タヌキがゆく《狸穴総研機関誌・狸穴ジャーナル》

米国系 巨大 石油メジャー に対抗できるのは TOYOTA と 出光 だけ...

国家権力と戦ってきたトヨタAA型と戦後の出光丸が...

最近、米国系石油メジャーとCIAの陰謀と思われる"日和見マスコミ"「トヨタ叩き」のプロパガンダ活動が目立つようになってきました!

鉄(金?)壁の防御を固めているTOYOTAホールディングスの総務部を何とか食い物にしようと画策している「総会屋グループ」を仲間に引き入れて、日和見某新聞社やWEBコンテンツに目を付けて、Youtuberを装った「零細プロダクション」「零細広告代理業」を使い、悪質な「トヨタ批判」プロパガンダを展開しています!

《時代の流れに翻弄された Vintage car Brand 》Annex3

出光興産が戦前戦後を通じてアメリカ石油メジャーをバックにした国家権力・石油協会と激しく対立して「日本の石油開発事業」を推進した功労者であることは皆さまよくご存じのとおりです!

同じようにTOYOTAの前身豊田自動織機が1935年に初めて純国産技術で開発したA1型から発展して、登場したトヨダ・AA型乗用車も、当時外車(アメ車)のノックダウン政策による自動車産業の育成を目指した「時の政府」と真っ向から対峙して、軍部の軍用トラック国産化推進をバックにやっと日の目を見た純国産技術で誕生した国産自動車でした!

(※直接リンクは事業者公式Website、Wikipedia該当項にリンクしてあります。)

※ここをクリックするとこのページの"Top index"にジャンプ出来ます!

《時代の流れに翻弄された Vintage car Brand 》の総合目次

※以下のタイトルをクリックするとシリーズ記事全てにワープできます!

プロローグ Vintage Car の系譜 とコーチビルダーの変遷

日本では「年期物の旧車」と勘違いされているようですが...残念ながら自動車大国日本にはクラシックカーは存在しません!

第2回 歴史ある大英帝国で育まれた Vintage Brand Car 達

歴史ある大英帝国は、貴族社会の国でもあり、長く続いた馬車時代から彼らが御用達としていた今も残る歴史ある「コーチビルダー」が群雄割拠...

第2回 歴史ある大英帝国で育まれた Vintage Brand Car 達

歴史ある大英帝国は、貴族社会の国でもあり、長く続いた馬車時代から彼らが御用達としていた今も残る歴史ある「コーチビルダー」が群雄割拠...

第3回 ドイツ・フランスの Vintage Brand Car

歴史ある大英帝国は、貴族社会の国でもあり、長く続いた馬車時代から彼らが御用達としていた今も残る歴史ある「コーチビルダー」が群雄割拠...

第4回 ローマ帝国の栄光ある伝統を引き継ぐ?イタリア のヴィンテージブランドカー

ローマ帝国の時代から馬車が発達していたイタリアも貧しいが情熱的な一般庶民と大富豪や貴族が同居する国で、

第5回 大後悔?漂流時代の果てに流れ着いた先で滅亡した名車たち

ヨーロッパにあってイスラム文化と耶蘇教文化が混然一体?となったスペインは、大栄帝国?とともに嘗て大後悔時代?には、

第6回 自動車育ての親 アメリカ で生まれた Vintage car Brand 

ガソリン自動車を最初に発明したのはドイツのダイムラーだったのかもしれませんが、最初に普及させたには、間違いなしにアメリカでしょう!

Annex1 貴方はトヨタ党?それとも日産党?

昔から"自称自動車ジャーナリスト"の間では、『技術の日産、販売のトヨタ』などと評して、『日産はマーケティング(市場戦略)でトヨタに敗北した』ように"騙って"いる連中が大半ですが...

Annex2 TOYOTA Centyury に唯一備わっていないものとは...

CenturyはToyota Qualityの真骨頂といってもよいhigh-priced luxury automobile marquesで、嘗てのRolls-Royceをも凌駕して、handmade Bentleyや、Mercedes-Maybachと並び称されるQualityを持つように...

Top Index

プロローグ WEB媒体を使った水素社会対抗プロパガンダ!

彼ら(米国石油メジャーとCIA)は,鉄(金?)壁の防御を固めているTOYOTAホールディングスの総務部を何とか食い物にしようと画策している「総会屋グループ」を仲間に引き入れて、マスコミ業界に代わって絶大なる影響力を持ちだしたWEBコンテンツに目を付けて「零細プロダクション」「零細広告代理業」を使い悪質な「トヨタ批判」プロパガンダを展開しています!

