タヌキがゆく《狸穴総研機関誌・狸穴ジャーナル》

つくばエクスプレス は JR東日本 に対抗して東京駅 までたどり着けるか?

茨城県の"期待のエキス"を圧縮した?" つくばエキスプレス ですが...

東京駅延伸妄想ネタの一つとなっている、直通予定先の「都営地下鉄羽田空港連絡線」は、先ごろ(2021年1月)事業認可の下りた「JR羽田空港連絡線」と完全にバッティングしています!

つまり、「都営地下鉄羽田空港連絡線」構想は白紙になり、接続を当てにしていた「つくばエクスプレス」東京延伸妄想も暗礁に乗り上げたわけです!

《 Metropolitan unfinished line Ⅰ》首都圏未成線編 第2回

利根川以南を"ドリームタウン"に変貌させたCommuting Express!

首都圏一極集中の蚊帳の外に取り残された、東北の玄関口?北関東にある「茨城県」の期待のエキスを圧縮した「つくばエクスプレス」

利根川以南の千葉県北部を、在京企業に勤めるサラリーマンの「マイホームの夢」をかなえる"人気エリア"に、大躍進させた通勤超特急" つくばエクスプレス "も...

開発鉄道『首都圏新都市鉄道㈱』として評価すれば、肝心の「守谷以北茨城県下つくば市周辺の沿線開発が順調に進んでいる?...」とはいいがたいのが実情です。

東京駅や、つくば以東への延伸、そして高速化など茨城県の期待のエキスが圧縮された"つくばエキスプレス?"ですが、"大きすぎる夢"に押し潰されて、ペシャンコ(事業破綻)にならなければよいのですが...

※ここをクリックするとページの"Top index"にジャンプ出来ます!

《 Metropolitan unfinished lineⅠ》の総合目次

※以下のタイトルをクリックするとシリーズ記事全てにジャンプできます!

プロローグ 交通政策審議会 は 利権集団・与党運輸族 の宣伝塔!?

国交省の外郭諮問機関「交通政策審議会」「地方交通審議会」とその「答申」が、金科玉条「錦の御旗?」のごとく都合の良いように使いまわされていますが?...

第1回 JR羽田空港アクセス線 は東京都に突き付けられた"パラドックス" !

少し古いNews ですが本年(2021年)1月20日に『羽田空港アクセス線(仮称)の鉄道事業許可について』と題して「羽田空港アクセス線(仮称)」構想がプレスリリースされました!

第3回 最大混雑率187%の 日暮里・舎人ライナー は大成功?それとも大失敗?

1日の想定利用者101,000人として計画されて、着工時には59,000人と下方修正されたものの、開業3年後には早々と59000人の予想?を超えて...

第4回 豊住線 vs 越中島貨物線 旅客化はどちらが 区民・都民にとって役立つか?

日和見主義のマスコミや、"体制派"のジャーナリスト達が、金科玉条、錦の御旗に掲げる、交通審議会答申に盛り込まれた東京メトロ豊住線に関する"提言"ですが...

第5回 多摩都市モノレール!は"三多摩エリア?"の住人を守る最後の砦?

近藤勇の生れ育った独自の気風をもつ三多摩エリア?にあって、孤軍奮闘している多摩都市モノレール!とは...都に延伸を迫る前に、最新型連接バスで先ずは社会化実験を!

第6回 203X年茅ヶ崎 から 小田急ロマンスカー が湘南ボーイを乗せて新宿 に...

2027年のリニア中央新幹線橋本駅開業で、湘南エリア・アクセス路線JR相模線が複線化されて、小田急多摩線・上溝延伸が実現し茅ヶ崎→小田急新宿間の直通運行も開始されることに...

エピローグ 鉄道事業者 同士が覇権を争うライバル 関係の ご時世 では無くなっている!

首都圏では、お気楽な「鉄オタ」が囃し立てるような、鉄道各社間のライバル関係はありません!「出来るだけ無駄な過剰投資(車両増備)」を押さえて、仲良く「都民汲み出し作戦」に参戦している「戦友」同士なのです!

Annex1 西武新宿線 と沿線住人はアーバンネットワーク から見放された ?

