狸穴ジャーナル『タヌキがゆく』

Fantasy『 "邪馬台国"は都市国家の連合体で"都"など無かった!』ー第1回ー

前書き 統一中華王朝の"漢字"で捏造された"日本建国史!"

第0項 建国史を記録する術(文字)を持たなかった先住民・縄文人

最古の抽象文字"楔形文字"登場以前は、エジプトの Hieroglyph に代表される絵文字(象形文字)が粘土板や碑文に刻まれて、"記録(文書)"として残されたのですが...

第1項 シュメール人が創作した楔形文字

紀元前3200年頃にシュメール人によって"抽象的な記号"としての楔形文字が創造されて、最古の"法治国家"とされるヒッタイトが誕生して、law(条文)と共に"建国史"が"記録(文書)"として後世に残されるようになったわけです。

第1目 古代日本には独自の文字が無かった!

金属器と共に大陸から伝わった稲作文化!と漢字(記述)文化

長らく独自の文字を持たなかった「シャーマン文化(口承文化)」だった古代日本へ、大陸から「農耕具(金属製品)を用いた稲作と記述・文字(漢字)文化」が伝来して、日本史・歴史記録(記述)が残されるようになってきたのです。

第2項 "トラ(統一中華王朝)の威"を借りた弥生人の列島征服!

蝦夷(縄文人)の倭国"を侵略した中華王朝の傀儡棄政権"那の倭国"

その後、ユーラシア大陸から「稲作を携えて」渡ってきて弥生人の祖先が建国?した「統一中華王朝の傀儡国家"(弥生人の)倭国・連合"」と、(稲作は取り入れても「文字文化」は拒否!し続けた)女性shaman(みこ)による口承・伝承文化圏縄文人の倭国!」に分かれて、激しいTerritory(実行支配地・縄張り)争奪戦!が繰り広げられて、戦国(内乱)時代が収まり天下統一を果たした"秀吉"体制になり、やっと統一国家"日乃本"が完成されたのです。

※但し、沖縄奄美諸島と北海道(及び北方領土)は Territory(実効支配地)では有りませんでした!

第3項 独立国家・邪馬台国も女王・卑弥呼も全てFake!弥生人の「那の倭国」は"中華王朝"の冊封国(属国・傀儡政権!)"だった...

約7万年前!から続く石器時代(縄文人)の日本列島は、女性 Shaman (司祭;"巫女")の占いによる「神のお告げ」で政(まつりごと;祭事)を行う Native people (縄文人)が暮らす region(一帯)でした。

つまり石器時代の古代日本列島は『女性shaman(司宰・みこ)の"お告げ"を拠り所とする"自然崇拝"の Community(部族)が群雄割拠?するCountry(国土)』だったわけです。

国使を迎える迎賓施設はあっても"都???"などは存在し無かった!

元祖・全農・Federation(連合体)だった"倭国"連合には、

統一中華王朝の"国使"(視察団)を迎える"迎賓館"は存在しても、

Federation の中心となる都(みやこ)などは存在していなかった!のです。

だから、邪馬台国の都を必死で探しても見つからない!のです...

※ハイパーリンク、その他についての御断り

(Version5,Revision5 ー2023年10月30日改訂)

※当サイトは"横町の物知り隠居"出自多留狸の匿名・個人サイト

当サイトは"横町の物知り隠居"出自多留狸が開設している匿名・個人サイトです。

なのでacademic paper とは異なり、分かりやすさにフォーカスして、出所(作者)不明!一般 Web content (Youtube動画、日本語ウィキペディアなども引用・共有させていただいています。

※本ファンタジーについて

(Version2,Revision2. ー2023年9月23日改訂)

本レビュー記事は、出来る限りの"記録"(時系列)に下ずいた史実と、科学(工学・地政学※000)的 な検証"を行ってる semi-documentary ですが...

