狸穴ジャーナル『タヌキがゆく』

Essay『紀勢線は"地上げ屋"と"鉄オタ"以外からは、"沿線住人"にも期待され無くなった!?』ー最終回ー

ここをクリックするとこの Content の Opening に戻れます!

★第3節 鉄道駅を中心とした都市計画を改めるべき時期に...

第0項 21世紀の transportation system は3Eを目指す世紀...

21世紀の日本は、『現状の resource を有効活用して、無駄な重複投資を省き、♥ecology(エコロジー)、economy(節約)に配慮した ♥evolution (進化)の3E並立すべき時節』なのです!

労働組合との馴れ合いを断ち切り!『既存交通事業の restructuring(断捨離・再編・合理化)で reconstruction(再構築・再建)が不可欠な世紀』なのです。

★第1項 嘗ては地場産業を支えていた鉄道も...

嘗ては、観光と並ぶ地場産業の漁業を支えていた鉄道ですが...

海産物輸送は活魚輸送の「生け簀」トラックと冷蔵トラックに、移り。

生活物資もトラックが運んできてくれる時代です。

紀勢線 白浜⇔新宮間は、旅客輸送で細々と食いつないでいる?わけですが...

次節に述べるように、実際には路線バスが地域(交通弱者)の足となっているわけです!

しかし最早、串本駅を中心(ハブ)としたバス路線網は機能しずらくなっています!

町民の理解で高台移転が叶った串本町役場が...

建設中の紀勢自動車道(E42バイパス)沿いの高台に、町民の理解で移転が完了した町役場を補完する意味でも、

今後は、和歌山県に一刻も早いバイパスと串本IC.の早期実現を陳情するなどして、町役場に近接したバスセンターをハブとしたオムニバスタウン(※31)を目指したほうが得策!では無いでしょうか...

参※31)当サイト内関連記事 オムニバスタウン は21世紀を生き抜く 地方都市 の救世主! はこちら。

★第2項 E42 紀勢自動車道 "早期全線実現"を目指したほうが現実的!かも...

♥ピンク色のラインが現在建設中のすさみ南IC⇔串本IC(串本町役場前)間の規制自動車道

E42 紀勢自動車道全通実現促進が先決...

和歌山・三重両県が、3セク熊野鉄道㈱設立問題で意見(異見)が一致せずに"もめている間に、

手遅れ状態!となり、南海トラフ大震災被害!が起こってしまっても...

(E6&E45)三陸沿岸道路同様に、E42 紀勢自動車道建設が、震災復興(国家)事業として最優先!で整備されるでしょうから...

完工後は、life lineとして、生活物資輸送(トラック輸送)、観光客・沿道住人アクセス・(高速バス)に寄与できて、さらには22世紀に繋がる"避難場所"としても役立ちます。

地域活性化(過疎化対策)には、紀勢鉄道&熊野鉄道、JR西日本、JR東海の鉄道連合よりも実効性があるかもしれません?

更に、自治体の借金(公債)も残りません!

沿線自治体の皆さん、"難解"トラフ地震を待ちますか?...

★第3項 紀伊半島は熊野灘沿岸部だけではない!

とかく、観光地が連なる熊野灘沿岸の吉野熊野国立公園エリアに話題が集中しがちですが別項(※31)で取り上げたように

JR紀勢線のサービスエリアから離れた内陸部"紀伊半島の屋根"大台ケ原周辺自治体の過疎化対策・活性化も和歌山・三重・奈良3県にとっては重要な課題!なわけです。

参※31)当サイト内関連記事 "紀勢広域連合!"の創設こそ 21世紀の紀伊半島を活性化できる! はこちら。

紀勢線を有用な路線にするには

鉄道貨物新時代を予感させるJR東日本の 電車型 業務用車両!

宅配業者とのアライアンスで貨客混載事業を復活して(※32)、

定時運行が可能な鉄道は、拠点集配センターと地域集配拠点間を結ぶ"センター便"の合理化に役立ちます。

参※32)当サイト内関連記事 宅配便事業者 とのアライアンスが 鉄道貨客混載 事業を復活できるかも!"ー21世紀の 持続可能 な 鉄道事業 とは? ー はこちら。

更に路線バスとの連携で内陸部も
宮崎県宮崎交通のとりくみ!

