タヌキがゆく

【狸穴総研報告】2017 駒川商店街に見るレガシー・モールの現状と今後の問題点。

シリーズ「レガシー・モール」

『レガシー・モール』と言う呼び名を造語して見ました。

いわゆる、駅前にある『駅前商店街』や『アーケード街』のことです。

第2回 駒川商店街には活気があった!

駒川商店街に見るレガシー・モールの現状と今後の問題点

過日、久しぶりに駒川商店街を訪れてみました。

駒川商店街は東住吉区駒川にある商店街で、駒川中野駅西口/地下鉄谷町筋線、を上がった駒川中野駅前交差点からまっすぐ南へ南北に三井住友銀行駒川支店まで延びる540m程のメインアーケード街とこれとクロスする形で、近鉄南大阪線の針中野駅に通ずる東西190mほどの駅前アーケードと、途中の4丁目に60m程の東西の枝が出ているアーケード街を中心に形成された商店街です。
10の0商店会から成っている大阪を代表する商店街の一つでもあります。

レポートについてはこちらを参照してください。

以前「何とかしようよ我が町柏原」第5回 と 駅前・市街地空洞化は役人の一人芝居。第1・2回 にも書きました幾つかの「存続好条件」が満たされているのが駒川商店街です。

駒川商店街の特徴

1)町が分断されていない

南北に並行して走る近鉄線は高架化されています。

なので東西の連絡通路も多数有り、町が分断されていません。

2)乗り換え商店街

当事者のアーケード街の理事の方々は気づいておられないようですが、駒川中野駅/地下鉄谷町筋線と針中野駅/近鉄南大阪線との連絡アクセス道となっています? 

例えば、川越駅/JR東日本・東武と本川越駅間/西武間約800mにあるクレアモール(ここにはアーケードもありません!)は四六時中乗り換え客で賑わっており毎年新規出店があり躍進を続けている様です!

それに比べれば程よい連絡距離の両駅間約550mならこの点をもっとPRすべきではないでしょうか。

別項レポートでも触れましたが、両線とも朝・夕のラッシュ時には地下鉄が最高で上下19本、17時代の下り八尾南方面で14本、近鉄はデイアワーはコンスタントに上下6本と停車列車が多く乗換にも便利のよい駅なのです。

3)レガシーモールの花型!生活物資が豊富!

日常生活で一番重要な・生鮮食料品の品揃えの品揃えが豊富で、かつ割安感があります。

数多くの八百屋さん、お魚屋さん、お肉やさんあり、特にお肉やさんの数は大阪市内のレガシーモール有数だとおもいます。

もちろんドラッグチェーンや100円ショップチェーンも出店していて、日常のお買い物先として欲しい物全てが揃っています。

4)自動車締め出しの歩行者天国になっている。

日中は歩行者天国です。

5)弱者にやさしい天然?バリアフリー。

散策中に介助のボランティアの人が押す車いすの老人を何人か見かけました。

レガシーモールの最大の特徴の一つがこの点です、平坦な道路に同一面上に連なる店舗はそれ自体がバリアフリーです。

と同時に、最大の弱点でもありますが。

今後に期待するところ

但し幾つかの懸念・不安材料もあります。

1)自転車問題

何処の商店街も同じ問題を抱えている様ですが、傍若無人な自転車族の振る舞いが問題です。
至る所に自転車が路駐(放置)してあり、通行の妨げとなっています。

思わぬ事故も相当あると聞きます、その為に商店街では

『道交法で......、自転車で走行されている方は速やかに自転車を降り、押してご通行下さい!』

と城内放送で呼びかけています。

しかし正直あまり効果はないみたいです。

このことが、子育て中のヤングママ(古い表現で御免なさい)や障害者に敬遠されることと成り、前項5)の天然バリアフリー環境が活かされているとは言え無い現状です。

2)車社会のヤングファミリー層離れをどうするか。

若者の自動車ばなれが話題となっていますが、依然として郊外型巨大モールの利用者は大半がマイカー族です。
『ロードサイド型』巨大モールは周辺住人以外は車が無いと利用しずらい『公共交通アクセス僻地』にあります。