沿線住人の少子高齢化?が進んでいるとは言え思ったほどには利用者は減らない?増発したくても余裕がない!"元義父の中央線"に振り替えを企んでも、中央線にも余裕がない! 複々線化事業計画はポシャル!

Annex2 新木場駅 で 京葉線 と 有楽町線 が 直通 できるようになれば...

京葉線と有楽町線が直通運行できるようになれば、連鎖反応を起こして首都圏東部の鉄道ネットワーク再構築のトリガー...

Annex3 東急 は 羽田空港 直通を 大井町線 と りんかい線 直通の将来にかけた!

限界に差し掛かっている、田園都市線のバイパスルートなら大岡山で"転線"して目黒から都営三田線に乗りさせてもらってもかまわなかったはずですが...

Annex4 埼玉高速鉄道 が利用客を獲得するには...

埼玉拘束鉄道!を蘇生するには、座して死を待つ?より、積極策に転じたほうが良策でしょう!

Annex5 千代田線 延伸で 野田市 と 吉川市 の東京都心直結の夢が叶う!

江戸川と中川に挟まれた吉川市の中心市街地は鉄道不在地帯となっていますが、東京メトロ完全民営化が達成できれば 千代田線が延伸出来て希望の光が差し込むでしょう!

プロローグ 茨城県の期待の"エキス"を圧縮した " つくばエクスプレス "とは.

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

ご注意;※印は当サイト内の紹介記事リンクです。
但し、その他のリンクは当事者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

嘗て1986年12月から1991年2月までの51か月間に渡り日本国中が"バブル景気"で沸いていた最中に計画されて、バブル消泡直後に設立された首都圏新都市鉄道(株)が1994年に着工して、2005年の開業以来運行している開発鉄道です。(※00)

つまり、バブル崩壊の当初こそ資金難にあえぎ「特別立法」で無利子!の政府融資を受けて、事業化にこぎつけましたが...

その後の10年間で金融ビッグバン、大企業の再編成、東京への本社移転が相次いで、漁夫の利を得て"火事場泥棒"となった東京都が、豊富な財力(税収)で事業を継続して2005年に無事開業にこぎつけて、その後は皆様ご存じ通り...

参※00)当サイト関連記事 今や鉄道事業は本業ではない!鉄道系YouTuber の"夢想"を打ち砕く現実とは... はこちら。

第1項 つくばエクスプレス・ライン

着工 1994年、秋葉原で起工式挙行

開業 2005年8月24日

起点 秋葉原駅⇔終点 つくば駅 路線距離 58.3 km 駅数 20駅

軌道 軌間 1,067 mm(狭軌)全線複線電化!
※但し、

秋葉原⇔守谷間が直流1500 V電化
守谷⇔つくば間は交流20,000 V・50 Hz電化

第2項 運行会社 首都圏新都市鉄道株式会社

設立 1991年3月15日

株式非公開非上場 

資本金 1850億1630万円 (2019年3月31日現在)

売上高 463億4021万3000円
(2019年3月期)
営業利益 80億3365万円
(2019年3月期)

※儲かっている!

主要株主(2019年3月31日現在)

  • ●茨城県 18.05%
  • 東京都 17.65%
  • 千葉県 7.06%
  • 足立区 7.06%
  • つくば市 6.67%
  • 埼玉県 5.88%
  • 台東区 5.30%
  • 柏市 5.30%
  • 流山市 5.30%
  • 千代田区 2.65%
  • 荒川区 2.65%
  • ※関東鉄道㈱(比率不明)

つまり、少子高齢化・過疎化に直面している茨城県と、都民増加に音を上げていた東京都(※01)の利害が一致して誕生した路線と言えます。

更に競合路線 関東鉄道㈱常総線(※02)は出資者(株主)でもあり、株主配当として営業外利益を享受しています!

参※01)当サイト関連記事 首都圏の" 通勤5方面作戦 "の実態は"都民汲み出し作戦!" はこちら。

参※02)当サイト関連記事 関東鉄道 常総線 が21世紀を駆け抜けるには... はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第1節 鉄道事業としての問題点

当初予定されていたJR東日本が事業を引き受けなかったお話は有名で、更に特別立法で、沿線の都市開発(つくば学研都市)と抱き合わせで作られたお話も有名ですが...

第1項 つくばエクスプレスのおかげで大躍進した、千葉県北部!

