狸穴ジャーナル『タヌキがゆく』

Historia『大陸国家の"imperialism ;ご都合主義!" とは...』ー第1回ー

前書き " 耶蘇教徒 "白人社会や全体主義国家の"ご都合主義"imperialism は通用しなくなってきている!?

「国家権力とは力(武力)なり!」という「支配者意識」、 imperialism(帝国主義・大国主義)の歴史

陸続きのユーラシア大陸では、島国日本のように周囲を「天然の堀:大洋」で守られてなく、

常に invader(侵略者)Ruler(支配者)により territory(実行支配域)の侵害、略奪、搾取が繰り返されてきました。

一時期"耶蘇社会"の規範!?となっていた耶蘇教・カソリックも

耶蘇を束ねていた?カソリックの権威が失墜して、「宗教に変わって経済論が規範」となり、

国家権力とは力(武力)なり」という支配者意識、いわゆる imperialism(帝国主義・大国主義)が生まれたわけです!が...

ワイン()を好む耶蘇社会では

「国破れて山河在り」の格言通り、「通り過ぎていく風」のように支配者が入れ替わり...

時には"異教徒?"同士の戦いで、「改宗」を拒んだ人たちは国を追われ「難民」となる羽目に...

産業革命で

産業革命で「民の営み・暮らし向き」が大変革を迫られて「持てるものと持たざる者」が判れてしまい、「世の中は金しだい」の混沌とした状況となったわけです...

つまり規制・(最低限の条件)法制度だけでは、秩序が保てなくなり、近代思想家・哲学者が"倫理学"や"マルクス主義社会主義などのideologyを編み出し、community(共同体)としての秩序の規範「morality(道徳観)」を確立しようとしたのですが...

ideology(社会主義思想)はreligion(古代哲学・宗教)には敵わなかった...

経済論(屁理屈)で固めた近代哲学(社会主義思想)では、「民の営み・暮らし向き」に即した古代哲学(宗教)には敵う訳もなく...

特に近代化が遅れていたイスラム圏では、民が国境を越えて"宗教の絆"で強く結ばれてきたわけです!

そして中共・朝鮮半島のように、儒教文化に毒された"労働蔑視"の風潮もありません

つまり世界の工場はイスラム圏に移っていくでしょう!

今世紀はイスラム圏が中共・韓国から"世界の工場"を受け継ぐことになるかも...

※ハイパーリンク、その他についての御断り

(Version5,Revision5 ー2023年10月30日改訂)

※当サイトは"横町の物知り隠居"出自多留狸の匿名・個人サイト

当サイトは"横町の物知り隠居"出自多留狸が開設している匿名・個人サイトです。

なのでacademic paper とは異なり、分かりやすさにフォーカスして、出所(作者)不明!一般 Web content (Youtube動画、日本語ウィキペディアなども引用・共有させていただいています。

※本ファンタジーについて

(Version2,Revision2. ー2023年9月23日改訂)

本レビュー記事は、出来る限りの"記録"(時系列)に下ずいた史実と、科学(工学・地政学※000)的 な検証"を行ってる semi-documentary ですが...

引用・共用 content にも、日本語ウィキペディアの様に、"出所(作者)不明"の得体のしれない代物も使用しています。

なので、事実と異なる場合もあります。

つまり筆者の"億測"を交えた fantasy?(創作物)でもあります。

なので登場する各団体とは直接関連はありません?

また各団体では"答え難い『大人の事情(利害・思惑』つまりあまり触れられたくない内容!"も含まれています。

参※000)当サイト関連記事 一研究分野にすぎない geopolitics(地政学)の"概念・研究 theme とは... はこちら。

※hyper-link は作者・編纂者が明確な当事者・関連団体の Official website を主体に

直接 hyper-link は、当事者・関連団体のOfficial site を主体に、作者・編纂者が明確な"コトバンク"(ジャポニカ等の編纂者が特定できる百科事典・辞書)へリンクするように心がけております。

但し(参※xx) は当サイト内の参照関連記事へのリンクです。

ウィキペディアへの hyper-link に関しては...