宮崎交通では四半世紀以上前から、宅配事業者(佐川急便、ヤマト運輸、日本郵便)とアライアンスを結び!山間部にある過疎地のlifelineを守っています!

つまり、omnibus(乗り合いバス)とのアライアンスで、山間部・過疎地の branch,delivery office(集配所)間を結び、delivery center⇔delivery office間のtransfer の Loss handling (センター便)削減とdelivery car(t宅配車両)の運行ロスを省き♥安定した集配サービス向上に繋がっています。

そして"豊岡市など全国のMunicipality(自治体)で omnibus と delivery business の alliance(業務提携)による partnership の trend となっています。

さらに"豊岡市で行われている様な、路線バスを利用"することで山間部のサテライト集配所間を結べば、

集配業務の時間ロスを軽減出来て、コスト低減と♥安定した集配サービス向上に繋がります!

★後書き 鉄道存続問題は沿線自治体・市民全員の Consensus が得られなければ...

9月2日♥敗戦記念日!版ーVersion1,Revision8

第0項 regional lineは「"民"の営み、暮らし向き」と切り離しては成立しません!

regional lineは「民(たみ)営み、暮らし向き」つまりgeopolitics(※00)と切り離しては成立しません!

役目を終えた鉱山・伐採場と運命を共にした、mine railway(鉱山鉄道)、forest railway(森林鉄道)、exploitation railway(開拓鉄道)などの"殖産鉄道"や、

嘗て鉄拳公団が"地上げ屋共"と結託して、運輸大臣の恣意的な独断で建設した「地上げ路線!」(※01)では、並行する道路整備が充実した現状には適応できなくなり、「数少ない沿線住人からも見捨てられた!」のが現状です。

参※00)当サイト関連記事 地政学・geopoliticsの"概念"とは... はこちら。

参※01)当サイト内関連記事 運輸族・地方議会議員が鉄道新線を"建設したがる訳!"とは... はこちら。

※JR西日本の主張を代弁(プロパガンダ)した某Youtuberのコンテンツ

第1項 「〇X鉄道・沿線地域公共交通再生協議会極赤字路線存続謀議!とは

国交省 総合政策局 地域交通課(ホットライン03-5253-898)が音頭を取って法令を完備?した、

地域公共交通の活性化及び再生に関する法律について(Top Index Site)

の手続きを取り開催される「〇X鉄道沿線地域公共交通再生協議会」ですが...

法定協議会とは名ばかりの"非公開の密談!"

「〇X鉄道沿線地域公共交通再生協議会」の実態は、偏向 mass media(※002)のみを呼び入れて行われる非公開の談合の場です。

当事者であるはずの、沿線住人・一般市民などの傍聴者を締め出し!(ケーブルTV局などのコミュニティー放送の実況中継もされない)非公開の密談・談合!です。

中継のある酷怪(こっかい)のほうがまだまし?といえるでしょう...

参※002)当サイト内関連記事 垢にまみれたmass media・TV各局に唆されてはいけない! はこちら。

最終決断は住民投票

ヨーロッパのSwitzerlandでは、鉄道新線建設は国民投票で決するConstitution(憲法)が採択されています。

日本でも存続(血税投棄)是非の最終判断は、沿線自治体全域での「住民投票」で決するべき!です。

狸穴総研 交通問題研究所 テロ対策研究室 主観 出自多留狸

※脚注 関連団体 ♥問い合わせ先 リンク集

ここをクリックするとこの Content の Opening に戻れます!

関連団体リンクテーブル 

 

公開:2022年4月 5日
更新:2024年2月23日

投稿者:デジタヌ

Essay『紀勢線は"地上げ屋"と"鉄オタ"以外からは、"沿線住人"にも期待され無くなった!?』ー第3回ーTOP連載『 JRゆめ咲線延伸"妄想"は"地上げ屋"が騒ぎ立てているだけ!』ー第1回ー


 

 



▲JR西日本と共存地方私鉄 調査班へ戻る

 

ページ先頭に戻る