現在秋葉原⇔守谷間に 混雑時上下各23本が運行されていて、昼間でも時間10本(うち6本が"つくば行")が走っている超人気路線になりましたが......

会社の経営首脳陣が、国交省出身者の天下り組で占められているなどの、経営陣の問題も含めて諸問題を抱えています!

第2項 予想を上回ったのは首都圏の直流電化区間のみ!

本来の事業目的「つくば田園都市構想」があまり進展しないで、守谷以北の交流電化区間は今一利用客が伸びていません!

誕生当初のいざこざで...6両連結運行に!

需要予測を誤って、現状は6両連結の運行となっています。

但し地下鉄道区間は将来に備えて?当初から8両編成分のホーム長は確保されていました。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第2節 輸送力アップと所要時間意地(維持)の相反する矛盾!は...

団子運転によって輸送力アップを図ると、京王線のように低速化!となり、東京⇔守谷間の所要時間相当伸びます!

そこで、秋葉原⇔つくば間の所要時間を"意地"するためには、守谷⇔つくば間での所要時間短縮つまりスピードアップが必要になってくるわけですが...

第1項 2030年前半完成予定の8両編成化事業と、1時間4本の増便

2008年に8両編成化のため全駅でホーム延伸工事が行われることが表明されて、2019年5月31日には2030年代前半の実現を目指して8両編成化事業を正式に決定したことがニュースリリースされました。

第1目 8両編成までしか対応していない駅設備!

当初の需要見通しの甘さ?から駅施設が8両編成にしか対応してなく、特に守谷迄の近郊区間は殆どが地下軌道(駅)で、8両以上の(10両編成などの)長大化に対応させるには、駅施設の改修に巨額の事業費が必要となってきます!

デジタル伝送式CS-ATC、ATOのご利益を最大限に生かした団子運転を行い、現状の6両編成のままで、1時間当たり25本まで増便する予定と、8両化対応工事実施が公式発表されていますが...

●6両編成定員884名 最大積載?人員884X155%≒1370名 

現行2021年1月末現在秋葉原⇔守谷間 朝ラッシュ時時間21本(約2から3分間隔)

時間当たりMax輸送量 1370/1列車X21本≒28,770人 

●今後の同社輸送力改善計画 時間25本に増発して19%増となり。

時間当たりMax輸送量 1370/1列車X25本≒34,250人 

第2目 8両編成化した場合

8両編成化できた場合(中間車2両分316人の定員増を見込むと定員1200名/編成となり)155%の満員状態で1860名/編成となり、

時間当たり25本のMax輸送量 1860人/1列車X25本≒46,500人! で約62%増

時間当たり30本!のMax輸送量 1860人/1列車X30本(※21)≒59,520人! で107%増つまり現状の2倍!

つまり、団子運転と合わせて約2倍近くまで輸送力を増強できるので、直流区間秋葉原⇔守谷 間の利用者は何とか賄える!でしょうが...

さらにこれ以上(10両編成など)の長大編成化には、新たなる地下駅改修、高架駅改修等に"巨額投棄"が必要となります!

参※21) 京王線運行実績31本より

第2項 最高速度引き上げは、技術的問題ではなく投資効果の問題

守谷以北は交流20000v電化区間なので、直流1500Vに比べて「走行車両への給電条件も良く」なっていて160㎞/h運転を行っても、技術的な問題は生じにくいわけですが...!

軌道設備の持管理費&更新費用は最高運転速度にほぼ比例して上昇するのはよく知られている事実です。

つまり現行の最高運転速度130㎞/h160㎞/h高速化すると、現行と同じ便数でも23%増し維持管理コスト上昇!となります。

なので、"ほくほく線"や"しなの鉄道"などの第3セクターでは定期列車の最高運転速度を160km/h→110㎞/hや130km/h→100㎞/hと大幅に引き下げて「経費節減」を計っています!

第3項 高速化は今後の東京⇔守谷間の宅地開発による沿線人口増加次第!

開業当初は1日15万人程度だった乗客数が2016年度は約35万人と想定以上の速さで沿線人口(利用客)が伸びているので、今以上の伸び率で東京⇔守谷間の需要が伸びた場合は、前途したように団子運転による東京⇔守谷間の所要時間増を、守谷⇔つくば間の所要時間を詰めてトータル所要時間の回復(維持)する必要が生じて、この交流区間の最高速度を160km/hに引き上げる可能性も無くはありません?が...

