旅するタヌキ

半田市福祉文化会館・雁宿ホール 《 ホール 音響 ナビ 》 -松竹大歌舞伎の知多地方公演の舞台ともなっている施設

,

半田市福祉文化会館 雁宿ホール

Official Website http://www.city.handa.lg.jp/bunka/gejutsu/kariyadohall/bunkakaikan/index.html

雁宿ホールのあらまし

大ホール、リハーサル室、練習室、等を文化会館。

半田市文化会館のロケーション

ところ  半田市東洋町二丁目1番地

トリップアドバイザーの周辺口コミ ナビはこちら。

半田市文化会館へのアクセス

公共交通機関

三河方面から
・安城空港線を利用する場合
「三河安城駅」から中部国際空港行乗車で「住吉町駅」まで約40分

東京方面から
・「知多シーガル号(JR関東バス)」を利用する場合
「東京駅八重洲南口」から知多半田駅行乗車で「知多半田駅」まで約5時間30分
※深夜運行便は約6時間30分

マイカー利用の場合

名古屋方面から
名古屋高速道路、知多半島道路を利用し、半田中央ICから半田市内へ約40分
東京方面から
・東名高速道路岡崎ICを経て、高浜市を通過し衣浦大橋経由、または碧南市を通過し衣浦トンネル経由で半田市内へ。岡崎ICから約1時間。
・東名高速道路豊田JCTから伊勢湾岸自動車道へ。大府ICより知多半島道路を利用し、半田中央ICから半田市内へ。豊田JCTから約1時間。
大阪方面から
・名神高速道路小牧ICを経て、名古屋高速道路楠ICより知多半島道路を利用し、半田中央ICから半田市内へ。小牧ICから約1時間。
・名阪国道(国道25号)から東名阪自動車道、伊勢湾岸自動車道へ。大府ICを下り、大高ICから知多半島道路を利用し、半田中央ICから半田市内へ。大高ICから約20分。

雁宿ホールがお得意のジャンル

大ホール

松竹大歌舞伎の地方公演の舞台となっている。

オーケストラコンサート、オペラ・バレエ公演、ソリストのリサイタル、アンサンブルの演奏会、小編成の室内楽コンサートなども行われミュージカル、Jポップ関係のコンサートや、往年のアイドル・エンタテイナーのワンマンショウ、ジャズコンサート、演劇・伝統芸能、歌謡歌手の歌謡ショー、懐メロ歌手の歌謡ショー、大衆演劇、落語・演芸寄席、着ぐるみヒーローショー、大道芸、パフォーマンス・ショーなどの色物などジャンルに拘らないバラエティーに富んだイベントが行われている。

またプロ演奏団体、以外にも数多くのアマチュア団体も利用している。

雁宿ホールの公演チケット情報

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら。

施設面から見たホールの特色

※ご注意;以下※印は当サイト内の関連記事リンクです。
但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

(公式施設ガイドはこちら。)

大ホール

緩やかな傾斜の前方部分と、中央部、後半部分からなる1スロープのプロセニアム型多目的ホール。

壁面は1988年完成時点でブームが去った後にもかかわらず、素焼きタイル張りの石質壁材使用の『エコールーム仕様』。

一応側壁には気休め程度にアンギュレーションは施されている。

という訳で、ホール大向う席背後壁は全面音響グリッドで表装された吸音壁。

天井は一般的なプラスターボード使用の大型成型半響板。

プロセニアㇺ上縁前方には同じくプラスターボード製の大型コーナー反響板が取り付けてある。

ステージ半響板は奥行が2段階にセットできる可変タイプで「籠り音」を軽減する配慮はしてある。

収容人員は少なくなるが、オーケストラピット部を利用したエプロンステージ+浅い反響板のセットのご利用がおすすめ!

ホール音響評価点:61点

§1,「定在波対」策評価点:20点/40点満点

  • ※各フロアーの配置・形状、壁面形状、天井形状、天井高さ、等の要素をそれぞれ減点法で算出。
  • ※客席側壁がプレーンな垂直壁で「完全平行・平面」の場合は、満点x0.5=20点をベースに算出。

§2、残響その1 「初期反射」対策評価点:10点/20点満点

  • ※壁面の素材・形状、客席配置、その要素で減点算出。
  • ※(コンクリート、人造大理石、タイル・陶器製などの)硬質材の客先周辺壁材仕様は、満点x0.5=10点をベースにして減点算出。

