狸穴ジャーナル『タヌキがゆく』

関西線の加茂⇔伊賀上野間が廃止になっても地域高規格道路を誘致できれば Lifeline は守れる!...

前書き(要約 関西線一部区間廃線問題の行方は...

関西線の加茂⇔伊賀上野 間は関西鉄道(かんせいてつどう)建設当時に「汽車でも何とか伊賀盆地に辿り着けるよう」に木津川に沿って縫うように敷設されていますが...

そのルートが問題!なのです。

2020年9月29日に存続問題で揺らぐ関西本線の加茂⇔亀山駅間の2度目の走破調査を行いましたが、2019年に廃止された三江線同様に廃止は受け入れないと致し方ないでしょう...

沿線自治体が存続を求めるより、京都府と共に地域高規格道路の誘致を計ったほうが木津川流域のアクセス改善に繋がるのではないでしょうか?

関西線の加茂⇔伊賀上野間が廃止になっても地域高規格道路を誘致できれば Lifeline は守れる!... の目次

※リンク、その他についての御断り

(参※xx) は当サイト内の参照関連記事リンクです。
但し、その他の直接 hyper-link は当事者・関連団体の公式サイト若しくはオリジナル各国語版Wikipediaへ直接リンクしています。

英単語優先!表記について

更に,できるだけ"曖昧で不明朗"な日本語(行政用語・表現)を用いずに、「論点・観点が明確」に示せる「端的・明解」な英単語表現を多用するようにしております。

※本ファンタジーについて

本レビュー記事は、出来る限りの"記録(時系列)に下ずいた史実に、地政学的!・工学的 検証"を行ってるセミドキュメンタリー!ですが...

筆者の億測を交えたファンタジー?でもあります。

後述する各団体とは直接関連はありません。

また各団体では"答え難い大人の事情、あまり触れられたくない内容!"も含まれています。

本件に関してのお問い合わせはご無用に願います。 

プロローグ かんせい鉄道 は不便で未完成? 

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

第0項 鉄道存続問題は沿線自治体・市民全員の Consensus が得られなければ...

国交省 総合政策局 地域交通課(ホットライン03-5253-898)が音頭を取り、法令を完備?した、「地域公共交通の活性化及び再生に関する法律について(Top Index Site)の手続きを取り開催される、「〇X鉄道沿線地域公共交通再生協議会」ですが...

第0目 regional lineは♥人の営み、暮らし向きと切り離しては成立しません!

役目を終えた鉱山・伐採場と運命を共にした、mine railway(鉱山鉄道)、forest railway(森林鉄道)、exploitation railway(開拓鉄道)、などの"殖産鉄道"や、嘗て地上げ屋共と結託した政治ゴロが鉄拳公団と組んで、「勝手な思惑」で建設した「地上げ路線!」(※001)では、並行する道路整備が充実した現状には適応できなくなり、数少ない沿線住人からも見捨てられた!のが現状です。

参※001)当サイト内関連記事 運輸族・地方議会議員が鉄道新線を"建設したがる訳!"とは... はこちら。

※JR西日本の主張を代弁(プロパガンダ)した某Youtuberのコンテンツ

第1目 聞く耳を持たない中共思想独裁体制が...

公聴会開かずに、沿線自治体長による「協議怪(談合)」で秘密裏に決するやり方では、中共(中央政府・地方政府)の独裁政権が行っている「Power harassment!圧政と同じ」としか評しようがありません!

例えばパブリックコメント?制度

パブリックコメントとは聞こえはいいですが...

自治体当局者のPower harassment!とも言える、一方的な Scheme(企て!)についての Compliance(追認)!を促しているだけで、市民のConsensus(総意・協心)を得るための、異見公募ではありません!

つまり、目安箱(施政へのご意見・ご要望受付)すらない自治体は正しく「独裁自治を行っていると言えます。

※参)当サイト内関連記事 パブリックコメント 制度とは... はこちら。

第2目 法定協議会とは名ばかりの非公開密談!

