狸穴ジャーナル『タヌキがゆく』

金沢 の未来は 道路拡幅による都市型 BRT 網整備 にかかって要る

副題 石川県と共に広域交通政策を見直す時期では...

《要約》金沢都市圏都市計画とは整合性が見いだせ無い!

金沢地下鉄構想は、金沢市が描くHub & spoke 都市計画と全く整合性がありません!

将来構想を見据えて都市圏広域交通網を再考すべき時期でしょう。

身の丈に合った「 BRT 」路線網構築で、

アメーバーのように「時々刻々変化する都市」にフレキシブルに対処すべきではないでしょうか?

金沢都市圏総合都市交通計画協議会 の皆さん冷静になりましょう!

ホームにたどり着くよりも隣の停留所まで歩いたほうが早いような「地底鉄道・冥土路線」を走らせても誰も利用しない(出来ない)でしょう!

金沢 の未来は 道路拡幅による都市型 BRT 網整備 にかかって要る の目次

★前書き Traffic と Transit について

(9月2日♥敗戦記念日!版ーVersion1,Revision5

※ここをクリックすると本節をスキップして次節に進めます!

今年(2023年8月26日)開業した芳賀・宇都宮ライトレールが大きな話題と成っていますが...

『新時代のLRT???』などといううたい文句は、宇都宮名物の"地上げ屋" (-_-メ) 親派が LRT の意味を理解していないだけです!

第0項 公共交通の基本Trafficとは...

Trafficという単語はもともと「貿易」を意味し(現在も)、古イタリア語の動詞Trafficareと名詞Trafficcoに由来します。

イタリア語の語源は定かではありませんが候補としては、カタロニア語の trafegarから派生した、ラテン語の動詞 transfricare の造語「作る、行う」を意味するtrans-とfacere、 アラビア語の tafriq ' 「分配」とtaraffaqa、「利益を求める」から生まれた造語です。広義では、network traffic(空輸、海運、陸上交通など)多くをカバーしますが、道路交通のみを意味する狭義に使用されることもよくあります。《英語版Wikipediaより"意訳"引用

第1目 Traffic 問題は"点をつなぐ線"では解決しない!

"点を線"で結ぶ鉄道では、zone(地帯)全体の Traffic を改善することはできません線(せん)!

prefecture(県)、Municipality(自治体)つまりは『 Community(地域共同体)全域での Traffic 改善を"図る"!』には、

公道整備つまりは道路整備事業!しかありえません。

背負子に重い荷物を背負って往来していた昔から、a public thoroughfare(公道)は、『家々、集落を結ぶ重要な transportation(運輸)と Logistics(兵站) 』を担ってきたのです。

防災面(緊急車両往来・緊急避難路)から考えても、 "zone のTraffic 問題""面"(network)でとらえる必要があるのです。

第1項 抑々LRTとは?...

♥賢明な福井市(福井鉄道)の取り組み!

第1目 transit; 公共交通機関

Public transport (公共交通機関; transit)) は、 private transport(個人用途)とは異なり、多くの一般人が利用するための transportationで...交通機関の種類について厳密な定義はなく、公共交通機関について議論する際に空の旅は考慮されないこともよくあります。

Passenger rail terminology(UMTA認定鉄道用語)では、「バス、電車など」などの用語として使用されています。

transit の例としては、...omnibus(乗り合いバス)、トラム・ライトレール、および鉄道、軌道およびフェリー...《英語版Wikipediaより"意訳"引用

第2目 Light rail

Light rail という用語は、1972 年に都市大量交通局 (UMTA、米国Federal Transit Administrationの前身) によって、ヨーロッパと米国で起こっていた新しい路面電車の形態を表す造語(※001)でした。ドイツでは...北米のライトレールの前身である Stadtbahnという用語を使用しました...UMTA の大勢は独語の直訳 city rail を...しかし、最終的にUMTA はその報告書で、light rail という造語を用いました。《英語版Wikipediaより"意訳"引用》

小生も初めて耳にした当初は『ライトレール...ン軽便鉄道の事か?』ぐらいに考えていました!

小生の記憶では、USAよりむしろ、返還前の香港で新規開業した香港ライトレール(港铁)の報道のほうが記憶に残っています。(NHKの偏向報道の威力は凄まじい!

参※001)尤も殆どの英単語は、16世紀の偉人 William Shakespeare が編み出した造語なのですが...

Passenger rail terminology(旅客鉄道用語)では、

元々、 rapid transit という用語は、1800 年代に、道路交通から分離されたTraffic を持つ新しい形式の迅速な都市public transportation を表すために使用されました。これにより、馬車路面電車路面電車乗合バス、その他の公共交通機関とは異なる高速交通手段が確立されました。《英語版Wikipediaより"意訳"引用

第3目 つまりLRTとは...

つまり LRT(Light rail transit) とは正しい日本語表現では"公共交通機関"という事になり、何のことは無い嘗ての interurban (※001)が renewal しただけの公営交通 street car(チンチン電車)にすぎません!

参※001)当サイト関連記事 直流1500V 日本定番電化と interurban(都市近郊線)の歴史は近畿で始まった! はこちら。

第2項 新たなトラム「バストラム」も登場!

以下は METTIS virage serré ベルギーの VanHool 社製ハイブリッド Bus Tram の例。

欧米先進国?の地方都市で導入が盛んな「BusTram」を使ったBRTでは...

(当サイト内関連記事 トラムといえば『 バス・トラム 』を指す日が必ずやってくる!はこちら

更に、低床トラムの利点一般車両進入禁止(バス専用レーン)のメリットを生かした「定刻発着・定時運行」と「ユニバーサルデザイン」の「2大メリット」を活かしながら大掛かりな設備(軌道、トロリーライン、変電設備、信号保安設備など)が必要ない「超低床トラムタイプ」の連接バストラムが「BRT」(※5)がヨーロッパでは都市内中規模トランスポーターの主役になりそうな勢いで普及しだしています!

※5、バス・ラピッド・トランジット(英: bus rapid transit, BRT)についてのWikipediaの解説はこちら。

第3項 反対!するのも賛成?するのも市会議員の先生(専制???)方!

私達納税者!の意向を無視して、反対!するのも賛成?するのも"よとう(夜盗?)"市会議員の先生(専制???)方です!

何より、トラムブームで一番面白くないのは地下鉄・新交通システムを売り込んでいる、魏妖怪 syndicate,cartel(企業連合)に推された「地元民党」の先生(専制!)方です。

つまり反対しているのは「一般納税者=市民」では無く、liberal(革新系)リベラル会派の主催する環境保護団体!と結託した金権欲の塊!の専制型です。

第1目 賛成しているのも...

推進派に回っているのも、地元の不動産業"地上げ屋" (-_-メ) 共から合法的賄賂(政治献金)と選挙協力を得ている一部の視界偽員共にすぎません!

参※)当サイト関連記事 鉄道新線建設に群がる"政治ゴロ"と自治体長の"大人の事情" とは... はこちら。

※ハイパーリンク、その他についての御断り

(Version5,Revision4 ー2023年10月26日改訂)

※当サイトは"横町の物知り隠居"出自多留狸の匿名・個人サイト

当サイトは"横町の物知り隠居"出自多留狸が開設している匿名・個人サイトです。

なのでacademic paper とは異なり、分かりやすさにフォーカスして、出所(作者)不明!一般 Web content (Youtube動画、日本語ウィキペディアなども引用・共有させていただいています。

※本ファンタジーについて

(Version2,Revision2. ー2023年9月23日改訂)

本レビュー記事は、出来る限りの"記録"(時系列)に下ずいた史実と、科学(工学・地政学※000)的 な検証"を行ってる semi-documentary ですが...

