『タヌキがゆく』狸穴ジャーナル

イタリアの高級ブランド車

前書き(要約) 全ての途はローマに通じる!ローマ帝国の栄光ある伝統・戦車を引き継ぐ続く

馬車時代からのカロッツェリアが支えるイタリアン・エキゾティックカー

ローマ帝国の時代から馬車が発達していたイタリアは、貧しいが情熱的な一般庶民と大富豪や貴族が同居?する国で、馬車の時代から続くカロッツェリア(コーチビルダー)がフェラーリなどのシャシーメーカーと組んで独自の高級車を綿々と制作し続けているお国柄です。

近年は嘗ての敵国米国のCHRYSLERもFCA US LLCとして傘下に収めるFiat Chrysler Automobiles NV(※1)の本家FIAT S.p.A.を育んだ国でもあります。

(※1)2020年7月15日 仏グループPSAと経営統合して「ステランティス」(STELLANTIS)となり、巨大多国籍企業グループとなりました!

《時代の流れに翻弄された Vintage car Brand 》§4 の目次

※リンクについて

(参※xx) は当サイト内の参照関連記事リンクです。
但し、その他の直接 hyper-link は当事者・関連団体の公式サイト若しくは各国語版Wikipediaへ直接リンクされています。

第1節 Maserati S.p.A.(マセラティ)  

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

1914年創業で2020年7月15日現在グループPSAと旧フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)が経営統合した巨大グループ「ステランティス」(STELLANTIS)傘下の子会社FIAT S.p.A.の所有となっています。

イタリア北部ピアチェンツァ出身の鉄道機関士ロドルフォ・マセラティの6人兄弟として育った四男アルフィエーリ(Alfieri, 1887年生)、六男エットーレ(Ettore, 1894年生)、七男エルネスト(Ernesto, 1898年生)の3人で独立して1914年にボローニャで自動車工房ソシエータ・アノニーマ・オフィチーネ・アルフィエーリ・マセラティを開業しました。

創業者の一人カルロはIsotta Fraschiniやビアンキでエンジニア兼レーサーとして活躍していた経験があり、ビンドとアルフィエーリとエットーレもイソッタ・フラスキーニで働いていました。

初期は市販車のレーシングチューンを生業として、第一次世界大戦中は雲母を絶縁体とするスパークプラグを開発し、軍需産業向けに業績を伸ばしました。

第一次大戦終戦後はDiattoと契約してグランプリマシンの製作を委託されました。

ディアットが資金難になって計画は、マセラティに引き継がれて記念すべき最初のオリジナルレーシングカー「ティーポ26」を完成させました。

1926年のタルガ・フローリオではアルフィエーリ自らがドライブしてデビュー戦でクラス優勝を果たしました。この時初めてグリルには、五男マリオ(Mario, 1890年生)がデザインした三叉の銛(トライデント)のバッジが付けられました。

以後、レーシングカーを製造販売するコンストラクターとして名を広め、ライバルメーカーのアルファロメオと国内外のレースで競い合う事となりました。

1932年世界恐慌の最中に44歳の若さで大黒柱のアルフィエーリが他界すると、エルネストが会社を引き継ぎ、次男ビンド(Bindo, 1883年生)も経営に加わりました。

ナショナリズム発揚の場となったグランプリレースにおいて、ムッソリーニ政権下で国有化されたアルファロメオや、ナチスドイツの威信を背負うメルセデスやアウトウニオンを相手にして、家族経営のマセラティは限られた戦力で健闘しました。

不況下で販売台数が伸びずに資金難が続いた結果、1937年にマセラティ兄弟はその後もコンサルタントとして10年間会社に在籍するという契約を交わして、モデナの実業家アドルフォ・オルシ (Adolfo Orsi) に経営権を譲渡してその息子のオメール・オルシが社長となりました。

1940年にはモデナのチーロ・メノッティ通りに本社工場を移転しました。

同時期に1940年エンツォ・フェラーリも、アルファロメオから手にした退職金で「アウト・アヴィオ・コルトルツィオーニ」という名の自動車製造会社をこの地モデナに設立して自らの手に最初のモデル「815」を製造して4月28日から行われたミッレ・ミリアに参戦して好成績を上げています。

1943年にフェラーリが近郊のマラネッロへ移転するまで、同じ田舎町にふたつのレースチームがあったわけです。

第二次世界大戦後の1947年、マセラティ兄弟は会社を離れてボローニャでO.S.C.Aを創立しました。

同年、ジュネーヴ・モーターショーでマセラティ初のロードカー「A6 1500(英語版)」を発表しました。関連会社として"Fabbrica Candele Accumulatori Maserati S.p.A."を設立してスパークプラグやアキュムレーターなどの自動車部品を生産し、後にモペッドやオートバイも生産しました。