引用・共用 content にも、日本語ウィキペディアの様に、"出所(作者)不明"の得体のしれない代物も使用しています。

なので、事実と異なる場合もあります。

つまり筆者の"億測"を交えた fantasy?(創作物)でもあります。

なので登場する各団体とは直接関連はありません?

また各団体では"答え難い『大人の事情(利害・思惑』つまりあまり触れられたくない内容!"も含まれています。

参※000)当サイト関連記事 一研究分野にすぎない geopolitics(地政学)の"概念・研究 theme とは... はこちら。

※hyper-link は作者・編纂者が明確な当事者・関連団体の Official website を主体に

直接 hyper-link は、当事者・関連団体のOfficial site を主体に、作者・編纂者が明確な"コトバンク"(ジャポニカ等の編纂者が特定できる百科事典・辞書)へリンクするように心がけております。

但し(参※xx) は当サイト内の参照関連記事へのリンクです。

外来文化!?に関しては

外来文化!?についての日本語ウィキペディアは(USAの主張が色濃く出ている)米語版の"直訳版"が多く、

更に「翻訳者?の主観・主張」も強く表れている content が殆ど!なので、各国語版・原典版!original Wikipediaにリンクしています。

英単語優先!表記について

更に,末尾の断り書き※歴史専門用語の英単語表現について で説明したように、できるだけ歴史制度用語(国文学用語)に頼らないように英単語表現を用いて専門歴史用語を整理しています。

GooglMapの使用について

GooglMapは国土地理院地図に下ずいて作成されていてGPSにも対応しており、且つ公共建造物・ランドマーク等の掲載も多いので用いていますが...

更に、山間部では公道、河川(沢)、稜線の転載ミス!が目立ちます。

なので、人命(遭難に繋がる登山やハイキングなどでの使用はお勧めできません!

廃線や"地下鉄道"ルートは国土地理院の公開航空写真データを参照して修正してあります。

但し数m程度の誤差があることはご了承願います。

※英単語表現"による"古文書"専門用語の"まやかし訂正"の試みについて...

(Version1,Revision11 ー2024年2月1日改訂)

義務教育では日本語圏?の部族をまとめて大和民族・日本民族として、古来よりNation(統一国家)を形成してきたかのように、"洗脳狂育"を行っていますが...

これは、いまだ隣国を牛耳っている(元・両班(ヤンパン)共(※01)が大半を占める)「学閥」がプロパガンダしている「fantasy!(おとぎ話)」と大差ありません。

我が日本国の始祖(那の倭国;邪馬台国、大和政権)は、はっきり言ってEUのような寄り合い所帯で成立したFederation(連合組織・連邦)であり、president,(主宰者)、 chairman(議長)に当たるrepresentative(総代)はいても、

絶対的権力者に当る emperor(皇帝)king(国王)は居ません!でした。

参※01)当サイト内関連記事 両班(ヤンパン)3悪に翻弄され続ける韓国国民と日韓関係 はこちら。

第1目 古文書研究屋?と鉄オタの共通点とは...

日本史を操っている"歴史屋!"は元来が古文書を紐解くことを生業(なりわい)とする国文学者!なので、専門用語(古文書中の正式表現・業界用語?)がお好き!です。

つまり専門用語を自慢げに吐きまくる「鉄オタ」と同じなわけです。

さらに歴史屋(国文学者)と「鉄道オタ」の共通点であり最大の弱点は、地理に疎い!ことです。

彼らが根拠にする"古文書"は三国志日本書紀の様に、(数百年経った)後年になってから語り継がれた「英雄・偉人伝説」に下ずいて"創作"された、epic(叙事詩)が大半です。

"台帳"などの実用・実務記録に関する古文書は軽んじていますつまり「おとぎ話大好き人間なのです。

つまり一般人と同じく司馬遼太郎を「歴史フィクション作家!」として評価するではなく、「歴史学者」として祭り上げてしまう過ち!に陥りやすい人たちです。

古文書記述用語はできるだけ共通した現代国語表現を用いています
  • 冊封国(さくほうこく);主権を持たない属国!
  • 印綬;冊封国(属国)の"認証印!"を授かること。つまりはcharter(特許状)の事です。
  • ●"朝貢使";冊封国(属国)として宗主国である中国王朝へ「臣下の礼!をとるための朝貢」に派遣された外交使節団!