引用・共用 content にも、日本語ウィキペディアの様に、"出所(作者)不明"の得体のしれない代物も使用しています。

なので、事実と異なる場合もあります。

つまり筆者の"億測"を交えた fantasy?(創作物)でもあります。

なので登場する各団体とは直接関連はありません?

また各団体では"答え難い『大人の事情(利害・思惑』つまりあまり触れられたくない内容!"も含まれています。

本ファンタジーに関して各団体への問い合わせはご無用に願います。 \(^_^ )( ^_^)/

参※000)当サイト関連記事 一研究分野にすぎない geopolitics(地政学)の"概念・研究 theme とは... はこちら。

※hyper-link は作者・編纂者が明確な当事者・関連団体の Official website を主体に

直接 hyper-link は、当事者・関連団体のOfficial site を主体に、作者・編纂者が明確な"コトバンク"(ジャポニカ等の編纂者が特定できる百科事典・辞書)へリンクするように心がけております。

但し(参※xx) は当サイト内の参照関連記事へのリンクです。

ウィキペディアへの hyper-link に関しては...

"日本語ウィキペディア"は政治色と commercialism が色濃く!偏った異見!が蔓延っており!

出来る限り避けています。

外来文化!?に関しては

外来文化!?についての日本語ウィキペディアは(USAの主張が色濃く出ている)米語版の"直訳版"が多く、

更に「翻訳者?の主観・主張」も強く表れている content が殆ど!なので、各国語版・原典版!original Wikipediaにリンクしています。

英単語優先!表記について

更に"曖昧で不明朗"な日本語(行政用語・表現)は用いずに、できるだけ「論点・観点が明確」に示せる「端的・明解」な英単語を用いるようにしております。

鉄道業界用語は...

特に鉄道機材 syndicate(cartel)用語は、カタカナ造語と手前勝手な解釈が横行しており、

鉄道車両の原型となったwagon(荷馬車!)から分かれたautomobile で一般的に使用されている MechanismSpare partAssembly)の呼称を優先しています!

例) 台枠→Chassis,(Locomotive frame)、懸架機構→suspension単台車式Beam axle(rigid axle)

参※)当サイト関連記事 鉄道の歴史は Wagon(荷馬車)用の"木道" から始まった ! はこちら。

GoogleMapの使用について

GoogleMapは国土地理院地図に下ずいて作成されていてGPSにも対応しており、且つ公共建造物、ランドマーク等の掲載も多いので用いていますが...

新規鉄道路線などについては、"いい加減"な記入も散見されます!

更に、山間部では公道、河川(沢)、稜線の転載ミス!が目立ちます。

なので、登山やハイキングなどでの使用はお勧めできません!

廃線や"地下鉄道"ルートは国土地理院の公開航空写真データを参照して修正してあります。

但し数m程度の誤差があることはご了承願います。

★プロローグ 地方都市で地下鉄建設は無謀!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

魏妖怪 syndicate,cartel(企業連合)のロビー活動を請け負う lobbyist は、小遣い目当ての"お気楽な鉄オタ Youtuber"まで担ぎ出して?なりふり構わぬ「Propaganda」を行っていますが...

※参)当サイト内関連記事 公共インフラ整備事業に進路を転線?した 土建業界 はこちら。

第1項 地下鉄関連 syndicate の謀略?

金沢中心部香林坊の地下鉄建設計画は「地元地上げ屋を後ろ盾」とする長老有力者?たちを巻き込んだ地下鉄関連 syndicate(企業連合)の謀略でしょう。(※30)

現在一部の旧運輸省派の族議員の「都市寄り(トシヨリ)?」連中(だけ)が、時代錯誤なかつてのライトレール王国を再興しよう?と、

北鉄金沢と野町間約3.3㎞を「地底深く潜って地下壕?で結ぶ前時代的な謀略!」を企んでいるようですが...

前途したように、現行の都市計画とは整合性がありま線(せん)!

参※30)当サイト関連記事 よとう運輸族・地上げ一派が痴呆自治体と連んで"鉄道(駅・益?)建設に拘る訳"とは... はこちら。

第1目 4㎞!の地底冥土路線の想定事業費2,400億円!

この区間を地底シールドトンネルで建設した場合、想定事業費2,382億円!、キロメートル当たり約500億円以上(※211)もかかってしまうことを金沢市民の方々は頭の片隅においておかれたほうがよいでしょう!

日本有数の大都市?である大阪の中心部中ノ島を走る京阪中之島線でさえ大赤字!なのに、

現状輸送密度4000人を切っているような廃止対象路線の北陸鉄道2路線を結んでも、とても2,382億円の40年償還(※22)年間約60億円の返済など夢のまた夢「妄想」の世界です!

※参22)建設費の国庫補助は整備新幹線同様に40年償還が基本です。

都市計画事業は公営事業でなければなりません

既存路線を道路整備事業として立体交差化する以外には、

都市計画事業として、約50%の国庫補助を得ようとすると、事業主体が金沢市でなければなりません。

つまり、金沢市が第一種鉄道事業者として、たった3.3kmの金沢市営地下鉄を建設して、北陸鉄道と相互直通運行を行う必要があります!

つまり、建設費だけでは実現できません!

北陸鉄道路線とするには...

大阪市で行っているような(第三種鉄道事業)第3セクター金沢高速鉄道㈱?を、設立して自己資金!で建設する必要がありますが...

日本有数のMetropolis(大都市)?である大阪市の、中心部中ノ島を走る京阪中之島線(中之島高速鉄道)でさえ大赤字!なのに、現状輸送密度4000人を切っているような廃止対象路線の北陸鉄道2路線を結んでも、とても2,382億円の40年償還(※22)年間約60億円の返済など夢のまた夢「妄想」の世界です!

※参22)建設費の国庫補助は整備新幹線同様に40年償還が基本です

参※、中之島高速鉄道㈱主要株主

2018年3月31日現在

  • ●京阪ホールディングス株式会社 33.50%
  • 大阪市 33.33%
  • 大阪府 16.67%
  • 日本政策投資銀行 3.83%
  • ●三井住友信託銀行 1.53%
  • ●三井住友銀行 1.15%
  • ●関西電力 1.15%
  • ●三菱UFJ銀行 0.77%
  • ●大阪ガス 0.57%
  • ●みずほ銀行 0.54%
  • ●日本生命保険 0.46%

第2目 R157香林坊に通すには、無理がある

浅野川線⇔金沢駅⇔香林坊⇔石川線(野町)を地底冥土地下鉄で結ぶには、諸江通り、金沢駅通り、R157を経由して、金沢駅をクロスしないと、成立しません!

つまり全長約5.5㎞となり、想定事業費が、

433億円超/km!(※22)X5.5㎞≒2,382億円!

整備新幹線16㎞!(金沢⇔俱利伽羅間)の建設費に相当するとんでもない金額になってしまいます!

※参22-1)2008年10月19日開業京阪中之島線/事業主体;中之島高速鉄道 (天満橋→中之島間3km/新設5駅3km)総事業費1300億円 →433億円超/km!より推定。

参※22-2)当サイト関連記事 ミニ地下鉄 や" 新交通システム" が 整備新幹線 より割高になる理由とは? はこちら。

第3目 地底鉄道ではだれも利用しません!

一見耳当たり(聞こえ)が良い地下鉄建設の裏には「利用者の利便」や運行を引き受け指される鉄道事業者の"大人の事情な"ど全く考えていない、建設推進シンジケート一派の「欲・得」論理が働いていることを忘れてはなりません!

短い駅間でこの区間の地底に地下鉄を無理やり引いても誰も利用しません(出来ません)!

この狭いエリアに短い駅間隔で地底鉄道を建設しても費用がかさむだけで、利用者にとっては駅への上り下りが不便で、乗客は伸びずに"逆"に狭いままの地上では相変わらず「混雑した路線バス」がノロノロ走る羽目に陥る事は目に見えており、実際に大阪の京阪中ノ島線と地上を走る大阪シティーバスが実証しています!

