狸穴ジャーナル『タヌキがゆく』

essay『 政治用語!スキームの語源となった Scheme は "企み!"を表す単語で言い得て妙 』ー最終回ー

ここをクリックするとこの Content の Opening に戻れます!

★後書き 22世紀に向かうには真の省庁再編が...

(9月2日♥敗戦記念日!版ーVersion2,Revision4)

第0項 21世紀の日本は♥3Eを目指す世紀...

21世紀の日本は...

『現状の♥ resource を有効活用して無駄な重複投資を省き、ecology(エコロジー)economy(節約)に配慮した evolution (進化)の3Eを並立すべき時期』なのです!

労働組合との馴れ合いを断ち切り!『既存交通事業の restructuring(断捨離・再編・合理化)で reconstruction(再構築・復興・再建)が不可欠な世紀』なのです。

第1項 21世紀の transportation network の reconstruction(再構築・再建)には...

第0目 縦割り行政・既得権益の弊害をなくすためには再度の省庁の restructuring (再編)が必要!

2001年に中央省庁再編が実施されて、鉄道事業をとり仕切ってきた運輸省と道路行政を取り仕切ってきた建設省が統合されて、国土交通省が誕生しましたが、

合体しただけで、旧省庁の「真の統合」根本的な restructuring (断捨離・再編)には至ってい無いのが現状です。

各省庁内にとどまらず、他省庁間にも及ぶ!『無数にある重複部署が利権・既得権益の温床"行政の歪"を如術に表している』のです。

第1目 JRグループの再度の restructuring (再編) と道路整備・港湾整備・ 空港整備を統合的に推し進める必要が...

22世紀の未来に向けて飛翔するには...

鉄道事業の restructuring(断捨離・再編)による♥ reconstruction(再構築・♥再建!)と道路整備・港湾整備・空港整備すべてに渡る、 traffic network の ♥統合的な restructuring(再編)を推し進める必要!があります。

第2項 国鉄分割民営化?は詭弁! JR3島は親方日の丸の"特殊会社(特殊法人)"のまま!

嘗ての国鉄分割民営化?報道はエイプリルフールにちなんだmass media(マスコミ)のFake !,joke !であって、

正しくは国鉄解体・特殊会社(特殊法人)化!だったのです...

JR3島(JR北海道、JR四国、JR貨物)は株式会社の形態はとっていますが、未だにJRTTが100%株式を所有する"特殊会社(特殊法人!)"であり、

"親方日の丸"体質は変わっていま線(せん)!

第1目 嘗て日本の大幹線は"民鉄"だった!

鉄道黎明期において『日本各地で幹線鉄道を敷設してRailroad networkを築いたのは、民間資本による"私鉄!"』でした。

その後に幹線の多くは"お上に"召し上げられて!、官営鉄道になり国鉄を経て現在のJR各社となりました。

この時に運よく?買収を逃れた大手私鉄の殆どは、第2次大戦中の戦時統合で合併を余儀なくされて、敗戦後に再度独立して現在に至っています。

第2目 JNR解体国有会社化が半世紀以上を経過して district や整備新幹線"お仕着せ"などの多くの歪みが露呈して...

(1986年12月4日)諸外国に倣って鉄道事業法が制定されて、(軌道法に下ずく軌道会社以外は)第一種鉄道事業第二種鉄道事業第三種鉄道事業鉄道事業者に統合されて、翌年に国鉄解体分割・特殊会社(特殊法人)化によってJR各社が誕生して現在に至るのですが...

国鉄解体分割・特殊会社(特殊法人)化の際に、成り行き任せで適当に決めた?JR各社の district(営業範囲)と境界駅が今になって多くの問題を露呈しました。

JR各社再度の"big bang"による restructuring(再編)で district 見直し!を押し進めないと、JR各社の極赤字路線問題解決とJR3島の完全民営化は達成出来ない!でしょう...

参※901)当サイト内関連記事 米原ルート(北陸中京新幹線)ならば北陸新幹線大阪延伸も5年で開業できる! はこちら。

第3項 欧米から"体裁"を模倣したただけでは...

第1目 全幹法は憲法違反!

機会平等を謳う民主主義体制において、過疎地域にまで蔓延!し始めた整備新幹線建設には、矛盾が生じてきました!

全幹法は、現行の鉄道事業法が出来る遥か以前の1970年の旧JNR国鉄時代に制定された、時代にそぐわない!"前時代の遺物"にすぎません。

何としても鉄道建設に持ち込みたい、旧運輸省派の運輸族(※902)は新線建設"スキーム"(※903)を編み出し、地元自治体に"普請"を強要!することで建設を続けてきましたが...