"日本語ウィキペディア"は政治色と commercialism が色濃く!偏った異見!が蔓延っており!

出来る限り避けています。

外来文化!?に関しては

外来文化!?についての日本語ウィキペディアは(USAの主張が色濃く出ている)米語版の"直訳版"が多く、

更に「翻訳者?の主観・主張」も強く表れている content が殆ど!なので、各国語版・原典版!original Wikipediaにリンクしています。

英単語優先!表記について

更に,末尾の断り書き※歴史専門用語の英単語表現について で説明したように、できるだけ歴史制度用語(国文学用語)に頼らないように英単語表現を用いて専門歴史用語を整理しています。

更に"曖昧で不明朗"な日本語(行政用語・表現)は用いずに、できるだけ「論点・観点が明確」に示せる「端的・明解」な英単語を用いるようにしております。

GooglMapの使用について

GooglMapは国土地理院地図に下ずいて作成されていてGPSにも対応しており、且つ公共建造物・ランドマーク等の掲載も多いので用いていますが...

新規鉄道路線などについては、"いい加減"な記入も散見されます!

更に、山間部では公道、河川(沢)、稜線の転載ミス!が目立ちます。

廃線や"地下鉄道"ルートは国土地理院の公開航空写真データを参照して修正してあります。

但し数m程度の誤差があることはご了承願います。

★プロローグ 垢(アカ)の巣窟 "日狂祖 " の"間違った認識に基づく"凶育"の闇"をあばく

明治の大日本国帝国憲法と、戦後日本の日本国憲法の違いは...

根底に流れる♥Democracy(民主主義)と✖Authoritarianism(権威主義)の相違にあります!

つまり、垢にまみれた連中がホザク平和憲法などではありません!

そして、根底に流れる血は日本にはなじみの薄い Puritanismなのです!

Authoritarianismに満ちた!カソリックが馴染みよかったのでしょう!

宗教改革運動と共に生まれたPuritanism(清教主義)は、the essentials of democracy(民主主義の本質的要素)ともいえる,Democracy(民主主義)、human rights(人権意識),autonomy(自立思想)を育んだのです。

第1項 東洋人と西洋人の morality の違いが

日本人(日本国政府)には、理解しにくい"耶蘇"(欧州人)の"ご都合主義"imperialismとは...

第1目 東洋では

「国破れて山河在り」は有名な唐の詩人・杜甫が、安史の乱のさなかの757年(至徳二戴)春に、長安で詠んだ五言律詩の中の一説ですが...

一般的(文学論)には、『戦乱で家族と離散した悲しみを核としつつ、官僚として国の存亡を憂うる社会性も備えた作品になっている』とされているらしいですが...

見方によれば、「国家(体制)は無くなっても、山河(人民)は残る!

国家(時の政権)とは、

「通り過ぎてゆく風のようなTemporary(一時の、儚い)な存在でも、山河(土地・人民)は永遠に続く!」と言う事の裏返しでしょう!

だから、どの時代でも"殲滅作戦"は行われていない!わけです。

これが、現在10億人を突破している中国の人口の礎になっているわけです!

更に、東洋では最下層の"賤民""非人"が労働力として重宝がられましたが...

西欧社会のような"奴隷"は存在していなく、例え"賤民""非人"であっても自由は保障されていました

中国では罪人に対する極刑・斬首はあっても、敵対者に対する殲滅作戦は無かった訳です!

第2目 殲滅・粛清を好む西洋人?は

"耶蘇の世界では、紀元前のローマ帝国時代から"権力闘争"(暗殺)、権力維持のための粛清(対立陣営(民族)への弾圧)、権力者の富の独占、道徳観(宗教・哲学)の押し付け(強要)が当たり前に行われてきて...

多くの悲劇(殺戮;殲滅!搾取(隷属・奴隷化)、弾圧・迫害・追放!→難民・民族大移動)を繰り返してきました!

『 汝は、何故に異教徒を殲滅しないでおずおずと帰郷したのだ!』

彼らの正義感・道徳観は、「極々一部の熱心な修道士」による限られた美談(キリスト教徒奴隷の買い取り解放)のみが強調されていますが...