金に目の眩んだ「欲ボケ都市寄り連中」のノスタルジックな妄想と「香林坊の地上げ屋、土建屋の儲け」のために、たった6㎞あまりの路線に2,382億円!もつぎ込んで「痴呆地下鉄」!を建設しても、運営を押し付けられる?当の北陸鉄道も途方に暮れる!だけでしょう...

地下鉄を作っても北陸鉄道が引き受けない!

前途したように、利用者の期待できないローカル線区を持つ地方交通事業者は、鉄道路線を廃止して、何とか赤字だけは防げる"乗り合いバス"事業に転換を計りたがっています!

北陸鉄道の出資者の一員の名鉄が、どんどんバス転換をして赤字削減を計っている代表的な交通事業者です。

なので、金沢市が都市計画事業として地下鉄道をプレゼント!したとしても石川鉄道は運行を"辞退"!するでしょう。

第2項 何としても石(頭)鉄を残したい???なら

嘗ての市内線LRT軌道線6.4㎞を"復活"させて、♥超低床トラムカーを走らせるほうが、新幹線金沢駅⇔香林坊間の利便性が向上しますが...

前途した理由で、利用者は限られ、連接バスで十分です!

※最新鋭18m級120人乗り国産連接バストラム

想定建設費

(※23)15.5憶円/㎞x6.4㎞≒35億円!

駅改修 合計25駅

ホーム低床化工事

石川線 押野⇔鶴来間 14駅

浅野川線 七ツ星⇔内灘間 11駅

2000万円x25駅=5億円内外

12駅程度親切駅を増設しても

5000万円x12駅=6億円程度

※更にこの程度の距離なら、最新型の超低床♥バッテリートラムカーを使えば、軌道を新設するだけでも運行できます。

オクラホマシティーのバッテリートラム

(※23)富山地方鉄、奥田中学校⇔旧ライトレール富山間1㎞の併用軌道親切実績より

最新型福井鉄道F2000形低床電車
  • ●編成 3両固定編成(2関節タイプ)
  • ●設計最高速度 70 km/h
  • ●起動加速度 2.5 km/h/s(現行A3000形電車と同じです!)
  • ●減速度(常用) 4.4km/h/s
  • ●減速度(非常) 5.0km/h/s
  • ●編成定員 115人(座席43人)
  • ●編成乾燥重量(乗務員1名含む) 33.0 t
  • ●定員乗車時総重量 (55㎏X160名含む)約39.3ton
  • ●設計想定満員(定員155%)総重量 (55㎏X178名含む) 約42.8ton(※92)
  • ●編成長 21,400 mm
  • ●全幅 2,600 mm
  • ●全高 3,830 mm
  • ♥先頭車:通常型ボギー台車※カーブに強く乗り心地(対ヨーイング・ローリング・ピッチング)に有利!
  • ●中間車:(台車懸架・単台車関節連結)
  • ●主電動機 三相誘導電動機
  • ●主電動機出力 60 kW
  • ♥編成出力 180 kW(清水線の最急勾配は30.0 なので問題ありません!)
  • ●想定満員時登坂能力 鉄道建設技術基準35‰をクリア
  • ●駆動方式 平行カルダン駆動
  • ●制御方式 VVVFインバータ制御方式
  • 制動方式  回生・発電ブレーキ併用電気指令式空気ブレーキ(つまり従来型と同じなので従来の整備技術が継承出来ます!)

参※92)ロングシート車両なので、通常の通勤型同様に定員155%対応となっている) 

必要編成

全線 約23.7㎞

鶴来⇔押野間10.4㎞

市内併用軌道線 6.5㎞

浅野川線 6.8㎞

往復所要時間 約135分(富山港線運行実績 表定速度21㎞/hとして)

つまり1時間に1列車当たり0.4往復

通勤時間帯 時間4本15分間隔で運行するとして

往復8本÷0.4往復≒20編成

予備車両1編成として、必要編成21編成

約2億円x21編成=42億円

予備品(補修部品)を1億円と見積もって、

初期投資額約43億円

※新型F2000は、日本独自の輪軸タイプ低床車両で、電送機・制御機器類も従来型通勤車両と共通化されていて、北鉄のリソース(技術陣)がそのまま生かせます!

総事業費約 88憶円内外!

♥つまり地下鉄建設の 1/20以下 で実現!できるわけです。

しかも、現状の北鉄の持つリソース(車両基地・運行要員)が全て活用できます。

しかも、益を増設しなければ、超低床トラムカーは高加減速なので、現在の所要時間も"意地"!出来ます。

★第1節 北陸初の政令指定都市を目指す金沢都市圏の現状

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

政令指定都市を目指す金沢市と北陸鉄道の存続は、「石川県の行政指導力にかかっている」ともいえるでしょう!

第1項 金沢県?と都市圏

金沢市

加賀百万石から連なる嘗ての金沢県の県都、北陸経済の中心地

推計人口 462,479人/、2020年12月1日現在

参※)当サイト関連記事 金沢市《 タウンヒストリア 》加賀百万石の城下町、元・金沢県の県庁所在地はこちら。

白山市

手取川で繋がった温泉スキーリゾートとして発展した、観光の町白山市

推計人口 110,135人/2020年12月1日現在

野々市市

金沢市の発展と共にベッドタウンとして発展した町。

推計人口 57,090人 /2020年12月1日現在

内灘町

推計人口26,503人/2020年12月1日現在

第2項 東西中量トランスポーテーションの必要性は?

METTIS virage serré ベルギーのVanHool社製ハイブリッドBus Tramの例。

現在金沢駅西側市北西部の北陸道沿道部分と、旧城下の周辺部分が、道路整備とともに広域に発展してきており、BusTramなどを用いた広域BRT網の整備が急務となってきてはいますが...

石川県産業展示館⇔8号線バイパス⇔県道60号線⇔金沢駅⇔県道159号⇔兼六園⇔金沢大学付属病院の東西横断公共交通は現在は路線バスに頼るのみとなっています。

北陸の商都金沢市内中量都市交通システム(※01)「道路(拡幅)整備」と共に緊急を要する課題で有ることは事実でしょう!

参※01)当サイト関連記事 鉄道 は陸上旅客輸送の1手段にしか過ぎない!首都圏 にあるお利口なトランスポーターたち!はこちら。

第3項 金沢県?の悩ましい都市圏交通像

市民の生活圏の大事な日常の足「北陸鉄道両路線」を廃線の危機から守るにはお隣福井市を見倣い、

♥超低床トラムカーを導入して「LRT」化で守る以外に道は無いでしょうが...

国交省も応援してくれいる道路拡幅事業!

旧運輸省派閥族の有力者?の陰謀に踊らされずに旧建設省グループが推進している「ライトレール整備」とセットの「道路整備事業」(※03)に向かうのも一つの方向ではありますが...

国交省旧建設省グループの推奨している「ライトレール事業」こそが北陸の要"金沢市"にふさわしいのでは?

※参03-1)2011年国土交通省編街路交通施設課作成 LRT等の都市交通整備のまちづくりへの効果 公式ガイダンス資料はこちら

※参03-2)LRTの整備等に対する総合的な支援スキーム に関する公式ページはこちら。

※国交省の支援で見違えるようになった豊橋市内

第1目 現状の都市計画と北陸鉄道両路線には整合性がありません!

将来の令和の大合併?で周辺都市を含めた"政令指定都市"化をにらんだ場合は、金沢都市圏の幹線道路整備が最重要となり、26m~40m幅の防災道路網整備必須!条項となるでしょう。

Googlemapをご覧の通り...

石川県・金沢市の都市圏構想はHub & Spoke(Rim) vision(plan)で進んでいます!

