『旅するタヌキ』狸穴ジャーナル別冊

広島文化学園HBGホール 《ホール音響Navi》 

,

Official Website  https://h-bkk.jp/hall/

広島文化学園HBGホール のあらまし

1985年開館の旧広島厚生年金会館。宿泊施設結婚式場などが入居している。

広島文化学園HBGホールのロケーション

ところ  広島市中区加古町3-3

広島駅、広島城広島美術館、広島県庁のある中心街からは少し離れた中区の中の島にある。

通りを挟んで中区図書館のあるJSMアステールプラザと対面している。

島の北側には平和記念公園が元安川を挟んで有名な原爆ドームがある。

広島市と周辺にある観光スポットについてのトリップアドバイザーの 口コミ ナビはこちら。

広島文化学園HBGホールへのアクセス

広島電鉄
広島電鉄宇品線に乗車、市役所前停留場下車、西へ徒歩7分
広島電鉄江波線に乗車、舟入町停留場下車、東へ徒歩5分
広島バス
JR広島駅より24号線(吉島線)に乗車、「加古町」下車

広島文化学園HBGホールこれまでの歩み

1985年10月12日、広島市中央卸売市場跡地に、広島厚生年金会館として開館。1990年公共建築賞受賞。1999年に音響などホールを改修。

2009年8月5日に広島市と不動産売買仮契約を締結した。

2010年3月31日を以て厚生年金事業振興団による運営を終了。4月1日より広島市の指定管理者である広島アートウインド運営企業体(による運営となり、名称も「広島市文化交流会館」に改められた。

2012年「学校法人広島文化学園」が命名権を取得し「広島文化学園HBGホール」の名称が使用されることと成り同年11月1日より2017年3月31日まで使用が決定。2017年3月に2022年3月まで契約延長された。

広島文化学園HBGホールが得意のジャンル

オーケストラコンサート、オペラ・バレエ公演以外にもミュージカル、Jポップ関係のコンサートや、往年のアイドル・エンタテイナーのワンマンショウ、ジャズコンサート、歌謡ショー、懐メロ歌手の歌謡ショー、有名タレントの座長ショー、現代演劇、伝統芸能、落語・演芸寄席、大道芸、パフォーマンス・ショー等ジャンルに拘らない幅広い演目でこのエリアの多くの人達に受けいれられている。

またプロ演奏団体、以外にも数多くのアマチュア団体が利用している。

広島交響楽団のフランチャイズホールと成っている。

広島文化学園HBGホールの公演チケット情報

ケットぴあ該当ページへのリンクはこちら。

施設面から見た広島文化学園HBGホールの特色

(公式施設ガイドはこちら

※ご注意;以下※印は当サイト内の関連記事リンクです。
但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

中之島の太田川の辺、と言う素晴らしい立地にある地上7階地下1階の広島市文化交流会館の中にある施設

平土間部分(オ-ケストラピット可動床部)から続く緩やかなスロープのメインフロアーと、2階バルコニーから成る2層構造の扇形プロセニアムホール。

ホール客席周辺壁は塗装仕上げされた一般住宅用の新建材、要所に段差を設けたプレーンな壁面で上部で僅かに外傾スラントさせてある。 

天井は横方向に溝を配した大型成形反響板。

脇花道側壁中層部に角錐形の音響拡散体が設けてある。

客席背後壁は立て格子で表装されたグルーブ壁。

1985年当時のデザインとあってさすがに時代を感じさせるプロセニアム形多目的ホールではあるが、巨匠「丹下健三」先生の作品だけあってそつなくまとめられている。

ホール音響評価点:92点

§1,「定在波対」策評価点:40点/40点満点

  • ※各フロアーの配置・形状、壁面形状、天井形状、天井高さ、等の要素をそれぞれ減点法で算出。
  • ※客席側壁がプレーンな垂直壁で「完全平行・平面」の場合は、満点x0.5=20点をベースに算出。

§2、残響その1 「初期反射」対策評価点:19点/20点満点

  • ※壁面の素材・形状、客席配置、その要素で減点算出。
  • ※(コンクリート、人造大理石、タイル・陶器製などの)硬質材の客先周辺壁材仕様は、満点x0.5=10点をベースにして減点算出。

§3,残響その2「後期残響」への配慮評価点:15点/20点満点

  • ※壁面形状、音響拡散体(相当要素)、テラス軒先形状、天井構成、その他の要素で減点算出。

§4,客席配置への評価点:18点/20点満点

  • ※壁際席、大向こう席、平土間部分の見通し(眺望)不良、それぞれ-1点/1箇所で減算。
  • ※客席周辺壁材が硬質壁の場合は、満点x0.8=16点をベースに減点算出。

※関連記事「後悔しないコンサート会場の見分け方」まとめ  はこちら。

リハーサル

公式施設ガイドはこちら。)

バレエ・ダンスレッスンバーを装備した壁面ミラー(カーテン付き)を備えている。

フルコンサートピアノ

全周有孔音響ボードで表装された遮音(吸音)構造を持った133㎡(約86畳)のリハーサル室を持つ。

ルーム音響評価点:60点

※会議室、宴会場、展示会場などがメイン用途のためルーム音響評価を適用しました。

§1,「定在波対評価点:35点/50点満点

  • ※ルーム低層部に1対以上の並行したプレーンな垂直壁がある場合は、満点x0.5=25点をベースに減点算出。

§2、「初期反射」対策評価点:20点/50点満点

  • ※ルーム低層部3面以上がプレーンな垂直壁の場合は、満点x0.5=25点をベースに減点算出。

施設データ

  1. 所属施設/所有者 広島市文化交流会館/広島市。
  2. 指定管理者/運営団体 広島アートウインド運営企業体/広島市。
  3. 開館 1985年8月29日 開館開所 1985年10月12日 1999年改装
  4. ホール様式 『扇形タイプ』プロセニアム型式多目的ホール。
  5. 客席   3フロアー、

    客席全2,001席 ( オーケストラピット内52 席)
    1 階 1,144 席( 車椅子用可動席20 席)
    2 階 857 席

    、1・2階テラス(桟敷席)、1階平土間中央部千鳥配列、
  6. 舞台設備  間口約40m2面舞台相当、プロセニアムアーチ:間口:20m 奥行:16m 高さ:11m、ブドウ棚(すのこ)、脇花道、大・小迫り、可動反響版、オーケストラピット(可動床)、
  7. その他の設備 
  8. 付属施設  楽屋x12、
  9. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら
  10. 設計   丹下健三都市建築設計事務所
  11. ゼネコン  フジタ・竹中工務店・間組
  12. 内装(音響マジック) 

 

公開:2017年9月10日
更新:2022年9月30日

投稿者:デジタヌ


TOPくらら /東広島芸術文化ホール 《ホール音響Navi》 


 

 

 



▲このページのトップに戻る
▲広島県 の公共ホール 音響Naviへ戻る

 

ページ先頭に戻る