『旅するタヌキ』狸穴ジャーナル別冊

蛭子座 /中津川市蛭川公民館 《 多目的芝居小屋音響Navi 》

,

Official Website http://www.avis.ne.jp/~miyamoto/04-history/-ebisu.html

蛭子座のあらまし

中津川市指定有形民俗文化財

 蛭川地区の娯楽の殿堂として、特に村芝居を楽しむために造られた、木造地上2階地階建ての大規模木造軸組で造られた劇場型公民館である。
  建物正面は旧御園座の建物に似せたモルタル塗りで、シンメトリーを意識したモダンな外観となっている。

<公式サイトより引用>

改修に当たり、舞台設備は大幅に削減され、回り舞台、迫り(スッポン)、花道等は撤去された。

地元農民歌舞伎公演の際は、花道(本、側)は架設して公演している。

蛭子座のロケーション

ところ  中津川市蛭川2198-1。

中津川市と周辺にある観光スポットについてのトリップアドバイザーの 口コミ ナビはこちら。

蛭子座へのアクセス

JR中央線「恵那」駅から東濃鉄道バス蛭川線「蛭川和田」行きで35分
「蛭川総合事務所前」

施設面から見た蛭子座の特徴

平戸間(板張り)、1・2階桟敷席、大向こう席(2階正面桟敷)折上小組格天井

デジタヌの独り言

改修に当たり、回り舞台、迫りの舞台装置類は、撤去されたが、建物本体は立派によみがえり、色んな行事に使われている、もちろん地域の伝承芸能である、農民歌舞伎も開催されている。

蛭子座の施設データ

  1. 所属施設 蛭川公民館
  2. 運営団体 中津川市
  3. 開館   1901年築(1949)年に現在地に移築。2009年、大改修工事完成.
  4. ホール様式 プロセニアム型式芝居小屋。
  5. 収容人員 560名
  6. その他の設備 花道
  7. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら。
  8. 改修設計 (株)宮本忠長建築設計事務所 

 

公開:2017年10月 4日
更新:2022年9月30日

投稿者:デジタヌ


東美濃ふれあいセンター/中津川市《 多目的芝居小屋音響Navi 》TOP常盤座/中津川市《 伝統的芝居小屋 音響Navi》


 

 

 



▲このページのトップに戻る
▲岐阜県 の公共ホール 音響Naviへ戻る

 

ページ先頭に戻る