狸穴ジャーナル『タヌキがゆく』

Fantasy『 JR北方貨物線旅客化で"なにわ筋線十三支線"も実現できる?!?』ー最終回ー

ここをクリックするとこの Content の Opening に戻れます!

★エピローグ 北方貨物線・新大阪駅に「乗降ホーム」 "親切(新設)"で...

現状新大阪駅の新幹線ホーム下には北方貨物線(新大阪支線)が走ってますが、新大阪駅構内には「乗降ホーム」は設けられていません!

現在この区間は、宮原支所(電車区)の引き込み・回送線と東海道貨物線のバイパス路線として使われています。(※11)

網干総合車両所宮原支所が移転しなくても、expo2025大阪万博に合わせてA・B番ホームと31・32番ホームぐらいは増設出来ます!

(※11)これが、新大阪駅周辺を「オフィス街」に出来ない最大の要因でもありますが...

当サイト関連記事 新大阪駅 周辺が 副都心 になれない5つの理由!はこちら。

★第1項 なにわ筋線十三支線も阪急・新大阪支線も必要無くなります!

利用客が見込めない阪急新大阪線を建設しなくてもよくなります!

参※)当サイト関連記事  なにわ筋線十三支線が実現しても?神戸・宝塚方面からは直通できない! はこちら。

第1目 現行十三駅接続に拘ら無くても

  • ♥JR十三駅(請願駅)
  • ♥宝塚本線・北十三駅(請願駅)
  • ♥神戸線・十三市民病院前駅(請願駅)

の3つの請願駅がせっちできれば...

なにわ筋線十三支線に拘る必要はなくなります。

第2目 北急が箕面まで延伸された今...

北急が箕面菅野駅まで延伸(2024年3月16日開業)された今、近年のコロナ禍の影響もあり、宝塚線の混雑は緩和されています。

つまり、ナケナシノ大金をはたいて!迄、既存路線から直通できないような、何話筋筋!に執着する必要は無くなったのです。

GoogleMapに示したように、新たに宝北十三駅、十三市民病院前駅の新駅(請願駅)を親切すれば、阪急神戸線西宮北方面、宝塚本線池田方面とJR十三駅(請願駅)で乗り換え接続出来ます。

神戸線・宝塚本線からの新大阪駅アクセスが格段に!

神戸線(西宮北口方面)・宝塚本線(川西能勢口方面)からの新大阪駅アクセスが格段に向上します。

★第2項 新たなアーバンネットワークが...

第1目 JR新駅構想

  • ♥JR十三駅(請願駅)
  • ♥JR加島駅地上ホーム(請願駅)
  • ♥北方線新大阪ホーム

図のように、現行の東西線加島駅に新たに北方線加島駅(請願駅)を親切すると、JR東西線御幣島・海老江(阪神野田駅)つまり西淀川区(役所)、福島区(役所)からの新大阪アクセスが格段に容易になります!

新快速のバイパス路線として

さらに、1本/時間程度の神戸線・京都線直通快速・各停を増発できます。

第2目 大坂の玄関口JR5駅の役割分担が明確になります

  • 観光客・ビジネス旅行客新幹線乗換駅としての新大阪駅
  • 通勤・通学・お買い物専用駅としての東海道線・大阪駅JR東西線・北新地駅。
  • ●阪急神戸線・宝塚本線新幹線アクセス乗換駅!としての♥JR十三駅
  • ●阪急京都線新幹線アクセス乗換駅!としての♥JR淡路

という風に役割分担を明確にすれば、東海道線(京都線・神戸線・環状線)大阪駅の混雑緩和にもつながるでしょう!

阪急新大阪線を建設しなくてもなにわ筋線十三

第1目 大阪駅発の全ての特急・通勤特急を「大阪駅地下ホーム」発車!

現在主に網干総合電車区宮原支所(車庫)の回送・引き込み線、貨物線?として使用されている「北

方貨物線」ですが新大阪駅構内に31・32番乗降ホームが新設して北方貨物線も「優等列車バイパス線」として旅客化できれば...

2023年大阪駅地下ホーム(大阪・梅田総合駅)の特急発着ホーム完成に合わせて大阪駅始発の観光特急・ホームライナーが大増発可能!となります。

第2目 "平日通勤ライナー"として681系・683系の再就職先?も

※大阪梅田総合駅発車の通勤ライナー
  • ♥京都線 大阪梅田総合駅⇔京都⇔野洲 間の通勤特急
  • ♥神戸線 大阪梅田総合駅⇔神戸⇔姫路 間の通勤特急
  • ♥福知山線(宝塚線)大阪梅田総合駅⇔新三田 間の通勤特急
  • ♥関西線(大和路線) 大阪梅田総合駅⇔(放出駅)⇔奈良(加茂) 間の通勤特急(※2032年なにわ筋線開業後は大阪梅田総合駅⇔JR難波⇔天王寺⇔奈良間に区間変更)
  • ♥片町線(学研都市線)大阪梅田総合駅⇔木津) 間の通勤特急

()内は運転停車駅

その他の区間 の通勤ライナー
  • ♥阪和線(紀州路線) JR難波⇔和歌山 間の通勤特急の復活(※2032年なにわ筋線開業後は大阪梅田総合駅⇔JR難波⇔天王寺⇔和歌山間に区間変更)

第3目 南海ラピート君新大阪駅直通問題の目途が立ちました!