簡単に言うと、パリのように中心部(Hub)と環状道路(Rim)を結ぶ放射状幹線路(Spoke)で結ぶ、環状都市を目指しています。

つまり、北陸鉄道は単なる(Spoke)の一本にすぎず、浅野川線・石川線を地下鉄道で結んでも、あまり役立たない(利用価値は無い!)わけです。

参※02)当サイト関連記事 大都市圏にある"生活路線 "を ホームドア 設置圧力!から守り" 廃線 "の危機を回避するには... はこちら。

第2目 現状水面下(地面下?)で画策されている地下鉄建設の謀略!を阻止して希望に満ちた金沢市を目指すには...

金沢市、石川県、北陸電力、在金沢企業の出資協力が確保できたとしても、当の北陸鉄道に幹事会社となり事業展開するだけの(投資が行なえる)「体力」はもはやありません!

事業申請しても、帝都・東京などとは違い、少子高齢化による北鉄沿線人口減少!現象!で、利用客が減少し続けている金沢市では、地下鉄建設の裏付けとなる「尤もらしい需要予測」でさえ「でっち上げ困難」で却下されるのが落ちです。

22世紀に向けての「北陸の商都金沢」の近未来ビジョンをしっかり立てて、着実にこなしていくには、交通インフラ整備への「市民の強い関心」が重要になるでしょう!

全国の中核都市では、ヨーロッパ・アメリカ同様に、軌道法に基づくチンチン電車(軌道走行車両)を専用軌道の延長路線としての「郊外鉄道線」に乗り入れる方式が見直されています!(※31)

更にヨーロッパの各都市では新設路線整備に、エコノミー、エコロジー、ユニバーサルデザイン(バリアフリー)と3拍子がそろったライトレール・レス!のバストラム・BRTも普及しだしています!

参※31)当サイトシリーズ記事 ヨーロッパの都市で普及した3種類の異なった LRT システムとは はこちら。

★第2節 北陸鉄道とは

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

株式非公開・非上場地場企業

本社所在地 石川県金沢市割出町556番地

資本金 18億1485万5000円(2020年3月31日現在)

発行済株式総数 362万9711株(2020年3月31日現在)

主要株主 (2020年3月31日現在)

●名古屋鉄道 13.97%
♥北國銀行 3.40%
石川日野自動車 0.70%
京阪ホールディングス 0.65%
北陸電力 0.65%
北陸銀行 0.56%
富山地方鉄道 0.54%
損害保険ジャパン日本興亜 0.52%
東京海上日動火災保険 0.52%
三菱ふそうトラック・バス 0.46%

事業内容

鉄道事業・乗合バス・貸切バス事業・旅行業・不動産事業・レジャー事業そのた。

※)つまり、赤字を出さないための、乗り合いバス事業、そして利益を生むための不動産事業も行い、私鉄のセオリー通り手広く商いを行っている会社です!(※11)

但し、ご多分に漏れず、1986年(昭和61年)12月から1991年(平成3年)2月までの51か月間に起こったバブル景気に踊らされて、不動産事業・レジャー事業な祖に無謀な投機(投棄)を行い、経営内容が悪化したことが予想できます!

それが後述するバス事業分離(分社化)に繋がったのでしょう?

参※11)当サイト内関連記事 今や 鉄道事業 は本業ではない!鉄道系YouTuber の"夢想"を打ち砕く現実とは... はこちら。

第1項 嘗ての北陸鉄道の栄光の歴史

(※第1項は「日本各地から森林鉄道・軽便鉄道・路面電車が消えた理由とは?第3節 地方広域ライトレール網の衰退」から一部を抜粋補筆再構築した項です。)

嘗て1916年10月29日に現北陸鉄道の前身となる 金沢電気軌道株式会社が設立されて、3年後の1919年に金沢電気軌道の市内線チンチン電車が開業しました!

1943年(昭和18年)に、陸運統制令に基づき鉱山鉄道であった尾小屋鉄道を除く石川県下の鉄道およびバス会社をすべて統合して発足した。《Wikipediaより引用》

それぞれが独立して運営されていた(旧)北陸鉄道・能登鉄道・温泉電気軌道・金名鉄道・金石電気鉄道・湯涌自動車・七尾交通の7社が合併し、現在の北陸鉄道となった訳です。

敗戦直前の1945年7月20日には小松電気鉄道も合併し、

さらに戦後の1945年10月1日には浅野川電気軌道も合併し北陸金沢を中心に一大ライトレール網を構築していました。

第1目 原爆投下候補地!の一つで大規模空襲を受けなかったのが仇となり

金沢市が空襲を受けなかったことが返って災いして、戦後市街地の道路整備が極端に後手に回り、他の都市以上の早さでモータリゼーションの津波に押し流されて1967年2月11日 に 金沢市内線が全面廃止に追い込まれて路線の要を失ったことで、市内からの乗り継ぎの便が悪くなり次々に路線縮小に追い込まれて行き、加賀温泉郷の路線網の廃止などの当時の国鉄北陸本線に依存した支線・盲腸路線網が、金沢を中心とする放射状の経済活動(通勤需要)に呼応しなくなってしまい、次第に縮小していって現在に至りました。

実はそれほど逼迫していなかった金沢旧市街の交通事情!

前項で金沢旧市街での路面電車事業廃止はモータリゼーションの津波被害のように記しましたが...

国土地理院の公開公開航空測量写真を見れば、市内軌道線が廃止された1967年2月11日 当時は交通事情はそれほどには"逼迫していなかった!"ことがうかがえます。

むしろ、観光金沢として、周辺観光地も含めて道路整備が進みだし、交通事情は改善されていました!

つまり、三重交通線神都線(※11)同様に、

交通事業収益改善の為に『維持管理費・設備更新費つまり運行経費がかさむ軌道事業を廃止して乗り合いバス事業に軸足を移した!』というところが真実でしょう!

参※11)当サイト内関連記事 森林鉄道・軽便鉄道・路面電車が日本各地から消えた理由とは? はこちら。

第2目 20世紀後半の omunibus 事業な動き?

2001年3月28日 - 中小私鉄としては長野電鉄に次いで2例目となる北鉄金沢駅の地下化・移設を行いましたが...

交通事業者にとっては Omunibus 事業だけが単独事業として成立する可能性があり?

頼みの綱の Omunibus 事業をrestructuring(分社化・合理化)するということは、北鉄グループ全体のreconstruction(再建復興)に結び付くのでしょうか...

もし県(officer;官吏)が絡んでいるのならば中央省庁(官僚)の単なる過疎 region 切り捨て政策では...

Omunibus 事業の切り捨て?の"轍(わだち)!"

1989年12月19日 の「能登中央バス」を設立分社化!を手始めに、これ以降、北陸鉄道はバス部門の分社化を進めていきました!

七尾バス(1991年設立)、能登西部バス(1992年設立)、加賀温泉バス(1994年設立)、加賀白山バス(1995年設立)、北鉄金沢中央バス(1997年設立)、ほくてつバス(2001年設立)。

  • ●1996年(平成8年) - 小松市内の大半の路線を小松バスに移管。
  • ●2008年(平成20年)4月1日 - 能登中央バス・奥能登観光開発を合併し北鉄奥能登バス、七尾バス・能登西部バスを合併し北鉄能登バスをそれぞれ設立。
  • ●2012年(平成24年)10月1日 - ほくてつバス・北鉄金沢中央バス・加賀白山バス(野々市営業所)の3社が合併し北鉄金沢バスを設立。白山麓地区の路線は北鉄金沢バスの子会社「現・北鉄白山バス」が運行することに
そして、どういう意図か?...

過疎エリアを district としている omunibus 事業が鉄道事業の経営圧迫に繋がり?

分社化してomunibus 事業restructuring(断捨離・再編・合理化)推進で、赤字を減らそうとしているのは...