彼らの主張は「水素自動車は危険!」根拠に乏しいアホラシイもので、実際にはリチウムイオンバッテリーを"蓄エネルギー"源"とした現在の電気自動車のほうが数倍危険です!

それは、携帯でお馴染みの「衝撃に弱いリチウムイオンバッテリー」の特質にあります。

水素社会を阻んでいるのは「石油メジャーとCIA」!

ビデオを伽藍いただければお分かりのように衝撃に弱いリチウムイオンバッテリー搭載電気自動車は「衝突事故」では必ず発火焼損事故を引き起こします。

一時航空機に搭載された日本産のリチウムイオンバッテリーの発火事故が相次いだのはこのためです!

一方「水素カー」が実際に爆発事故を起こしたことはありません!

自然界には存在しない「水素」は、現状のところ電気分解でしか製造できなくて、環境問題で原子力発電が存亡の危機に瀕している、我が国の現状では、代替燃料としては厳しい状況に置かれているのは事実ですが...

我が国の近海にも豊富に存在するメタンガスを主成分とする「メタルハイドレード」から触媒で生成することも可能な次世代燃料っです。

車載タンクの問題も...

現在は、国産技術の結晶「カーボン繊維」を用いたカーボンコンポジット を用いた軽量・高強度タンクに液体水素の状態で貯蔵された水素燃料も...

現在製造技術上やその重量問題、そして石油メジャーをバックにするCIAの陰謀・妨害で開発が思うように進まない水素吸蔵合金「メタルハイドライド」が実用化されれば、取り扱いも危険ではなくなります!

トヨタが世界初の燃料電池自動車 ミライ は文字通り未来の乗り物最有力候補です!

燃料電池車の利点

  • ●1)充電電池による電気自動車と違い「充電し忘れ」問題が生じません!現在電気自動車の殆どはお暇な「退役サラリーマン」達の"自慢の種"程度で、忙しい現役世代には使い物になりません。
  • ●2)同じく、急速充電よりも水素ステーションで"急速充填"が出来る"水素燃料"なら、通常のガソリン同様に気軽(短時間)に利用できます!

2020年現在普及を妨げている要因のいくつか

水素ステーションが首都圏に限られている

前途したように、水素貯蔵技術の開発が(石油メジャーにより)足踏みさせられている状況では、水素ステーションそのものが全国に整備されだした充電ステーションより圧倒的に少なくて、遠距離ドライブが出来ない!ことにあります。

超高額な市販価格!

現在、政府の特別優遇処置(取得税軽減)をしても800万円を超す高額車両ですが...

高価な燃料電池ユニットによるコストアップ問題は...

現在未来に搭載されている「燃料電池」ユニットは非常に高額なユニットとなっています、しかし耐久性は600回充放電、実質耐久性1年間程度のリチウムイオンバッテリーとそう大差ありません!

しかし今後「技術開発」が進んで量産技術が確立さて、各産業分野例えば家庭用のコジェネレーション電源などに「燃料電池」が普及しだせば「製造コスト」は劇的に下がり、リチウムイオンバッテリーと同等かそれ以下になることが期待できます!

つまり充電ステーションが全世界に普及しだしたのは「石油メジャーとCIA」が現時点での一時のブームが去れば『自動車黎明期のようにバッテリーカーは駆逐されるだろう...』と読んでいるからです!

※ここをクリックすると"綜合目次 Top"に戻れます >

後書き 《時代の流れに翻弄された Vintage car Brand 》シリーズについて

『人は歴史から多くの事を学んだ』といわれていいますが、

『企業経営者は、歴史から決して多くを学ぶことは無かった!』ともいえるでしょう?

多くのVintage Brand Carはお金儲けの手段として"ブランド転がし?"に利用されて、転々と投資家の手を渡り"埋葬?"されたり、大メーカーの思惑で"ブランド復活"して企業イメージの向上ために"ハクをつける"ことに利用されたりしています。

そんな"時代の流れ"に翻弄されたVintage Carの数々を綴ったシリーズ記事です。

狸穴総研 経済研究所 出自多留狸

 

公開:2020年10月 3日
更新:2021年5月 8日

投稿者:デジタヌ

JR各社は1鉄道事業者から 総合都市開発 デベロッパー に成長した!TOP


 

 



▲経済研究室へ戻る

 

ページ先頭に戻る