旅するタヌキ 

帝国劇場のガイド

,

帝国劇場

日本のエンタテイメントショーの草分け「東宝ミュージカルの大本山」。

1911年開館の初代「帝国劇場」以来日本における「西洋舞台芸術文化」の中心地「お堀端」に佇む。

帝国劇場のあらまし

現在「阪急・阪神・東宝グループ」に属する東宝(株)の直営劇場。

東京の一等地・千代田区丸の内の「お堀端」に佇む「日本のショービジネス界の歴史」を背負ってきた由緒ある劇場。

帝国劇場のロケーション

所在地  東京都千代田区丸の内三丁目1番1号。

東京の一等地「お堀端」にある。

JR有楽町駅から北へ皇居のお堀端を通る日比谷通りとの交差点の右角に鎮座する「国際ビルヂング」の中にある。

駅前には東京フォーフォーラムが近くには東宝本社もあり、同じ資本系列の東京宝塚劇場、更に新劇のメッカ「日生劇場」などの劇場が、更には日比谷公会堂のある日比谷公園がそして日本における西洋音楽発祥の地の1つ「鹿鳴館跡」と東京の舞台芸術・ショウビジネスの拠点エリアの1つと成っている。


同時に同じビルに入居する出光興産や真正面の第1生命保険の本社ビルが象徴するように、丸の内から続く大企業の本社ビルが立ち並ぶ日本の中心オフィス街でもある。

帝国劇場これまでの歩み

  • 1911年日本初の約1,700席の客席を持つ西洋式演劇劇場として開館
  • 1912年(大正元年)イタリア人音楽家ローシーを招いてオペラ・バレエを上演した。同時期に、六代目尾上梅幸・七代目松本幸四郎・七代目澤村宗十郎らが専属俳優となり歌舞伎やシェイクスピア劇なども上演した。
  • 1923年の関東大震災で被災。外郭だけを残し消失。、
  • 1924年 設計者横河民輔により改修・再開した。
  • 1930年 「松竹」の手に渡る。間もなく洋画封切館に転用された。
  • 1939年 運営会社を「東宝」が合併。
  • 1940年 松竹の賃借期限切れと共に完全に「東宝」の運営と成り。元の演劇主体の興行形態に戻す。
  • 1955年、戦後舞台に巨大映画スクリーン・シネラマが設置され、再びシネラマ主体の洋画ロードショー用の映画館に転じた。1
  • 1964年 東京オリンピックに開かれた同年から翌年にかけての『アラビアのロレンス』を最後に解体された。
  • 1966年 2代目「帝国劇場」がオープン。
  • 1969年(昭和44年)から1984年(昭和59年)まで、『日本レコード大賞』発表会も行われた。
  • 2006年 設備を一部改修。
  • 2017年現在、年間10作品程度の「東宝ミュージカル&レビュー」のロングラン上演を主体に「阪急・阪神・東宝グループ」の総本山として運営されている。

帝国劇場が得意のジャンル

主に「東宝ミュージカル」「堂本光一など人気エンタテイナーのショー」等自主製作作品が年間10本程度公演されている。

帝国劇場の公式Webサイト&公演チケット情報

https://www.toho.co.jp/stage/teigeki/index.php

チケットぴあ該当ページへのリンクはこちら。

帝国劇場へのアクセス

(都営三田線)日比谷駅下車0分
(日比谷線)日比谷駅下車4分
(千代田線)日比谷駅または二重橋前駅下車4分
(有楽町線)有楽町駅下車0分
※B3出口が帝劇地下2階に直結
JR有楽町駅国際フォーラム口下車徒歩3分

※ご注意;以下※印は当サイト内の関連記事リンクです。
但し、その他のリンクは施設運営者・関連団体の公式サイト若しくはWikipediaへリンクされています。

施設面から見たホールの特色(詳しくはこちら公式ページ)

初代帝国劇場

1911年竣工のは横河民輔の設計によるルネサンス建築様式。

現帝国劇場

1966年9月29日に谷口吉郎の設計で「複合ビルディング形式」の2代目帝国劇場が落成した国際ビルヂング(帝劇ビル)には、石油業界大手の出光興産が本社として入居しており、最上階の9階は同社創業者出光佐三による古美術コレクションを展示する出光美術館(東京館)となっている。

優れた音響特性

何度かの「マイナーチェンジ」を重ね、現在はグービング材を用いた側壁(※詳細解説はこちら)、絨毯が敷き詰められた床、ランダム形状の反響板を設置した客先天井、などで上質の「ミュージカルシアター」として出演者、観客双方か絶大成る信頼を得ている。

詳細データ

  1. 所属施設/所有者 国際ビルヂング/東宝株式会社。
  2. 指定管理者/運営団体 東宝株式会社
  3. 竣工   1966年(昭和41年)9月29日に落成
  4. ホール様式 『扇形タイプ』プロセニアム型式多目的ホール。
  5. 客席   2フロアー(2スロープ1バルコニー)、収容人員  1階1,209席、2階688席、1階中央部千鳥配列座席。
  6. 舞台設備 プロセニアムアーチ、脇花道、回り舞台(回り盆)直径16.4m、大・小迫りX4、オーケストラピット
  7. その他の設備 
  8. 付属施設 楽屋x、ホワイエ、エントランスロビー、
  9. 施設利用(利用料金等)案内 詳しくはこちら。
  10. 設計  谷口吉郎
  11. ゼネコン 
  12. 内装(音響マジック) 

デジタヌの独り言

ついでに、宝塚歌劇もこのホールで見てみたい物です。

公開:2017年11月29日
更新:2018年4月 4日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

150ミュージカルの殿堂「東急シアターオーブ」のガイドTOP100東京宝塚劇場 のガイド




▲このページのトップに戻る
▲東京都へ戻る