「〇X鉄道沿線地域公共交通再生協議会」の実態は、偏向マスコミ関係者(※002)のみを呼び入れて行われる非公開談合!の場です。

当事者であるはずの、沿線住人・一般市民などの傍聴者を締め出し!(ケーブルTVなどのコミュニティー放送での実況中継もされない)非公開の談合、密談!の場です。

参※002)当サイト内関連記事 垢にまみれた巨大マスコミ・TV各局に唆されてはいけない! はこちら。

出席者(自治体Top)の"大人の事情"(利害)が優先されているのでは?

現状の"秘密談合"での「各自治体の出席者」は、市民の代表としてではなく、組織を牛耳るTopとしての「 個人の"思惑"(大人の事情)」が強く働き、「個人的利害」関係が強く左右して、(県当局が準備したシナリオ通りの)「名文化された決議」に同意せざるを得ない!のでしょう。

さらには"決して明文化されない「申し合わせ(暗黙の了解)」にも同意せざるを得ない状況となり...

各自治体に戻った後で各担当部課長への「意思伝達が行われて、自治体の世論誘導(反対異見封じ込みの"釈明会")が行われているのでしょう。

このようなシナリオでは...

"談合出席者"の暗黙の了解の下に座長(県当局)が「尤もらしい?理由(大儀)をこじつけた!」協議会議事録(報告書)を"名文化"して国交省に提出し、補助金(国民の血税)を掠め取る!と言った筋書では...

韓国同様の「ディスリ・集り(たかり)と同じ行為」と言っても過言ではないでしょう。

参)自治体(長)同士の共通する"大人の事情(利害関係)"で、子々孫々に渡る借金の付け回しが行われた典型的な愚行例・近江鉄道存続決定の顛末については、当サイト内関連記事 近江鉄道の沿線住人は行政当局に騙されている!上下分離してもいずれは廃線!に... をご参照願います。

第3目 鉄道存続論議には♥"民主主義の原点回帰"が...

協議会主宰者(知事・県当局)一任で作成されたシナリオ(討議議題・決議案)で談合を進めるのではなく!

  • ●鉄道存続(3セク転換)ありきの行政Topの「大人の事情」押し付け(一方的Power harassment!)施政を捨て!
  • ♥地域住人の望む「真(誠)のregional traffic(地域交通)」を目指す姿勢!

つまり一般市民にCompliance(追認・承服)を迫る!のではなく、♥consensus総意)を得ることが重要なのではないでしょうか!

〇X鉄道沿線地域公共交通再生協議会協議会のポイントは
  • 協議会は秘密会議(談合)ではなく(傍聴人ありの)♥公開形式で行うこと
  • ●限られた(沿線)利用者だけでは無く、全自治体全域住人(納税者全員)の"異見"に耳を傾ける。
  • ●事後承諾釈明会!ではなく、自治体全ての地域で事前に公聴会を広き市民の異見を集める。
step1)♥"公聴会"を開催して沿線自治体(沿線住民・利用者)から広く課題(異見・意見)を求める

事前(協議会を開催する以前)に、自治体内で"事前"に(パネルディスカッション"などの)公聴会を開催して

沿線住民(利用者)から広く"異見"(意見・要望)を拾い上げて自治体としての要望(意見)」をまとめる行為が必要でしょう。

つまり(廃止検討路線沿線の"ごく限られた利用者の要望"だけではなく)自治体住人(納税者)全員から広く"異見"を求め、存続・廃止・代替手段に対する"異見(意見)"を求める姿勢が大事なのではないでしょうか!

  • ♥市民(納税者)の要望に耳を傾け
  • ♥民意をくみ上げる
step2)自治体で市民の意見・要望をまとめて県に「議題」提案を行い

(議事進行役)主宰者である県知事(県当局)に投げかけて...協議議題を設定する。

step3) 傍聴人を入れた公開形式の協議会で真剣に討議する!

偏った"マスコミ関係者"だけを招き入れた"秘密会合!ではなく、♥公民館や市民会館などの大会議場や、Webライブ中継で、大勢の市民(傍聴人)の下に、「正々堂々と議事を行う」べきでしょう!

第1項 2020年の現地調査に基づく結論はやはり廃線しかない?

地元の地方議会議員・"地上げ屋"さん達は(※01)はお困りになるやもしれませんが、今のままでは加茂⇔伊賀神戸 間は救いようが無い!でしょう...