スピードアップアは東京⇔守谷間の乗客増の推移如何で、守屋⇔つくば間のスピードアップによる維持管理費・設備更新費・運行経費増などとを"天秤"に架けたうえでの判断となるでしょう!

●首都圏の縄張り

●圏央道損他の自動車専用道

但し東日本大震災をきっかけに東京23区人気が再燃...

帰宅困難者が出た東日本大震災をきっかけに、(23区内の)職場から離れた、Rural area は敬遠されだし、職場に近接した利便の良いタワマンに指向が変化してきています。

複々線化を果たして、スピードアップできた小田急線でも、居局は、世田谷区の利用客が増えて、現状では東京都の思惑通りには、登戸以遠の神奈川県下の沿線利用客増にはつながっていない状況です。

但し南武線沿線は、JRの羽田空港アクセス路線網が完成すると、武蔵小杉以上の人気エリアとなることは間違いないでしょうが...

つまりは武蔵野線に囲まれたエリアがせいぜいの通勤限界になるでしょう!

やはり人気は東海道ベルトライン上にある各都市(湘南新宿ライン、上野東京ライン、横須賀・総武快速ライン)で、特に新首都圏空港(羽田)、リニア中央新幹線(品川)にも便利のより川崎市の立地が見直されて、新たな企業(事業所)の進出(転入)も考えられて、川崎市が大躍進するかもしれません!

北関東一帯は人口減少傾向に

残念ながら、せいぜい圏央道いないが、首都圏と呼べる範囲でしょう。

つまり、常総市辺りが北限で、事実常総ニュータウンも、おもに常総線沿いに開発されています。(※22)

参※22)当サイト関連記事 関東鉄道 常総線 が21世紀を駆け抜けるには... はこちら。

更に北関東一帯は、都内で働く人たちから敬遠されだしています!

東京一極集中化とは反して、茨城県、栃木県、群馬県の3県の人口は2000年以降減小傾向にあります!

23区内で働く人たちは、都心から離れた郊外の一戸建て住宅から23区内のタワーマンションに住むことを目指しだして!

その顕著な例が、世田谷区の"端っこ"ニ子玉"人気であり、大田区の町はずれ!にある"武蔵小杉"周辺のタワマン人気になるわけです!

つまり、"8両編成化による時間25本運行"で事足りる場合はスピードアップの必要は無いわけです!

つくばエクスプレス保存鉄道のように趣味やボランティアでやっているのではなく、あくまでも鉄道事業者として「営利事業」を営んでいるわけですからお気楽な「鉄オタ」の"夢想"のようにはなりません!

スピードアップが必要となるのは、秋葉原⇔守谷間ラッシュ時運行本数、「時間当たり31本運行が必要になってから」という事になります!

詳しくは 当サイト関連記事 近未来の首都圏鉄道網を占うⅡ 今や在京鉄道事業者は開発鉄道一色に染まり...をご覧願います。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第3節 東京駅延伸妄想の実現可能性は...

東京駅延伸妄想は、実現されそうに報道されていますが...

東京都の協力(再投融資)が無いと実現できません!

なので現状はルートも含めて"白紙状態"となっているわけですが。

現在の施設はJRTT(※31)の40年ローンなので、現状での期間満了は2045年、

設備増強(駅施設改築)分は別建てローンとなるのでしょうが、

国会でも指摘されたように、天下り人事の温床首都圏新都市鉄道㈱はド素人!の集団で...

返済計画が立っているのかどうかも?...(※32)

参※31)当サイト関連記事 独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備機構(旧・鉄建公団)が組織改編できれば... はこちら。

参※32)当サイト関連記事 今や 鉄道事業 は本業ではない!鉄道系YouTuber の"夢想"を打ち砕く現実とは...はこちら

第1項 東京駅までたどり着けても?先がない!

別項で詳述したように、JR東日本と東京都は「JR羽田空港アクセス線構想に絡み」2016年以降東京臨海高速鉄道のJRへの譲渡交渉を継続しているわけです!

つまり、「都営地下鉄大田区新線」構想は白紙になり、接続を予定していた「つくばエクスプレス」東京延伸妄想も暗礁に乗り上げたわけです!