第2項 鉄道事業利用者減少の原因は

第0目 東京一極集中と少子高齢化が暗い影を落とす 21世紀の"金沢県"

京阪神のようなMegalopolis(広域都市圏)?でも、少子高齢化問題は将来の公共交通に暗い影を落としている!のも事実です...

さらに北陸新幹線開業で、帝都と直結した!金沢都市圏では、"ストロー現象で若者の転出"も懸念されています。

第1目 金沢都市圏の人口推移

沿線 municipality の住人は必ずしも減少していません!

内灘町

推計人口 26,163人(2023年6月1日現在)

2010年以降はほぼ横ばい状態ですが1970年代に入り、金沢市のベッドタウンとして金沢市の発展と共に急激に発展した近隣町です。

野々市市

推計人口 57,833人(2023年6月1日現在)

1955年4月1日 富奥村と合併し、改めて野々市町が発足。

1964年の人口1万人突破を契機に、ほぼ10年ごとに1万人ずつ人口が増えて1997年12月 人口4万人突破して、2011年11月11日野々市市となりました。

白山市

推計人口 109,467人!(2023年6月1日現在)

2005年の広域合併(※11)以来、ほぼ横ばい状態状態が続いています。

参※11)2005年2月1日 松任市、石川郡の美川町、鶴来町、河内村、吉野谷村、鳥越村、尾口村、白峰村の1市2町5村が新設合併して白山市が誕生しました。

第3項 北陸鉄道はすでに終わっている!

前途したように、「北陸鉄道浅野川線・石川線の使命はすでに終わっている!」といっても差し支えないでしょう!

南北に流れる河川(手取川・高橋川・浅野川)に沿って開墾された耕作地沿いに Community(集落)が発展して、各 Communityをつなぐ鉄道路線浅野川線・石川線(白山線)が、生まれたわけですが...

時は移ろい、今や両路線はさほど重要ではなくなった!わけです。

第1目 高額運賃、低密度低速運行⇔利用者離れの悪循環

北陸鉄道は現行の鉄道線!でさえ表定速度24㎞/h!しかなく、

一般道に設けた専用レーンを(法定最高速度50㎞/hで走行できる)標準ノンステップバスでも十二分に対応できる輸送力(輸送密度)しかありません!

但し、整備が進んでいない並行幹線道路では朝夕のラッシュアワーには渋滞が発生して、路線バスでは定時運行(定刻発着)がままならずに、えちぜん鉄道のように住人の大事な通勤通学手段として役立ってはいますが...

しかし、前途したように中途半端な駅間距離で、interurban (都市近郊電車)としては不完全な状況です。

鶴来方面からの、通勤通学手段として北鉄を延命させるならLRT化しかないでしょう!(※12)

参※12)当サイト関連記事 鉄道 は陸上旅客輸送の1手段にしか過ぎない! Rural Line の役割とは? はこちら。

割高すぎる運賃

ウ~ン、ここでも沿線自治体の足並みがそろわず!補助金支出している割には高すぎるのでは?これでは利用者が少なくても仕方ないのでしょう。

石川線

 野町⇔鶴来間 所要時間32分、470円!/13.8㎞/17駅(平均駅間距離約863m)認可最高運転速度70㎞/h(表定速度23.6㎞/h!)北陸鉄道7000系 2両固定編成定員250名

浅野川線 

金沢⇔内灘駅間 所要時間17分、320円!/6.8㎞/12駅)(平均駅間距離618m) 認可最高速度60㎞/h(表定速度24㎞/h!)北陸鉄道8000系 2両固定編成定員240名

※参考データ、他都市の都市近郊ローカルライン

富山地方鉄道 富山港線

起点:富山駅停留場⇔終点:岩瀬浜駅 210円/7.7㎞/15駅(平均駅間距離550m)鉄道区間最高運転速度60㎞/h表定速度21㎞/h

 阪堺電気軌道 

天王寺駅前電停⇔浜寺公園前電停所/所要時間22分/210円/13.8㎞/29駅(平均駅間距離493m)表定速度16.9㎞/専用軌道区間認可最高速度50㎞/h(併用軌道区間40㎞/h)h

第3目 鉄道・軌道を意地するには旅客・貨物輸送の両輪が必要!

利用者離れだけではなく、黎明期の北陸鉄道とは違い今や、貨物輸送を失くして久しい、北陸鉄道では、旅客輸送だけが頼りなわけですが...

60人乗りの、路線バスで十分賄えるほどの、輸送密度では、鉄道路線"意地"は不可能です!

沿線に、高校・大学がない!

大量輸送に適する鉄道、特に旅客専業鉄道を維持するにはズバリ"大学"誘致が最も好適なのですが...

沿線?には金沢工業大学しか見当たりません!

起点駅の野町周辺には高校も数校見当たりますが、石川線沿線のCommunityの通学者だけでは...

現状、金沢中心部を取り囲むように、発達した環状Community(新興住宅地)からの通学には役立ちません!

つまり、環状路線であればなんとかなったかもしれませんが、単なるSpoke 路線ではもはや何の役にも立たない!わけです。

★第3節 地下鉄関連 syndicate のロビー活動に屈しては...

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

鉄道関連 syndicate(企業連合)のロビー活動活動を行っている 、〇X経済研究所や、〇X総合研究所などの lobbyist(民間シンクタンク)の口車に乗ってしまってはいけません!

第0項 よとう政権と、 lobbyist の"口車"に"乗車"しては...

金沢中心部香林坊の地下鉄建設妄想は、鉄道関連業界の提灯持ち!の lobbyist(民間シンクタンク)の、Propaganda にすぎません。

北鉄金沢と野町間約3.3㎞を「地底深く潜って地下壕?」で結ぶ妄想(地図中エンジ色のライン)では、

2019年当時でさえ2,400億円!以上もの巨額が必要となり、たとえ都市計画事業となっても、金沢市(民)が約1千億円!負担しなければならなく、子々孫々にわたる禍根(借財・公債)を残すこととなります!

しかも、金沢市交通局?の直轄事業もしくは、北陸鉄道を3セク化!しないと都市計画事業とは認定されません!

つまり、2,400億円!を北陸鉄道の自己資金で賄わなければならず、

JRTT(※10)にお願いして40年ローンを組んだとしても、年間40億円も払い続けることは、現状の需要状況では不可能!です。

参※10)当サイト関連記事 JRTT 独立行政法人 鉄道建設・運輸施設整備支援機構とは... はこちら。

第1目 日本のロビー活動(政界工作)は民間シンクタンクが行っている!

(Version1,Revision3 ー2023年8月7日改訂)

syndicate(企業連合)から依頼を受けて夜盗(よとう)政権や中央省庁に対して、

ロビー活動を行っているのが〇X経済研究所、〇X総合研究所などの民間 think tank です。

mass media報道特番!などにも顔を出し"工作活動"の先鋒となっている連中です。

つまり"自称"Researcher(研究員)economist(経済学者),specialist(専門家)共 (-_-メ) は捏造のexpert(有識者)であり、

根拠(裏付け)の無い!試算(私算)である"経済波及効果???"を伝家の宝刀に振りかざして、官公庁に猛烈な売り込みをかけている!訳です。

彼ら lobbyist に丸本の中国人 economist が深く係っているのは...

民間 think tankに中国人 economist(工作員?)が多いのは、母体となっている証券会社(投資ファンド)に中国系企業や、「中共の Agent 中国人民政治協商会議中国共産党中央統一戦線工作部」の資金が流れているからです!

社会問題となっている中華スパイカメラも...

