タヌキがゆく

宇都宮国際空港 は世界に開かれた栃木県の空の玄関口に...

政令指定都市 宇都宮市 構想に欠かせない"未来を拓くキー"

東北の表門?! 栃木県の県庁所在地、宇都宮市が政令指定都市に飛躍するには...

宇都宮国際空港 は世界に開かれた栃木県の空の玄関口に...  の目次

※リンクについて

(参※xx) は当サイト内の参照関連記事リンクです。
但し、その他の直接 hyper-link は当事者・関連団体の公式サイト若しくはオリジナル各国語版Wikipediaへ直接リンクしています。

※本ファンタジーについて

本レビュー記事は、出来る限りの"記録(時系列)に下ずいた史実に、地政学的!・工学的 検証"を行ってるセミドキュメンタリー!ですが...

筆者の億測を交えたファンタジー?でもあります。

後述する各団体とは直接関連はありません。

また各団体では"答え難い大人の事情、あまり触れられたくない内容!"も含まれています。

本件に関してのお問い合わせはご無用に願います。 

前書き 栃木県には国際空港のバックグランドが存在する!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

日光国立公園・鬼怒川温泉・那須塩原ナドの観光地と、日本経済を支える自動車関連企業、が集中する栃木県の県都・宇都宮市は、

世界に開かれた窓口 宇都宮国際空港 を誘致して首都圏の裏庭?北関東の一地方都市から、関東の自動車産業の中心地 栃木県にふさわしい、政令指定都市を目指すべきではないでしょうか...

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

本節 宇都宮国際空港の必要性

日本経済を支える自動車産業の拠点工場が犇めく栃木県・宇都宮市の世界にう開かれた窓口!として

現在、嘗て日本の経済発展を支えた鉄鋼、造船、家電、半導体産業、オモチャ産業?が衰退して、唯一気を吐いている"自動車関連産業が数多く存在します!

栃木県・宇都宮支近辺には、自動車産業を支える、屋台骨の2大メーカー、HONDA、NISSANの両企業や、UDトラックスの工場以外にも、上記3者の研究・開発を支えているProving ground(※93)があり、UDトラックス株式会社 茂木試験場、富士重工業㈱スバル研究実験センター三菱ふそうトラック・バス㈱ 喜連川研究所、部品メーカーGKNドライブラインジャパン、日信工業㈱栃木開発センターのProving groundなど、

日本経済の立役者・花形産業自動車産業のR&D拠点となっているわけです。

自動車産業、ICT産業の中心地、更には、航空宇宙・防衛産業の中心地として、更なる発展(♥雇用創出!)をするためにも、

関東の自動車産業の中心地!宇都宮都市圏と、観光地日光・鬼怒川を背景に、手詰まり感のある成田国際空港・羽田国際空港を補完する、日光・鬼鬼怒川・那須・宇都宮国際空港の開港が望まれるわけです。

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます! 

《ライトライン は 政令指定都市 宇都宮市 に至る"明るいライン"となれるか?》関連記事のご案内 

※以下の♥タイトルをクリックするとシリーズ記事全てにジャンプ!できます。

後書き《 交通政策とは》シリーズについて  

鉄道黎明期において日本各地で幹線鉄道を敷設していったのは、民間資本による"民鉄"でした。

幹線の多くはその後お国に買収されて、官営鉄道になり国鉄を経て現在のJR各社となりました。

現在の大手私鉄の殆どはこの時運よく買収を逃れたましたが、第2次大戦中の戦時統合で合併を余儀なくされて、敗戦後に再度独立して現在に至っています。

1964年の東海道新幹線開業を経て1986年12月4日に諸外国に倣って、鉄道事業法が制定されて、軌道事業以外は第一種、第二種、第三種の鉄道事業に統合されて、翌年に国鉄分割民営化によってJR各社が誕生して現在に至るわけです。

JR3島は国営企業!?

しかし分割民営化?と言ってもJR3島(JR北海道、JR四国、JR貨物)は株式会社の形態はとっていますが...

独立行政法人JRTTが100%株式を所有する"国営企業!"であり、"親方日の丸"体質は」変わっていません!!

更に、成り行き任せで適当に決めた?JR各社のbusiness district(営業範囲)が今になって多くの問題を生んでもいます...

2001年に中央省庁再編が実施されて鉄道事業を都市仕切ってきた運輸省と道路行政を取り仕切ってきた建設省が統合されて、国土交通省が誕生しましたが...

合体しただけで、旧省庁の「真の統合」根本的な重複部署再編成には至っていないのが現状で、旧体制下の派閥同士の内部対立?が国土計画全体の一本化を阻んでいることは事実です。

鉄道局に関しては、JR各社再度の"big bang"でreconstructionを押し進めないと、先に上げたJR3島の赤字問題は解決できない!でしょう。

JRグループの再度の Reconstruction と道路整備・港湾整備・ 空港整備を統合的に推し進める必要が...

国鉄分割民営化の際に"適当"に決めた、各社間の営業エリア(境界駅)も整備新幹線ルート!などいろいろな問題を引き起こしています。

22世紀の将来に向かい鉄道事業のreconstruction(統廃合)、道路整備、港湾整備、空港整備すべてに渡る交通政策を統合的に推し進める必要があります。

更には、地方の期待を背負う観光行政も、国交省配下の観光庁と環境省管轄の国立公園の2重行政では...

縦割り行政の弊害をなくすためには

広範囲にわたる省庁統合と、責任のなすりつけ合い!になりがちな縦割りに依存しない、新たなる行政(体制)の構築が望まれているわけです。

狸穴総研 公共交通網調査室 出自多留狸

※脚注 ♥関連団体 問い合わせ先 リンク集

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

関連団体リンクテーブル 

 

公開:2022年5月27日
更新:2022年6月17日

投稿者:デジタヌ

21世紀の 紀伊半島 が生き抜く"きい"は2つの 新空港 では...TOP


 

 



▲全国新空港構想調査室へ戻る

 

ページ先頭に戻る