『タヌキがゆく』狸穴ジャーナル

別府市《 タウンレビュー 》

別府市のあらまし

大分県の東部のほぼ中央に位置し、由布岳、鶴見岳を中心にした連山を背に、別府湾に流れ込む朝見川、春木川、境川などの下流域に広がる平野でできている。

別府といえば、別府温泉と高崎山のお猿さんで有名なところ。

源泉数は2,300ヶ所以上で日本の総源泉数の約10分の1を占め、湧出する湯量も日量125,000キロリットルにも及び日本最大。

国際会議観光都市にも認定されており年間800万人を超える観光客でにぎわっている。

観光都市の一方でJR日豊本線の別府市内の各駅からも大分市中心部まで10〜30分程度の距離で、大分市のベッドタウンとしての役割も担っている。

1871年に完成した別府港は、現在も関西方面からのフェリー客でにぎわっている。


推計人口、120,285人2017年10月1日

別府ー大分 14分/280円/JR/12.1km

別府ー(大分空港)-(羽田空港)ー品川 4時間19分/42,100/バス/JAL/京急

 

公開:2016年11月 1日
更新:2018年11月24日

投稿者:デジタヌ

大分市《 タウンレビュー 》TOP久留米市《 タウンレビュー 》


 

 



▲九州・沖縄調査班へ戻る

 

ページ先頭に戻る