『タヌキがゆく』狸穴ジャーナル

モリゾウは決して挫けない!TOYOTAは苦境を乗り越えて明るい未来へ走り続ける...

前書き(要約)韓国系在日総会屋のTOYOTAへのdisrespectには根拠がない!

TOYOTAに襲い掛かる"人災"に託けたdisrespectの嵐など...

TOYOTAが起用していた某タレントの不祥事、連結子会社HINOの不正発覚などの相次ぐ人災が起こり、更には一部の総会屋からも"バッシングの火の手"が起こっていますが...株主のみなさん、別段心配は有りません!TOYOTAには明るいMIRAIに向かうsolutionがちゃんとあります!

これ等はTOYOTA本体の問題では無く、グループ企業、CM出演者の個別問題でTOYOTAには直接責任は無く、しかも明るいMIRAIに向かうsolutionがちゃんとあります!

過去の子会社SUBARUの不祥事も解消しています。

更に、今回の不祥事とは直接関連は有りませんが...

トラック業界では、嘗て"FUSO"も、命に係わる「もっと危険なリコール隠し」の不祥事をやらかしていました。

モリゾウは決して挫けない!TOYOTAは苦境を乗り越えて明るい未来へ走り続ける の目次

プロローグ 在日・両班(ヤンパン)出身?総会屋が常用するdisrespect content

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

(中共に操られた)韓国系ではないかと思われる"不審な人物"が、TOYOTA系列のHINOトラックの不祥事!を取り上げ、"TOYOTA失速?と日本経済の破綻!"をほのめかすような、disrespect(誹謗中傷)、threaten(脅し)コンテンツをアップロードしましたが...

相次ぐTOYOTA bashingは韓国系在日総会屋?が...

在日系総会屋のdisrespect(誹謗中傷)は、"今に始まったことではありません"

!彼らはTOYOTAが、「祖国から撤退する腹いせ」で論拠の無いdisrespectでTOYOTA bashingを行っているにすぎません!

中共から指示された疑いも...

一見、日本(経済)の先行きを案じているように見えて...

実は中共から Japan bashing を指示されているのでしょう。

奴ら、韓国人・両班(ヤンパン)出身者は、プロテスタント系団体を装い中共(中共中国人民政治協商会議中国共産党中央統一戦線工作部)から資金供与を受けて、「人権活動や反日運動を煽動」しているわけです。

彼ら、韓国人・両班(ヤンパン)(※00)の特徴は、「disrespect、threatenは行えても、solution(解決策)を提示しない(出来ない!)」ことです。

今回も多分 、投降者は「TOYOTAの総務部をthreatenして、gatherするのが目的」の在日系の"総会屋"でしょう。

参※00)当サイト内関連記事 両班(ヤンパン)3悪に翻弄され続ける韓国国民と日韓関係 はこちら。

第1節 TOYOTAへのdisrespectの数々とは...

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

近年にも、同じようなdisrespect(誹謗中傷)は、燃料電池自動車MIRAI登場の際にも、総会屋から噴出していました。(※10)

更には、"愛の手を差し伸べていた養子?SUBARU(※11)"が、"内輪騒動"で生じたリコール問題発覚時"にも...

参※10)当サイト内関連記事 WEB媒体を使った水素社会対抗プロパガンダ! はこちら。

参※11)当サイト内関連記事 スバル のプルービンググラウンド3選《バンク伝説Navi》 はこちら。

第1項 今回の火種となった日野自動車工業とは

今回の一連のHINO製ディーゼルエンジンの排ガスデータ改竄不祥事については、日本語ウィキペディアに詳述?されているので割愛しますが...

HINOは東証一部 、名証一部に株式公開している上場企業ですが、トヨタ自動車の連結子決算会社でトヨタグループ16社のうちの一つとなっています。

第1目 トヨタとの関係は

主要株主(2021年3月31日現在)

●トヨタ自動車(株):50.1%
●日本マスタートラスト信託銀行(株)(信託口):6.7%
●日本トラスティ・サービス信託銀行(株)(信託口):4.3%

1966年 トヨタ自動車と業務提携に始まり、

1968年 トヨタ・パブリカ、トヨタ・ハイラックスの委受託生産を開始。
1970年 12月トヨタ・カリーナの受託生産を開始

を経て、2001年に現在の姿「トヨタの連結子会社」となりました。

第2項 HINO製ディーゼルエンジン排ガス対策について

今回問題が起こったのは、現在主流となっている尿素水(AdBlue)噴射方式ではなく、トラップと再燃焼によるHINOシステムが問題となったわけですが...