現在頭空っぽの自称鉄道ジャーナリスト???共が主張している、南海ラピート君新大阪駅直通問題は...

"スーパーはくと"を、大阪止まり(姫路止まり!)として、JR京都線にダイヤのゆとり(人員確保)ができて、京都駅まで直通運行されるようです!(※99)

但しJR京都線内は直通快速扱い!
  • ●大阪駅地下ホームで乗務員交代
  • ●JR西日本 district (大阪駅地下ホーム⇔京都駅間)は全車指定制のJR直通快速
  • ●JR京都線内最高運転速度 130km/h の新造車両をもちいる。

つまり関東で一般的な車両のみの直通(レンタル)方式、として乗務員交代は大阪駅地下ホームで行います。(走行距離がほぼ同じなので、車両レンタル代が相殺できます!

さらに、JR京都線内は全席指定の"直通快速"として運行されます。

つまり普通席→Aシート、特別席→スーパーAシート!として運用されるでしょう。

参※99-1)当サイト関連記事 "南海ラピートの新大阪駅(京都駅)直通!"はJR京都線から"スーパーはくと"が撤退すれば実現できる! はこちら。

参※99-2)当サイト関連記事 空路を撃退した智頭急行"スーパーはくと神話"は"Fake!"鳥取新幹線誘致のための口実だった! はこちら。

★第3項 

山陽本線ー東海道線ー北方貨物線ーおおさか東線ー関西本線経由での「緩行・特急」!も運転可能となり、姫路→三ノ宮(神戸)→新大阪→奈良間の昼間・直行観光特急の運行などが実現可能となります!

※以下 各線は正式名称とします

  • ●姫路⇔北新地(大阪)⇔(放出)⇔(久宝寺)⇔奈良(山陽本線ー東西線ーおおさか東線ー関西本線)臨時特急まほろばの区間延伸!
  • ●奈良⇔京都間(奈良線・観光特急) 
  • ●城崎(山陰本線⇔福知山線⇔東海道線)大阪梅田総合駅⇔新大阪(おおさか東線・関西線)⇔奈良 直行便
  • ●関空(空港線・阪和線)⇔天王寺(関西線)⇔奈良 はるか直行便(※2032年なにわ筋線開業後は関空(空港線・阪和線)⇔天王寺(関西線)⇔JR難波⇔大阪梅田総合駅⇔新大阪駅⇔(久宝寺駅)⇔奈良間に区間変更)
  • ●関空(阪和線)⇔新大阪(大阪環状線・梅田貨物線・北方貨物線)⇔神戸⇔姫路はるか直行便
  • 2025年大阪万博はるか 関空→天王寺→弁天町→西九条(スイッチバック)→ユニバーサルシティ→桜島駅(前シャトルバスターミナル)直行便
  • 大阪万博 京都⇔新大阪⇔桜島 直行便

第1目 「もうひとつのバイパス線」「JR東西線」そして「おおさか東線」を経由すれば

JR東西線奈良(なら)

「JR福島」(※12)「京橋」で大阪環状線と、また「北新地(梅田南)」では大阪メトロ各線と連絡できて、乗り換え客で混雑する大阪駅の混雑緩和にもつながりインバウンド・観光客の利便性も確保できます。

参※12)現在福島駅は乗り換え指定駅とはなっていません!

おおさか東線経由でも

※インバウンド観光客は、意外としみったれ?で、ジャパンレールパスを利用する(欧米系の)中期滞在者以外は、新幹線・在来線特急は利用しません!(できません?)

なので、人気スポット姫路から奈良へ直通特別快速を運行したほうが利用客が増えるでしょう!?

但しアジア系インバウンド客には...

但し姫路にある姫路城は日本独自の建物なので欧米系の短期滞在者に人気があるだけで...

アジア系のインバウンド観光客では故郷によく似た風景(建物)がある「京都・奈良」は人気がありません!(※92)

参※92)当サイト関連記事 インバウンド需要喚起は難しくない"日常の中にある非日常"がキーワード...はこちら。

ここをクリックするとこの Content の Opening に戻れます!

※脚注 関連団体♥ 問い合わせ先リンク集

※パブリックコメントとは...

パブリックコメントとは聞こえはいいですが consensus(総意・協心)を得るための"異見"聴取ではありません! ...feudalism,dictatorship に下づく施策に、 subordinate(従属させる)oppression(抑圧!) と同じ、つまりは中共が行っている事と何ら変わりません!

参※)当サイト関連記事 『 パブリックコメント 制度とは...』 はこちら。

関連団体リンクテーブル 

 

公開:2019年12月11日
更新:2024年2月21日

投稿者:デジタヌ

Fantasy『 JR北方貨物線旅客化で"なにわ筋線十三支線"も実現できる!?』ー第6回ーTOP連載『 なにわ筋線は"おおさか東線・大阪環状線"の"3路線一体運用"が必須!に...』ー第1回ー


 

 



▲なにわ筋線 と おおさか東線調査室へ戻る

 

ページ先頭に戻る