音・道・楽・人 分室『旅するタヌキ』

ローズ文化ホール 《 ホール 音響 ナビ 》 

,

音響面から眺めたローズ文化ホール

※ご注意;以下※印は当サイト内の関連記事リンクです。
但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

ローズ文化ホール

ロールバックシステム、舞台迫りを設備した、2階吹き抜けの336席の平土間多目的イベントホール。

可動プロセニアム&迫り舞台を用いて舞台演劇・公演会、可動プロセニアムを格納し、反響板を用いたホール一体型のシューボックスコンサートホール、そして完全平土間の広大なイベント会場として、正に市民にマルチスペースを提供している。

このホールも、各種の可変設備以外は典型的な安普請ではあるが、この手のマルチスペースとしては、異例ともいえる、天井高さをもっており、良好な音響空間を実現しており、アンサンブル、室内楽のコンサート等にも利用されている。

ローズ文化ホールのあらまし

Official Website http://www.toyonaka-hall.jp/use/rose_hall/

別立地の阪急庄内駅近くに1989年に誕生した平土間多目的ホール。


通常の"劇場形ホール(固定席336席)"としてお使いいただける一方で、
座席を収納し舞台の「せり」を下ろした"フラットフロア(平土間)"としてのご利用も可能です。
演奏会、ミュージカル、講演会、パーティー会場としてなど、幅広い用途でお使いいただけます。<公式サイトより引用>

ローズ文化ホールのロケーション

ところ  大阪府豊中市野田町4‐1

豊中市と周辺にある観光スポットについてのトリップアドバイザーの 口コミ ナビはこちら。

ローズ文化ホールへのアクセス

最寄りの駅 阪急宝塚線「庄内」駅から北へ約500メートル徒歩約10分

ローズ文化ホールがお得意のジャンル

主にセミナー、講演会、市民団体の集会、お稽古事の発表会などに用いられ、ソリストのリサイタル、アンサンブルの演奏会、小編成の室内楽コンサートなども行われミュージカル、Jポップ関係のコンサートや、演劇・伝統芸能、歌謡歌手の歌謡ショー、懐メロ歌手の歌謡ショー、落語・演芸寄席、トークショー大衆演劇、着ぐるみヒーローショー、大道芸、パフォーマンス・ショーなどの色物などジャンルに拘らないバラエティーに富んだイベントが行われている。

またパーティー・レセプションなどの会場としてもつかわれている。

ローズ文化ホールの公演チケット情報

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら。

ローズ文化ホールの施設データ

  1. 開館   1989年
  2. ホール様式 プロセニアム型式平土間プロセニアム型式多目的ホール。
  3. 客席 平戸間、ロールバックシステム使用時 336から570席。
  4. 舞台設備 可動プロセニアム舞台間口12m→13.6m高さ5.5m舞台迫り、高さ5.5m、奥行き、2.7m→10.5m.可動反響版
  5. その他の設備 
  6. 付属施設 楽屋x3室、会議室
  7. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら。

 

公開:2018年1月11日
更新:2019年2月15日

投稿者:デジタヌ


阿倍野区民センター 《 ホール 音響 ナビ 》 TOPすばるホール 《 ホール 音響 ナビ 》


 

 

 



▲このページのトップに戻る
▲大阪府 の劇場 コンサートホール 音響ナビへ戻る

 

ページ先頭に戻る