このあたりの『交通アクセス環境』問題については2000年の大店立地法(大規模小売店舗立地法)の施行以後は大資本のオーガナイズしたモールでも鉄道・地下鉄などの『駅隣接』に変わってきています。

ますますレガシーモールには厳しい状況となってきているわけです。

レガシーモール離れはマイカー族に留まらず交通弱者にまで拡大しそうです。

3)昼間の納品・搬入対策をどうするか。

生鮮品を扱う、自前の買い出しをする商店は、当日早朝開店前に中央市場などに買い出しに走り、そのまま自前の小型トラックで搬入するのでしょうが、問題は、昼間に仕入れ先の手配車両で納入される、薬品も含めての、生活物資。

大資本の大型モールでは大型車横付け可能な納品ヤードがあり、営業時間中常時入荷が出来、通行人(来店者)のショッピングに妨げにならないように配慮されています。


そこでお約束のデジタヌの具申コーナー

1)駐車場・駐輪場の完備


幸い、2本の幹線道路(府道5号線と26号そして2車線の市道に囲まれている環境を活かし、府道5号駒川中野駅前交差点付近と南端の三井住友銀行付近に大規模な駐車施設を作る必要があるでしょう。

両駐車場合わせて最低700台出来れば数千台規模の駐輪施設併設の提携駐車場が必要です。

合わせて発想の転換で、商店街専用カートのステーションとして利用できます。

スーパーのように駐車場にカートを回収にいって入り口にストックするのでは無く

駐車・駐輪施設にストック(保管)場所を設置すれば、商売の邪魔にも成りません。

更にこの両端駐車施設に商店街共同の商品荷受け・搬入ヤードを併設すれば生鮮品以外の各店の昼間入荷にも役立つでしょう。

2)シャーター店の活用

所々にある空き店舗については、商店街、市当局共同で賃貸契約し、公衆トイレor、無料休息所(自販機コーナー)及び自転車ステーションとして利用するのは如何でしょうか。
もちろん小規模フードコートとしての利用も考えられるでしょう。

この共用施設と両端の大規模駐車施設にアーケード専用買い物カートを設備すれば、マイカー族、自転車族共に、気軽にアーケード街を利用できるようになるのではないでしょうか。

意外とレガシーモール(アーケード街)の場合、公衆トイレと休息所が無いのが難点で、このことが子連れのマイカー族にとっては最大の敬遠事項かもしれません。

3)平面エレベータ(自動搬送機)の設置

これはかなり大規模な投資が必要となりますが、現在世界各国で開発されている、無人の搬送機を利用し、両端の駐車・駐輪施設や各横断通路にある自転車ステーションまでお買い物荷物を運ぶアイデアです

これで自転車をキャリー代わりに利用している、主婦、や老人が自転車を駐輪施設に駐輪しても重い手荷物?で困ることは無くなでしょう。

ICタグ付きの、小容量(30リットル)程度の専用コンテナを各店に配置し自転車ステーションに回収装置を設置して保証金(500円程度)を返金精算するシステムです。

御買い物時は各商店に、控えのICカードもしくはスマートフォンで専用コンテナを登録し、お店は定期的にアーケードを巡回している、コンピューター制御の無人コンテナ車両(当初は有人運転)に積み込んで、交差通路毎に設けた休憩所を兼ねた自転車ステーションと、両端の大規模駐車施設感を巡回搬送すればアーケード利用者の増加につながると思います。

買い物カゴと同程度の容積20リットル&5リットル程度のboxならば、数十個積載した幅50cm程度の無人コンテナ車が時速4Km程度で無人走行してもそれほど通行人の妨げにはならないと思います。

また昼間の商品搬入時お店や業者にとっても有効な搬送手段となるでしょう。

公開:2017年7月12日
更新:2017年9月16日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

謝罪広告 2017-1TOP【レビュー記事】2017 懐かしいレトロシティー柏原!?




▲皆の故郷・皆の町へ戻る