つまり、現行の鉄道事業法に下ずくJR各社にお仕着せること自体がナンセンスです!

つまり建設スキーム仕来り(※903)が"市民一人当たりの血税負担"として跳ね返り!佐賀県の西九州新幹線通過お断りに繋がっているのです!

参※902)当サイト関連記事 鉄道新線建設に群がる"政治ゴロ"と自治体長の"大人の事情" とは... はこちら。

参※903)当サイト関連記事 政治用語!スキームの語源となった Scheme は "企み!"を表す単語で言い得て妙 ... はこちら。

第2目 建設スキーム・拠出金申し合わせは限界に

最早建設スキームへの自治体強制供出!は限界にぶち当たったのです!(※903)

日本も英国方式 Leasing (第二種鉄道事業)方式に目を向けて、

JRTTの改組でJRグループの Main line(幹線),Regional Line(民鉄も含む地方交通線)を一括保有して、新規参入!も含む、各鉄道事業者第二種鉄道事業)に「路線リース契約」する手法を再検討すべきでしょう。

参※903)当サイト内関連記事 《 新たな 高速鉄道整備法 の提案 》英国方式"上下分離・運行事業者入札制度の全面採用が必要では... はこちら

第3目 lease 方式での全国鉄道網構築と都市圏での Metropolitan Transportation Authority 化が必要

  • ♥JRTTの完全第三種鉄道事業化への移行!
  • ♥日本鉄道車両保有サービス㈱ リース業!の設立。
  • ♥整備新幹線運行会社入札制度!への移行。
  • ♥全国一律地方交通線運賃認可制度の撤廃!
  • ♥RTD;地方独立行政法人・広域交通事業団化の積極支援!

英国方式の国策法人(※904)による鉄道路線(第三種鉄道事業)の lease 方式を基本に、

都市圏に於いては第二鉄道事業者を準公営のMetropolitan Transportation Authority(地方独立行政法人・都市圏広域交通事業団)へ(※905)任せて、沿線利用者(市民)の利便性を追求して、

都市間 Regional Line,Rural line は(入札により)民間鉄道会社に振り分ける手法で、を目指すべきでしょう。

つまり、今までのように全国一律運賃に拘らずに、交通事業者の自由裁量範囲を増やして「持続可能な鉄道事業」を目指し、基本となるリーシング料金も、(全国平均の)最低入札価格にとどめて、鉄道事業者(第二種鉄道事業)の負担を軽減すべきでしょう。

参※904)当サイト内関連記事 英国方式 Leasing(路線・リース)とは... はこちら。

参※905)当サイト内関連記事 都市圏 広域交通事業体 Metropolitan Transportation Authority の必要性! と実現への途とは... はこちら。

第4目 輸送密度4,000人/キロメートル・日!以下の地方交通線は財政破綻を招く前に"廃線"か♥バス路線転を

輸送密度4,000人/日!以下の路線は廃線・バス路線転換は致し方ないでしょう!

最早我が日乃本には、住人にすら見捨てられた"保存鉄道・文化遺産?"を"意地"出来るほどの経済力(GNI)は残されていません!

※つまり、地域高規格道路(バイパス)整備が進んだ現在、輸送密度千人人/日以下!営業係数2.5万円/百円!などと言う

極赤字路線は最早公共交通機関の役割を成しておらず、存続させる意味合いが無い!からです。(※906)

参※906)当サイト内関連記事 廃線か?存続か?極・赤字路線は生活の足と言えるか? はこちら。

狸穴総研 公共交通網調査室 出自多留狸

ここをクリックするとこの Content の Opening に戻れます!

※脚注 関連団体♥ 問い合わせ先リンク集

※パブリックコメントとは...

パブリックコメントとは聞こえはいいですが consensus(総意・協心)を得るための"異見"聴取ではありません! ...feudalism,dictatorship に下づく施策に、 subordinate(従属させる)oppression(抑圧!) と同じ、つまりは中共が行っている oppression と何ら変わりません!

参※)当サイト関連記事 『 パブリックコメント 制度とは...』 はこちら。

関連団体リンクテーブル 

 

公開:2021年3月17日
更新:2024年2月21日

投稿者:デジタヌ

essay『 政治用語!スキームの語源となった Scheme は "企み!"を表す単語で言い得て妙 』ー第9回ーTOP鉄道 と大規模集客施設・アリーナ・スタジアムとの関係


 

 



▲交通問題調査室へ戻る

 

ページ先頭に戻る