タヌキがゆく(狸穴総合研究所)

これでいいのかJR西日本 《 鉄タヌコラム2008 》福知山線の惨事は教訓として活かされているか?その2

※<本記事は05/25/2008に旧サイトで初稿公開したレビューのお引っ越し記事です>

福知山線・事故に思うこと

2005年に発生したJR福知山線脱線事故からはやくも3年が経過した。

なくなられた方々には心からご冥福をお祈り申し上げます。

昔の人がこういったそうだ?

一生懸命だと知恵が出る。  

中途半端だと愚痴が出る 。 

いいかげんだと言い訳が出る。

福知山線事故に対するJR西日本の対応はまさに、「いいかげんだと言い訳が出る」そのままではないでしょうか?

さらに、当時JR西日本のサイトにアクセスすると 本来のページが出ず脱線事故のお詫びのページに飛んでしまい、さらにそのページからは「ご意見・書き込みページ」にアクセスできないようにしてあった有様...。

「いやな意見は聞きたくない」「臭いものにはふた」という態度がありありと感じられた。

このような態度では事故が起こっても不思議はない。

「安全管理にいいかげん」且つ「耳の痛い意見は聞かない」態度、こんな状態で安全が守れるわけがない。

人は「理解を超えた」事故や災害が発生すると「魔女狩り」に走りやすい?

人は、謂わが有ろうが・無かろうが魔女を見つけ出し血祭りにさえ上げれば、災害は収まると思いたがるのであろう。

しかし「中世の魔女狩り」に例を取れば、事はそんなに簡単ではないとわかるはず。

中世において「魔女」を狩っても、疫病蔓延は解決し無かったではないか!

それは防疫体制や医療など、当時の「社会の仕組みの問題」であって「魔女のせい」ではなかったからである!

事故原因は「JR西日本の安全管理体制と企業体質」

福知山線の事故においては運転手の「過失」ということで、「運転手が魔女」扱いされている。

事故の直接原因は「遅延運行でパニック状態になった運転手が引き起こした 過失による事故」かもしれない?

しかし、本当の原因は、運転手にパニック状態を引き起こさせるような、

「過密ダイヤ」や「過酷な勤務体制」と「陰湿な乗務員再教育」等の「仕組み」であり、

それを容認した「JR西日本の安全管理体制と企業体質」こそが最大の原因ではなかったのか

企業体質を改善しない限り今後とも不幸な事故は無くならないだろう!

福知山線の惨事は教訓として活かされているか?

以前、福知山線事故をさかのぼること数年前、山陽新幹線トンネル内のコンクリート落下事故が多発した際。

TVニュースでリポーターの質問に当時の社長が答えコンナ暴言を吐いた事を強烈に覚えている。

曰く 「安全に100%は無い!、ただ今総点検を命じたところでもあり、今後落盤事故が発生しないとは約束できない」

小生は耳を疑った! 安全第一で乗客の命を預かるはずの鉄道のトップが言う言葉か?!

折しも臨時国会開催中の出来事、翌日の予算委員会でキョ~サン党あたりから動議が起こり当時の運輸省がきりきり舞いするのでは...と期待?したがあっけなく肩すかし!

国会の夜盗?がコンナ体たらくなものだから、その後JR西が増長し「利益追求が益々エスカレート」しあの痛ましい大惨事へと繋がったのではないか?

民営化して以来、併走する私鉄と乗客の奪い合いを繰り返し営業収益の向上がJR西にとっては金科玉条となり、鉄道事業にとっての最重要命題「安全運行」が忘れられてしまったようである。

信楽高原鉄道の事故の時も、遺族や被害者の方々への補償もそっちのけで当事者同士で「責任のなすりつけ合い」を演じておきながら、事故その物についての反省と教訓は全く活かされていなかった!

社内に蔓延している「ワイは関係ない」風の他人事意識が無くならない限り、今後も事故は無くならないであろう...。

ご注意※印は当サイト内の紹介記事リンクです。

但し、その他のリンクは当事者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

 

公開:2008年5月25日
更新:2019年9月 6日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

JR東西安全事情《 鉄タヌコラム2007 》 安全に対する東西の受け止め方と心構えの差? TOPJR 桜井線 万葉まほろば線 をライトレールに!


 

 



▲JR 研究室へ戻る

 

ページ先頭に戻る