なので全国の痴呆自治体に(社会問題となっている)防犯監視カメラ(中共製スパイカメラ!)Network が蔓延して、常に中共政府に監視されているのです。

※防犯監視カメラだけではなく!中国製・韓国製のアンドロイド端末(スマホ)を通じて、あなたの個人情報も中共当局に hacking されています。

Propagandaの旗手!政府御用達advertising agency 伝痛!と鉄道傾 Youtuber

更に政府機関にも深く食い込んでいる!巨大 advertising agency "伝痛" network 末端の学生?Youtuber共が、

Youtube content で「一般の無知!な民衆」の公共投資熱を煽る promotion つまり Propaganda を行っているのです。

彼らおバカな鉄オタYoutuber共(※001)は "伝痛"ネットワーク末端の"怪しげな零細"AVプロダクション (-_-メ) から製作費(取材費)として"お小遣い"(生活費)をもらって新線建設 Propaganda Content をuploadし続けているのです。

参※001)当サイト関連記事 今どきの 鉄道系・交通系Youtuber、鉄道コラムニストとは?... はこちら。

第1項 交通政策審議会のProposal?など絵に描いた餅!

9月2日敗戦記念日!版ーVersion1,Revision6ー

人の営み(生活圏)・暮らし向き(経済活動)を無視した「都市計画・交通政策」では、事業そのものの必然性も無く、

結局は高額拘束鉄道が乱立して地域の経済活動を圧迫して"地域衰退!"を招くだけです!

沿線自治体の"夢想"ではない、♥生活圏に根ざした"民(たみ)の切実な要望"を反映した Trafic (交通網)構想が望まれているのです!

第0目 21世紀の日本は♥3Eを目指す世紀...

21世紀の日本は prefecture(県),Municipality(自治体)などの district のエゴを捨てて、zone(広域)全体の有機的な連携・協調で発展を期するべきなのです。

『現状の♥ resource を有効活用して無駄な重複投資を省き、ecology(エコロジー)economy(節約)に配慮した evolution (進化)の3Eを並立すべき世紀』なのです!

労働組合との馴れ合いを断ち切り!

『既存交通事業の restructuring(断捨離・再編・合理化)で鉄道網の reconstruction(再構築・復興・再建)が不可欠な時節』なのです。

第1目 現行の交通政策審議会答申は間違っています!

Democracy(民主主義)に、対峙する思想はAuthoritarianism(権威主義!です。

つまりLiberalism(自由主義)はDemocracy(民主主義)ではありません!

むしろ Liberalism(自由主義)≒ socialism(社会主義!)といえるideologyなのです!

"民(たみ)の願い"を封じ込めるために利用されている交通政策審議会の盲判!

権威主義に裏打ちされた交通政策審議会の"答申"は、よとう(夜盗)運輸賊!の政治ゴロ・利権屋どもが、己の私利私欲の為に「恣意的に企んだ政治路線案」を、私たち利用者に押し付けている卑怯千万!な"手口"です。

liberal 会派(革新勢力)からも反論は出ない!

日本のリベラル会派は、Marxismussocialismcommunismに毒されたdespotism(独裁主義!)!の赤い輩なのです。

だからAuthoritarianism(権威主義!)を否定しない!のです。

第2項 彼ら交通政策審議会に集う! intellectual ,Expertと称されている連中は...

魏妖怪(ギョ~カイ)syndicate,cartel(企業連合)をバックとする、国家権力(経産省・国交省・厚生労働省の bureaucrat ;キャリア官僚)に加担するメンバーのみで構成されています!

サ・ラ・ニは労働組合活動患部のドン!や、環境関連企業役員!、更には Propaganda!専門の advertising agency 関係者!まで含めた、the exploited classes(特権階級!)に完全支配!されている組織なのです。

参※)当サイト内関連記事 交通政策審議会の答申とは与党政権・産業界の"思惑!"を表明しているにすぎない はこちら。

第0目 明治新政府が敷いた"まやかし"の郡県制度が...

明治憲法(1890年11月29日施行)以前からあった、奈良時代!から綿々と受け継がれたAuthoritarianism(権威主義!)、つまり!官吏の分類(1886年)親任官制度を引きずる官僚制度!を継承して、

「為政者による恣意的("シイ"てき)な独裁!」を継承した"まやかし"郡県制を布き、

『"お上が決めた"ことだから...お代官さま(府・市)のお達し!だから逆らえない???...』 という傀儡政権!邪馬台国(※001)時代から続く『民(たみ)の"隷属"支配』を踏襲したのですが...

参※001)当サイト内関連記事 紀元2600も邪馬台国もFake!倭国(日本)は"後漢"王朝以来約1000年!に渡り「中国王朝の冊封国(属国!)」に甘んじていた! はこちら。

第1目 敗戦後の democracy 日本国???においてもAuthoritarianism権威主義)が蔓延っている!

交通政策審議会メンバーは権威主義の偽善者!の集まり

肝心の運輸事業者・鉄道事業者を代表する民鉄協会や、運輸事業者 Federation(trust )のRepresentative(代表)は参考人としてすら審議会には参加できず!

魏妖怪(ギョ~カイ) syndicate,cartel(企業連合)をバックとする、国家権力(経産省・国交省・厚生労働省の bureaucrat ;官僚)に加担する、メンバーのみで構成されています!

交通政策審議会は Authoritarianism(権威主義!)に偏った"違憲"組織!

彼らAuthoritarianism(権威主義!)権化共は、organization(中央省庁)のbureaucrat官僚!)と syndicate,cartelに都合が良い屁理屈をこねくり回して、現実離れした妄想アドバルーンをぶち上げて、体制側(産業怪)の提灯持ちをしているだけです!

つまり彼らの掲げるProposal???は、単なる新線建設 Propaganda ! ににすぎないわけです。

彼ら交通政策審議会(※00)に集まったintellectual ,Expertと称されている連中は、マルクス経済学を信奉する社会主義思想家!が殆どです。

更に、工学的に審議案を吟味するはずの工学系の specialist ?にも、肝心の土木工学専門家は含まれていません。

魏妖怪 syndicate,cartel(企業連合)と深く関わっている産業機械工学者!で、

研究費(補助金)を餌に釣りあげられた経産"続"にすぎません。

参※00)当サイト内関連記事 交通政策審議会の答申とは与党政権・産業界の"思惑!"を表明しているにすぎない はこちら。

参※00)当サイト関連記事 交通政策審議会は"利権組織代表!"の権益争いの ground! はこちら。

第1目 新規路線の素案(議題)を作成しているのは lobbyist!と建設コンサルタント

オマケに新規路線の素案(議題)を作成している連中は、交通専門家(地政学者)等ではありません!

後述する lobbyistや、大手ゼネコン系コンサルタント会社です。

簡単に言えば「一儲けを企む鉄道魏妖怪(ギョーカイ)関係者 つまり商人(あきんど)」と言う事実でもあります。

日本のロビー活動(政界工作)は民間シンクタンクが行っている!

魏妖怪 syndicate,cartel(企業連合)から依頼を受けて夜盗(よとう)政権や中央省庁に対して、

ロビー活動を行っているのが〇X経済研究所、〇X総合研究所などです。

mass media 報道特番!などにも顔を出し"工作活動"の先鋒となっている連中(※003)です。

つまり"自称"Researcher(研究員)economist(経済学者),specialist(専門家)共 (-_-メ) は捏造のexpert(有識者)であり、

根拠(裏付け)の無い!試算(私算)である"経済波及効果???"を伝家の宝刀に振りかざして、官公庁に猛烈な売り込みをかけている!訳です。

彼らに丸本の中国人 economist が深く係っているのは...

民間 think tankに中国人 economist(工作員?)が多いのは...

母体となっている証券会社(投資ファンド)に中国系企業や、「中共の Agent 中国人民政治協商会議中国共産党中央統一戦線工作部」の資金が流れているからです!