今更見たくもないでしょうから、輸送密度営業係数の実数掲載は差し控えますが...

沿線住民の方が一番わかっておられるでしょう!

それは、JR西日本が悪いのでもなければ、奈良県さん(三重県さん)が不甲斐ないのでもありません!

強いてあげれば京都府の無為無策!につきます。

別の観点では、貴方たち京都府民の長老のご先祖様の判断が間違っていただけです!

※現京都府知事西脇 隆俊氏は元国土交通省キャリア出身で国交省とは強い絆で結ばれているはずなのですが...

参※01)当サイト内関連記事 運輸族・地方議会議員が"鉄道(駅)に固執する訳"とは... はこちら。

第1節 今のJR各社は 嘗てのJNRの様な慈善組織?では無い!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます! 

きつい言い方ですが、JR各社は嘗てのような需要追従型の公営鉄道ではなく、利益を上げなければならない営利企業の「私鉄」!です。

つまり阪急電車創始者のひとり小林一三師匠!が説かれた、「需要創出タイプ」の民営企業!なのです。(※31)

JR3島(JR四国、JR北海道、JR貨物の3社)を除くJR各社は「デベロッパー事業(不動産)」事業(※32)を行い、本業?の鉄道事業の赤字を補填して、かつ黒字化を達成している上場企業!です。

つまり、新たな宅地開発の可能性が無いarea(空き地)への資金投棄!など維持(意地)する意味合いが無くなっています!

という事で残念ながら、関西線 加茂⇔伊賀上野間はJRバスに転換するしかRoad(鉄道)は残されていないでしょう!

つまり鉄道に拘っているのは、「冥土の旅に先立つ準備」をしているごくわずかの過去の遺物・長老達しかいません!

はっきり言って"今のままでは♥バス路線転換でも収支が合うかは疑問!"ですが...

参※91)当サイト関連記事 鉄道事業者 に課せられた『 旅客需要追従 』と『 旅客需要創出 』の2つの命題はこちら。

参※92)当サイト関連記事 1鉄道事業者から 総合都市開発デベロッパー に成長したJR各社はこちら。

★第1項 今となって"通勤に鉄道"が利用できない状況に....

回りが変化してもついていけない長老?"運輸族"の地上げ志向!

その時代々で、交通インフラは変遷をたどり、「ご隠居のノスタルジー」も変わってきました!

つまり、ノスタルジーとはご隠居たちが「幼かったころの思い出を美化した」ものにすぎません!

明治初期、文明開化の始まった頃には地域振興に貢献したが...

"江戸時代の生き残り連中"が、籠、帆掛け船で宿場を回った長旅や、川船での物産運搬を懐かしみ、そして、山間部では、牛にひかれた大八車を懐かしみ、令和の御代の長老?たちは、幼かったころ、初めて乗った"汽車(鉄道)"にそこはかとない郷愁を感じている?の"加茂"しれませんが?...

根底には、鉄道"地上げ神"信仰が渦巻き!鉄道が無くなると、駅前一等地?の地価が大暴落するのを恐れているのでしょう!

しかし、関西線沿線では...

第2項 明治初期の"田舎!"では火の粉をまき散らす!不吉な存在だった汽車!

草津線で先に、名古屋⇔草津 間の開業を果たした関西鉄道が、官営東海道線に頼らずに、自社路線のみで 名阪(名古屋⇔大阪)間を結ぶために柘植⇔木津⇔四条畷⇔綱島間(大阪)を"全線自社路線で完全開業"して、名阪間の旅客・貨物輸送獲得に乗り出したわけですが...

加茂⇔伊賀上野間は、あなたたち長老の祖先が、火の粉をまき散らす「汽車」を"不吉な乗り物として嫌い"、集落から離れた、"木津川の対岸"に追いやって!しまったわけです!

その為に、急峻な斜面に沿って縫うように路線が敷かれ、駅も作れなかった!訳です。

更に駅を作ったとしても、「徒歩と大八車」に固執するご先祖様方は、橋を架けようとしなかった!ので、意味をなさなくて...そういうわけでこの区間には益(駅)が少ない!わけです。

さらに、駅周辺には駅前振興に役立つような平地がありません!