1950年代はF1やスポーツカーレースの世界選手権で成功を収めましたが、1957年を最後にワークス活動を停止して、プライベーター向けの車両供給に転じました。

そして、レーシングエンジンをデチューンした6気筒/8気筒エンジンを搭載したグランドツーリングカー「3500GT」「5000GT」を発売して、高級スポーツカーメーカーへの脱皮を図りました。

1963年に発表した初の4ドアラグジュアリーセダン「クアトロポルテ」は高級車メーカーのブランドイメージを確立してマセラティの主力モデルとなりました。

1966年、フランスのシトロエンと業務提携してシトロエン・SMに搭載するDOHCV6エンジンの開発を請け負いました。

経営難になっていたマセラティは株式の60%をシトロエンに売却して1968年に傘下に入りました。

しかし、ここでも1970年のオイルショックの影響で親会社シトロエンの業績が悪化して1976年には前途したように親会社シトロエンはプジョーのもとに集まってグループPSAとなりましたが、PSAはマセラティとの契約を破棄したためにマセラティはまたまた破産寸前に追い込まれました。

この時にモデナの後発スポーツカーメーカー、デ・トマソがイタリア政府の産業再生機構から資金を調達してマセラティを傘下に収めて経営再建に乗り出しました。

デ・トマソ体制下で当初発表された「キャラミ」や三代目「クアトロポルテ」は、デ・トマソのロンシャンやドーヴィルのリバッジモデルでした。

1993年に親会社のデ・トマソはマセラティ株をフィアットに売却しました。

この時にマセラティもフェラーリやアルファロメオと同様に、イタリア最大のFIAT S.p.A.の一員となりました。

1997年にはフェラーリの子会社(つまりFIAT S.p.A.の孫会社)となり、ルカ・ディ・モンテゼーモロ会長の下で再び高級スポーツカーブランドとして生成されて、デ・トマソ時代に落ちていたクォリティーが回復しました。

カロッツェリア(コーチビルダー)のピニンファリーナがボディを担当して、フェラーリの工場でエンジンを組み立てて、フェラーリ製F1マティック譲りのパドルシフト式セミAT「カンビオコルサ」を採用するなど、フェラーリカラーが色濃くなた時期でもあります。

2005年にはフェラーリ傘下から離れ、かつてライバルだったアルファロメオと事業統合して、グローバルカーとして量産ラグジュアリーブランドへの変化を目指してこれまでの少量生産から一転した量産高級車市場に舵を切りました。

2013年よりトリノ市グルリアスコの新工場「アッヴォカート・ジョヴァンニ・アニェッリ(AGAP)」で、主力車種の三代目「ギブリ」と六代目「クアトロポルテ」を量産開始しました。

さらに人気の高級SUV「レヴァンテ」を発売して、ラインナップを広げた結果、2017年には全世界の新車販売台数は5万台を突破したました。

第2節 Isotta Fraschini(イソッタ) 

※ここをクリックするとこのページの"目次 Topに戻れます!

1900年創業のIsotta Fraschini は舶用・航空用のエンジンやトラックも製造していたイタリアの高級車メーカーでした。

DuesenbergでNaviったように、1919年から1929年9月4日のブラックチューズデーまでの第1次大戦終戦ご好景気に見舞われたアメリカ市場でイスパノ・スイザ、メルセデスベンツ、ロールスロイスと並んで裕福層に大人気で、 Cordグループの一員となった後のDuesenbergにインスパイアを与えたluxury automobileメーカーでした。

1900年創業

1900年に Società Milanese Automobili Isotta, Fraschini & C. として Cesare Isotta と Vincenzo, Antonio, Oreste のFraschini 兄弟で創設されました。

当初はフランスからMors (シトロエンの始祖)とルノー自動車とAsterの各種エンジン(舶用の灯油・ガス内燃機間)を「輸入、販売、修理」を行う輸入販売店として誕生しました。

1904年にAsterエンジンを搭載した、Renaultと非常によく似た外観の自社ブランド車の製造もおこなうようになりました。

最初のIsotta Fraschiniは、出力24馬力の4気筒エンジンを搭載していました。いくつかのレースにVincenzo Fraschiniが運転して出場しました。

