『タヌキがゆく』狸穴ジャーナル

 河内は"食材"が高い!《 大阪 Watch》2009

※<本記事は01/29/2009に旧サイトで初稿公開したレビューのお引っ越し記事です>

その1 調味料が高い!

小生は香辛料・調味料フェチである。

いわゆる、七味唐辛子、一味唐辛子、テーブル胡椒、山椒、パセリ、タバスコ、ラー油、パルメザンチーズ、食塩、ゆず胡椒、練りカラシ、ワサビ、生姜、ニンニク、...等などがテーブルの一角に鎮座ましましていないと機嫌が悪い!

そんな小生にとって河内の食料品事情は最低である!

七味トウガラシ、胡椒の類いわゆる調味料の特売ワゴンがスーパーにない!からである。

首都圏ではこれらは食品スーパーで、常に¥98程度の価格で特売ワゴンに山のように積み上げられている。

小生は何時も予備を含めて2瓶づつ購入していた。

所がところが、河内平野ではこれ(常設特売コーナー)がないからまとめ買いが出来ない。

七味は七味の正価\128でしか販売されていない!

「マッタクー」である。

前回も書いたが、何でこんなに食料品が高いのか!?

河内の人は自炊をしないのか?

3度3度の食事を"安い外食"ですましているのか?

いくら考えても、判らないし、しゃくに障る話しである。

<マッタクー...でお終い>

 

公開:2009年1月29日
更新:2022年9月12日

投稿者:デジタヌ

上方・なにわ の市民は大いなる田舎者?『 井の中の蛙』集団!《タウンレビュー》実録カルチャーショックTOP堺万博の夢《鉄タヌ・ファンタジー》夢州だけが万博最適地では無い?...


 

 



▲我が故郷大阪レビューへ戻る

 

ページ先頭に戻る