旅するタヌキ 

兼松講堂/一橋大学 のガイド

,

兼松講堂

http://www.hit-u.ac.jp/guide/other/facility.html

兼松講堂のあらまし

(詳しくはこちら)

国登録有形文化財

株式会社兼松商店(現兼松株式会社)から創業者兼松房治郎翁の遺訓に基づき寄贈を受け、伊東忠太の設計により1927年(昭和2年)8月に創建されたロマネスク様式の建物です。平成12年には国の登録有形文化財に選ばれました。2003年4月から2004年3月にかけて本学卒業生等の募金により大改修が行われ、耐震、空調などの諸機能を備え、かつお化粧直しの行き届いたシックな内装へと見事な変貌を遂げました。兼松講堂は1927年に兼松により寄贈された。<同学公式サイトより引用>

この施設のポイント

開放型エントランス

ホワイエは開放型になっており、講堂入り口、2階に続く階段ホール入り口にのみ木製の両開き扉が用いられている。

回廊タイプの側廊下

客席を取り囲むように、外部に向かって勾配が付けられた側廊下が巡らされている。

アーチ型出入口とカーテン間仕切り

大講堂客席と側廊下のアーチ型出入口には建具は無く、間仕切りとしてアーチの枠廻りに付けられた橙色タッセルから放たれたスエード調カーテンが用いられている。

但し2階最後部の4ヶ所には木製の両開の扉が設けられており、適度なエコーが演者・客席双方に伝わるように配慮されている。

張り出し舞台

公演を主たる目的に設計されている舞台(演壇)は奥行き幅共に狭く、オーケストラ公演などの時には、仮設の張り出し舞台が用いられる。

客席

後方に向かってコン範部分に緩やかな傾斜を持つ一階フロアー席と急峻で特徴的な2階テラス席を持つ。

穏やかなアーチ型梁を伴う天井

天井は穏やかなかまぼこ形のアーチ形状をしている。

一階後部には、2階後部テラス席を支えるための鋼鉄の柱2本があり、唯一惜しまれる要素ではある。

ホール内部写真1はこちらを参照)

(ホール内部写真2はこちらを参照)

施設データ

  1. 所在地  東京都国立市中2丁目1番地
  2. 所属施設 国立大学法人一橋大学
  3. 運営団体 国立大学法人一橋大学
  4. 開館   1927年(2000年国登録有形文化財改 修 2004
  5. ホール様式 プロセニアム様式講堂
  6. 収容人員 1,040席
  7. 舞台設備 
  8. その他の設備 
  9. 付属施設 
  10. 設計  改修設計株式会社三菱地所設計
  11. ゼネコン 株式会社竹中工務店
  12. 内装(音響マジック) 
  13. 最寄りの駅 国立駅

狸穴総研・音響研究室 しゅかん(酒燗?)微酔狸の独り言

文化財の補修・修復には、お金がかかるもので、内外装の修復と座席などに重点を置いた今回の修復には好意を感ずるが...。(※、「そして,怪物は蘇った」はこちら

あくまでも「講堂」であり「講演会」を主体に設計された建造物で有ることは重々承知の上で以下の2点の改善を望む。

舞台の改善

現在・反響ドーム?とプロセニアムの付いた演台が有るが狭く、

コンサート等では「張り出し架設舞台」を設置して急場を凌いでいる?様だが、

最前列1列28席を撤去してでも、最前部アーチギリギリまでは、現在の意匠デザインに添った恒久的な張り出し舞台に改装すべきである。

1階後部の改築

視認性(視界)を考えれば、1階最後列3列x28席=84席及び柱両側の16席合計100席を撤去し、①案、木製の欄干を備えた、立ち見席とするか、

②案、両テラス下部の1階部分に一階内壁面と同一デザインのアーチ出入り口を設置し、更に柱間には上部に冷房用の「木製ルーバー(簀の子)」を揃えた木質壁面に改築し、現在閉めきりとなっている講堂扉を復活し、強度と音響(視界)を両立出来る改築をしてはいかがか。

次回の改築に期待したいか所である。

公開:2017年10月 3日
更新:2018年4月 4日

投稿者:デジタヌ

このエントリーをはてなブックマークに追加

112文京シビックホール のガイドTOP181三鷹市芸術文化センター のガイド




▲このページのトップに戻る
▲東京都へ戻る