狸穴ジャーナル『タヌキがゆく』

Historia『 アメリカ建国に重要な役割を果たした大河川と鉄道 』ー第4回ー

ここをクリックするとこの Content の Opening に戻れます!

★第3節 オランダの海外進出とアメリカ大陸入植

ニューネーデルラントは、現USA東海岸にあった旧Dutch territoryエリアの総称です

概ね、現USAのニューヨークニュージャージーデラウェアの各州が存在する地域です。《欄語版Wikipediaより引用》

1609年、英蘭戦争(80年戦争)中のTwaalfjarig Bestand(12年休戦)が始まった年に、オランダ東インド会社イギリス人のHenry Hudsonskipper(船長)として雇いいれて所有するHalve Maen丸を、東アジアへの航路探査に向かわせました。

ハドソンは当時ノースリバーと呼ばれていた現ハドソン川を遡って、現 Albany迄辿り着きました。《欄語版Wikipediaより引用》

いくつかの貿易会社がインディアンと交易するための交易所を設立しました。

有名なFort Nassauは1614年現Albany近隣に建設されましたしかし、度々深刻な水害に見舞われたので1618年には放棄されました。

(12年休戦が終わった)1621年、西インド会社がオランダの海外貿易を一手に担う側線企業として設立されました。この年に内陸部に移されたFort Oranje は、主に毛皮貿易のための交易所であり、当時は工場と呼ばれていました。

Fort Amsterdam (1624)の建設

(1624年に)30家族が、マンハッタン島に移住しました。Fort Amsterdam(交易所)& colony(植民地・定住地)となりました。

1625年の終わりまでに、多くの人たちが他のcolony(植民地)から移住しました。

当初西インド会社は、このcolonyを武装化して真のFort にする予定でしたが、膨大な出費が必要と分けり、毛皮交易だけでは成り立たないことが分かり、簡単な土塁と塀で取り囲まれたFort Amsterdamが1628年に完成しました。《英語版Wikipediaより引用

インド人からの最初の土地購入は、ピーター・ミニュイットによるマンハッタン島でした。オランダの政策は、インディアンが土地の法的所有権を知らなかったという事実にもかかわらず、彼らが定住したすべての土地の正式な購入を目的としていました。これはまた、いくつかの誤解につながりました。たとえば、ピエール・ミニュイットがマンハッタンを購入した人々は島に住んでおらず、おそらく彼らは狩猟権の一部を売っていると思っていました。

ニューネーデルラントは主に貿易の和解でしたが、食料を獲得するためにも、この地域に対するオランダの主張を強化するためにも、限られた形態の植民地化が必要でした。最初の入植者は、1624年に現在のガバナーズ島であるNotenEylantに到着しました。彼らは主にワロン家の30人で、後にマンハッタンと現在のデラウェア川周辺に定住し、その後サウスリバーと呼ばれました

★第4節 産業革命が西欧列強の勢力地図を...

七年戦争で勝利したイギリス帝国は、1763年のパリ条約 以降の西欧王国の中での発言力を強めました。そしてほぼ同時期に起こった産業革命でイギリス帝国が、経済力を背景にした軍事力(海軍)を拡充して世界の海を制覇しました。

第1項 ユトレヒト条約(1713年4月~)の影響

スペイン国王フェリペ2世(在位1556年 → 1598年)が亡くなり急速に衰えたスペインの王家継承騒動の結果1713年4月~1715年2月間に順次締結された、ユトレヒト条約がその後のアメリカ大陸でのnative peopleを巻き込んだ(抱き込んだ)西欧列強のテリトリー合戦に大きく影響しました。

フランス人たちが入植したエリアは la Nouvelle-Écosse と呼ばれ、同時に同時代の、日カソリック王国、イギリス、阿蘭陀の"入植地"でもありました。

1568年にオランダ独立戦争(80年戦争 三十年戦争)の結果、1648年のヴェストファーレン条約で主権国家として独立を承認されたプロテスタントのRepubliek der Zeven Verenigde Nederlandenは、三十年戦争中から、 la Nouvelle-Écosseに進出して、後述する現ニューヨーク州一帯にfortとcolonyを開拓して移民による開拓(大陸侵略)を行っていました。

1621年以来、オランダ西インド会社はオランダ国務長官から付与された権限に基づいて、New Netherland (Dutch territory)で独占企業として運営されていました

Second Anglo-Dutch War(1665年3月4日 →1667年7月31日)の末、オランダは、北アメリカでイギリスによるニューアムステルダム(ニューヨーク)の支配を認める代わりに、南米のスリナムとインドネシア・バンダ諸島のラン島(当時は香辛料貿易の中心地で、毛皮貿易のニューヨークより価値のある土地であった)の支配を得た。1700年までに、レナペ族の人口は200人まで減少していた

英語版Wikipediaより引用

しかし17世紀後半の3次に渡る英蘭戦争で両国間は一時和睦したものの...