第2節 時として過去の遺物は断捨離が必要な事も...

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

「壊死しかけている片足」を切断しないと、もう一方の足国道にも"胎毒"が回って終い、地域全体が窮地に立たされるでしょう!

第1項 JR各社や3セクがいくら頑張ってもくれても"使いようのない路線!"

北海道以外の内地?では、歴史のある鉄道路線ほどご先祖様の判断ミス?で、集落から離れて折角走っている鉄道が使えない状況も多々見受けられます!

どういうことかというと、嘗ての鉄道事業黎明期に開通した歴史ある路線に限って、ご先祖様の反対運動の為に、集落から離れた場所「ポツン」と追いやられたが多い!からです。

Interurban(都市圏郊外電気軌道)であれば、利便が良い駅前にマンションが建って利用者も増えるのですが、Rural line では...

第2項 木津川線?では

大都市から遠く離れた木津川線(関西線)沿線では、川向こうの斜面に無理やり切り開かれた鉄道駅に、態々橋のある所まで遠回りして行かなくても、少々混んでも集落のすぐそばを走っている国道を利用してマイカー通勤したほうが面倒が無いわけです。

さらに、勤務先も鉄道路線から離れているとなると木津川線の使いようもありません!

川向うの鉄道に行くための橋すら架かっていない場所!

更には川向うの駅に行きたくても橋すらかかっていないような、"辺境?"(駅)では利用したくても利用できません!

大都市に比較的近い山間部の谷合でも、集落側と鉄道を結ぶ橋のないところに、駅を作っても利用客が見込めないので鉄道会社も「対岸を走る路線バス」の利用客を指をくわえて眺めるしか仕方ない状況が生じているのです。

それでも老人たちは「川向うのあの汽笛が...」

あくせく働いて税金を納めさせられている働き盛りの「一家の大黒柱」にとっては、たまったものではありません!

第3項 R165一本に頼る現状では...

現状働き盛りの世代の人たちは、整備が進んだ?集落側にある国道165号線を「マイカー」通勤しているわけですが...

通勤時間帯に国道165号線を利用されたことのある方ならご存じの通り、"山間の一本道"では渋滞が発生して"乗り合いバス"もまともに走れないようでは...

エピローグ 木津川流域・寒村?のライフラインを守りたいならば... 

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

木津川流域のregion(一帯)には、座して死を待つより積極的な公共投資が必要です!ハッキリ言わせていただいて、このregionに対する京都府の交通施策無為無策!といえるでしょう。

すべてが懐古趣味に徹して、現状容認"姿勢"の事なかれ主義""臭いものには蓋を"、に終始しているようにしか見えません!

木津川流域が21世紀を生き抜くためには、アグレッシブな積極策必要!なのでは...

  • ●紫色の橋マークは親切(新設)"愛の架け橋"
  • ♥ピンクラインは地域高規格道路(制限速度70㎞/h)
  • ●紫バスマークはインターチェンジ&ジャンクション

第1項 消極策・赤字補填補助金投棄!から?利用者直接補助の積極策!に転換を...

前途したように、先ずは関西線の既存駅と対岸を最短で結ぶ「♥愛(合)の架け橋」の架橋整備が必要でしょう。

第1目 木津川流域住人の大事なライフライン木津川"専"(関西線)?を守りたいなら...

沿線自治体木津川市・笠置町・南山城村に補助金捻出を"おっかぶせる"!だけでなく、

京都府と沿線自治体で新たなる木津川線(関西線)活性化策(※91)を講じる必要があるでしょう!

つまり以下に掲げたような"利用者直接支援策"で関西線利用を促進しないと...