なのでいま社会問題となっている、全国の防犯監視カメラ(中共製スパイカメラ!)が全国の痴呆自治体に蔓延して、常に中共政府に監視されているのです。

※防犯監視カメラだけではなく!中国製・韓国製のアンドロイド端末(スマホ)を通じて、あなたの個人情報も中共当局に hacking されています。

Propaganda の旗頭は政府機関に深く食い込んだ advertising agency の"伝痛"が

更に一般の無知!な一般人への公共投資熱を煽る promotion つまり Propaganda を担っている!のが、

政府機関にも深く食い込んでいる!巨大 advertising agency "伝痛"です!

そしてnetwork 末端の末端の"怪しげな零細"AVプロダクション (-_-メ) を通じて学生?Youtuber(※001)を手先に使い、

「一般の無知!な大衆」に、鉄道新線建設妄想などの公共投資熱を煽る promotion つまり Propaganda を行っているのです。

参※001)当サイト関連記事 今どきの 鉄道系・交通系Youtuber、鉄道コラムニストとは?... はこちら。

第2目 お墨付きとなる交通政策審議会の妄想 Proposal は過去に何度も覆されている!

もっとも有名なのは、埼京線開業後も"東北通勤新線"地上げ妄想 Proposal に固執!していた事実であり、

北陸震撼線ルートが2転3転している事例でしょう。

つまり、伝痛までもメンバーに加えた!彼ら交通政策審議会は、単に運輸ゴロ共 (-_-メ) の手先として、提灯持ち!をしているにすぎない訳です。

参)当サイト関連記事 交通政策審議会は"利権組織代表!"の権益争いの ground! はこちら。

※横浜市営地下鉄関内駅の例

軽罪怪?をバックにした経産省・国交省(と総務省)連合 vs 金融怪を守る立場の財務省との"覇権争い"の場!と化した公共交通事業において、『(軽罪界?側の立場のみを代弁した)交通政策審議会・答申に記された Proposal?は最早"絵に描いた餅"』としか言えないでしょう。

例えば各政令指定都市の地下鉄建設などでは...

彼らは Fake 捏造の expert でありlobbyistの傍ら、ボランティア活動?として日本語ウィキペディアにも熱心に投稿(upload))を続けています。

なので、日本語ウィキペディアにuploadされた痴呆都市の公営鉄道の延伸計画妄想!などでは、Municipalityの都市計画担当者ですら知らない!ような"地上げ新線""妄想!を書き連ねているのです。

何れも地元市民(住人)の意向を反映した構想ではなく、

合法的賄賂(政治献金と選挙協力獲得を目指す)"地上げ屋" (-_-メ) と結託した地元偽員!どもが関与(恫喝!)して寄稿させたタダの地上げ妄想!にすぎません...

第3項 鉄道新線は市民の Consensus が無ければ...

都市計画・鉄道新線計画は「人の営み、暮らし向き」と切り離しては成立しません!

つまり、『魏妖怪 syndicate,cartelロビー活動を行う lobbyist が恣意的に引いた利益誘導路線!では、地勢までも変える力は無い!』のです。(※003)

さらに今や、巨大設備事業!(※004)である鉄道建設Scheme(企て!)には、Municipality の建設スキーム(血税投入!)が伴はなければ実現出来無い!世の中になっています。(※005)

だからこそ、魏妖怪 syndicate,cartel が、無知な一般大衆を対象とした公共事業???血税投棄熱を煽ろうと金をばら撒いて!Propaganda を行っているのです。

参※003)当サイト内関連記事  "軍部"と" 政治屋 ! "によって画策された!大廻り迂回路・廃線の歴史 はこちら。

参※004)当サイト関連記事 今や国内市場規模"1兆円以上の「巨大購買力を誇る consumer 」となった"サービス業"!軌道会社・鉄道事業者 はこちら。

参※005)当サイト内関連記事 鉄道建設に必ず登場する事業費・自治体分担の"仕来り" Schemeの由来は "企み!"で " 言い得て妙 ... はこちら。

第1目 スイスでは国民投票!案件

スイスでは、"憲法!"で「(国家プロジェクトとしての)SBB(スイス連邦鉄道)新線建設は、国民投票で過半数の賛同を得る必要がある」と掲げられています。

つまり、たとえ国民の Representative が集まった『国会でさえ鉄道新線建設を決することが出来無い!のです。

第2目 ルート設定には"民主主義への原点回帰"が...

  • ●新線建設ありきの一方的な"Compliance(追認・承服)を強要する 強権施政!をすて
  • 地域住人の望む「真(誠)の鉄道"神"線」を目指す姿勢!

つまり鉄道事業者民間企業!)の"エゴ"と、視界偽員共の権益を取り除き!

『Compliance(追認・承服)を強要する governance,oppression(支配!・抑圧!) では無く、Consent(同意)に下づくconsensus(総意)を大前提!』とすべきではないのでしょうか。

鉄道新線構想は大多数の市民の願いを基にしてい無ければ...

Municipality の citizen の Consensus(総意・協心)も得られ無い様なScheme(企て)など、

中共政府のdespotism独裁!)oppression(圧制!)と何ら変わりません!

参※)当サイト内関連記事 欧米 から学ぶ 持続性のある 旅客鉄道事業 再建 に関する2つの取り組み はこちら。

assessment の基本を public hearing 重視に... 
  • 住民の要望に耳を傾ける姿勢(市政!)
  • 民意をくみ上げる姿勢(市政!)

つまり構想段階での、事業予定 Zone に当たる District(行政区)の(利権屋!の視界偽員などでは無い!)

♥住人(想定利用者)から直接"要望"を収集することが最も重要
  • Compliance(承服)を強要!する explanation meeting(釈明会!) などに費用をかけるのは愚の骨頂!です。
  • 求められているいのは事前の♥ public hearing(公聴会)・パネルディスカッション

こそが必要なのです!

第3目  Popular sovereignty(主権在民)の Democracy(民主主義)を標榜する日本国?ならば...

主権在民・民主主義!の基本!となるべきで、前述した2つが無ければ、

『中共の prestige(威信)のostentation(誇示)つまりgovernance,oppression(支配!・抑圧!) 政策と何ら変わりない!』といえるでしょう。

お分かりですか"威信の会?"の皆さん...

参※)当サイト内関連記事 "日本維新の会"は中国共産党中央統一戦線工作部の手先だった!...時系列から読み取れる相関関係とは はこちら。

★エピローグ 市民が交通インフラ整備にもっと♥関心を持てば明るい未来が...

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第0項 21世紀の transportation system は3Eを目指す世紀...

21世紀の日本は、『現状の resource を有効活用して、無駄な重複投資を省き、♥ecology(エコロジー)、economy(節約)に配慮した ♥evolution (進化)の3E並立すべき時節』なのです!

労働組合との馴れ合いを断ち切り!『既存交通事業の restructuring(断捨離・再編・合理化)で reconstruction(再構築・再建)が不可欠な世紀』なのです。

★第1項「商都金沢」にふさわしいのは♥40m幅の防災道路をさっそうと走るトラム!

多少の痛み(立ち退き)なくしてインフラ整備は無しえません!

1500億円の巨費を捻出できる算段がある?のなら...

市内中心部香林坊あたりの道路を40mの防災道路に拡幅整備し、中央部に併用軌道(※緑色のライン)を設けて北陸鉄道両線を結んだほうが、観光客・金沢都市圏通勤客双方に便利良く、「市内線」がモータリゼーションの津波に押し流されたような嘗ての状況には決してならないでしょう!

そのほうが市内中心部全域のアクセスの改善にもつながる事でしょう!