トラック運輸業者にとっては、AdBlueが必要無いということは、(余計な添加剤AdBlueを購入しなくて済む)運行経費ではメリットでもあるわけですが...

但しこの方式の欠点!は

トラップ満杯のアラームが点灯すると、「15分→30分!停車」させて「トラップ内に溜まった煤(すす)を再燃焼」させる為に、長時間アイドリングをする必要がある事です。

これは、一刻を争うドライバーにとっては大問題となっているわけです!

第2節 総会屋が取り上げないTOYOTAと"USUZU"の♥資本提携関係

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

いすゞ自動車は現在UDトラックスも傘下に収め、HINOと並んで日本を代表する大型車メーカーでもあります。

第1項 いすゞは東証プライム(一部)上場企業企業

株式公開 東証プライム(一部)上場企業

主要株主

日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 14.82 %
三菱商事株式会社 8.19 %
伊藤忠自動車投資合同会社 6.81 %
株式会社日本カストディ銀行(信託口) 5.99 %
トヨタ自動車株式会社 5.02 %
株式会社みずほ銀行 2.05 %
THE BANK OF NEW YORK MELLON 140044 1.49 %
SSBTC CLIENT OMNIBUS ACCOUNT 1.36 %
全国共済農業協同組合連合会 1.29 %
JPモルガン証券株式会社 1.22 %
(2022年3月31日現在)

  • 2006年11月 - トヨタ自動車と資本提携。
  • 2018年(平成30年)8月 - トヨタ自動車との資本提携を解消。
  • 2021年(令和3年)3月24日 - トヨタ自動車と再度資本・業務提携することを発表。
  • 同年4月1日 - UDトラックスの買収手続き完了を発表

第2項 いすゞのエンジン技術はすごい!

実は、いすゞ自動車はすごいエンジン開発能力の伝統を持っています!

ディーゼルについては、ボッシュが開発したコモンレールシステム燃料噴射装置が登場する前の分配型噴射ポンプ当時から、噴射ノズルの超高圧・燃料極微細化噴射ノズルの開発を行っており、直噴についてもチャレンジしていました、(当時は予燃焼室式タイプを量産していた。)

小生は、実は1991年当時いすゞ自動車のディーゼルエンジン開発部門から招かれて?プロモーションに出向いたことがありました!

掃除はBOSHの開発して全世界に普及したコモンレールシステムが世に現れて無く、いすゞは独自開発(ユニットインジェクタ式)で超高圧燃料噴射極微細化に挑んでいたわけです。

第3節 日本を含む先進国ではAdBlueの入手(供給)が容易になっている

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第1項 大型車給油所は限られている

一般人の方はご存じないでしょうが、大型トラック・バスの給油所は意外と限られています!(※30)

勿論専用スタンドと言うわけではなく、一般車両・小型車(マイカー・営業車)も給油できる施設となっていますが...

長距離を運行する大型車両は、燃料タンクが200L~400Lが当たり前で(小生も400L燃料タンク増設車両に乗務していた経験があります)

一気に1000㎞!以上の航続距離があるわけです。

なので、全国チェーンの給油所も限られている訳です。

第2項 当初は入手困難だったAdBlueも現在では

当初AdBlueの入手は、トラックディーラーの整備工場などに限られ、入手困難な時期もありました!

2022年現在は前途した全国チェーン店のトラック給油所には専用の給水機!が完備されるようになって、全国どこでも安心して運行できるようになっています!

つまり、AdBlue方式も入手に関する問題は無くなったわけです!

(※多少の経費増にはつながりますが、前途した無駄アイドリングが必要無くなるので相殺される部分もあり...)

なので一般車両(マイカー・営業車両)もAdBlue添加が常識になったわけです。

一時今回と同じように不祥事を起こしたVWグループもAdBlueを使用しています。

参※30)当サイト内関連記事 フリートスタンド案内- はこちら。

エピローグ "トヨタの目指す未来"へのディーゼル排ガス対策solutionとは...