§3,残響その2「後期残響」への配慮評価点:15点/20点満点

  • ※壁面形状、音響拡散体(相当要素)、テラス軒先形状、天井構成、その他の要素で減点算出。

§4,客席配置への評価点:16点/20点満点

  • ※壁際席、大向こう席、平土間部分の見通し(眺望)不良、それぞれ-1点/1箇所で減算。
  • ※客席周辺壁材が硬質壁の場合は、満点x0.8=16点をベースに減点算出。

※関連記事「後悔しないコンサート会場の見分け方」まとめ  はこちら。

中央公民館(講堂)

安普請?のほかの施設に比べ丁寧な設えの天井の高い(8ⅿ!)多目的講堂。

壁面はプレーンな木質パネル?の「観音開きフローティング構造」になっており反響を調整できる。

天井は段付き組格子の立派な設え!ですのこは設備されて無いが、バトン類は設備されもちろんスクリーンも設備されている。

さらに奥行3ⅿ巾1ⅿ高さ15㎝の平台が9枚準備されており、コンサートにも使用できる(但し有料イベントには使用できない!)

おそらくは、この施設群の中では最も「音楽的な韻」が期待できる素晴らしい施設である。

ルーム音響評価点:50点

※会議室、宴会場、展示会場などがメイン用途のためルーム音響評価を適用しました。

※左右の音響調整壁面は「全閉状態」で評価しました。

§1,「定在波対評価点:25点/50点満点

  • ※ルーム低層部に1対以上の並行したプレーンな垂直壁がある場合は、満点x0.5=25点をベースに減点算出。

§2、「初期反射」対策評価点:25点/50点満点

  • ※ルーム低層部3面以上がプレーンな垂直壁の場合は、満点x0.5=25点をベースに減点算出。

リハーサル&練習室

(公式施設ガイドはこちら。)

全く同仕様のリハーサル室と練習室を備えている。

リハーサル室;幅6.7mx奥行10.3m、床面積69㎡㎡(約41.5畳)天井高さ3m 

第1練習室;幅6.7mx奥行10.3m、床面積69㎡㎡(約41.5畳)天井高さ3m 

両室ともに全周有孔音響ボードで表装された遮音(吸音)構造を持ち、バレエ・ダンスレッスンバーを装備した壁面ミラー(カーテン付き)とアップライトピアノ)を備え、フローリング床,アンギュレーションを持たせた天井を持つ。。

第2練習室;幅7mx奥行10.5m、床面積73.5㎡(約44畳)天井高さ3m 

リハーサル室とほぼ同じ容積だが床はPタイル床で天井もプレーンな通常の有穴音響ボード天井、壁面も吸音層の無い簡素な造り。

第3練習室;幅9mx奥行10.7m、床面積96.3㎡(約58畳)天井高さ3m

他の3室に比べ容積は最大だが設えは第2練習室同様の簡素な造り、ただし床はオフィス用ブロックカーペットを使用している。

何れも、内装の違いほど音響的には差がない。

ルーム音響評価点:37点

※会議室、宴会場、展示会場などがメイン用途のためルーム音響評価を適用しました。

§1,「定在波対評価点:12点/50点満点

  • ※ルーム低層部に1対以上の並行したプレーンな垂直壁がある場合は、満点x0.5=25点をベースに減点算出。

§2、「初期反射」対策評価点:25点/50点満点

  • ※ルーム低層部3面以上がプレーンな垂直壁の場合は、満点x0.5=25点をベースに減点算出。

雁宿ホールの施設データ

  1. 所属施設/所有者 雁宿ホール/半田市。
  2. 指定管理者/運営団体 半田市。
  3. 開館  1988年1月

大ホール

  1. ホール様式 、プロセニアム型式多目的ホール。
  2. 客席  1スロープ2フロアー、 収容人員 1,300席、固定席1,146席、車椅子用スペースX4、親子室、可動部154席、Pタイル張り
  3. 舞台設備 プロセニアムアーチ:間口:18.8m  高さ:9.5m、ステージ奥行:20m、ステージ高さ;FL+90cm、すのこ、バトン類、脇花道、大・迫り、オーケストラ平台、金・銀屏風、松羽目、竹羽目、鳥の子屏風、反響板、オーケストラピット&エプロンステージ迫り(可動床客席収納)、
  4. 舞台仕様・詳細寸法などに関する仕込み図面集はこちら公式ガイドへ
  5. その他の設備 、フルコンサートピアノ、特別、洋室楽屋X6、和室楽屋x2、浴室、更衣室、リハーサルルーム、中央公民館講堂
  6. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら公式ガイド。