翌年1905年に登場したIsotta FraschiniはCoppa Florioで着目されました。

17.2リットル!の100馬力化け物エンジン!を搭載したTipo Dに入賞しました。

1907年に、Isotta Fraschiniはフランスの自動車会社Lorraine-Dietrichに吸収合併されました。

この間Bugattiが設計した10 hpを含む2つのOHC車エンジンを搭載したIsotta Fraschini独自設計のしゃりょうに搭載して販売されました。

同社はこの同じ100馬力(75 kW)のエンジンを使用してレースカーの製造を開始して、会社の評判を確立しました。4輪ブレーキ付きの自動車の販売に成功した最初の企業の1つでもありました。

彼らはまた、スコットランドのGiusti Catateoが1909年に発明したOHCバルブシステムを採用したの初期の先駆者でもありました。

1919年にパリサロン(自動車ショー)で、OHC直列8気筒エンジンを搭載したモデルを発表して翌1920年からデリバリーを開始しました。

前途したように第1次大戦の戦火を免れたアメリカは戦後ヨーロッパに向けた復興景気に沸き立ち新たな裕福層がこぞってヨーロッパの高級車を購入していました。

Isotta Fraschiniはリムジンをアメリカに輸出して大成功を収めました。

しかし1929年9月4日のブラックチューズデーに端を発した世界不況でアメリカの富裕層が後退して、高級車は売れなくなりました。

それに続く1939年に始まった第2次大戦が深刻な影響を与えて、終戦後も低迷を続けて戦後(1949年)ティポ8Cモンテローザボネスキカブリオレプロトタプは製造されることなく終わりました。

工場閉鎖して一切の製造から遠ざかった同社ですが、会社としての冬季は継続されて休眠会社となりました。

最後のモデルであるモンテローザの5つだけが生産されました。生産プラントは船舶用エンジン生産に転換されました。

同社は会社の登録簿に残され、1955年にエンジンメーカーのBreda Motoriと合併し、F.A. Isotta Fraschini e Motori Breda.となりました。

。同社はトロリーバスの生産を再開し、1960年代にBariに新しいディーゼルエンジン工場も建設しました。

1980年代に、会社はIsotta Fraschini Motori SpAに改名され、Fincantieriグループの一部となり、バーリの古い工場に管理本部を置きました。

1990年代には、Isotta Fraschiniの自動車産業を復活させる試みが行われました。1996年にはクーペタイプのIsotta Fraschini T8、1998年にはロードスタータタイプのIsotta Fraschini T12の2台のコンセプトカーが制作されましたが...

親会社の造船業が業績不振となり支援が仰げなくなり1999年に破産申告して工場は閉鎖されて生産を停止しました。

そしてIsotta Fraschini ブランドは埋葬されて永眠しました!

※ここをクリックするとページの"Top index"に戻れます!

関連記事 

《時代の流れに翻弄された Vintage car Brand 》 のご案内

※以下のタイトルをクリックするとシリーズ記事全てにワープできます!

プロローグ Vintage Car の系譜 とコーチビルダーの変遷

日本では「年期物の旧車」と勘違いされているようですが...残念ながら自動車大国日本にはクラシックカーは存在しません!

第2回 歴史ある大英帝国で育まれた Vintage Brand Car 達

歴史ある大英帝国は、貴族社会の国でもあり、長く続いた馬車時代から彼らが御用達としていた今も残る歴史ある「コーチビルダー」が群雄割拠...

第2回 歴史ある大英帝国で育まれた Vintage Brand Car 達

歴史ある大英帝国は、貴族社会の国でもあり、長く続いた馬車時代から彼らが御用達としていた今も残る歴史ある「コーチビルダー」が群雄割拠...

第3回 ドイツ・フランスの Vintage Brand Car

歴史ある大英帝国は、貴族社会の国でもあり、長く続いた馬車時代から彼らが御用達としていた今も残る歴史ある「コーチビルダー」が群雄割拠...

第4回 ローマ帝国の栄光ある伝統を引き継ぐ?イタリア のヴィンテージブランドカー

ローマ帝国の時代から馬車が発達していたイタリアも貧しいが情熱的な一般庶民と大富豪や貴族が同居する国で、

第5回 大後悔?漂流時代の果てに流れ着いた先で滅亡した名車たち

ヨーロッパにあってイスラム文化と耶蘇教文化が混然一体?となったスペインは、大栄帝国?とともに嘗て大後悔時代?には、

第6回 自動車育ての親 アメリカ で生まれた Vintage car Brand 

ガソリン自動車を最初に発明したのはドイツのダイムラーだったのかもしれませんが、最初に普及させたには、間違いなしにアメリカでしょう!

SequelⅠ 貴方はトヨタ党?それとも日産党?

昔から"自称自動車ジャーナリスト"の間では、『技術の日産、販売のトヨタ』などと評して、『日産はマーケティング(市場戦略)でトヨタに敗北した』ように"騙って"いる連中が大半ですが...