実際には、「権力と手を結んだローマンカソリック主流派」の「極悪非道!な略奪遠征行為のほうが趨勢を占めているわけです!

有名な逸話としては、十字軍の指揮官がMuslim territory(イスラム実効支配地)と「外交交渉で無血停戦!」して、凱旋した際に当時の"ローマ教皇!"が指揮官にたいして...

『 汝は、何故に異教徒を殲滅しないでおずおずと帰郷したのだ!』

強く責めた!そうです。

第3目  "耶蘇"の暮らす西欧諸国では戦争=殲滅、略奪!

つまり、何時の頃からか?"耶蘇"の暮らす西欧諸国では、

戦争=殲滅、略奪であり、

単なる territory(領有地)争いではなくなった!わけです。

戦争の勝敗が決すれば

勝敗が決すれば、多くの難民(国外追放・強制移住)・俘虜(奴隷)が生まれて、使い道が無ければ"粛清(殺戮)"されたわけです!

つまりキリスト教社会では「自殺は最大の罪」であると同時に、

『他の宗教へ「改宗」すれば天国に召されない!』

と言う観念がいつの間にやら、「無知(無教育)な民衆」に刷り込まれ、イスラム陣営への"鞍替え"を阻むとともに、「難民」が生まれてしまったわけです。

そして、「異教徒に対する奴隷制度」も引き続き容認した!ので、

クリストファー・コロンブスのように、奴隷貿易を生業とする"貿易商!?"も生まれたわけです!

第2項 西洋と・東洋の架け橋トルコでは

他の西欧列強の王国・帝国(※01)の殆どが第一次大戦を契機に滅亡した中で、日本とも馴染みの深いトルコは、1299年→1922年の長きにわたり一番長く(オスマン)帝国が存続しました。

これはイスラムの教えが寛大で、「死を選ぶかそれとも改宗するか?」でMuslim(イスラム教徒)広まったためです。

つまり、異教徒に対しては厳しくても、一度仲間 Muslim に加われば、分け隔てなく仲間として迎え入れてくれたわけです。

第1目 旧ローマ帝国の地中海沿岸では海賊による"奴隷狩り"が頻繫に...

但し地中海沿岸のRoman Empire territory(ローマ帝国領有地)では、紀元前から奴隷制度が定着していて、侵略した国々の兵士や・一般人を"奴隷"として消耗品扱いしていました。

更に、ローマ帝国が崩壊してからは、無法地帯となった!アフリカ大陸地中海沿岸部の旧フェニキアの海賊(奴隷商人)がヨーロッパ(主にギリシャ)沿岸にある集落を襲う、"奴隷狩り"が頻繫に行われたのも事実です。

なので、ギリシャには、要塞都市や断崖絶壁にある集落が多いわけです。

第2目 dominionそれぞれ特有の Local Rule を容認したオスマン帝国

ローマ帝国の崩壊後、東ローマ帝国の属国となり、その後イスラーム化して、オスマン帝国に引き継がれるわけですが、オスマン帝国は清国同様に、territory(領有地)内のdominion(自治領 )それぞれ特有のLocal Rule(奴隷制度など)も認めていました。

なので、前途したように地中海のフェニキアが海賊(奴隷狩り)の拠点となったわけです。

参※01)

大清帝国(1644年→1912年)

ロシア帝国(1721年→1917年)

オーストリア・ハンガリー帝国(1867年→1918年)

ドイツ帝国(1871年→1918年)

  • プロイセン王国(1701年→1918年)

大英帝国(1609年→1931年)※ウエストミンスター憲章迄、現英連邦は除く。

スペイン王国(1516年→1936年)※フランコ独裁政権時代・現スペイン王国は除く。

続きはこちら

 

公開:2021年9月25日
更新:2024年2月21日

投稿者:デジタヌ

アメリカの鉄道網がどのようにして"再建・復興" 出来たか?についての考察...TOPHistoria『大陸国家の"imperialism (ご都合主義!)" とは...』ー第2回ー


 

 



▲Historia,Geopolitics & logistics 研究室へ戻る

 

ページ先頭に戻る