狸穴ジャーナル『タヌキがゆく』

Essay『 日本のロビー活動(政界工作!)を行う lobbyist(民間think tank)の正体とは...』

第1節 日本のロビー活動(政界工作)とは...

(Version2,Revision1ー2024年2月1日改訂)

第1項 ロビー活動とは政界工作!

syndicate(企業連合)や商工団体から依頼を受けて、政権よとう(夜盗)や中央省庁に対して政界工作!を行うことを ロビー活動と言います。

そして日本でロビー活動を行っているのが lobbyist と呼ばれている(〇X経済研究所、〇X総合研究所などの)民間 think tank です。

第1目 lobbyistのメンバーとは

実際に lobbyist として研究(創作!)を行っている Researcher(研究員)とは mass media 報道特番!などにも顔を出し"工作活動"の先鋒となっているあの連中です。

つまり"自称" Researcher(研究員),economist(経済学者),specialist(専門家)共 (-_-メ) は捏造の expert(有識者・専門家)であり、

根拠(裏付け)の無い!試算(私算)である"経済波及効果???"を伝家の宝刀に振りかざして官公庁に猛烈な売り込みをかけている!のです。

彼らに丸本の中国人 economist が深く係っているのは...

民間 think tankに中国人 economist(工作員?)が多いのは...

母体となっている証券会社(投資ファンド)に、中国系企業や「中共の Agent 中国人民政治協商会議中国共産党中央統一戦線工作部」の資金が流れている!からです。

なのでいま社会問題となっている、全国の防犯監視カメラ(中共製スパイカメラ!)が全国の痴呆自治体に蔓延して、常に中共政府に監視されているのです。

防犯監視カメラだけではなく!中国製・韓国製のアンドロイド端末(スマホ)を通じて、あなたの個人情報も中共当局hacking されています。

Propaganda の旗手!政府御用達 advertising agency 伝痛!と協力者!鉄道傾 Youtuber

更に政府機関にも深く食い込んでいる!巨大 advertising agency "伝痛" が、自社の network を通じてフリーターの紛い者Youtuber共を使って、

「一般の無知!な民衆」の公共投資熱を煽る promotion つまり Propaganda を行っている行っているのです。

彼らは、内閣御用達!の advertising agency "伝痛"ネットワーク末端の,"怪しげな零細"AVプロダクション (-_-メ) を通じて製作費(取材費)として"お小遣い"(生活費)をもらって新線建設 Propaganda Content を upload し続けているのです。

参※001)当サイト関連記事 今どきの 鉄道系・交通系Youtuber、鉄道コラムニストとは?... はこちら。

第2節 鉄道建設事業では...

第1項 新規鉄道路線の計画案(申請案)は

  • ●lobbyist が需要見通し&経済効果
  • ●交通量調査は調査会社
  • ●事業費概算は土木コンサルタント会社

各鉄道事業者が交通政策審議会(※11)に提出して、認可の"真偽"を仰ぐ、建設事業の素案(議題)を作成している連中は、地政学(※12)や地質学者・土木工学専門家ではありません!

lobbyist 、大手ゼネコン系コンサルタント会社の担当者です。

参※11)当サイト関連記事  交通政策審議会答申に記された"提言神話"とは... はこちら。

参※12)当サイト関連記事 一研究分野の geopolitics(地政学)の"概念・研究 theme とは... はこちら。

第2項 彼らに outline を提供するのは...

そしてoutline(粗筋)を起案!(思いついて)して、痴呆自治体の担当部署(役人)を"恫喝"して、予算取を割り当てさせて、前途した作為資料を捏造させて、鉄道事業者に国交省鉄道局へ認可申請させているのが、

県会議員(見解疑員)、市会議員(視界疑員)等の痴呆議会議員共と、Governo(知事) mayor(市長)連中です。

なので、自治体長が変わると急転直下...

 

公開:2024年1月31日
更新:2024年1月31日

投稿者:デジタヌ

Essay『 戦後日本の間違いは戦前から続く権威主義!体制堅持』TOP


 

 



▲政策 ・外交問題研究所へ戻る

 

ページ先頭に戻る