狸穴ジャーナル『タヌキがゆく』

連載『 洛西ニュータウン を陸の孤島から救える 京都 勘定( 環状 ) モノレール計画』ー第3回ー

ここをクリックするとこの Content の Opening に戻れます!

★第2節 おいそれと巨額公共投資が出来なくなってきている京都市の懐具合?!

現在京都市の主要産業は観光客相手のサービス業なっています!

そして、全国屈指の出荷量?を誇っているのが、教育産業(大学・各種学校法人)の"人材育成"になるわけですが...

今後は、豊富な"人材"を生かす先端科学ベンチャービジネスの誘致をはかり、財政基盤(税収)の安定化を図る必要があるでしょう!

第1項 京都市を取り巻く厳しい社会情勢

いみじくも、武漢ウィルス災害で、将来の少子高齢化、地方衰退のシュミレーションが出来たわけですが...

京阪神の主要都市、大阪市・神戸市は、嘗ての京阪神メガロシティー構想を捨てて、コンパクトシティー実現を目指しています!

第2目 大阪経済圏のベッドタウンとしても

京阪神の主要都市、大阪市・神戸市は、嘗ての京阪神メガロシティー構想を捨てて、コンパクトシティー実現を目指しています!(※21)

つまり、大阪市の通勤圏としても、地盤低下が避けられない状況になってきています。

最早、周辺衛星都市を必要としない都市計画を進め江出したわけです。

参※21)当サイト関連記事 全国の 中核都市 は コンパクトシティー を目指している! はこちら。

第2項 京都都市圏の求心力(経済力)低下 

つまり、観光産業一辺倒では、陰りを見せ始めた京都市にとっては、都市計画アクセス網整備計画の見直しが迫られているわけです!

これまでのように、京都都市圏を中心にした、放射状アクセス網は岐阜市(※21)同様に、必然性が薄れてきています。

参※21)当サイト関連記事 岐阜市内線 路面電車 の 廃止 は 失敗 ではなく 新時代の生みの苦しみにすぎなかった! はこちら。

第3項 京都市全域が共に発展するには

人の流れを京都旧市街中心部へ、集めるだけではなく、環状公共交通を充実させて、既存の鉄道網を有機的に結合して、市域全体の活性化を図る必要があるでしょう!

洛西ニュータウンアクセス問題

例えば、かねてから懸案事項となっている洛西ニュータウンのアクセス改善は早急に取り組む必要があるでしょう。

京都府が役立たずで迷惑な北陸新幹線京田辺ルート(京都市内中心部"蹂躙計ルート計画!)(※22)支持を破棄して、「♥エコで、懐にも優しい京都環状モノレール構想を真剣に考えてくれれば...

落成ニュウタウンの住人が救われる!ことになります。

参※22)当サイト内関連記事 北陸新幹線市内縦貫を阻む3つの"大きな落とし穴!"が... はこちら。

環状鉄道の必要性

京都都市圏を考えた場合、放射状に延びた鉄道網は英日されていますが、各放射アクセス網を、繋ぐ環状鉄道が無いことがあげられます。

市営地下鉄東西線の六六地蔵延伸がそれにあたるわけですが、それ以降は息切れの状態となっています!

そこで、財政規模に応じた無理のない都市交通システムとして、サフェージュモノレールが注目されるわけです。

続きはこちら

ここをクリックするとこの Content の Opening に戻れます!

 

公開:2019年9月19日
更新:2024年2月21日

投稿者:デジタヌ

連載『 洛西ニュータウン を陸の孤島から救える 京都 勘定( 環状 ) モノレール計画』ー第2回ーTOP連載『 洛西ニュータウン を陸の孤島から救える 京都 勘定( 環状 ) モノレール計画』ー第4回ー


 

 



▲京阪神公営鉄道調査室へ戻る

 

ページ先頭に戻る