市内トラム線の一部を野町迄延伸して支線(緑色ライン)とすれば、福井鉄道市内線や富山ライトレールのように、鉄道線⇔市内線⇔鉄道線の地下鉄同様の「一体運行!」(※213)が可能となります。

参※213)当サイトシリーズ記事 第2節 チューリッヒ方式(市内併用軌道用トラム車両の近郊鐡道路線への乗り入れ方式)とは? はこちら。

第1目 古都らしくトランジットモールにも

※トランジットモールフライブルグ(大学の古都!)

道路拡幅が不可能?なら、香林坊一帯のトランジットモール化も!

鞍月用水沿いの景観地区?問題とも関連しt「市の中心部・大繁華街香林坊エリア」の区画整理が困難なので有れば、古都らしく逆転発想で「もう一つのトレンド」トランジットモール化することもできます!

しかし、マンションなどが立ち並んでいる現状では鞍月用水沿いの景観地区以外の周辺は、単に戦前からの地元住人の「立ち退き問題」だけで、市が根気強く説得すれば「立ち退き区画整理」事業も不可能とは思えません!(よそ者の勝手な発想でごめんなさい!)

★第2項 近郊路線は道路拡幅して都市型" BRT "にすれば..

泣いて馬謖を切る決意が...

伝統ある石川鉄道をLRTとして存続させるのも、一つの都市圏高域交通手段の一つですが...

将来のためには、石鉄を、廃止して 都市型BRT(※33)に置き換えるほうが得策かもしれません!

参※33)当サイト関連記事 ローカル線廃止の方便 日本型 BRT と 準LRT 『 都市型 BRT 』との違いとは...はこちら。

第1目 地方都市のローカル鉄道を取り巻く2大政治圧力!...

現状金沢市は残念ながら政令指定都市でもないし、大都市でもありませんが...

今、全国にある中核都市・政令指定都市では、都市圏交通が新たなビジネスのターゲットにされています!

それは、ホームドア設置圧力と、橋上駅舎化や連続立体交差事業の政治・魏妖怪(ギョーカイ)圧力です(※32)

参※32)当サイト関連記事 資金力のない零細ローカル私鉄には廃線の危機が...はこちら。

★第3項 政令指定都市金沢の発展に柔軟に対応できるBRT!

  • ●土色ラインが行政境
  • ●グリーンラインが 都市型BRT(道路)網
  • ●レッドラインが北鉄LRT路線

22世紀は鉄道に拘る時代ではありません!(※92)鳴いて馬謖を絶つ英断も必要では...

少子高齢化・首都圏一局集中、で地方都市の衰退・過疎化が進む21世紀の地方都市では、道路網整備と、都市の変態(成長・衰弱)に迅速に対応できるフレキシビリティーを備えた、都市型BRT網構築が、最もふさわしいのではないでしょうか?

参※92)当サイト関連記事 鉄道 は陸上旅客輸送の1手段にしか過ぎない! Rural Line の役割とは? はこちら。

※最新鋭18m級120人乗り国産連接バストラム

★第1目 40m幅往復6車線の防災道路網が整備可能であれば...

40m幅の防災道路整備が可能であれば「専用レーン方式BRT」が最も効率的な選択となります!

♥拡幅された道路の専用レーンを快走する都市型BRT

最新型国産バスなら現行の北鉄1両分以上の120名の定員があり、国道157号線と県道8号線(ブルーライン)を歩道付きの片側3車線往復6車線26m幅(中央部2車線はBRT専用道)に拡幅整備して最新型超低床バストラムでBRT転換(※341)すれば、石川線・浅野川線の、通勤通学・買い物客が賄えてしまい、通常のバスよりも運転手1名当たりの輸送効率もアップとなり、元々高額な地方特定路線運賃を据え置きで運行しても、「保線費用"0"」の完全上下分離方式で輸送密度4000人程度でも十分採算が取れます!

しかも都市圏の変化(成長!or衰退?)に応じて簡単に路線延長・縮小・経路変更が可能となります!

第2目 専用レーンを走行する「都市型BRT」

専用レーンを走行する「都市型BRT」(※91)ならば、

一般車両通行禁止のライトレールの「併用軌道」同様に「♥定刻発着;定時制」が担保され、しかも鉄輪トラム同様に一般車両の通行の妨げにもなりません!

最新型「超低床トラム仮面バス」を走らせたほうが、「金沢都市圏全体のアクセス改善」につながります!

参※91)当サイト関連記事 都市型BRTなら完全上下分離方式で導入時から黒字運営! はこちら。

第3目 ♥先人の教えを思い起こして現行鉄道線を「バス専用道」にはしない!事が重要

(詳しく当サイト関連記事 バス専用道(私道)に拘らなかった福井・石川方式の Omunibus 転換 をご参照ください。)

クレグレモ公共投資をケチって、現行鉄道線を「バス専用道」にはしないことです!

専用道は「ドライブウェー」などの「私道」と同じで「専用道の維持管理費」は運行会社持ちとなり、

上下分離とはならずに黒字達成には運賃アップが必要となり、

(地方鉄道特例で)タダでさえ高い現行運賃がさらに高くなり、

利用者離れが加速されて、モーダルシフト(※34)どころか市内はマイカーで溢れて、都市機能が完全にマヒすることになるでしょう!

そして最後には旧・富山地方鉄道射水線バス専用私道!の様に廃線になって終うでしょう...

参※34)当サイト関連記事 廃線への(軌)道を走り続ける日本版Business Reduce Transformation... はこちら。

★後書き 天命を終えた路線とは...

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

(Version1,Revision3 ー2023年7月29日改訂)

色んな理由で、赤字路線が廃止検討されています。

と言うより色んないいわけで、『赤字路線が21世紀まで生き延びた』といってもよいかもしれません。

鉄道駅を中心(ハブ)として、ローカルエリアの交通網・生活圏を構築してきた、自治体の都市計画を考え直す時期に来たのかもしれません!

第1項 大幅に機械化されて♥道路整備が容易になった現在では...

嘗ては,道路整備よりもお手軽なLife lineとして僻地にまで鉄道が張り巡らされたわけですが...

道路建設の技術革新で、舗装路が全国隅々にいきわたった現在、99%の陸上貨物はトラックに移り、中量旅客輸送もOmunibus(乗り合いバス)網が担うようになっています。(※901)

参※901)当サイト内関連記事 実は一般道の舗装率と深い関係がある「モータリゼーションの激流!」 はこちら。

鉄道事業者は大きなハンディー

専用走路"Railway track(軌道)"の維持管理・設備更新を自己負担しなければならない"鉄道事業者"は、大きなハンディを抱えるようになりました!

第2項 時の流れに移ろう「民の営み・暮らし向き」と共に restructuring(断捨離)も...

嘗ての街道沿いの"宿場"を繋いだ鉄道も、宿場その物から「民の営み・民の暮らし」が消え失せ

"新鮮な空気"以外には運ぶものが無くなった旧街道沿いの路線多いのです。

『 nostalgia に満ちた"鉄道神話の呪縛"を解き放ち、再度"地域交通を見なおし"、大胆な restructuring(断捨離)を行うべき時期』ではないのでしょうか...

狸穴総研 鉄道再建研究室 極赤字路線問題調査室 出自多留狸

※脚注 関連団体 ♥問い合わせ先 リンク集

※ここをクリックするとこのページの"Top index"に戻れます!

関連団体リンクテーブル 

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

《地方都市 の救世主!♥オムニバスタウン の勧め》関連記事のご案内 

※以下の♥タイトルをクリックするとシリーズ記事全てにジャンプ!できます。

 

公開:2019年8月19日
更新:2024年2月18日

投稿者:デジタヌ

連載『 JR桜井線が廃線の危機に!LRT 路線に転線すれば延命の望みが...』ー最終回ーTOPEssay『加古川線の極赤字区間(西脇市⇔谷川)は鍛冶屋線同様廃止!に...』ー第1回ー


 

 



▲JR西日本と共存地方私鉄 調査班へ戻る

 

ページ先頭に戻る