参※)当サイト内関連記事 東京モノレール は JR羽田空港アクセス線 開業後も生き残れるか? はこちら。

大義名分を失った都営地下鉄太田区ライン計画

妄想ネタの一つとなっている、直通運行予定の「都営地下鉄羽田空港連絡線」は先ごろ(2021年1月)事業認可の下りた「JR羽田空港連絡線」と完全にバッティングしています!

本年2021年1月に事業認可の下りたJR羽田空港連絡線建設(※36)と接続予定の都営地下鉄線計画の"大義名文"が完全にバッティングしていることです!

つまり、上野東京ライン(高崎線・宇都宮線方面)、りんかい線?(中央線)と国内空路の重要ハブ空港羽田空港とを結ぶアクセスラインという"大義名文"をJRに持っていかれて、失ったわけです!

参※36)当サイト関連記事 高輪ゲートウェイ駅 は 羽田空港 と直結する!はこちら

  • ♥都営地下鉄新線?未定区間
  • ●グリーンライン 東海道貨物線(&休止支線&りんかい線車両基地引き込み線)
  • ●既存営業路線
  • ●紫色 JR羽田空港連絡線認可区間

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第4節 東京の地下"冥路"が実現を阻む!

大都市に残った、唯一の自由空間?地底ですが...

東京にはすでに網の目のように地下鉄網が張り巡らされていて、新たに地下鉄道を建設しようとすると、大江戸線のように"地底深く潜航"(深度40m以上)しないと地下鉄道を建設できる"余地"は残されていません!

第1項 つくばエキスプレス東京駅延伸構想

想定経路延長約 2.5㎞

全線深層シールド工法(地下60m?)

建設費 500億円/㎞x2.5㎞≒1,250億円!(途中駅神田駅のみ)

このルートでも、都営新宿線、総武線快速線、半蔵門線、が行く手を遮っており!建設するとなると地下60m程度の地底を掘り進む以外掘り進む進路は残されていません。

つまり下図のルートしか残されていない!でしょう。

  • ●小豆色ライン つくばエキス・プレス 東京延伸案
  • ●工事マーク 既存地下ラインとの交差ケ所
全額事業者"首都圏新都市鉄道株式会社"の負担となります!

更に、東京駅延伸は新線建設「利益誘導事業」と見做されて、都市計画事業とはなりません!

つまり巨額設備投資を行うには、"首都圏新都市鉄道㈱"のリファイナンス(再投融資)が必要となってきます!

つまりは東京都が再投資してくれないと、政府系金融機関"財政投融資銀行"からの融資も受けられないので、建設資金が調達できません!

更に半蔵門線・新日本橋にも接続駅を設けたとしたら...1,500億円!以上(またそうしないと、延伸する意味合いが無くなる!)

つまり完全な夢物語です!

地下60mの大深度に地上なら20階建ての高層マンションに匹敵する巨大な「地下駅」を建設しようとすると、もはや天文学的な建設費となってしまいます!

※当サイト関連記事 地下鉄 や 新都市交通システム が 整備新幹線 より割高になる理由とは? はこちら

第2項 接続予定の都営地下鉄大田区ラインも!

更に、つくばエキス・プレス?は、東京駅乗り入れの"大義名文"として、東京駅から先、大田区羽田空港につなげる予定?の、都営地下鉄新線との直通を上げています!

しかし、この路線が曲者で、"政府お抱え"の運輸政策審議会(※33)の答申では、大田区方面へ伸びる地下鉄路線とされていますが...

参※33)当サイト関連記事 交通政策審議会 は 運輸族 のご意向を窺う お抱え蘭学者? はこちら。

地下鉄建設には"大義名文(鉄道空白地帯)"が必要!

更地下鉄建設の重大な要素"大義名文"である鉄道空白地帯を通過させる必要があります。

工場・流通エリアでは鉄道事業の採算が問題に

工場・流通エリアでは、朝夕の通勤需要だけとなり、昼間の現金利用客が見込めないので、鉄道事業の採算が問題となります。

つまり、利用客である居住者が多数いる、住宅エリアでないと鉄道事業が成立できなくなります。

という事で、経路を想定してみると、ピンクラインになるわけですが...

