすり替えてしまっているわけです!

参)当サイト内関連記事 鉄道育ての親 アメリカ 鉄道網から学ぶべき持続可能な鉄道事業とは ... はこちら。

第1目 NHKを含む民放TV各局は、ほぼ完全に赤に汚染されています!

全国紙系民放TV各局が加盟ユニオンとなっている民放労連は、"全労連"にオブザーバー加盟!している中共の協力者たちです。

奴らjournalist?(comminist!)は真っ赤に汚染されている!わけです。

関東では、不事・テレ盗が旗頭?と言うところでしょうか...

くれぐれも騙されないよう注意てください!

※玉川徹が吐露!したFake報道! の闇

第2目 comminist吊るし上がお好き!

奴ら"お花畑"で育ったcomminist共は、日凶祖が推し進めたホームルーム狂育!で身に沁み込んだ"集団虐め・吊るし上げ"が大好きな、虐めっ子連中です。

だから、TV討論などでも、平気で、弱者(政府関係者)を寄って集って虐める!わけです。

※TV盗論?を放映した「テレ盗BIZ

第3目 共産主義プロパガンダ!鉄道番組の数々

以下は代表的な報道番組?やドキュメンタリー?を装った共産主義プロパガンダ・プロモーション番組の数々です。

彼らは中国人民政治協商会議中国共産党中央統一戦線工作部から活動資金を得ており、日本人の"優しさ"に付け入って"無駄使い"(血税投棄!)で、日本国政府を財政破綻!に導こうと"工作活動を行っているにすぎません。

※黄泉(よみ)売りTV制作 プロパガンダ番組

※正体不明!のCommunist不法にアップロードしている以下のベストセラー?コンテンツも、元ネタは「フジTV・"関西TV"」の共同制作によるMr.サンデーで放映されたドキュメンタリー?タッチの共産主義プロパガンダ作品にすぎません。

第4目 批判するだけでなく「富士山系保存鉄道財団?」でも立ち上げてみたら...

日本のマスコミを牛耳っている「2大ドン?」フジ・メディア・ホールディングスの会長と、日本放送協会の会長は、

"朝鮮半島"の両班(ヤンパン)の首領!同様に、配下の組織を「threaten (脅し)で牛耳って!」"日本政府(交通政策)批判"をさせている!わけです。

"放送法"で守られたBig Boss!達は、もともとcomminist(労働組合患部)出身者!です。

「民(たみ)の幸せ」など眼中にない連中!

ただただ「自身の保身」の為だけに組織を牛耳っているだけで、出資者(株主・国民)への微塵の配慮もありません!

男(人)であるならば、「手下どもを使って政府批判」を行う前に、自ら「見捨てられた鉄道!」だけを扱う一般財団法人「Fuji全国鉄道保存協会?」を設立(チャレンジ)して、実証して見せるべき!ではないのでしょうか。

ー続きはこちらー

ここをクリックするとこの Content の Opening に戻れます!

 

公開:2022年10月10日
更新:2024年2月21日

投稿者:デジタヌ

essay『 極・赤字路線・存続を"扇動!している journalist ?は大正時代のアナキスト!と大差ない!』ー第4回ーTOPessay『 極・赤字路線・存続を"扇動!している journalist ?は大正時代のアナキスト!と大差ない!』ー第6回ー


 

 



▲日和見マスメディアの“放導”と“防共”研究班へ戻る

 

ページ先頭に戻る