  • ♥対岸連絡橋の架橋
  • 駅前(木津川対岸)駐車場の整備。パーク&ライドの促進
  • ♥自治体による公共"パス"発給 ※定期券補助(発給)、沿線住人向け割引回数券発給など
  • ♥奈良県(十津川村)で行われている様な自治体内観光施設利用者への加茂⇔最寄駅間の運賃補助。※沿線に数多くあるゴルフ場利用客の関西線利用促進、送迎バス(or コミュニティバス)の経費負担、ゴルフ宅配便の費用負担、等...
  • ♥宅配便中継(貨客)運輸、※宅配集配所(サテライトステーション)の駅併設(業務委託)で、地域集配センター⇔サテライトステーション 間のセンター便の代行など...(※92)

参※91)当サイト内関連記事 21世紀の 持続可能 な 鉄道事業 とは? ー Rura Line編 ー はこちら

参※92)当サイト内関連記事 宅配便事業者 とのアライアンスが 鉄道貨客混載 事業を復活できるかも!"ー21世紀の 持続可能 な 鉄道事業 とは? ー はこちら。

♥以下はバスと宅配事業者の例

第2項 国道165号バイパス(♥地域高規格道路化♥)の整備が...

前途しましたように、木津川線!は狭隘な山間を縫うように建設されている Rura Lineですが...

国道165号も同じく狭隘な谷あいに開けた♥colony(集落)を繋ぐ"一本道"です。

これでは、regional line、life lineとしては十分に機能せず、unfinished line(未成線)と言わざるを得ない状況です!

奈良県・和歌山県が国道168号(五新線)で積極展開しているような♥「地域高規格道路」整備事業必要!なのではないでしょうか...

京都府の調査不足では...

京都府(広域交通担当者)は通勤通学時間帯のR165の混雑状況!を把握していないのでは!

京都府知事さん自ら、平日朝の通勤通学時間帯の、R165の混雑(渋滞)状況を、視察なさる必要があるでしょう!

この混雑状況を緩和するには、前項のパークアンドライドなどの鉄道利用促進策を講じるか...

本項で取り上げた、国道165号バイパスの整備を行う以外に"路"はないでしょう。

22世紀を見据えた「エリア全体の活性化」を模索するなら♥地域高規格道路R165 の整備は避けて通れない Road(途)ではないでしょうか!

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

《持続可能な鐡道事業》関連特集記事のご案内 

※以下の♥タイトルをクリックするとシリーズ記事全てにジャンプ!できます。

後書き《天命を終えた路線とは》シリーズについて

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

色んな理由で、赤字路線が廃止検討されています。

と言うより色んないいわけで、『赤字路線が21世紀まで生き延びた』といってもよいかもしれません。

鉄道駅を中心(ハブ)として、ローカルエリアの交通網・生活圏を構築してきた、自治体の都市計画を考え直す時期に来たのかもしれません!

第1項 道路建設が大幅に機械化された現在では

嘗ては,道路整備よりもお手軽なLife lineとして僻地にまで鉄道が張り巡らされたわけですが...

道路建設の技術革新で、舗装路が全国隅々にいきわたった現在、99%の陸上貨物はトラックに移り、中量旅客輸送もオムニバス(バス運輸)網が整備されて、(※901)

専用走路"線路"の維持管理・設備更新を自己負担しなければならない"旅客鉄道"は、大きなハンディを抱えるようになりました!

参※901)当サイト内関連記事 実は一般道の舗装率と深い関係がある「モータリゼーションの激流!」 はこちら。

第2項 時の流れに移ろう「民の営み・暮らし向き」と共に...

嘗ての街道沿いの"宿場"を繋いだ鉄道も、宿場その物から「民の営み・民の暮らし」が消え失せ、"新鮮な空気"以外には運ぶものが無くなった旧街道沿いの路線も多いわけです。

ノスタルジックな、「鉄道神話」の呪縛を解き放ち、再度「地域のtraffic」を見なおすべき時期ではないでしょうか...

狸穴総研 鉄道再建研究室 極赤字路線問題調査室 出自多留狸

※脚注 関連団体 ♥問い合わせ先 リンク集

※ここをクリックするとこのページの"Top index"に戻れます!

関連団体リンクテーブル 

 

公開:2020年9月29日
更新:2023年2月 6日

投稿者:デジタヌ

WEST EXPRESS 銀河 は サンダーバード号 の次なる救助先候補 調査が目的では?!TOP三江線 を復活させて島根⇔広島を結ぶ高速貨客鉄道・陰陽連絡線に


 

 



▲JR西日本・JR四国とRural line調査班調査室へ戻る

 

ページ先頭に戻る