中央公民館(講堂)

  1. ホール様式 平土間多目的イベントスペース。
  2. 床面積 20mx15m、床面積300㎡(約181畳)天井高さ約8m
  3. 客席  収容人員300名、仮設椅子席、、フローリング、
  4. 舞台設備 奥行3ⅿ巾1ⅿ高さ15㎝の平台X9枚、バトン類、スクリーン。
  5. その他の設備 配膳室
  6. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら公式ガイドへ。

付属施設・その他 

デジタヌの独り言

(同じデザイナーの手がけた)同じ建屋の中にありながら、オーソドックスで丁寧な設えの「市民以外非公開?の講堂」と見掛け倒しのタイル張り「巨大エコールーム」。

なんとも不思議な取り合わせである。

デジタヌの知っておきたい豆知識

雁宿ホールのある半田市のあらまし

半田市(はんだし)は、愛知県の尾張・知多地方に属する市。

古くから酒、醤油、味噌などの醸造業が栄えていたが江戸時代中期から本格化した醸造業の成長とともに樽詰めされた酢は尾州廻船によって江戸にも運ばれるようになり、船積み港としても発達した。こうした醸造業の発展は現在の半田市の形成に繋がり、ミツカンなどに代表される日本有数の食品産業の町への基礎となった。

明治以降は知多半島における行政の中心となる。戦前には重工業も盛んになり、中島飛行機半田製作所に代表されるように航空機産業も発達した。軍需産業の一拠点となった半田市は戦争中には空襲の標的となり、多大な被害を受けることになった。

戦後は再び重工業が復興し、衣浦港の重要港湾指定を経て、新たに造成された臨海部の工業地帯を中心に栄えている。名古屋市の郊外に位置するとともに、知多半島中部における拠点としての性格も持つようになった。

推計人口、117,285人/2017年10月1日

知多半田駅ー金山(名古屋市)31分/600円/名鉄/29.3㎞

知多半田駅ー(名古屋)―品川 2時間23分/12,110円/392.1km

2010年の118,828人をピークに漸減に転じていたが、昨年2017年には17万人の大台を回復した。

半田市と雁宿ホールのこれまでの歩み

19世紀初めごろ(文化年間) - 中野又左衛門(初代)が酢づくりを始める。
19世紀中ごろ(安政年間) - 半田運河が開かれる。
1886年(明治19年)3月1日 - 現JR武豊線が官設鉄道として武豊 - 熱田間に開業する。

1890年(明治23年)3月30日 - 日本で初めて大本営が設置された。
1931年(昭和6年)4月1日 - 知多鉄道(現名鉄河和線)により太田川 - 成岩間の電気鉄道が開業する。
1937年(昭和12年)10月1日 - 半田町・成岩町・亀崎町が合併し、人口5万477人県下6番目の市として半田市が発足。
1945年(昭和20年)7月24日 - 米軍の中島飛行機半田製作所空襲により被害を受ける。
1956年(昭和31年)1月27日 - 衣浦大橋が開通する。

1960年から2014年に使用された2代目半田市市役所庁舎が完成
1961年(昭和36年)9月 - 愛知用水が完成する。
1971年(昭和46年) - 衣浦港の埋め立てがほぼ完成する。

1988年1月雁宿ホール開館。

2008年(平成20年)3月31日 - 人口が12万人を突破する。
2016年(平成28年)12月1日 - 亀崎潮干祭の山車行事などの「山・鉾・屋台行事」がユネスコ無形文化遺産に登録。

参照覧

※1、エコールームに関する「音工房Z」さんの解説記事はこちら。

※2、アクリルエマルションペイント仕上げのプラスターボードについての建材メーカーの解説記事はこちら

関連ページ

愛知県のホールナビ

音楽祭(クラシック 部門) 総まとめナビ

東海 のクラシック音楽 イベント情報 まとめ

東海 のイベントナビ

東海 の 観光スポット ナビ

東海 の名産品 ナビ

東海 のクラフトビール ナビ

東海 の銘酒 ナビ

東海 で催されるのお酒イベント

公開:2018年4月 4日
更新:2018年9月27日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

知立市文化会館 パティオ池鯉鮒 《 ホール 音響 ナビ 》 TOP名古屋市公会堂 《 ホール 音響 ナビ 》




▲このページのトップに戻る
▲愛知県 の ホールナビへ戻る

 

ページ先頭に戻る