旅するタヌキ 

宗次ホール のガイド

,

宗次ホール

http://www.munetsuguhall.com/

作曲家の三枝成彰が監修を務めCoCo壱番屋の創業者宗次徳二氏が私財を投じ建設したコンサートホール。

宗次ホールのあらまし

現在オーナーであり「席亭」を務める宗次徳二氏が、独自に企画運営に当たっている。

中京地区に住む有望な若手音楽家に演奏の場を与え、一般市民には気軽にクラシック音楽を楽しんでもらおうと、毎日アフターヌーンコンサートを開催している。

席亭のフィロソフィーを反映したホール運営

席亭の意向で残念ながら現在「貸しホール」営業は行われていない。

宗次ホールがお得意のジャンル

  • ソリストのリサイタル、アンサンブルの演奏会等、小編成の室内楽コンサートなどが行われている。

宗次ホールの公演チケット情報

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら

宗次ホールへのアクセス

ところ   名古屋市中区栄4丁目5番14号

最寄りの駅 


交通アクセス:地下鉄 栄駅12番出口より徒歩5分
名古屋駅よりタクシーで約20分(料金:約1,200円)

施設面から見たホールの特色

(詳しくはこちら公式ガイドへ)

※ご注意;以下※印は当サイト内の関連記事リンクです。
但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

この施設のポイント

(詳しくはこちら公式ガイドへ)

「小さいけど、心のこもってはる」ホール。

天井の高い(3階吹き抜け)の変形シューボックスタイプのホール。

台形に近い平面形状

台形状に舞台から拡がっている。

横断面形状

こちらも台形を基本に心持ち内側にスラントした構造となっている。

上記2つの基本形状で「初期反響」が続かない様に配慮してある。

後期残響への配慮

ホール側壁、ステージ上部に異形の「音響拡散体」をランダム配置し、良好な後期残響を醸し出している。

千鳥配列座席

視界に対する配慮も行き届いており、各くフロアー共にセンター客席は千鳥配列されている。

ホール音響評価点:88点

§1,「定在波対」策評価点:39点/40点満点

  • ※各フロアーの配置・形状、壁面形状、天井形状、天井高さ、等の要素をそれぞれ減点法で算出。
  • ※客席側壁がプレーンな垂直壁で「完全平行・平面」の場合は、満点x0.5=20点をベースに算出。

§2、残響その1 「初期反射」対策評価点:15点/20点満点

  • ※壁面の素材・形状、客席配置、その要素で減点算出。
  • ※(コンクリート、人造大理石、タイル・陶器製などの)硬質材の客先周辺壁材仕様は、満点x0.5=10点をベースにして減点算出。

§3,残響その2「後期残響」への配慮評価点:20点/20点満点

  • ※壁面形状、音響拡散体(相当要素)、テラス軒先形状、天井構成、その他の要素で減点算出。

§4,客席配置への評価点:14点/20点満点

  • ※壁際席、大向こう席、平土間部分の見通し(眺望)不良、それぞれ-1点/1箇所で減算。
  • ※客席周辺壁材が硬質壁の場合は、満点x0.8=16点をベースに減点算出。

※関連記事「後悔しないコンサート会場の見分け方」まとめ  はこちら。

リハーサル室

40㎡(約24畳)のこぢんまりとしたリハーサルルームが用意されている。

施設データ

  1. 所属施設/所有者 宗次ホール/株式会社ベストライフ。
  2. 指定管理者/運営団体 宗次ホール/株式会社ベストライフ
  3. 開館   2007年3月
  4. ホール様式 『変形シューボックスタイプ』音楽専用ホール。
  5. 客席   2フロアー、収容人員 310席、310席(車椅子席6席設置)、1階席 232席、2階席 78席
  6. 舞台設備 オープンステージ、間口11.9m、奥行き5.4m、高さ0.4m、面積45.2㎡、残響可変幕
  7. その他の設備 
  8. 付属施設 )楽屋x2、ホワイエ、エントランスロビーリハーサルルーム(カワイ グランドピアノ SK-5)、バーラウンジ、
  9. 設計  株式会社 團紀彦建築設計事務所
  10. ゼネコン 大成建設株式会社
  11. 株式会社 唐澤誠建築音響設計事務所

デジタヌの独り言

宗次徳二さん万歳!

ただの「カレー屋」のオヤジかなと思っていたが、

イヤイヤ、失礼いたしました、これほどの人物とは...。

今を反る四半世紀前1981年に今は中京屈指の人気都市、長久手市の町外れにある藤が丘に巣くった事のある小生は創業間もないころ大躍進中の「カレーハウスCoCo壱番屋」さんをよく利用させていただいていた。

あのカレーやチェーンのオヤジさんがこんな立派なホールを作ったとは!

資材を投げ打って建設したと言えば「2005年開館の軽井沢大賀ホール」(※開館紹介記事はこちら)を思いだすが、中京地区の音楽界に対する貢献度合いは、大賀ホールの功績に勝る共劣らない物があると聞いている。

小生もエントランスホールの音響を自慢する(※自慢記事はこちら)だけでは無く、公開できる様になりたい物である?

公開:2017年11月 8日
更新:2018年4月 5日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

460三井住友海上しらかわホール ーシューボックス型音楽ホールーTOP471豊田参合館 豊田市コンサートホール のガイド




▲このページのトップに戻る
▲愛知県へ戻る