SequelⅡ TOYOTA Centyury に唯一備わっていないものとは...

CenturyはToyota Qualityの真骨頂といってもよいhigh-priced luxury automobile marquesで、嘗てのRolls-Royceをも凌駕して、handmade Bentleyや、Mercedes-Maybachと並び称されるQualityを持つように...

SequelⅢ 米国系 巨大 石油メジャー に対抗できるのは TOYOTA と 出光 だけ...

最近、石油メジャー・CIAの陰謀と思われる日和見マスコミの「トヨタ叩き」のプロパガンダ活動が目立つようになってきました!

後書き 《時代の流れに翻弄された Vintage car Brand 》シリーズについて

『人は歴史から多くの事を学んだ』といわれていいますが、

『企業経営者は、歴史から決して多くを学ぶことは無かった!』ともいえるでしょう?

多くのVintage Brand Carはお金儲けの手段として"ブランド転がし?"に利用されて、転々と投資家の手を渡り"埋葬?"されたり、大メーカーの思惑で"ブランド復活"して企業イメージの向上ために"ハクをつける"ことに利用されたりしています。

そんな"時代の流れ"に翻弄されたVintage Carの数々を綴ったシリーズ記事です。

狸穴総研 経済研究所 出自多留狸

※hyper-linkについて

ハイパーリンクは事業者の Official Websiteを基本に、Wikipedia該当contentに直接リンクしてあります。

但し海外事情についての日本語版ウィキペディアは、英語版の"直訳"contentが多く、更に編集者(与党関係者?)に都合よいようにかなり"歪曲!"されたcontent(電子情報)が多いので、公正を期するために各国言語版 Wikipedia に直接リンクしてあります!

また、日本語版ウィキペディアは中学(教師)並み?の"直訳"が多いので、"意訳し直して"あります。

参)当サイト内関連記事 海外版Youtube 鉄道動画 と 各国語版ウィキペディアの勧め はこちら。

参)当サイト内関連記事 海外鉄道・ 空港関連 ご当地Wikipedia リンク集 はこちら。

思想(イデオロギー)に関するcontentについてのイエローフラッグ"糞"フラッグが多い!

特に歴史・イデオロギーに関するイエローフラッグは、ボランティア?で"管理人"としてウィキペディア事務局に関与している平和ボケした理想主義者、有識者?達が日"教祖"の偏向教育(大衆洗脳)方針に沿うように"注意喚起?"されており、ハッキリ言って"糞"フラッグです!

むしろ"糞"フラッグが立っているcontent(内容)のほうがfairness(公正)な立場の内容と言えなくもありません!

交通施策に関するcontentは運輸族のプロパガンダの温床に

但し、交通関係は、スポンサー(与党運輸族)の意向を強く反映しているので、イエローフラッグが警鐘(fairness)を鳴らしている場合もありますが...

更に、地名に関しては、Google地図検索を容易にするために、言語表記を基本に、(カナ表記)についてもGoogle 地図で使用されている「カナ使い」を使用しています。

又、引用句に関しては《XX語版》を明確にしています。

※但しhyper-link先は

  • ●日本語(カタカナ)表記は日本語版ウィキペディア
  • ●英語表記は 英語版 Wikipedia
  • ●オランダ表記は 欄語版 Wikipedia、ドイツ語表記は 独語版 Wikipedia、スペイン語は 西班牙語版Wikipedia 、イタリア語表記は 伊語版 Wikipedia
  • ●スランス語表記は 仏語版 Wikipédia、ポルトガル語表記は 葡語版 Wikipédia
  • ●ロシア語表記は 露語版 Википедия、
  • ●ラテン語表記は 裸展?語版 Vicipaedia
  • ●クネクネ文字?は 使用各国版 ويكيبيديا
  • ●中国語表記は Both China版 維基百科

にそれぞれ直接リンクしてあります。

※但しハングル表記 韓国語版 위키피디아 は著しく信憑性が無く!殆どが日本語版以下(50歩100歩?)の fake content なので無視!しました。(Red China版 維基百科のほうがはるかに信頼性があります!

当サイト内関連記事 日本語ウィキペディアが 鉄道(傾?)Youtuberから"こけ"にされる訳は... はこちら。

※ここをクリックすると総合目次に戻れます!

 

公開:2020年8月13日
更新:2022年10月10日

投稿者:デジタヌ

イギリスの高級ブランド車TOPスペインの高級ブランド車


 

 



▲トランスポーター技術調査室へ戻る

 

ページ先頭に戻る