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

TOYOTAは日本に数多くある"自動車屋"の中にありHONDAと並び企業コンセプトとして「独自開発Road」を歩んできた会社です。(※90)

そして数多くの、特許・実用新案と共に「社外秘のノウハウ」も豊富な企業です。

第0項 電気自動車妄信!たち環境保護活動家の化けの皮がはがれだした!

環境保護を訴える"偽善者"Communist共の自然保護活動家が煽動してきた、Eカー(充電自動車)は、バッテリー爆発事故!急速充電所渋滞!などの問題が露呈してきて、本場"中共"!をはじめ環境基準が厳し北欧3国、ドイツでも急速に「人気の陰り!」が見え始めてきています!

世界Topの環境破壊国!中共がバッテリーカーをプロパガンダしている訳は...

Fake・模造品で溢れかえっている中共・朝鮮半島には、"高度な機械製品"である"内燃機関"を量産できる"技術環境"が確立していません!

つまりわが日乃本のような技術立国では無い訳です。

そこで「手っ取り早く量産」できる電気自動車の普及を計っているわけです。

西欧諸国も気づき始めた電気自動車神話のFake

最近では、中共の一帯一路・海外侵略が、おバカな「新・ロシア帝国プーチン大帝の暴挙」の"とばっちり"で頓挫して、EUでのガソリンカー廃絶運動!の旗手"VWグループ"の社長交代!などで、

欧米でも"内燃機関排斥!"充電自動車一辺倒"の風潮が収まりつつあります。

USAでも...

古くはラルフ・ネーダー改革党?が煽動した「排ガス区規制の先鋒アメリカ」でも、バッテリーカー崇拝は見直されています。

勿論これには「石油メジャーのロビー活動」も一役も・二役も関わっているわけですが...

TIYOTAが唱える"水素社会"こそが22世紀の明るいMIRAIに繋がる唯一のsolution(解決策)ではないでしょうか...

参※90)当サイト内関連記事 米国系 "石油メジャー" に対抗できるのは TOYOTA と 出光 だけ... はこちら。

第1項 発展途上国市場へは引き続き輸出専用HINO製エンジンを供給

HINOは、日本だけではなく海外進出もしており、排ガス規制の遅れている低開発国向けにはトラップ方式エンジンが向くので、現状通り量産続行されて、排ガス規制が"緩やかな"地域に向けて輸出される事になるでしょう。

★第1目 発展途上国では排ガス規制すら存在しない!

ヨーロッパ諸国・UASA・日本以外の、ロシア・中共・東南アジア・南アメリカ・アフリカなどの"低開発国"(発展途上国?)では、AdBlue使用は経済的負担が大問題となり、供給施設(スタンド)の普及も含めて、一般的ではありません。むしろ、排ガス規制を先送りにしている国が殆どです。

更にディーゼル燃料そのものが食用油再生燃料使用の場合もあり、排ガス規制そのものが立ち遅れている状況です!

第2項 ISUZUとの提携を進めてディーゼルエンジン製造合弁会社の設立の可能性も...

恐らく、いすゞとの提携との資本提携を進めて、場合によってはエンジン供給専門合弁事業を開始して、排ガス規制マーケットに向けて、AdBlueアドブルーエンジンの量産を開始するかもしれません!

第1目 欧米日本などの先進国市場向けには新開発AdBlueエンジンで

いすゞ・TOYOTA連合の新型AdBlueエンジンが、供給されるようになるでしょう。

『災い転じて福となす』とはまさにこのことで、ビデオにもあるように、武漢ウィルス攻撃被害を受けて、国内の大型バス市場は低迷しています!

つまり、大型バス・乗り合いバス市場は冷えており、HINO製エンジンが使用できなくなっても、バス市場への問題はさほど広がらないでしょう!

狸穴総研 経済問題研究室 出自多留狸

 

公開:2022年9月27日
更新:2022年11月24日

投稿者:デジタヌ

中国 東方航空 MU3735便空中分解墜落事故に関する考察TOP


 

 



▲トランスポーター技術調査室へ戻る

 

ページ先頭に戻る