『旅するタヌキ』狸穴ジャーナル別冊

県立・ひめぎんホール/松山市内 《ホール音響Navi》

,

Official Website http://www.ecf.or.jp/himegin_hall/

ひめぎんホールのあらまし

道後温泉の近くにある、四国最大の収容人員3000人を誇るホール。

四国最大の3000人収容のメインホール、1000人収容のサブホールと2つのホールを持ち、会議室、レストランも併設した複合施設。

ひめぎんホールのロケーション

  • 所在地  愛媛県松山市道後町2丁目5番1号

夏目漱石の『坊ちゃん』と『道後温泉』で有名な松山市内のホール。

松山駅からは、伊予鉄道松山駅前線(市内軌道線)のトラムで約20分(3.3km)の「南町電停」前にあり周辺は静かな住宅地である。

坊ちゃん風呂で有名な終点の道後温泉駅の2駅手前の駅に当たる。

松山市と周辺にある観光スポットについてのトリップアドバイザーの 口コミ情報はこちら。

ひめぎんホールへのアクセス

  • 伊予鉄道城南線、南町・県民文化会館前下車すぐ

ひめぎんホールの沿革

元愛媛県農業試験場が有ったところに建設された。

1983年3月に着工し3年の歳月をかけて1986年に完成し開館した。

2008年(平成20年)11月1日から愛媛銀行が、5年契約で命名権を取得し「ひめぎんホール」の愛称で呼ばれている。

2019年4月から1年間の予定で、大規模改修を行うために休館する予定。

ひめぎんホールで行われる催事情報

年間を通じ全国規模の学会や、コンサートオーケストラの演奏会などが開催されている。

ひめぎんホールの公演チケット情報

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら

※ご注意;以下※印は当サイト内の関連記事リンクです。

但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

施設面から見たホールの特色

(公式施設ガイドはこちら)

現代コンサートホールデザインの始祖故前川国男先生門下のモダニズム建築の大家故丹下健三先生の晩年75歳の時の作品。

メインホール

(公式施設ガイドはこちら)

打放しコンクリート仕上げを基調としたモダニズムデザインのある種極致とも言えるデザインのホール。

施主の要求「大収容人員と低コスト」をモダニズム手法で見事に調和させた、安普請巨大ホールの傑作!

故丹下健三先生の作品だけ有って、ツボは見事に押さえられているデザインだが、施主の仕様が会議場だったので、贅沢に木を使うわけにはいかず、ドライではあるが、多少クセのある音響のホールではある。

平行面対策にはぬかりなく、余裕のある容器(ホール)なので初期反射は美味く抑えられている。

しかし「音響拡散体」の配慮はされておらず、コンサートに適した心地よい後期残響は望めない。

但し、ステージは立派で実質4面舞台の広さと構造を持っており、バレエや、オペラ公演にも対応できる設備でもある。

全国規模の学会や、コンサート、オーケストラの演奏会などが行われる。

サブホール

(公式施設ガイドはこちら)

こちらは「木」をふんだんに使った音楽ホール仕様のホール。

前川国男師匠の教えを守り、的確にツボを押さえた見事な作品。

おそらくは先生会心の作であったろうと思われる。

異形材を並べた客席周辺の壁面、上層部には音響拡散体も配置され

、演劇に適したトランジェントの良い音響と、反響板を用いたコンサート使用時の残響を両立させている。

さらに回り盆を備えた立派な舞台設備を備えており、伝統芸能(歌舞伎)にも対応できるデザイン、こちらも奥行きの深い2面舞台相当のステージを持つ。

音がよいホールとして定評があり、アンサンブルや、室内楽団のコンサートなどにも使われている。

多目的室

(公式施設ガイドはこちら)

平戸間多目的イベントホール

真珠の間

(公式施設ガイドはこちら)

2階吹き抜けの、平戸イベントルーム。

2000人規模の立食パーティーが開催でき、2分割使用も出来る構造。

など、レセプション、会合などに使用されている。

この施設は防音設備が無いので、コンサート、等には使用できない!

詳細データ

  1. 所属施設/所有者 愛媛県県民文化会館/愛媛県。
  2. 指定管理者/運営団体 愛媛県文化振興財団/愛媛県。
  3. 開館   1986年
  4. 設計  丹下健三
  5. ゼネコン 
  6. 内装(音響マジック) 

メインホール

  1. ホール様式 プロセニアム型式多目的ホール。
  2. 客席   5フロアー 収容人員 3000名、4層テラス席、可動床、
  3. 舞台設備 4面舞台、プロセニアムアーチ:間口:20m 奥行:29m 高さ:10.5m、脇花道、大迫り、小迫り、ブドウ棚(すのこ)、スライディングステージ、オーケストラひな壇、可動反響版、オーケストラピット(可動床)
  4. その他の設備 、楽屋x16、リハーサル室x3室。

サブホール

  1. ホール様式 プロセニアム型式多目的ホール。
  2. 客席   2フロアー 収容人員 1,000人収容、可動床、仮設本花道、
  3. 舞台設備 2面舞台、プロセニアムアーチ:間口:16m 奥行:18m 高さ:8m、脇花道、回り盆(回り舞台;直径14m)、大迫り、小迫り、ブドウ棚(すのこ)、可動反響版、オーケストラピット(可動床)
  4. その他の設備 、楽屋x11、リハーサルルーム、

付属施設・その他

    1. 付属施設 、真珠の間(イベントホール)、多目的室、会議室x9、レストラン。
    2. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら。

デジタヌの独り言

これだけの立派な施設であるのにリハーサル室が...。

(公式施設ガイドはこちら)

4室有るリハーサル室は全室、完全防音・防振構造では無い!らしく、メイン・サブ両ホールの本番中は利用できない!

 

公開:2017年10月31日
更新:2022年9月30日

投稿者:デジタヌ


内子座/愛媛県喜多郡内子町 《 多目的芝居小屋 音響Navi》TOP


 

 

 



▲このページのトップに戻る
▲愛媛県 の公共ホール 音響Naviへ戻る

 

ページ先頭に戻る