旅するタヌキ

兼松講堂/一橋大学 《ホール 音響 ナビ》

,

兼松講堂

Official Website http://www.hit-u.ac.jp/guide/other/facility.html

兼松講堂のあらまし

国登録有形文化財

株式会社兼松商店(現兼松株式会社)から創業者兼松房治郎翁の遺訓に基づき寄贈を受け、伊東忠太の設計により1927年(昭和2年)8月に創建されたロマネスク様式の建物です。平成12年には国の登録有形文化財に選ばれました。2003年4月から2004年3月にかけて本学卒業生等の募金により大改修が行われ、耐震、空調などの諸機能を備え、かつお化粧直しの行き届いたシックな内装へと見事な変貌を遂げました。兼松講堂は1927年に兼松により寄贈された...。<同学公式サイトより引用>

兼松講堂のロケーション

ところ 国立市中2丁目1番地

トリップアドバイザーの周辺口コミガイドはこちら。

兼松講堂へのアクセス

最寄りの駅 国立駅

この施設のポイント

開放型エントランス

ホワイエは開放型になっており、講堂入り口、2階に続く階段ホール入り口にのみ木製の両開き扉が用いられている。

回廊タイプの側廊下

客席を取り囲むように、外部に向かって勾配が付けられた側廊下が巡らされている。

アーチ型出入口とカーテン間仕切り

大講堂客席と側廊下のアーチ型出入口には建具は無く、間仕切りとしてアーチの枠廻りに付けられた橙色タッセルから放たれたスエード調カーテンが用いられている。

但し2階最後部の4ヶ所には木製の両開の扉が設けられており、適度なエコーが演者・客席双方に伝わるように配慮されている。

張り出し舞台

公演を主たる目的に設計されている舞台(演壇)は奥行き幅共に狭く、オーケストラ公演などの時には、仮設の張り出し舞台が用いられる。

客席

後方に向かって後半部分に緩やかな傾斜を持つ一階メインフロアー席と急峻で特徴的な2階テラス席を持つ。

穏やかなアーチ型梁を伴う天井

天井は穏やかなかまぼこ形のアーチ形状をしている。

一階後部には、2階後部テラス席を支えるための鋼鉄の柱2本があり、唯一惜しまれる要素ではある。

ホール内部写真1はこちらを参照)

(ホール内部写真2はこちらを参照)

ホール音響評価点:74点

§1,「定在波対」策評価点:28点/40点満点

  • ※各フロアーの配置・形状、壁面形状、天井形状、天井高さ、等の要素をそれぞれ減点法で算出。
  • ※客席側壁がプレーンな垂直壁で「完全平行・平面」の場合は、満点x0.5=20点をベースに算出。

§2、残響その1 「初期反射」対策評価点:18点/20点満点

  • ※壁面の素材・形状、客席配置、その要素で減点算出。
  • ※(コンクリート、人造大理石、タイル・陶器製などの)硬質材の客先周辺壁材仕様は、満点x0.5=10点をベースにして減点算出。

§3,残響その2「後期残響」への配慮評価点:20点/20点満点

  • ※壁面形状、音響拡散体(相当要素)、テラス軒先形状、天井構成、その他の要素で減点算出。

§4,客席配置への評価点:18点/20点満点

  • ※壁際席、大向こう席、平土間部分の見通し(眺望)不良、それぞれ-1点/1箇所で減算。
  • ※客席周辺壁材が硬質壁の場合は、満点x0.8=16点をベースに減点算出。

※関連記事「後悔しないコンサート会場の見分け方」まとめ  はこちら。

総評

天井も極端なアーチ形状ではなく、床面で焦点を結ぶでもなく、床面との並行面対策という点では適当である。さらに、漆喰仕上げの壁面ではあるが、大きな通路・開口部を持っており、分厚いカーテンで仕切る方式なので、遮音性という面では、今どきの環境ではやや苦しい面もあるが、定在波対策、側面一次反射の軽減では優れた効果を発揮しており、かいこうぶのアーチ形状も音響拡散体として有効に働いている。

素晴らしい講堂である。

低予算が幸いした改修で、オリジナルの良さを見極めた、素晴らしい改修で、この手の文化財改修時によくあるオリジナルの持ち味を台無しにした改悪要素が無い点も評価できる。

施設データ

  1. 所在地
  2. 所属施設 国立大学法人一橋大学
  3. 運営団体 国立大学法人一橋大学
  4. 開館   1927年(2000年国登録有形文化財改 修 2004
  5. ホール様式 プロセニアム様式講堂
  6. 収容人員 1,040席
  7. 舞台設備 
  8. その他の設備 
  9. 付属施設 
  10. 設計  改修設計株式会社三菱地所設計
  11. ゼネコン 株式会社竹中工務店

狸穴総研・音響研究室 しゅかん(酒燗?)微酔狸の独り言

文化財の補修・修復には、お金がかかるもので、内外装の修復と座席などに重点を置いた今回の修復には好意を感ずるが...。(※、「そして,怪物は蘇った」はこちら

あくまでも「講堂」であり「講演会」を主体に設計された建造物で有ることは重々承知の上で以下の2点の改善を望む。

舞台の改善

現在・反響ドーム?とプロセニアムの付いた演台が有るが狭く、

コンサート等では「張り出し架設舞台」を設置して急場を凌いでいる?様だが、

最前列1列28席を撤去してでも、最前部アーチギリギリまでは、現在の意匠デザインに添った恒久的な張り出し舞台に改装すべきである。

1階後部の改築

視認性(視界)を考えれば、1階最後列3列x28席=84席及び柱両側の16席合計100席を撤去し、①案、木製の欄干を備えた、立ち見席とするか、

②案、両テラス下部の1階部分に一階内壁面と同一デザインのアーチ出入り口を設置し、更に柱間には上部に冷房用の「木製ルーバー(簀の子)」を揃えた木質壁面に改築し、現在閉めきりとなっている講堂扉を復活し、強度と音響(視界)を両立出来る改築をしてはいかがか。

次回の改築に期待したい、箇所である。

デジタヌの知っておきたい豆知識

兼松講堂のこれまでの歩み

1927年(昭和2年)8月に伊東忠太の設計により創建された。

2000年 国の登録有形文化財に指定される。

2003年4月から2004年3月にかけて大改修が行わた。

※参照覧

※1-1、定在波の悪影響に関する一般人向けnatuch音響さんの解説記事はこちら

※1-2、定在波に関するWikipediaの(技術者向け)解説はこちら。

※ 関連記事『ホールに潜む ミステリー ゾーン (スポット)とは?』はこちら。

※2、関連記事『都市伝説・良いホールの条件"残響2秒以上"は本当か?』はこちら

※ 関連記事『ホール酔い 現象 とは?』はこちら

関連記事「音の良いホールの条件」はこちら。

関連ページ

東京都の ホールナビ

首都圏 の 観光スポット ナビ

首都圏のイベントナビ

首都圏で催されるのお酒イベント

首都圏のクラシック音楽 イベント情報 まとめ

音楽祭(クラシック 部門) 総まとめナビ

首都圏の名産品 ナビ

首都圏の銘酒 ナビ

首都圏のクラフトビール ナビ

公開:2017年10月 3日
更新:2018年9月27日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

文京シビックホール 《ホール 音響 ナビ》 TOP三鷹市芸術文化センター 《 ホール 音響 ナビ 》 




▲このページのトップに戻る
▲東京都 の ホール ナビへ戻る

 

ページ先頭に戻る