スペイン王家継承問題で英・仏が結託してネーデルランドを不利な立場に追いやりその後ユトレヒト条約で(海洋進出が)有利になったイギリスはスペインに取って代わり海洋国家となったわけです。

第2項 1763年のパリ条約の要因となった七年戦争の勝利

18の後半フランス王国率いるルイXVは七年戦争(1756年→1763年)を起こし、アメリカ大陸植民地化に関与する多くの宗主国(英国、スペイン王国、イギリス、プロイセン王国、ロシア帝国など)とフランスとイギリスは紛争の主な交戦者であり、世界戦争に突入しました。

カナダの領有をめぐって2つの大国が争ったため、当初は両陣営がnative peopleの種族を巻き込んだ(抱き込んだ)争いとなり la Nouvelle-Écosseが主戦場となりました。

これはフランス側についたアルゴンキン族とイギリス側についたイロコイ族との代理戦争の様相を呈していてフランスでは「フレンチ・インディアン戦争」と呼ばれています。

しかし、フランス側は軍事的に圧倒され、北米のcolony(植民地)を守備するこが難しく、1759年9月18日のケベック降伏と1760年7月のレスティグーシュの戦いでの"敗北"で大幅にterritory(実効支配地)を縮小させられました。

仏語版Wikipediaより引用

1763年のパリ条約 でヨーロッパの七年戦争と北アメリカ大陸のフレンチ・インディアン戦争とインドのカーナティック戦争などの講和(停戦)条約がイギリス、フランス、スペインの3国間で締結されて、Nouvelle-Franceがイギリスとスペインに割譲されてフランス王国はアメリカ大陸から完全に手を引き、大英帝国が世界の海原を席巻する時代が到来しました。

但しこの時、native peopleの難民!は出たでしょうが、「イギリス帝国が宗教の自由と言語の自由を保障」したので白人の難民は生まれませんでした。

産業革命の嵐

1764年にハーグリーブスがジェニー紡績機を発明した...ジェニー紡績機は小型であることもあり農村工業地帯に広く普及した...

1771年、リチャード・アークライトが水力紡績機を開発した...

1709年にエイブラハム・ダービー1世が...コークス製鉄法が開発された...

1735年には彼の息子であるエイブラハム・ダービー2世によってさらに改良が加えられ、1750年ごろからコークス製鉄法はイギリス全土に(普及した)...

1761年に(イギリス最初?の)ブリッジウォーター運河が完成。

1765年、ジェームズ・ワットが...蒸気機関の能力は...真に動力源として革命的なものとなった。

1774年には製鉄業者であるジョン・ウィルキンソンが中ぐり盤を発明...精度の向上によって、ワット蒸気機関...前提が整った。

1800年にはヘンリー・モーズリーが実用的なねじ切り旋盤を発明した...ボルトとナットが互換性を持った形で量産が可能になった。

1807年にロバート・フルトンによって河川航行が可能な外輪船が実用化された。

1830年代には改良された外輪船が外洋航行を行うようになる。

日本語版ウィキペディアより引用

つまり、蒸気機関は象徴的な存在であり、実際には製鉄技術、工作機械、そして基本となる"機械要素"の"標準化"が重要な役割を果たしたわけです。

日"教祖"歴史教育の噓その2;1805年10月21日のトラファルガー海戦の影響は

小生も長年まんまと騙され続けていましたが...

イギリス海軍は第二次世界大戦まで海を支配し続けました。トラファルガーでの勝利は、イギリス海洋進出(制海権奪取)の大きな要因とされていましたが...相対的な経済力がイギリス海軍の支配(制海権)の重要な要素であったことを示唆している。《英語版Wikipediaより引用》

続きはこちら

ここをクリックするとこの Content の Opening に戻れます!

 

公開:2021年10月19日
更新:2024年2月21日

投稿者:デジタヌ

Historia『 アメリカ建国に重要な役割を果たした大河川と鉄道 』ー第3回ーTOPHistoria『 アメリカ建国に重要な役割を果たした大河川と鉄道 』ー第5回ー


 

 



▲Historia,Geopolitics & logistics 研究室へ戻る

 

ページ先頭に戻る