音・道・楽・人 分室『旅するタヌキ』

うさみ亭マツバヤ 《 食いしん坊 ナビ 》

,

うさみ亭マツバヤのあらまし

「きつねうどん」の元祖とされるお店の1つ。

北海道産の昆布、熊本産の小麦粉を使い製麺し、油揚げは京都錦市場から取り寄せ、ネギは最高級九条ネギ?と 創業当時と同じ食材をとり揃え使っている。

いわゆる、「ナニワうどん・ソバ系」味の「おつゆ」に、イナリ寿司の油揚げをトッピングした「ケツネうどん」の代表格である。

腰の強い麺を使った「讃岐うどん」に席巻されている感のある大阪で、昔ながらのつるつるした麺の「喉越し」と、食感は昆布の効いた「マッタリ」とした「おつゆ」と絶妙なハーモニーをかなで...、

『ヤッパリ大阪のうどんはケツネに限るなあ..!.』

と思わず声を出してしまいそうになる。

うさみ亭マツバヤ のロケーション

ところ 大阪市中央区南船場3丁目8−1

うさみ亭マツバヤへのアクセス

最寄りの駅 

大阪メトロ 心斎橋駅 1番出口より徒歩約5分450m

食いしん坊レポート

このお店を知ったのは

小生若かりし頃の30代、NHK大阪製作の地方特集で、取りあげられてTV放映されたのを観て知った、四つ橋に勤め先があった関係で、記憶を頼りに探し続けていたが、何処にあるか判らず40年近く経ってしまった訳である。

便利良くなった時代で、Webで検索するとすぐに見つかった、

ナーンダ...此処だったのか!

1981年当時 小生の勤めていた会社の製品を取り扱ってくれていた、中堅の試験機器商社のすぐ近くではないか!

それに、度々彼らと仕事帰りに「チョット一杯やっていたお店」ではないか!

当時は、だれ1人として元祖ケツネうどんのお店だとは告げてくれず、小生は居酒屋だとばかり重い込んでいた!

全く冷たい奴らではある!...、いやそんな事知っていて当たり前で知らない方がおかしい有名店!だったのか...

ついでにもう一題

愛妻マミニャン?と地図を片手に始めて?訪れた過日。

確か12時を少し回ったころ、お局(つぼね)OLと思わしきお姉様が これまた新入社員と思わしきヤングレディーを2名連れだって のれんをくぐってきた。

お局さんは「このお店を選んだ理由」も「お店の云われ」も告げていなかった様で、いつも通り慣れた様子で、ご自身のお気に入りをオーダーした後にハプニングが起こった!

連れてきた女の子?の1人が

私は××うどんを...ネギ抜きで!!』

ウェートレス?のオバさんがオーダーをカウンターの向こうで働いている店主に伝えると...。

『...ェー、ネギ抜き?!...』

の声が店内に響き渡った。

小生思わずお口の中のうどんを吐き出しそうにになった。

ガキじゃあるまいし「ケツネうどん」の名店で「ネギ抜きはネエだろう...!コノヤロー」

開店して小一時間でまだ客も余り入っておらず、店主も押さえたのだろうが?

夕刻時チョット一杯引っかけていたら、

『帰ってくれ..!.』

騒ぎになっていたかも?

皆さん、いい年している大人?がうどん屋さんに行って。

『ネギ抜き』

オーダーはやめましょう!

最初から(お店に)入らないか、別のもの「親子丼の鳥・ネギ抜き?!」とかにしませんか?

うさみ亭マツバヤ
ジャンル:うどん
アクセス:大阪メトロ御堂筋線心斎橋駅1番口 徒歩5分
住所:〒542-0081 大阪府大阪市中央区南船場3-8-1(地図
周辺のお店のネット予約:
焼肉の牛太 本陣 心斎橋グランドホテル大阪店のコース一覧
アミチェ 心斎橋本店のコース一覧
磯丸水産 北心斎橋店のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 心斎橋×うどん
情報掲載日:2018年8月31日

大阪市中央区の観光情報

うさみ亭マツバヤ 周辺のトリップアドバイザーの口コミ ナビはこちら。

 

公開:2017年8月13日
更新:2018年11月 7日

投稿者:デジタヌ


和 dining ほたる 《 和食 レストラン ナビ 》TOP旭食堂の想い出 《食いしん坊 ナビ2008》


 

 

 



▲このページのトップに戻る
▲飲食店情報へ戻る

 

ページ先頭に戻る