東京駅から実際に伸ばそうとすると

  • ●比較的幅の広い道路、
  • ●あまり使われていない運河(or嘗ての水路)
  • ●出来るだけ既設路線がない経路
  • ●高速道路の基礎杭などの、その他の地下構造物が無い経路。

などの条件が必要となります!つまり、道路幅が広ければ並行もできますが、既設駅周辺工事、と"アンダークロス工事"が困難となります。

第3項 想定される難工事ポイントが多すぎる!都営ライン

幸い、東京にはあまり"利用されていない小規模運河"が数多く残されていて、殆どの部分はケーソンを用いた"潜函工法"で比較的安上がりに建設できそうですが...

問題作業者・工事マークがついている個所、つまり既存の鉄道・高速道路とのクロスポイントとなります!

既存地下鉄路線と交差しなくとも、首都高中央環状線地下トンネルや、"高速道路の基礎"部分を避けるために"シールド掘削"が必要な部分もあり、難工事が予想される個所は、少なく見積もっても図のように約11ケ所も存在することになります!

想定される東京駅⇔京急大鳥居間16.6㎞だけで安く見積もっても、

(※34)308億円/㎞x16.6km≒5200から

最悪 500億円/㎞x16.6km≒8,300億円!はかかるでしょう

しかも、水路部分は都市計画指定が難しいので、ほとんどの部分が事業者「東京都交通局」の完全負担となり、"1兆3千920億円!!"かかった大江戸線同様の、ビッグプロジェクトとなって終い、今の東京都では(※35)...

参※34)同じような構想の豊住線 妄想 有楽町線・豊洲⇔半蔵門線・住吉駅間 総延長 5.2㎞ 建設費1600億円!(308億円/㎞)と、深層シールド地下鉄建設の相場500億円/㎞で算出。

参※35)当サイト関連記事 東京都の野望!世界の中心を目指す "リング・ ハブ・コンセプト"メガロシティー構想とは... はこちら。。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第5節 更に無謀な北進妄想!

2018年5月に土浦市・つくば市・小美玉市・石岡市・かすみがうら市・行方市・鉾田市の7市議会が、「TX茨城空港延伸議会期成同盟会」を発足させて、茨城県などへの要望活動などで連携していく方針を表明しましたが...

生い立ちが"開発鉄道"である"首都圏新都市鉄道㈱"の沿線宅地開発事業も、茨城県下では前途した背景で「首都圏で働く人達」からは敬遠されています!

"大株主の茨城県の意向"に沿って?北進計画や最高速度160㎞/h運転構想をぶち上げるなど、「ド素人ならではの無謀な投棄!」経営ビジョン?をちらつかせていますが...

しかし、現状でも思ったほどには"つくば市"が発展していなく、むしろストロー効果で「商業施設が衰退」するなど、の弊害が現れているのが実情です!

第1項 北進妄想は夢物語

茨城県知事や「延伸期成同盟」の自治体は、帝都東京への利便を確保したいのでしょうが...

前途したように最高運転速度を160㎞/hに引き上げると軌道・車両の維持管理費と設備更新費が速度比例で23%以上!の増となり、高額運賃化は避けられなくなります!

それよりはデジタル伝送式CS-ATCATOの最大活用で「列車本数を増やす」ほうが得策でもあり、首都圏内(利根川以南千葉県下)の通勤客移動を考えた場合はそれでも賄えるわけです!

現状、東京23区内の企業に通勤している人たちは、23区内の都市型集合住宅(高層マンション)など、東京駅から50㎞圏内の物件に人気が移り、住人流出(転出)で"過疎化傾向"が顕著な茨城県北部つくば市以遠に延伸しても、採算が合うかどうか...

つまり首都圏内の公共交通網の充実で、首都圏内での住居確保が十分に賄えるようになってきています!

いわばコンパクトシティー(※22)の首都圏版で、東京都としては「無意味なインフラ投棄」はなるべく避けたい思惑もあるからです!

参※22)当サイト関連記事 全国の 中核都市 は コンパクトシティー を目指している! はこちら。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第6節 お気楽な鉄オタ?と土建屋&地上げ屋の夢は実現しない!

前途したように、計画当初のバブル景気の頃からは、状況が一変してしまいました!

第1項 バブル景気崩壊による不良債権処理と金融ビッグバンで東京都と政府は犬猿の仲に!