なので、属国を示す冊封国(さくほうこく)の"冊"はFrontier(縄張り最前線)が正しく、border(国境) ではありません

東北などで繰り広げられた出羽柵などの冊を巡る攻防戦は、Frontierを巡るTerritory!争奪戦!だったことになります。

※(律令制(701年?)の成立?に繋がる)大化の改新(645年?)以前は、各地に lordが犇めく Federation 体制だった訳ですが、中国王朝の侵略を防ぎ、中国王朝の冊封国(属国)となって、(虎の威を借りて)日本列島制覇!に乗り出すには、見かけ上Nation(organization);統一政府(機構)を装う必要があったわけです。

一連の記述(古文書)は、朝貢(ちょうこう)使"(遣隋使)が再開された(600年)以降に、仏教とともに伝来して、竹簡木簡などに記録された?のでしょうが、残念ながら発見されていません!

日本最古の古文書?は論拠に乏しい御伽噺集!

つまり現在残っている「わが国最古の古文書」といわれている(712年編纂)古事記と、その後に編纂された(720年)日本書紀は、遣隋使が持ち帰った仏典と、三国志(呉の滅亡280年→297年頃の作)等の多くの創作された叙事詩!を元ネタに捏造!され、同時に持ち帰った"紙"にしたためた創作御伽噺に過ぎないわけです。

参※)中国で漢字が体系化したのは三国志が編纂された3世紀末といわれています。更に遣隋使(600年→)が紙を日本に伝へた(輸入)とされており、その後に遣隋使により製紙技術も伝わり、国産化されだしたといわれています。

国文学者が「冊=中国王朝のFrontier」であると認めない理由は...

日本語ウィキペディアの起筆者などの歴史屋!は国粋主義者!国文学者が多く,

あえて『柵は建造物として設けられていた施設であり、概念的なFrontierでは無い???』と主張しているのですが...

Federationであった瀬戸内連合(organization)のRepresentative secretary(幹事)にすぎなかった大和朝廷(政権)を率いる?

organizer(大君)が『宗主国・中華王朝の"属国"としてのお墨付き印綬を得て、王朝のTerritory!拡大のための代理戦争!』をしていたことを認めて!終うと、

渡来人(混血?)弥生人が築いた中華王朝の傀儡政権!大和王権(朝廷)が成しえた?とされる 「Nation(統一国家)&State(主権国家)」説に下ずく・社会規範?(民族意識)が崩壊してしまうことを恐れている!のです

なので、彼ら国粋主義の国文学者共は、日本が中国王朝の冊封国=属国!であった事実を、認めようとはしない!のです。

英単語を多用する理由は...

専門用語、特に歴史用語は、時々の為政者が都合の良い"造語"を編み出して、"古文書"に使用しているために、"同意義の用語"が多く煩雑すぎる傾向にあるからです。

なので、"あいまい"かつ煩雑な表現"を避けるために、"事柄の性格"を的確に表す英単語の同意語を多用しています。

つまり国司・守護・藩主などの表現は、異なる時代の「時の政権(為政者)が明文化した制度」の下に、任官された職種(制度用語)で、実態(権限)は全て"≒"といえます。

日本語表現(単語)は前後関係に依存する場合が多い

更に歴史用語?(単語)は、その時々の政権が造語した呼称が多く、本意を表す英単語で表現することとしました。

例えば"地域"に関連する英単語は...
  • ●Area(ほとんど手付かずの原野・空地!
  • ●Region(漠然とした地方・一帯
  • ●Zone(共通の条件;気象条件・河川流域・穀倉地帯・工業地帯などの同一条件を備えた地域
  • ●District(行政区などの明確に区切られた区域!

