タヌキがゆく《狸穴総研機関誌・狸穴ジャーナル》

新富町《 タウンレビュー 》

新富町のあらまし

宮崎県の中部に位置する町で東側・南側は平野、西側は台地と全体的に平坦であり、町域の約70%を平地が占める。一ツ瀬川がお隣宮崎市との堺いと成っている。

但し西部(一ツ瀬川上流地域)ではお隣西都市と「複雑に入り合い」お互いに「飛び地」状態と成っており、東九州自動車道の西都I.C.は一部当町に掛かり、県道18号線を通じて西の裏玄関?口ともなっている。

又「貴重な財源」でもある航空自衛隊新田原(にゅうたばる)基地が町のど真ん中「ドッカと腰を据えている」事でも知られている。

推計人口、16,882人/2017年10月1日。

日向新富-宮崎 21分/370円/19.9km。

日向新富-(宮崎空港)-(羽田)-品川 3時間24分/42480円/943.4km/JR・ANA・京急

人口推移

2000年の19,058人をピークに年々減少し、2010年を最後に18,000人の大台

を割現在17,000人も割り込1万6千人台後半を推移している。

2005年の国勢調査当時の年齢別人口比率では、30代から40代の働き手が全国平均を大幅に下回り、40代から60歳(当時団塊の世代)が平均並みかやや多く、それに伴い20歳以下の未成年層が全国平均を大幅に上回っていた、また60歳から70歳までがやや少なめと言った傾向を示していた。

当時活気ある若さあふれる街であったが、農業・養鰻業主体の産業構造に変化が無く、若者の博多その他の都会への転出が激しく、転出人口が現状の人口減少に結びついているようである。

新富町の観光ガイド

じゃらんの宿泊プランはこちら。

 

公開:2016年10月31日
更新:2018年11月24日

投稿者:デジタヌ

小林市《 タウンレビュー 》TOP宜野湾市《 タウンレビュー 》


 

 



▲九州・沖縄調査班へ戻る

 

ページ先頭に戻る