1986年12月から1991年2月まで続いたバブル景気が崩壊してその後の暗黒の10年間でこの間に不良債権問題が発覚して処理の為に"金融ビッグバン"が起こり、火事場泥棒?となって"富を独り占め"したのが東京都です。

つまり政府(国交省)の思うようにはならなくなったわけです!

その表れが東京都都知事直轄の「東京都政策企画局調整部渉外課」が行っている首都移転断固反対プロパガンダ であり、

国土交通省が中心となって煽動!している「首都機能分散」プロパガンダです。

つまり、東京都を中心とした首都圏交通網は、この両派の覇権争いになってしまったわけです!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

エピローグ 茨城県と常総ニュータウンの将来は常磐・京葉ラインと関東鉄道が叶えてくれる!

  • ♥ピンクライン 常磐東京ライン
  • ●グリーンライン 東京メトロ千代田線
  • ●橋マーク 謎のオーバーブリッジ?

2006年以降東京都とJR東日本との間で交渉が続けられている3セク"りんかい線"(東京臨海高速鉄道)のリファイナンス(再投融資)交渉が成立すれば、りんかい線はJR東日本に移管されて、「料金問題が無くなり」長年の懸案事項だった"りんかい線"と"京葉線"の直通運行が実施できるようになり「京葉・新宿ライン」(※91)が実現します!

そうなると、京葉線東京駅地下ホームに余裕が生じて、「常磐・東京ライン」の開業と関東鉄道常総線の"直通運転復活"(※92)で実現できるようになります!

つまり「巨額の血税を投棄してまで地底鉄道(つくば"エキスプレス")」を東京駅まで伸ばす必要が無くなります!

幾らお金持ちになったとはいえ、東京都には"つくばエクスプレス"への再投資より先行しなければならない"公共インフラ整備事業"が山積しています!

つまり、鉄オタ、つくばエキスプレス沿線の茨城県民、土建屋の親方にはお気の毒な話ですが、東京駅延伸妄想は無かったことに!...

参※91)当サイト関連記事 " 京葉新宿ライン " 実現の可否が首都圏鉄道網の行方を大きく... はこちら。

参※92)当サイト関連記事 関東鉄道 常総線 が21世紀を駆け抜けるには...  はこちら。

※ここをクリックすると総合目次に戻れます!

後書き《 Metropolitan unfinished line 》シリーズについて

首都圏には、成田新幹線妄想を筆頭に現「交通政策審議会」の答申に振り回された、東北通勤新線構想、横浜市営地下鉄3号線計画など多くのunfinished lineが存在していて、現在も豊住線妄想や「つくばエクスプレス東京駅延伸妄想」など実現性に乏しいunfinished line妄想が数多く存在しています!

これらは、すべて与党運輸族の"欲望"から生まれた利用者無視の、思いつき妄想を「交通政策審議会」等の有識者?諮問機関が、屁理屈を付けて"大義明文"化した"答申"に記された"提言"に端を発する"不要不急路線"が大半です!

現在燻っている"unfinished line"について考察をして、「誠の都市圏交通網」のあるべき姿を探ってみました。

狸穴総研 公共交通網調査室 出自多留狸

最新関連記事 

今どきの鉄道傾!Youtuber、タレント、シナリオライター、 コラムニストとは?... のご案内

2021年4月7日更新版・公開

要約

"スーツ交通"などのWeb動画配信コンテンツ制作プロダクションと契約している鉄道傾タレント達は、いわば社会順応性のないヒッキーで、生活支援を買って出た?地元の魏妖怪(ギョウカイ)から"広告収入"を得て生活している"自営業"です、魏妖怪の回し者として、"鉄道新線建設推進プロパガンダ路線"を吹聴して、一般市民・鉄道利用者、お気楽な"撮り鉄"の妄想を...

続きはこちらから...

 

公開:2021年3月28日
更新:2021年8月16日

投稿者:デジタヌ

りんかい線 JR移籍で 京葉線 りんかい線 埼京線 直通が実現すれば...TOPJR相模線 は2027年リニア中央新幹線橋本駅開業に合わせ 複線化 される?...


 

 



▲JR羽田空港アクセス線特集へ戻る

 

ページ先頭に戻る