などに細かく分類されるわけですが...

日本語、特に外来語起因のカタカナ単語では、「地域」を指す英単語 localが、rural(田舎・田園地帯)と混同されて、本来は形容詞のregional (地方の)を用いるべき、regional line(地方交通線)や、rural line(田園路線)を(mass mediaの連中は)"ローカル路線"と表現したり、

酷い場合は、「地方ローカル線の旅」などと、平気で蛇足表現を用いています!

つまりカタカナ外来語と、本来の英単語の意味は同じでは無い!のです。

国家!に関する表現
  • ●Federation;連邦・連合組織
  • State;主権国家(or !)
  • ●government:国家・政府
  • ●Nation;政権
  • ●organization;政府機構・省庁
  • ●Emirate;首長国
  • ♥autonomy(自治)

●Dominion;イギリス帝国時代の自治領! ※つまり「中国王朝の冊封国(さくほうこく)"属国"」だった!当時の大和朝廷(瀬戸内 Federation)一応autonomy(自治)は認められていた?ので「中華王朝のDominion」だった!ことになります。

※つまりUSAはautonomy(自治権)を持つ♥State()で構成されている Federation であり、

各Stateは独自の♥constitution(憲法)の下に、法整備されていて autonomy(自治)を行っており!外交権・に関する事項のみgovernment(政府)に委ねているわけです。

生活圏に関する表現
  • ●Tribe;部族
  • ●Village;集落
  • ●Community;生活共同体
  • ●Municipality;市・自治体
  • ●prefecture;都道府県
tribe(部族)間の縄張りに関する表現は
  • ●Territory(領土・実効支配zone)
  • ●Boundary(境界)
  • ●Frontier(Territoryのboundary)"冊"
  • ●Border(State間の国境

として明確にしています。つまり国際間主権認められて無い単なるNation(統一政府)では、Territoryを示すboundary,Frontierはあってもborder(国境)は持たない!わけです。

その他のTerritory(実効支配地・領土・領地・国土)を"種別"する表現では
  • ●Country(国土)※国土を表す表現で国家を示す表現ではありません!
  • ●Colony(植民地・入植地)
  • ●Manor,plantation(荘園)
権威・階級を表す表現としては
  • ●Chief;首長・族長・酋長
  • ●Shaman;司宰・祈禱師・霊能者!?
  • ●Emperor;皇帝
  • ●King;王
  • ●Lord;領主
  • ●Sovereign;統治者,君主、元首
  • ●Ruler;支配者・為政者 ;the governing [ruling] classes(支配階級、搾取階級
  • ●the exploited classes,;公家;貴族階級、特権階級、
組織 Top指揮官 の称号
  • ●President(主宰者・大統領・総統)
  • ●Commissioner(事業団などの総裁・総監)
  • ●Representative(総代)
  • ●Chairman(会長・議長)
  • ●Leader(引率者・座長)
  • ●Administrator (管理者)
任官(制度用語
  • ●Governor(chief executive officer):国司守護・藩主・知事・総督
  • bureaucrat官僚
  • ●Officer;官吏・役人・行政官(※例えば大宰府転勤後の菅原道真の職制はofficerとなります)
  • ●landlord≒manor owner(荘園主)≒室町幕府末期の"地頭"
  • ●Agent:目代・城代・代官・地頭は landlord ,Administrator (管理者)であると同時にagent(代理人)でもあったわけです。

続きはこちら

 

公開:2022年12月21日
更新:2024年2月21日

投稿者:デジタヌ

一研究分野の geopolitics(地政学)の"概念・研究 theme とは...TOPFantasy『 "邪馬台国"は都市国家の連合体で"都"など無かった!』ー第2回ー


 

 



▲Historia,Geopolitics & logistics 研究室へ戻る

 

ページ先頭に戻る